夏目友人帳 参 のアニメ無料動画をフル視聴できるサイト!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

夏目友人帳 参を無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

夏目友人帳 参 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

続 夏目友人帳キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (夏目貴志)
    神谷浩史
  • (ニャンコ先生)
    井上和彦
  • (夏目レイコ)
    小林沙苗
  • (名取周一)
    石田彰
  • (田沼要)
    堀江一眞
  • (西村悟)
    木村良平
  • (北本篤史)
    菅沼久義
  • (的場静司)
    諏訪部順一

<STAFF>

  • 監督
    大森貴弘
  • 原作
    緑川ゆき
  • アニメーション制作
    ブレインズ・ベース
  • キャラクターデザイン
    高田晃
  • 音楽
    吉森信
  • 制作
    NAS

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

夏目友人帳 参あらすじ

夏目貴志は、祖母であるレイコが
妖怪を子分とした証に
その名を書かせた「友人帳」を
継いだため、妖怪たちから
追われる日々を送っていた。

用心棒のニャンコ先生と共に
妖怪たちにその名を返すことを
決めた彼は、さまざまな妖怪と
出会うことになって…。

夏目友人帳 参各話紹介

第一話 妖しきものの名

夏目貴志は、祖母・レイコの遺品である
「友人帳」に書かれた妖怪たちの
名前を返す日々を送っていた。

そんなある日、夏目は災厄が
訪れることを知らせるという
妖怪・影茶碗が走り回るのを目撃する。


夏目友人帳 参ライターコメント

友人を作らないスタイルでいたこともあった夏目が、引っ越して来た先で出会った霊感のある少年田沼と友人関係を結ぶ展開が印象的です。同じく霊感があることで二人が惹かれ合う展開に男子の友情を見ることが出来ました。妖怪の呪いにあてられた田沼を心配してなんとか助けようと奔走する夏目を見て、素直な良い人間だと思えました。人の悪意もしっかりしる人間である夏目が、根っこにある気質である優しさを見せる展開に感動できます。なんだかんだ言っても夏目を助けてくれるニャンコ先生の存在も光るものがあって忘れられません。夏目の友人であり、ペットであり、また保護者の目線でも見守るというニャンコ先生の立場も面白いものでした。ニャンコ先生のよりコミカルな一面も見られてよかったです。
30代男性  

妖怪が出てきて怖いシーンも多いですが、感動したり笑えたりするところも多く、とてもおもしろかったです。特に、夏目が小さい頃に出会った、木の上の妖怪との回はとても言葉選びが心に響くものが多く、とても感動でした。子供の頃の夏目は、自分が見えないものが見えてしまうことで一人ぼっちで、木の上の妖怪にも夏目が悲しそうに見えていたけれど、大きくなった夏目を見て、そんな顔ができるほどに成長したんだねと言っていて、夏目のことをずっと心配していたんだろうなと泣けました。にゃんこ先生たちとの出会いで夏目の人生ははちゃめちゃにはなったけど、夏目が今まで得ることができなかった仲間ができていたんだなととても嬉しくなりました。
30代女性

まず夏目友人帳シリーズはアニメならではですと、曲が素敵だなと感じます。漫画だけでは感じられないものなので、これは是非アニメを見て欲しいと感じる作品だと感じます。主人公の夏目を演じるのは人気声優の神谷さん。神谷さんの声がまた曲ともマッチしていて、別世界のような雰囲気を出しているように感じます。また、そんな夏目とニャンコ先生のコンビが素敵です。食ってやると言いながらも、なんだかんだと助けてくれたり、すごい妖というのに可愛らしいフォルムの姿がいいですね。本来の姿はまたかっこよく、普段の姿とはまた違うよさがある。日常の中に妖がもしいたらと考えると面白いですね。ですが妖が見えることで仲間の輪に入れないというところから、いじめの問題など考えることもある作品だと思います。
20代女性

夏目友人帳参もみどころが満載の内容でした。どのお話も心にしみる内容となっていますが、特に印象に残っているのがいくつかあります。ひとつめは夏目の幼少期耳朶のお話です。辛く寂しい思いでしかないと思い込んでいた夏目が、旅先で思い出したひとりの妖との記憶。楽しい思い出など無いと思っていた夏目にも懐かしいと思い返す人(妖)がいたことを思い出すエピソードは心にしみました。参では、妖が見えるという本当の自分のことを話せるようになる大切な友人となる田沼とのエピソードや可愛い妖のキャラクターである子ぎつねとのお話がみどころです。夏目友人帳参を観て、素敵な家族や友達、そしてニャンコ先生をはじめとする妖達に囲まれている夏目がうらやましく感じました。
50代女性

前シリーズに引き続き、心理描写や音楽などが素晴らしいです。両親を早くに亡くし、妖怪が見えることで周囲から気味悪がられ孤独だった幼い頃の夏目の描写は切ないですが、苦しさや弱さに向き合い、新たな環境で不器用ながら友情や愛情を育んでいく姿に優しいきもちになります。人間と妖怪のあたたかくて切ないやりとりに涙することもしばしばです。参では人に危害を加えることを防ぐために妖怪を祓う生業の祓い屋一門の頭首・的場との衝突がありますが、必ずしも彼らは敵ではなく、妖怪を祓いながら妖怪とともに生きているような、祓い屋という存在もとても興味深いです。人も妖怪もそれぞれ背景があり魅力的で、心から嫌いになるような登場人物がいないので、各回でついつい深く感情移入しながら見入ってしまうのだと感じます。
30代女性

シリーズ第1話目には、老婆の姿をした妖の記憶から夏目の祖母レイコとの回想シーンが流れるところは、異形のものが見えるがゆえの寂しさと不器用な思いやりを垣間見える珍しいシーンなので、謎の多いレイコの人柄を知れる良いシーンなのでオススメです。あと第8話の親代わりの滋とと共に陶芸教室に参加するお話です。途中で登場する小狐のかわいさに癒されるので見て損はないと思います。内容も人と妖の狭間に思い悩みつつも夏目の助けになりたいと奮闘する姿は見どころだと思います。この第参期は夏目が藤原家に引き取られることになった経緯が描かれていたり、今まで妖とはニャンコ先生と共に戦っていたのが今回は学友たちの手を借りることがしばしばあり、孤独だった夏目に人との絆が深まり縁が増えていくシリーズなので見応えある作品です。
20代女性

第3期では主人公の夏目が妖怪たちと楽しく時間を過ごしているのが印象的でした。特に初回の影踏み鬼のストーリーはおもしろかったです。作中で夏目は友人たちと話している際に子どもの頃の遊びを思い出します。彼は昔影踏み鬼の遊びに入れてもらえず見ているだけでしたが、今回はやろういうことになります。妖怪たちが人の遊びをしたいと言ったことで影踏み鬼をしようという展開になるのはなかなか良かったです。小さいころの夏目は遊びたくても叶いませんでしたが、大きくなって遊びができるのは彼にとって嬉しいことだと考えました。今回小さい頃よくやった遊びが作中に登場していて、私も彼のように子どもの頃が思い出されました。そのため作品に親しみやすかったように思います。
30代女性

夏目の幼少期の事が多く描かれているシーズンだったように思います、妖怪が見える事を分かってくれる田沼や多軌と友達になって少し心が開いているように見えました。第一話の影茶碗は凄く身近な物なので本当にいたら面白いと思ったし、レイコさんが本当は人間の友達を欲しがっていた事が分かって切なかったです。小学校の頃の男子が近づいて来た時は警戒してしまいましたが、まさか妖怪に恋していたなんてビックリです、おかげで少し仲良くなれたような気がして嬉しかったですね。多軌の家が凄い立派な家で驚きました、陰陽師のような事をやっていたそうなので歴史はあるんだろうけど雰囲気もあってお爺さんが残した結界やらで面白い家でしたね。的場静司が登場して夏目が攫われてしまった時は焦りました、ニャンコ先生と名取さんが助けに来てくれましたが二人のやり取りは面白くて良いコンビでした。以前、目の前で妖怪に喰われたカラスを使役していた女性が登場しましたが悲しみに潰れてしまって可愛そうでした。その時にニャンコ先生が的場に傷を付けられ弱ってしまい心配しました、薬になる薬草を探しに行って小狐が登場したのは可愛かったです。文化祭の日には夏目を助けられるほどまで回復して屋台の食べ物を狙っているし、夏目は皆に囲まれて幸せそうで泣けましたね。夏目が藤原家に来る時の様子が紹介されて、あまり幸せじゃなかった姿を見るのは心苦しかったし妖怪にまで狙われていたなんて大変な人生だったけど藤原家に引き取られて本当に良かったです。
40代女性

夏目友人帳は第一期からずっと拝見しているのですが、三期も抜群の安定感でとても面白かったです。深夜枠のアニメですが、大人から子どもまで楽しめる温かいお話ばかりなので、安心して見ることができます。三期の見どころはやはり祓い屋の的場静司が登場する点ですね。主人公である夏目貴志と同じように妖怪を見ることができる的場ですが、妖怪への接し方や考え方は夏目とは全く異なります。様々な妖怪が登場する分、人間のキャラクターが増えることは稀なので新鮮でした。また、三期では夏目の過去を掘り下げた話もあります。妖怪が見えるせいで周りに馴染めない夏目の姿や、藤原家の夏目に対する優しさに思わずうるっときてしまいました。
20代女性

特に印象に残ったのが「蔵にひそむもの」です。雨宿りしていた後ろにあった扉が開いたときのたきの腕の中にすでににゃんこ先生が抱かれていたことが笑えました。あんなに強い先生でもたきにに散歩中に捕まえられてしまうというそのアンバランスさが面白かったです。たきと田沼の前であれば先生もしゃべることができるのがより自然な状態でいられるのかなと思いました。その後3人で掃除している蔵が思っていたよりも広かったのに驚きました。扉から裕福な家庭もなんとなくわかっていたけれどもあそこまでの広さがあるというのはすごいなと思いました。もう見える人がほとんどいない家に住み着いていた妖怪がいるというのがたきの祖父の人柄がわかるなと思いました。 
20代女性

特に印象に残ったのが「幼き日々に」です。ニャンコ先生が美術館に行くことを馬鹿にしていたのに、そばにおいしいラーメン屋があると聞いた途端夏目によじ登っていってねだるように行きたいと言ってるその姿の変わり身の早さと、先生の甘え方というのがとてもかわいらしいなと思いました。小さかった夏目に対して本来の姿ではうまく言えない妖怪が猫に姿を変えてそうすればしゃべれないから余計なこと言うこともなく彼を慰めてやることもできるのかなと思いました。幼い夏目に早く1人で生きていきたいと言わせたことは辛いけれど、彼のために涙を流した妖怪がいたことやその優しさが彼にちゃんと伝わっていて本当に良かったと思いました。お互いが不器用だった頃から何年経ってでも和解できたことを本当に嬉しかったです。 
20代女性

夏目が妖怪たちとも親しくなっているのがよく見えてきました。どんどん明るく、アクティブな少年になっているのが見えるのは嬉しいです。ニャンコ先生意外にもいる気の良い妖怪たちが宴をしたり、コミカルな立ち回りをするのもほのぼのとして良いです。塞ぎがちな部分もしの昔には見られた夏目が、妖怪たちと一緒に原っぱで影踏み鬼をするエピソードは爽やかで可愛いものでした。妖怪の方でも人間の遊びを学びたがって歩み寄ってくる流れは美しいものでした。学校の友人と気安く会話するようにもなり、肩肘貼らずに接っすることが出来る点で夏目が意外にも人気者だとも分かるのも良い点でした。夏目がどんどん表情豊かになってきているとも思えて安心できました。
30代男性

このシーズンから祓い屋である的場一門の頭首である的場静司が登場します。今まではだいたい一話完結で優しいストーリーが多かったのですが、この的場が登場する第六話「人ならぬもの」と第七話「祓い屋」は終始シリアスなムードで話が進みます。妖怪たちを自らの道具としか考えない的場は夏目とも同じ祓い屋である名取とも全く異なる考え方で、その冷酷さは今までの夏目友人帳にはいなかったタイプなので驚きました。名取も元々妖怪に対してはドライな考え方でしたが、夏目と接していくうちにだんだんと感化され、自分の式の身を心配する様子を見せたりもするようになりました。夏目と対極にいる的場がこれからどう関わっていくのか、それによって昔は妖怪を疎んでいた夏目も妖怪と人とのあり方をどう模索していくのかが楽しみです。 
30代女性

両親を早くに亡くし、親戚の間をたらい回しにされていた夏目。妖怪が見えるという秘密を誰にも理解されず、いつも一人で心を閉ざしていました。第四話「幼き日々に」で夏目は、偶然通りかかった場所が子供の頃少しの間住んでいた場所だと気づきます。そこに生えている桜の木には毎日のように夏目にちょっかいを出していた妖怪がいて、その視点から視聴者は夏目の幼少期を見ることとなります。小さな夏目が周囲から疎まれ避けられる様子は見ていていたたまれず、こんなに小さな子が「一人で生きたい」と望まずにはいられないとはどれだけ辛かっただろうと涙が出ます。最後、高校生になった夏目の笑顔を見た桜の木の妖怪が「優しい誰かに会えたんだね、そんな顔ができるほど」と言うシーンでは胸がじんわりと暖かくなりました。第三期で一番好きな話です。 
30代女性




本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました