東京喰種トーキョーグール:re の動画を無料配信してるサイト!アニメを全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

東京喰種トーキョーグール:re アニメ PV&公式YouTube動画

東京喰種:re PV第2弾

東京喰種トーキョーグール:re 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

東京喰種トーキョーグール:re アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

東京喰種トーキョーグール:re キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (佐々木琲世)
    花江夏樹
  • (瓜江久生)
    石川界人
  • (不知吟士)
    内田雄馬
  • (六月透)
    藤原夏海
  • (米林才子)
    佐倉綾音
  • (掘ちえ)
    潘めぐみ
  • (嘉納明博)
    乃村健次
  • (トルソー(冴木空男))
    手塚ヒロミチ
  • (オロチ)
    浅沼晋太郎
  • (ドナート・ポルポラ)
    井上和彦

<STAFF>

  • 監督
    渡部穏寛
  • 原作
    石田スイ
  • アニメーション制作
    studioぴえろ
    studioぴえろ+
  • キャラクターデザイン
    中嶋敦子
  • 音楽
    やまだ豊
  • 総作画監督
    中嶋敦子
    鳥宏明
    りんしん
    工藤裕加

©石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

東京喰種トーキョーグール:re あらすじ

“喰種”を駆逐・研究するCCGが
実験体集団<特捜官チーム>を新設した。

それは、最強の特等捜査官
有馬貴将を超える捜査官を
作るために組成され、メンバーは
「Qs(クインクス)」と呼ばれた。

一等捜査官・佐々木琲世は
その問題児たちの指導に努めるが…。

東京喰種トーキョーグール:re 各話紹介

第1話 狩る者たち START

ヒトと変わらない姿をしながら
ヒトの肉を食うことで
生きている存在・喰種(グール)。

彼らの脅威から人々を守るために
設立された[CCG](喰種対策局)で、
クインクスと呼ばれるチームが結成された。


第2話 欠片 member

六月透の捨て身の追跡により、
駆けつけた瓜江、不知は
トルソーを追い詰める。

しかし、そこにオロチが現れ、
形勢は逆転。

遅れて援護に入った琲世が
単独でオロチに立ち向かうが、
Sレートのオロチの強さに苦戦する。


第3話 前夜祭 fresh

CCG内での出世に執着する瓜江は、
琲世の許可を偽って自らの赫子の
稼動レベルを引き上げる施術を受ける。

一方クインクス班は、
エース捜査官である鈴屋什造率いる
鈴屋班と共に合同捜査をすることになった。


第4話 オークション MAIN

ナッツクラッカーから首尾よく
情報を引き出した六月によって、
次回オークションの概要が判明。

CCGでは、この機会に大掛かりな
喰種掃討作戦を決行することになり、
六月と什造が「商品」として
会場に潜入することに。


第5話 散りゆく夜 Press

什造の奇襲によりオークション会場が
混乱したところで、CCGの部隊が
なだれ込んだ。

大乱戦のなか、六月は何とか逃げ出すが、
月山家に仕える喰種、
カナエ=フォン・ロゼヴァルトに
執拗に追いかけられてる。


第6話 その、果てに turn

戦線離脱した六月と瓜江は、
逃走を図る多数の喰種を発見。

別ルートでたどり着いた什造と共に
戦いに身を投じる。

一方、不知たちとナッツクラッカーの
駆逐に当たる琲世だったが、
准特等捜査官・和修政の命令で…。


第7話 心覚え在りし日々 mind

オークション会場を狙った
喰種掃討作戦と、CCGの移送車両の
護衛作戦が終了。

ハイセは過去の自分を知る喰種の少女
笛口雛実の所有権を申し入れる。

また、ハイセはメンバーの昇進を祝う
ホームパーティを企画する。


第8話 蠢くもの TAKe

大量誘拐犯の喰種集団「ロゼ」の
捜査を開始したCCGだが、
狡猾な彼らをなかなか
追い詰められない。

そんななか、琲世は自分宛に届いた
マスクにヒントを見い出す。

一方、カナエは心を病んだ
月山習に胸を痛め…。


第9話 亡霊 play

“金木研”が生きていることを知った
月山は喜々として会いに行くが、
“カネキ”としての記憶を失った琲世は
月山のことがわからない。

そんななか、月山家の使用人
ユウマの拷問映像がSNS上に流れ…。


第10話 ゆれる think

いまだ全容が掴めないロゼを捜査するため、
クインクスの特性を活かした琲世考案の
「マスク作戦」が導入された。

そんななか、琲世は
喰種にすら恐れられる
「眼帯の喰種」の存在を知り、
その調査を始める。


第11話 欠落者 writE

CCGに屋敷に踏み込まれ、
逃げのびた月山は、彼を生かすために
命を懸けた者たちのことを想い、
当主となる責任をかみ締める。

そんな月山の前に琲世が立ちふさがる。

一方、クインクスは伊東班と合流し…。


第12話 夜明け Beautiful Dream

ノロに次々と仲間が倒されてゆくなか、
不知と瓜江の必死の攻撃がノロを捉える。

一方、月山の窮地に駆けつけた
カナエだったが、カネキの記憶を
取り戻し始めた琲世の反撃に遭い、
瀕死の重傷を負ってしまう。


東京喰種トーキョーグール:re ライターコメント

原作からもなんとなく離れており、コミックの表紙を見ても金木は居なくなって違うキャラクターの物語だと思っていましたがアニメを見て内容が分かり、すっかりハマり、原作も全部読んでしまいました。記憶を無くした金木は見た目も性格も違っていて興味深かったですし、(元々の性格&見た目よりも好きな人が多いかもしれません)鈴屋もただの危ないヤツという印象がすっかり覆り、ファンになりました。指導者となり、とても魅力的なキャラクターになっており目が離せませんでした。女装しての潜入捜査のシーンも見所です。映像がとても美しく、アクションシーンは見ごたえがあります。特に西尾先輩との戦闘シーンは良かったです。オープニングとエンディングもとても良く女王蜂のライブにも足を運んでしまった程です。
30代女性

OPの映像にとてもスタイリッシュな表現を散りばめていて本編に出てくる人物が硝子に顔を向けながら歩いているとそこに映る目が赤く染まっていて喰種だと分かるようになっていたり、主人公は硝子に映る自分に気づいていないが硝子に映る目が赤くなっていたりと物語に絡む細かい仕掛けが入っているため本編の前から既にぞくぞくさせてくれる演出が施されていました。OPの曲を担当する凛として時雨さんの曲も相まってとても頭に残りやすい映像となっています。アニメの序盤では原作漫画一巻とは違う展開で進んでいる箇所もあったのですがその部分も違和感なく繋がっていたため後から原作を読んで「こんなやりとりがあったのか」と驚いたくらいです。人間と喰種の戦いを描く部分の戦闘シーンもこだわりがあり重い武器を振るいながら戦うシーンなど重量感を感じさせたり喰種がそれぞれ持つ赫子の動きも違ったりと随所に小さな工夫が見られます。物語の要となる喰種になってしまった主人公の葛藤や、やがてそれを受け入れていく様子が漫画よりもさらに鮮明で残酷に表現されているため思わず息を呑むような声優さんとアニメ製作陣の表現力に感服する作品となっていました。 
20代女性

まず最初はん?こいつは誰だまさか金木くんと思ったが名前が違うしプリン頭になってるし?がいっぱい出てきたが話を進めるごとにあーそう言うことなとどんどんとわかってきた少しわかりにくい設定がされていると思うが最後までの間で全てフラグ回収できるのかなと思った。案の定回収しきれずに来期に持ち越しとなった。当然と言えば当然のことであるが、来期への期待感が膨らんだと思えば些細なことだと思う。相変わらず金木くんというかハイセの強さは健在で、とても痺れる。所々背筋が凍りそうなシーンもあり、その時は金木くんが出てきて感動しました。ただやっぱりハイセよりも金木くんがいいなと思ってしまう。やっぱり金木くんの方がかっこいいので。
20代男性

以前は行動を共にしていた金木研とヒロインのトウカが完全に別離を歩むことになっている展開が気になるものでした。道を違えた二人がまた出会う展開に期待しながら見続けることができました。グールが人を襲うわるいものであると分かりやすく悪におくだけではなく、人間の中にも邪悪なものがいると臭わせる怪しい展開が見られました。武装した警察組織の上層部のアクションに果たして正義の行いなのかと疑問がわく謎の展開が楽しめました。金木研がグール組織と敵対して前作と全く立場を違えているのが重要な要素で、気になる点でした。トウカが時に金木研の現在を思う展開も印象的です。大きな戦いを裏で影引く謎の勢力も見えてくるスリルある展開にわくわくできました。
30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました