彼女と彼女の猫 Everything Flows のアニメ無料動画をフル視聴できるサイト!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

彼女と彼女の猫 Everything Flows アニメ PV&公式YouTube動画

彼女と彼女の猫 -Everything Flows- Blu-ray&DVD PV

彼女と彼女の猫 Everything Flows 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

彼女と彼女の猫 Everything Flows アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

彼女と彼女の猫 Everything Flows キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (美優)
    花澤香菜
  • (ダル)
    浅沼晋太郎
  • (知歌)
    矢作紗友里
  • (美優の母)
    平松晶子
  • (チョビ)
    新海誠

<STAFF>

  • 監督
    坂本一也
  • 原作
    新海誠
  • アニメーション制作
    ライデンフィルム京都スタジオ
  • キャラクターデザイン
    海島千本
  • 音楽
    TO-MAS SOUNDSIGHT FLUORESCENT FOREST
  • 総作画監督
    海島千本

©Makoto Shinkai / CWF・彼女と彼女の猫EF製作委員会

彼女と彼女の猫 Everything Flows あらすじ

ある夏の一番暑い日、
彼女と飼い猫である
“僕”の暮らしが始まった。

彼女は短大の卒業を控え
就職活動に追われる中、
家族、友達、将来…
いろいろなことがうまくいかず、
立ち止まってしまいそうになる。

そんな彼女を“僕”は
見守っていたいと思っていた…。

彼女と彼女の猫 Everything Flows ライターコメント

短いエピソードが集まった映画で、短編連作の小粋な小説を読んでいるような心地よさがあります。都会で一人暮らしをする女性の孤独感をとても鋭く描いていて、その寂しさや生きていく上での様々な心の揺らぎがしみじみと伝わってきました。独身女性といっても華やかなことばかりではない現実をリアルに表現しているところに共感を覚えます。狭いマンションの一室で、やかんでお湯を沸かす、そのシーンだけでも切なさを感じるのが新海マジックともいえるでしょう。また、その切なさを温かくくるんでくれるのが「猫」。辛いだけの物語なら見たくないという人でも、この猫と女性との関わりをみることで心を癒されるのではないかと思います。疲れた時にもう一度見たい、そんな気持ちがする映画でした。
50代女性

今回の年越し配信ライブは、全体的に落ち着いたナンバーやレアな曲が多く、ファンにとっては、大興奮のセットリストだったと思います。前回の配信ライブではおなじみの人気曲が多かったので、今回は真逆のライブだといえます。中でも演奏された恋するマンスリーデイ、走れ!!トーキョー・タウン、世界の屋根を撃つ雨のリズムはレア中のレア曲で、私自身もライブで演奏されている所を初めて観たくらいです。個人的には夜風のオンザビーチ、愛は花のように(Ole)が聴けて良かったです。この2曲もまさか聴けるとは思いませんでした。終盤の煽りパートでは、おなじみのボディスペシャルⅡがジャズ調のアレンジがされており、驚きましたが、途中からはいつものアゲアゲな曲調に戻り、大盛り上がりでした。やはりサザンは最高!今年はコロナが終息して、ライブを生で観れることを望みます。
30代男性

ある女の子と黒猫の出会いと軌跡を描いた物語。この作品は「君の名は。」で名高い新海誠監督の原作、短編アニメ全4話をまとめたもので、黒猫ダルの視点から見た景色で構成されていることもあり描かれている描写は低めな視点が多く、もし猫の立場ならと感情移入しやすかった点はよかったです。私自身ペットを飼った経験がありませんが、言葉が通じずともいつも側にいて寄り添ったり、見守ってくれたりと力をお互いがもらっている関係って素晴らしく、いいなぁと思いました。また、ダルがすいたいして彼女の助けになれない、歯痒くて辛い時でも家族を引き合わせ安心するその姿。そういう彼女への思いが形になり現れたのか、姿は違えど再び会えた事に感動しました。そんな、ある女性と白猫の出会いと奇跡を描いた物語でした。
30代男性

どこかにありそうなリアル性ある物語に思えました。自分を育ててくれた主人公のことをしっかり見て、その人間性の良さを語る猫の語りが聴き応えあるものでよかったです。猫目線で見える心暖まる物語が好きになりました。色んな会社の面接に落ちて落ち込むヒロインの姿はリアル性があるもので共感と好感が持てました。鏡を見て面接の練習をするヒロインの日常シーンがかわいいものでした。猫と主人公ヒロインとの間に大きな信頼関係が生まれているのがわかってほっこりするものでした。最後には、大好きな飼い主の腕の中で長い眠りについてしまう猫をみると、悲しくなって目頭が熱くなりました。生まれ変わってまた同じと彼女と会ったと予想できるラストはドラマティックで好きでした。
30代男性

ヒロイン目線から見るリアル性ある若者女性の物語、それを見ている猫を通して映す物語の二面性が楽しめるものでした。ゆっくり、情感をこめて語る猫役の浅沼晋太郎さんの演技は胸に刺さるもので良かったです。親の恋愛、個人の生活を応援したい娘の想いが、すれ違って親子仲が悪くなるとう展開には胸が痛みました。後半では親子が和解し、それを見て猫もまた満足そうにしているシーンが見えます。最後は爽やかにおわるもので良かったです。猫のダルが死んでしまったヒロインが、時間をかけても落ち込みから回復し、髪を伸ばして心機一転頑張る希望的なラスト展開が好きでした。彼女の匂いや髪質が好きという猫の文学的な語りパートも聴き応えがあるものでよかったです。
30代男性

学校を出て社会に出る段階の多感の時期にあるヒロインと、そのヒロインが飼う猫の日常がみえるまったりした一面がある物語で良かったです。進路が決まらず、就職試験におちて沈むヒロインを映すシーンでは、リアルな若者の心理が見えて共感がもてました。シングルマザーの母が、新しい旦那さんとの生活を円滑にスタートさせるためにも、自分が家を出て自立しないといけないと気負うヒロインの思いには、よき娘のそれが見えて感心できます。仕事や私生活に一生懸命向き合うヒロインのことを応援したくなるものでした。主人公ヒロインを演じた花澤香菜さんの演技にはリアル性があり、とてもはまり役だったと思います。明るい友人女性を演じた矢作紗友里さんの元気なお芝居も好きでした。
30代男性

ダルが死んだ後の僕が生きている時間はもう彼女と交わらなくなってしまったと言う表現がとてもいいなと思いました。今回はもう交わる事はなくなってしまったけれども、また巡り会うこともできるあるかもしれないということを予感できる表現方法だなと思いました。ダルが与えたものが彼女に残っていて、彼女はそれを糧に生きていくのだかなと思いました。そういう形で彼は生きた証というのが彼女の人生の中に残り続けるのだろうなと思いました。ダルがみうの腕の中でみうと母の笑顔を見て安心して深い眠りにつくというのがダルのみうに対する思いに涙が止まりませんでした。きっとドルが4杯幸せな人生だったんだろうなと思います。ドルにとってはこれ以上ないほど幸せな人生だったんだろうなと思います。 
20代女性

主人公の回想としてダルを飼い始めた頃が描かれることを雲って最初から受けられた存在ではなかったことがわかりました。そこから今の程良い距離感、関係性を築くまでにどのようなことがあったのかということが順々に丁寧にあかされていく形がとてもいいなと思いました。特に好きな場面は僕は彼女の言葉がわからないと言った後の、「お腹すいたね」という言葉が言葉以上の様々な意味を込めているような気がします。とても優しい声で彼女を包み込んでいるような気がしました。ダルが自分の寿命がもうないのもなんとなくわかっていて体がだんだん動かなくなっている変化を受け入れているというのが彼の人生が幸せだったんだろうなということがわかって良かったなと思いました。 
20代女性

ルームシェアをしていた友達が出ていってしまい、主人公が一人暮らしになりそれによる気持ちの変化を猫の視点で描いている作品だと思いました。猫の視点から言うことによって彼女の言葉自体がわからないし気持ち全てを分かり合えるわけでは無い、しかしそれでも触れ合うことによって伝えられる何かあるのかなと思いました。はじめは彼女の歳もわからなかったのですが、見ていくうちに彼女が就職活動中であり一人暮らし用のことも母から言われていることにプレッシャーを感じていることがわかります。そんな彼女のことを猫が寄り添い続けているというのが彼女のほんの少しの支えになってくれたらいいなと思いました。実際には彼女が落ち込んだ夜に寄り添って寝ている時間があることによりまた歩き出すことができるのかなと思いました。 
20代女性

女の子と猫の日常ですが、女の子の心情がとてもリアルに描かれているところが見ていておもしろかったし考えさせられました。また、猫の気持ちが表現されているところもとても良かったと思います。特に胸がギュッとなったのは、女の子がダルを橋の下に捨てようとしたシーンです。お母さんが自分よりダルを可愛がっているように感じてしまったからという子どもらしい理由が憎めなかったし、また、ダルが捨てられるなんて思いもせず、外の景色の綺麗さに感動していたのが切なすぎました。結局捨てることができずにダルを家に持って帰ることができた女の子の心の成長にも感動でした。そしてそんな女の子とダルが仲良くなっていく様子は見ていてとても母親のような気持ちになれました。
30代女性

元々は新海誠監督の数分の短編アニメが原作ですが、そこから随分とお話が広がるもんだなぁとしきりに感じました。原作がモノクロであるのに対し、今作は色彩は非常に豊かです。特に夕焼けの場面は、夕陽のオレンジ色がとても美しいのと共に、現実の切なさと暮れていく一日の儚さ・むなしさが絶妙に表現されていました。またストーリーがとても切実。当時今作を見た自分は既に30代後半だったので、短大生である主人公・彼女とは全く違う世代ながら、就職活動の苦しさやたくさんの失敗にいたく共感したものです。そして猫の”僕”の最期のシーンは、涙を止めることが出来ませんでした。飼い主想いのペットなんてお決まりの設定かもしれませんが、涙もろい人ならたまらなくて泣いちゃうでしょうね。
40代女性

作中に登場するキャラクターの中でも猫のダルがとても印象的でした。ダルがやったことが後に家族に笑顔をもたらすことになる展開が気に入っています。冬のある日の深夜、美優から母に着信があったものの何も声がなく電話が途切れます。この着信はダルの仕業だったのですが、美優を心配した母は彼女の部屋を訪れます。母が出てきた彼女を抱きしめる場面には心がじんわりと温かくなりました。そして美優がやっと笑みを浮かべ、母と彼女が共に笑う様子にはほっとしました。ダルのおかげで家族に笑顔が戻る場面には視聴者の誰もが心を動かされるはずです。作中ではダルの存在が際立っていたように思いました。この作品を見てダルを好きになる人は多いでしょう。
30代女性


新海誠の関連作品



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました