はたらく細胞 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

【公式】TVアニメ『はたらく細胞』第2弾PV | 2018.7.7(土)放送開始!!

アニメ はたらく細胞 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

はたらく細胞 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

はたらく細胞 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (赤血球/赤芽球)
    花澤香菜
  • (白血球(好中球))
    前野智昭
  • (キラーT細胞)
    小野大輔
  • (マクロファージ/単球)
    井上喜久子
  • (血小板)
    長縄まりあ
  • (ヘルパーT細胞)
    櫻井孝宏
  • (制御性T細胞)
    早見沙織
  • (樹状細胞)
    岡本信彦
  • (好酸球)
    M・A・O
  • (記憶細胞)
    中村悠一

<STAFF>

  • 監督
    鈴木健一
  • 原作
    清水茜
  • アニメーション制作
    david production
  • キャラクターデザイン
    吉田隆彦
    三室健太
  • 音楽
    末廣健一郎
    MAYUKO
  • 総作画監督
    吉田隆彦
    玉置敬子

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

はたらく細胞 あらすじ

【公式】『はたらく細胞』スペシャルアニメ映像(フルサイズver.) ~100万部突破の大人気細胞擬人化マンガ~

人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。

細胞たちは体という世界の中、
今日も元気に、休むことなく働いている。

酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球…。

そこには知られざる細胞たちのドラマがあった。

はたらく細胞 各話紹介

第1話 肺炎球菌

ここは人間の身体の中。

酸素や二酸化炭素を
運搬していた赤血球はある日、
体外から侵入した肺炎球菌に襲われる。

そんな赤血球を助けたのは
白血球(好中球)だった。

白血球は逃げた肺炎球菌を追うのだが…。


はたらく細胞 ライターコメント

自分の身体が病気になったときに、身体の中では細胞たちがこんな風にがんばってくれているんだなということをアニメで楽しく学ぶことができます。理科の教科書では覚えずらい細胞もみんな擬人化されているので知識としても覚えやすいです。また実際の細胞の大さきに合わせて擬人化した細胞も背の高さが違うので、区別もしやすかったです。話の中では、特にがん細胞が出てきた時には、感動してしまいました。がんというものには悪いイメージしかなく、放射線治療などで治すことが当然だと考えていました。しかし、がん細胞の仲間がどんどんいなくなってしまうという悲しみを知った途端に心にグッと来てしまうものがありました。また、白血球は細胞の性質上いつも俊敏な動きをしていてかっこよかったです。20代女性
身体の細胞や免疫のことを楽しく学ぶことができるアニメです。赤血球や白血球など聞き覚えのあるものからマクロファージや樹状細胞など身体の細胞についてあまり詳しくない私は初めて耳にする細胞まで、擬人化された細胞が日々私たちの身体の中でどのように働いているのかが描かれています。人体が風邪や熱中症、食中毒などの異常事態に見舞われた時、身体がどのように対処しているのかを知ることができました。薬を服用することで体の働きを逆に阻害してしまうような場面もあったので軽い風邪の時などにむやみに薬を服用するのは控えよう…と少し反省しました。基本的には体の仕組みを説明するようなストーリーですが、メインの登場人物である赤血球の女の子に後輩ができたり、喧嘩ばかりのキラーT細胞とヘルパーT細胞の過去など人間ドラマチックな要素もあります。擬人化されていてとっつきやすいので大人はもちろん子供も楽しめる作品です。20代女性
漫画は読んでなく、テレビアニメも観ずに、この作品を劇場で観賞した。赤血球、白血球、以外のNK細胞とかT細胞とか、体内の仕組みが勉強出来た。細胞たちが個性的なキャラに擬人化され覚えやすい。キーとなる乳酸菌達が可愛くそして逞しくもあり上手く作られた作品だと思いました一般細胞の扱いが少し雑かなと思いました。確かコピーとかいう大切な仕事をしてるはずですが自己肯定感の低さは笑いました。血小板ちゃん映画館に行くも良かった!最後クレジットで血小板ちゃん映画館に行くのスタッフが15人くらい記載されててびっくりです。片手間に作るものだと思ってました事前知識はほぼゼロでも楽しめる作品でした。赤血球の声優さんが「スマホを変えただけなのに」の花澤香菜さんだったので、ギャップが面白かった。はたらく細胞映画館で見れてよかった!30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました