進撃の巨人 シーズン2 アニメ無料動画をフル視聴できるサイト!シーズン4までの全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

進撃の巨人 Season 2 アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 PV第2弾

進撃の巨人 Season 2 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

進撃の巨人 Season 2 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

進撃の巨人 Season 2 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (エレン)
    梶裕貴
  • (ミカサ)
    石川由依
  • (アルミン)
    井上麻里奈
  • (ジャン)
    谷山紀章
  • (アニ)
    嶋村侑
  • (サシャ)
    小林ゆう
  • (クリスタ)
    三上枝織
  • (コニー)
    下野紘
  • (マルコ)
    逢坂良太
  • (リヴァイ)
    神谷浩史

<STAFF>

  • 監督
    肥塚正史
  • 原作
    諫山創
  • アニメーション制作
    WIT STUDIO
  • キャラクターデザイン
    浅野恭司
  • 音楽
    澤野弘之
  • 総作画監督
    浅野恭司
    門脇聡
    山田歩
  • 総監督
    荒木哲郎

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

進撃の巨人 Season 2 あらすじ

ウォール・シーナのストヘス区で
勃発した女型の巨人との戦いは、
巨人化したエレンが辛くも
勝利して幕を閉じた。

しかし、人類にまだ休息の時が
訪れることはなかった。

人類を守る第2の壁、
ウォール・ローゼは今も
巨人の侵攻に平和を脅かされていて…。

進撃の巨人 Season 2 各話紹介

第26話 獣の巨人

壁の中から発見された
巨人の正体を聞き出そうと
ハンジはニック司祭を
問い詰めるが、彼は黙秘を貫く。

それから遡ること12時間。

ウォール・ローゼ南区で待機する
コニーたちの下に巨人が
襲来したという情報が入る。


第27話 ただいま

巨人発見から5時間後、
北の森に向かったサシャが
3年ぶりに戻った故郷の村は
すでに人の住める土地では
なくなっていた。

その先で見つけた新しい村で、
サシャは凄惨な光景を目の当たりにして…。


第28話 南西へ

コニーの故郷に人影はなく
1体の巨人が仰向けに
倒れているだけだった。

その光景を目にして失意に沈む
コニーの耳に微かな声が届く。

一方、リコが率いる
駐屯兵第一師団精鋭部隊は
東防衛線で巨人と交戦していた。


第29話 兵士

南班と西班は暗闇の中で合流し、
ウトガルド城という古城跡で
共に夜を明かすことに。

しかし、見張りが気付いた時には
すでに城の周囲を大勢の巨人が
包囲していた。

装備を持たない104期生は
塔の中へ避難するが…。


第30話 ヒストリア

エレンたちがまだ
訓練兵団だった頃の
ある雪山での訓練後。

ふと気付くと
クリスタとユミルの姿が
見えなくなっていた。

2人は訓練中に体調を崩した
ダズのそばに付いているうちに
遭難してしまい…。


第31話 戦士

ユミルの活躍と調査兵団の
主力部隊よってウトガルド城を
取り囲んだ巨人の群れは撃退された。

重傷を負ったユミルは
治療のためにトロスト区に
送られることになり、
残された調査兵団は
壁の修復作戦を再開するが…。


第32話 打・投・極

鎧の巨人と超大型巨人が
エレンの前に出現。

激高したエレンは巨人化し、
鎧の巨人の顔面に拳を叩き込む。

一方、超大型巨人は調査兵団が
待機していた壁を破壊し、
昏睡状態のユミルを
自らの口の中に放り込む。


第33話 追う者

巨人になったエレンは
鎧の巨人をあと一歩のところまで
追い詰めるが、超大型巨人の
頭部が落ちて来たことで形勢は逆転。

エレンは鎧の巨人に
連れ去られてしまう。

さらに超大型巨人は
兵士たちにも甚大な被害を与え…。


第34話 開口

鎧の巨人との戦いに
敗れたエレンは
巨大樹の森で目を覚ます。

そこにはエレンと同様に
巨人化の能力を持つ者たちがいた。

敵に囲まれた巨人の巣窟の中で
エレンは巨人が動かなくなる
夜を待つことにする。


第35話 子供達

日没まであと1時間という頃、
調査兵団の精鋭たちが
巨大樹の森に到着する。

あくまでもエレンを見つけ出して
救出するのが目的といえ、
敵の巣窟に突入するその作戦が
危険なものであることは明白だった。


第36話 突撃

森に突入しようとしていた
エルヴィンの前に
鎧の巨人が姿を現す。

その肩にはある人物の背中に
くくり付けられた
エレンの姿があった。

エレンを救出しようとする
調査兵団だが、そこへもう1体の
巨人による妨害が加わる。


第37話 叫び

エルヴィンが引き連れて来た
巨人の大群が鎧の巨人に襲い掛かる中、
調査兵団はエレンの奪還に
何とか成功する。

そんな折、鎧の巨人から逃げる
エレンとミカサの前に、
5年前にエレンの母を食った
巨人が現れて…。


進撃の巨人 Season 2 ライターコメント

シリーズの中でどういう人物がいまいち掴みきれなかったユミルの謎が明らかになります。主人公のエレンと104期調査兵団同期が絶対絶命の窮地に陥る中、ユミルは自分を捨て、クリスタの命を救うために全てを投げ出す覚悟を決めます。ところが、クリスタと共に窮地を乗り切る糸口を掴み、あと一歩というところでユミルは衝撃の行動をとります。途中に流れる曲「attack音D」は本当に名曲だと思います。目まぐるしく戦況が変わる最中、ユミルとクリスタの感情を表す様な曲で心が震えました。二人とも絶対に生き残ってほしいと熱くなりました。物語の終盤、自分のために生きていたユミルが驚き行動をとった後、月に向かって囁いた言葉「女神様もわるくないね、、、」。ぜひ見て頂きたいです。
20代男性

進撃の巨人シーズン2はシーズン1以上に衝撃的な展開と視聴者を良い意味で裏切ってくるどんでん返しが多かった印象です。特に新しく出てきた獣の巨人は見た目も恐ろしいですが、戦闘力や残虐性も他の巨人よりも秀でているので、登場してきたときの絶望感がすごかったです。そしてもう1つの衝撃的な展開はライナーとベルトルトが実は味方ではなく巨人だったということです。シーズン1ではライナーとベルトルトの和やかな日常が描かれていた分、その日常が一気に崩れていく感じがあって衝撃的でした。シーズン1よりも立体起動装置を使ったアクションが派手になっていて、迫力もありました。巨人が強くなるにつれて、調査兵団たちの戦闘力も上がっていくので見ごたえがあります。 
20代男性

シーズン1では明かされなかった巨人の謎や生態についてより深く知ることができました。ただしこれでも全ての謎が解けたというわけではなく、後につながりそうなシーンもたくさん出てきますのでこれからの伏線の回収にも期待出来そうです。シーズン2の中で強烈な印象を残したキャラクターは、ライナーとベルトルトだと思います。今まで仲間だと思っていた2人が、実は仲間たちをたくさん殺害してきた巨人だということが判明するシーンはとてもショッキングでした。ただしライナーとベルトルトもただ悪意があったわけではなく、自分たちなりの理由があってそれをしっかり説明してくれるところも良かったです。本当は戦いたくないけど戦わなくてはいけないという切なさが上手く表現されていました。 
20代男性

進撃の巨人シーズン2の好きなシーンは調査兵団のライナー・ブラウンとベルトルト・フーバーが主人公のエレン・イェーガーに自分たちが壁を破壊した鎧の巨人と超大型巨人であるという事をあさっさり打ち明けるシーンが衝撃的でとても好きなシーンです。他にも獣の巨人が現れて馬を捕まえて野球のピッチャーの様なフォームで人間に投げつけてきたり、言葉を喋って調査兵団の男の立体機動装置について質問してきたり、調査兵団の男が質問に答えないので立体機動装置を奪ってその後に小さな巨人に男を襲う様に命令したりと人間の様な思考を持った巨人が現れたのは本当に驚いたシーンでこれから物語がどうなってしまうのか先が気になってしまう様な作りだと思います。
20代男性

次々と明らかになっていく真実。その中で、敵にも事情があることがなんとなくわかります。敵には敵の正義があるのだということをなんとなく感じ取れるが、それがなんなのかわからない、そんなもどかしい気持ちがわき起こります。特にすべてのシリーズの中で一番好きなシーンは、ベルトルトがエレンを背負った状態で、巨人化したライナーの口の中でしゃべるシーンです。「誰が!人なんか殺したいと!思うんだ!」と、悲痛に叫んでいるシーンでは、声優さんの感情もこもっていて、思わずベルトルトをなんとかしてあげたい気持ちになりました。それに対してミカサは、容赦なくベルトルトを切り捨てるという判断をしていて、エレンへの気持ちの強さを感じました。それでも個人的にはベルトルトを応援したくなったシーンです。
30代男性

わたしは、漫画を読んでからアニメを見たのですが漫画にほとんど忠実でしたし、絵もとても綺麗で見やすかったです。特に戦闘シーンや巨人になるシーンは迫力満点でした。やはり、このシーズン2で印象的だったのはライナーとベルトルトが敵の巨人だったことでしょう。エレンの声優さんの怒りの演技や、ライナーとベルトルトの声優さんの悲痛な演技に圧倒されました。また、ユミルやヒストリアなど他の同期の様々な真相が暴かれていき、常にワクワクが止まらない展開でした。次はどうなるのだろうという絶妙なタイミング出終わってしまうので次回がとても楽しみでした。シーズン3でも引き続き、魅力のある映像と演技、そして漫画に忠実なストーリーを期待しています。
20代女性

進撃の巨人シーズン2では様々な新事実が判明してドキドキが止まらない展開でした。エレン以外にもまさか巨人になれる人間がいるとは思ってもみませんでした。ユミルは敵ではなさそうだったので少し安心したのですが、ライナーやベルトルトは敵だったので悲しかったです。それどころか、なんとエレンたちを襲った巨人だったことに衝撃を受けました。ですが、ライナーが体を張って仲間を守ろうという姿勢は偽物ではなかったし、なにか事情があったのだと信じたいです。少しづつではありますが、巨人たちの真相に近ずいている感じがワクワクしました。迫力ある映像で、そこも楽しめました。シーズン3以降、どんな展開を迎えていくのかとても楽しみです。
20代女性

ただでさえ女型の巨人が身内から出て驚いていたのにそこからまた三人も巨人が現れたのには口が開いてしまいましたし、衝撃的すぎてこの二期は冷静にはみれないなと感じました。これからの進撃の巨人を語っていくにはここの話が大切すぎて、衝撃的な展開すぎて何回も見返してしまいました。鎧も大型も一緒に生活していたなんて後から考えたら怖いでしかないだろうなと思いました。獣の巨人は他に比べて野性的な感じがしてみていてすごく気持ち悪く感じています。久々に故郷に帰ったら人がいなかったり親が巨人かしていたりとか情報が多すぎて一気にいろんなことが起こりすぎていつもパニックになってしまいますが続きが気になる話だなと思っています。
20代女性

ハラハラドキドキが続く内容になっています。シーズン1であんなに作戦を練ってみんなで戦い抜いたのにもかかわらず、壁外ではすでに新たな戦いが始まっているなんて誰も思わなかったでしょう。女型一人で苦戦したのに、「巨人を操れる獣の巨人なんてどうやってたおすの!」つい声を出してしまう始まりになりました。壁外での戦闘が多くなるため壁内のようなスピーディーな感じは少なくなりますが、今作品は一人ひとり仲間に焦点が向いている感じです。各々が生きるためにどうするべきか一生懸命考え行動しています。巨人の謎に全員が挑む内容になっているので前作とは違った雰囲気で楽しむことができます。後半、難しい内容になりますが飽きずに見てください。
20代男性

巨人に関して徐々に明らかになるもより深まる謎が増えていくストーリーが面白いです。さらに調査兵団から憲兵団、王政府など様々な人物たちの思惑なども交差しはじめ、巨人との闘いというよりも人間同士の戦いという感じが強くなって複雑なストーリー展開に手に汗を握りました。特に印象的だったエピソードはライナーの二重人格について語られたシーンです。エレンたちをさらって大木で休憩している際にもともとは壁を壊す戦士でしたが、罪の意識から自分が壁を守る側の兵士としての人格を作ってユミルからの指摘やベルトルトに諭されるまで気づかずに驚いた表情したのが印象深かったです。そして、エレンを奪還する際の片腕を巨人に噛みつかれても兵士たちを鼓舞するエルヴィンがかっこよかったです。
30代男性

女型の巨人との戦いが終わり人類側に希望が見え始めた矢先色んな登場人物一人一人がぶち当たった壁が描かれているシーズンでした。ラガコ村でのコニーの母親のところは短くまとまれてはいましたが、とても悲しくなるシーンがありました。母親に似ていると言うだけですが横たわってしまっている瞼を見た時はとても悲しくなり心臓が痛くなるようなところがありました。他にはユミルが人間になった時のBGMとの兼ね合いがとても良かったですCall of Silenceが流れた時ユミルが人間に戻れた時の嬉しさとこれからの希望が鳥肌を立たせるくらいに見えてきてとても印象に残っています。ユミルがこれまでしてきたことをこれからの人生でこれからの行動で見直していく姿がとてもかっこよく描写されていました。
20代女性

巨人側勢力として裏切るユミルが、友情で強く結ばったヒストリアのことはなんとか自分で助けたいと強く願う点が印象に残ります。裏切る中でもヒストリアへの未練は断ち切れないユミルの複雑な想いが見える展開は見どころです。ヒストリア、ユミルの女の友情を濃く描く展開には深い人間ドラマが見えて胸が熱くなりました。ヒストリアがこれまで隠していた大きな秘密もわかる展開もこのシリーズの重要点でした。心に大きなものを抱えたまま巨人討伐の兵隊となったヒストリアの物語は良く練られていてよかったです。巨人と人間の心が混ざった結果おかしな言動に出るライナの歪なキャラクター性も光るものがあって印象的でした。エレンの運命がどうなるのかというスリルある展開が楽しめました。
30代男性

人類と巨人との戦いを描く物語で、都市の外にだけ敵の巨人がいると思っていたら壁の中にも敵は潜んでいると分かります。その点が意外なもので新たな楽しめる点になっていました。エレンとは同僚で仲間だったベルナルド、ライナ、ユミルまでもが巨人側勢力の敵と分かり、彼らも巨人に変身すると分かります。エレン意外にも巨人の力ともつ人間が次々と分かる点は意外性抜群で衝撃的なものでした。仲間の裏切りにあい、敵の捕虜となるエレンの運命が今後どうなるものかとハラハラしながら見ていました。エレン奪還のためなら普段クールなミカサが豹変して取り乱しもするのが分かるシーンも印象的でした。ミカサのエレンへの強い思いが見えるのが良かったです。
30代男性

エレン達が戦う敵の正体について少しずつ分かってくるシーズン2は、原作でも話題になったシーンがとても気合の入った演出で映像化されていて感動しました。話数は一クール分なので他のシーズンと比べるとやや少なく感じるものの、敵として出てくる巨人のバリエーションが増えてきたり、あの因縁の超大型巨人が再登場して戦う事になったりと見所の多いシーズンだったので面白かったです。エレンの力のおかげで巨人達とも戦えていくのではないかと思わせつつ、更なる脅威や謎がまた少しずつあらわになってきて緊張感あるパワーバランスが続くのも良いですね。そして最後にエレンがまた新しい何かに目覚める様子も描かれて、今後の戦いやストーリーの行方が気になってくる終わり方です。
30代男性

シーズン2で印象的なシーンといえば、やはり31話「戦士」です。超大型巨人と鎧の巨人の正体が明らかになる重要なシーンだというにもかかわらず、会話の中でものすごくあっさりと正体を明かします。初めて見たときは呆気に取られ、聞き間違いかと思いました。大抵の場合、敵が正体を明かすときは人物がアップになったり、効果音が鳴るなど「今から言うぞ!」という演出が入ると思います。それをあえてしない原作者およびアニメ制作スタッフのセンスに脱帽しました。何気なく発言するからこそ、主人公エレンと同じ衝撃と絶望を視聴者も味わうことができたと思います。対照的にその後の巨人に変身するシーンの演出がド派手なのですが、お互いのシーンの良さを引き出していると思います。
30代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました