1963年生まれ、大阪府出身。86年にお笑いコンビ「130R」を結成。芸人としてバラエティ番組に出演する一方、映画やテレビドラマ、舞台などに多数出演し、俳優また映画監督として活躍。主な出演作に『大日本人』(07)、『電人ザボーガー』(11)、『地獄でなぜ悪い』(13)、『あさひるばん』(13)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15)など。監督デビュー作『板尾創路の脱獄王』(10)で各方面から高い評価を受け、2作目の監督作品『月光ノ仮面』(12)は第35回モントリオール映画祭に正式出品された。昨年公開の『火花』(17)でも監督を務めている。