進撃の巨人 アニメシーズン1の無料動画が視聴できるサイト!シーズン4までの全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

進撃の巨人 アニメ PV&公式YouTube動画

劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜 予告編

進撃の巨人 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

進撃の巨人 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

進撃の巨人 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (エレン)
    梶裕貴
  • (ミカサ)
    石川由依
  • (アルミン)
    井上麻里奈
  • (ジャン)
    谷山紀章
  • (アニ)
    嶋村侑
  • (サシャ)
    小林ゆう
  • (クリスタ)
    三上枝織
  • (コニー)
    下野紘
  • (マルコ)
    逢坂良太
  • (リヴァイ)
    神谷浩史

<STAFF>

  • 監督
    荒木哲郎
  • 原作
    諫山創
  • アニメーション制作
    WIT STUDIO
  • キャラクターデザイン
    浅野恭司
  • 音楽
    澤野弘之
  • 総作画監督
    浅野恭司
    門脇聡

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

進撃の巨人 あらすじ

巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、
壁外への自由と引き換えに
巨人の侵略を防いでいた。

だが、自由を夢見る10歳の少年、
エレン・イェーガーは、
外の世界へ出ることを諦めた人々に
違和感を覚える。

そして、壁をも越える超大型巨人が出現し…。

進撃の巨人 各話紹介

第1話 二千年後の君へ ~シガンシナ陥落1~

壁に囲まれた街・シガンシナ地区。

人々は壁の外の巨人から
自分たちを守るため、
この巨大な壁を作りあげたのだ。

そんなある日、壁の外を探索に行った
調査兵団がこの町に帰還するものを知る。


第2話 その日 ~シガンシナ陥落2~

シガンシナ地区を襲った巨人は、
そこで生活していた人々の日常を
一変させた。

人々をつまみあげ、
次々に口の中へ放り込む巨人の姿は、
人類はただのエサに過ぎないことを
実感させるのに十分だった。


第3話 絶望の中で鈍く光る ~人類の再起1~

巨人殺しの最も有効な手段「立体機動術」を
身に付けるため訓練兵団に入団した
エレン、ミカサ、アルミン。

キース教官の課す厳しい訓練 の過程で、
出身も考え方も異なる同期同士の
連帯感が芽生える。


第4話 解散式の夜 ~人類の再起2~

訓練兵団に入団して3年。

エレンは「立体機動術」などの
巨人殺しの技術を磨くことが、
同時に巨人からいち早く安全圏に
逃れる技術に繋がっている矛盾に 気づく。


第5話 初陣 ~トロスト区攻防戦1~

シガンシナ区の惨劇から5年、
エレンは「ウォール・マリア」破壊の
きっかけとなった巨人と対峙していた。

立体機動装置を作動させ、
巨人の急所であるうなじを狙い
攻撃を加えるエレンだが…!?


第6話 少女が見た世界 ~トロスト区攻防戦2~

トーマス、ナック、ミリウス、ミーナ、エレン…

巨人の前に次々に倒れる34班の仲間たち。

生き残ったアルミンは救助に訪れた
コニーに声をかけられるが、
あまりの出来事に現実を受け入れられない。


第7話 小さな刃 ~トロスト区攻防戦3~

一時撤退の鐘が鳴ったものの、
壁を登れないジャン、コニー、
アルミンたち訓練兵。

そこにミカサが追いつき、
補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に
向かうことを提案するが…!?


第8話 心臓の鼓動が聞こえる ~トロスト区攻防戦4~

窮地に陥ったミカサを救った巨人を
補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に
群がる巨人たちを倒せないか、
と提案するアルミン。

その提案を受け、コニーの援護のもと
ミカサは駐屯兵団本部を目指す。


第9話 左腕の行方 ~トロスト区攻防戦5~

アルミンの目の前で
巨人の餌食となったエレンだったが、
自ら巨人となりミカサたちの窮地を救った。

しかしにわかには信じ難い
キッツ率いる駐屯兵団は
エレンたちに武器を向ける。


第10話 応える ~トロスト区攻防戦6~

巨人が人に化けている!?

エレンたちにむかって放たれる砲弾。

その刹那、エレンは上半身を巨人化させ、
ミカサとアルミンを守ることに成功した。

消えゆく巨人の骨格の中で
エレンが選択するのは…!?


第11話 偶像 ~トロスト区攻防戦7~

南側領土を統括する最高責任者である
ピクシス司令から駐屯兵団に知らされた
トロスト区奪還作戦。

それは、巨人化したエレンが大岩を運び、
破壊された扉を塞ぐというものだった。


第12話 傷 ~トロスト区攻防戦8~

ミカサに向けて振り下ろされた
巨人化したエレンの拳。

トロスト区奪還作戦は暗礁に乗り上げていた。

すんでのところでその拳をかわす
ミカサだったが、再度、エレンは
ミカサめがけて拳を振り上げる。


第13話 原初的欲求 ~トロスト区攻防戦9~

エレンを覚醒させるべく語りかけた
アルミンによって巨人化したエレンは
大岩を運び始めた。

トロスト区内に侵入した巨人が
エレンに群がるのを防ぐため、
班員は巨人を自らに引き付ける作戦を展開する。


進撃の巨人 ライターコメント

原作に比べて絵が綺麗で動きを表現するクオリティが素晴らしいので、特に立体機動装置を使って登場人物たちが縦横無尽に飛び回るアクションシーンが見応えがあります。オープニング曲もアニメの内容にあっていって、皆で巨大な敵に立ち向かっていくぞという気分の高揚感が気持ち良いです。とくにこのアニメが放映された時期は日本全体がまだ天災によるダメージが大きく重苦しい雰囲気を引きずっている最中だったので、たかがアニメではあるけれどブームによって日本全体が気分的にも経済的にも活気づいた気がします。ストーリー全体は実はとても複雑なのですが、シーズン1ではまだそこまで深い話には至らないので、わかりやすくて万人受けする作品になっています。
30代女性

原作のリアリティがアニメになってより際立っていた。エレンを失ったミカサの心情に感情移入して見ていて、大切な人を失う辛さや悲しみに思わず涙を流した。また、巨人からエレンが出てきた時、真っ先にエレンの元に駆けつけたミカサがエレンに抱きつき、生きていることを確認した時の涙はアニメ化してこのシーンを見れて良かったと思えるほど好きなシーンである。進撃の巨人の特徴である立体機動装置を駆使した戦闘では、迫力、スピード感共に見ていて興奮した。特にトロスト区奪還作戦成功後駆けつけた時と女型の巨人からエレンを助けようとするリヴァイ兵長の戦闘シーンでは、圧倒的な実力をより際立たせていた。巨人化する時の雷の映像も非常にかっこよく、個人的にとても満足のいくシーズン1だった。
20代男性

敵の巨人がとにかく不気味で恐ろしいと思えました。特別になにか思うでなく、本能で当たり前のように人を食う巨人の無機質感が逆に恐怖を駆り立てる要素になっていまし た。母を食われた悲しみを怒りの力に換えて巨人に復讐するエレンの力強い精神が見える物語が楽しめました。可愛いヒロインのミカサが巨人と戦うに際して長くキレイな髪を切り落としたのは印象的なシーンでした。女子なのにものすごく強いミカサの活躍に注目できました。ミカサを演じた石川由依さんのクールな演技も見応えあるものでよかったです。主人公のエレンが敵と同じ巨人の力を持っているという設定は、最初はまったく予想ができないもので驚きました。先の読めない展開にわくわくするものでよかったです。
30代男性

エレン、ミカサ、アルミンの3人の幼馴染の絆が見えるのがほのぼのして良い点でした。恐ろしくも残酷な物語の中で、友情や仲間との絆も描く展開が好きでした。エレンの母親が巨人に食われるシーンの描き方が恐ろしいものだったのが印象的でした。ゆっくり食べられていく母を描くことで、エレンの中でトラウマが生まれる過程が伝わるものでした。戦士達が空中を舞ってブレードで巨大な敵を駆逐する模様を描くバトルシーンは新鮮なもので、たくさんあるバトルアニメの中でもこういった戦闘スタイルは珍しいものだと思えました。可愛いヒロインのミカサが、エレンを支えたい思いからどんどん強くなり、美しくもなっていく物語にも魅了されるものがありました。
30代男性

数年前の年末にシリーズが一挙再放送されていたので、その時に視聴しました。それまでは進撃の巨人が社会的なブームになっているということは知っていたのですが、原作漫画を読んだこともなく、どのような作品なのか予備知識も全くありませんでした。しかし、第一話目から主人公の母親が巨人に捕食されてしまうなどショッキングな場面が連発し、この作品が一筋縄で行くようなものではないということを思い知らされました。圧倒的に不利な戦いで、次々と仲間たちがあっけなく残酷に命を落とし続けるという絶望的な状況の中でも、巨人への復讐心のみを胸に戦いをつつける主人公エレン。そして苦心しながらも情報を少しずつ得て、徐々に戦況を改善させていく人類の姿に、綺麗事では済まされない生きる希望というものを教えられた気がします。これだけ人気が出るのもうなずける、非常によく作られた作品です。
30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました