夏目友人帳 肆 のアニメ無料動画をフル視聴できるサイト!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

夏目友人帳 肆 を無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

夏目友人帳 肆 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

夏目友人帳 肆 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (夏目貴志)
    神谷浩史
  • (ニャンコ先生)
    井上和彦
  • (夏目レイコ)
    小林沙苗
  • (名取周一)
    石田彰
  • (田沼要)
    堀江一眞
  • (笹田純)
    沢城みゆき
  • (西村悟)
    木村良平
  • (北本篤史)
    菅沼久義
  • (夏目(少年時代))
    藤村歩
  • (藤原塔子)
    伊藤美紀

<STAFF>

  • 監督
    大森貴弘
  • 原作
    緑川ゆき
  • アニメーション制作
    ブレインズ・ベース
  • キャラクターデザイン
    高田晃
  • 音楽
    吉森信
  • 制作
    NAS

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

夏目友人帳 肆 あらすじ

小さい頃から妖怪を
見ることができた少年・夏目貴志。

彼は、祖母レイコが妖怪を
子分とする証にその名を書かせた
「友人帳」を継ぎ、自称用心棒の妖怪
ニャンコ先生と共に、妖怪たちに
その名を返す日々を送っている。

そして出会いと別れが繰り返され…。

夏目友人帳 肆 各話紹介

第一話 とらわれた夏目

夏目は祖母・レイコの遺品
「友人帳」に書かれた妖怪たちの
名前を返す日々の中で、
多くの友人や大切な場所を
手にしていた。

この帳面を狙う妖怪は多く、
ある日、猿面の妖怪たちに
彼らの住む森へと連れ去られる。


夏目友人帳 肆 ライターコメント

特に印象に残ったのが「明日咲く」です。中級やひのえといった妖怪達が本人が不在の中、部屋に集まっていることから彼らが夏目を慕っていることが伝わってきました。妖怪達は窓から入ってくるため何の前触れもなく部屋に入ってくることもあるのが楽しくもあり驚きもあるなと思いました。そして飲めない夏目に目に向かって毎回酒を進めてくるのも面白いです。飲めない夏目を中心となって宴が行われ、夜が更けていくというのがとても楽しげでした。ぜひ参加してみたいです。にゃんこ先生やちょびが自分のことを高貴な存在であるとは言っていたものの中級たちが明らかに敬っている存在の妖怪かま出てきていることに驚きました。しかしその妖怪の書く花というのがとても綺麗で長きの修行によってそこまでの技術を身につけたのかなと思いました。 
20代女性

終始飽きずに、次の展開に期待を寄せながら鑑賞できる作品で、周りの優しさや人としての偏見等の価値観との向き合い方を改めて、学べる内容でした。妖怪ではなく人に焦点が当たったのは今までとは少し方向性が違く、新鮮みがあり良かったです。もちろん妖怪は出てくるので作風は変わらず楽しめました。夏目友人帳は妖などとのバトルシーンもありますが、心の痛みのほうがよく伝わってくる作品です。良き理解者となる友人もでき、ニャンコ先生との出会いから妖怪との付き合い方も分かって来て、上手く共存出来かけている状況自体が、様々な価値観を「享受」する事を学習したからこその付き合い方であり、それは現実世界である現代人にも必要な項目であると考えさせられました。成長とはどういう事かを学ばせてもらいました。
30代男性

優しさに包まれる感覚を味わえる作品で、心がすごく癒されます。人に見えないものが見える夏目貴志は、小さいとき孤独でしたが、今では、夏目のまわりには優しい友達がたくさんいて、そして、夏目の面倒を見ている藤原夫妻も、夏目を大切にしてくれるといったありふれた関係性ですが、その維持とありがたみを築く事の難しさと大切さを、改めて考えさせられる作品です。「誰が誰を大事に想うか」という人間味あふれる姿が生々しく描かれており、若干、ドロドロしたさもありあすが、それがよりリアリティを増した表現となっています。今までみんなに迷惑をかけている意識が先立って、自分の意見が言えなかった夏目が、ここでようやく自分の意見を言えるようになりました。
20代男性

ミカゲと七瀬のやりとりがもうかなり泣けました。七瀬は妖怪は悪だから全部祓うべきだと思っていると思い込んでいたので、見かければ話したくなる、話せば情が湧いてしまうから、それなら全部分別せずに祓ってしまいたいと思ってたなんて切なすぎました。また、ミカゲという妖怪も、どうせ祓われるなら七瀬にしてもらいたいなんて言い出すし、この2人が共存していくことってできないんだろうかととても悲しかったです。ミカゲは全く何の後ろ髪も引かれることなく、やっと業から解放されるのだからと、表情ひとつ変えることなく消えていって、とても泣けました。今までもいろんな妖怪との別れがあったけれど、この別れが一番泣けたような気がします。
30代女性

夏目の友達の田沼が、すごく良い人すぎて泣けました。田沼のおかげでおみばしらを封印できた時に、田沼が夏目の負担になってしまったんじゃないかと心配していたのが印象的でした。夏目は過去のこともあってやっぱりどこか人に入られたくない見えない境界線があるというか、それを田沼も感じ取っていたのかもなと思いました。だけど、それを承知で夏目を助け、見えないものが見えることをせっかく話してくれたのにそこで終わりにしたくなかったと踏み込んできてくれたことに感動でした。夏目には、きっとずっと前から、こんなふうに一歩踏み出してきてくれる友達が必要だったんだろうなと感じたし、この2人はずっと友達でいられるだろうなと思いました。
30代女性

夏目友人帳肆、このシリーズは人間と妖怪の話ですが、人間同士の話でも通じるところがあって、和やかなストーリーと切ないストーリーが混ざっていて、つい観入ってしまいます。特に6話7話は友人との人間関係の距離が描かれていて、人間誰しもが持っている悩みかもしれません。相手の心に深く入り込んで良いものなのか、そうではないのか、どちらにしても相手が傷ついてしまわないだろうか、迷惑ではないだろうか。関係が崩れてしまわないだろうか。と今でもそう悩むことがあるなと思いました。それを悩まないために友人から離れていくことを決めた人、それを諦めないように告げられた夏目の心境もどうなって行くのか今後も楽しみです。そして夏目とニャンコ先生のやりとりはやっぱり良いですね。憎まれ口を叩きながらもお互いを尊重している感じがとても好きです。
40代男性

夏目友人帳シーズン4ですが、ようやく夏目君の小さいころの記憶がたくさん出てくるようになりました。まだまだ私たちには謎の部分が多いですが、夏目君の不遇の少年時代を経て今の幸せに繋がっているところを見ると、心穏やかに見られます。妖怪たちに狙われている反面、頼られて嬉しそうにしているところなどホッとしますね。私は名取周一の式の柊が好きですが、柊と夏目の会話も夏目の優しさを表していて素敵だと思います。夏目君のお父さんとお母さんの写真も出てきて、今回のシリーズは彼の生い立ちや心持などにスポットが当たっていました。これから友人帳の名前を返し終わったらどうなるのかなどワクワクします。中だるみせず良い作品だったと思います。
40代女性

自分にとって大切だと思える友人や居場所を手にすることがどれだけ幸せに満ちたものなのか、深く考えさせられました。かつては敬遠されてきた夏目にとって今の環境は本当に有難いものなんだろうなと思いました。妖との付き合いも大変だけれどそれ以上に夏目の心に多少なりとも良い影響を及ぼすこと間違いはなくて、それを観ていてなんだか羨ましいような不思議な気持ちになりました。名取周一が出てくる度に身構えてしまう自分がいました。石田彰さんというだけで絶対何かあると思ってしまう自分に呆れながらも楽しんでいました。的場静司のミステリアスな感じがたまらなかったです。シンプルに見た目が好みで、その上声優を務めているのが諏訪部順一さんとあって何から何までかっこよくて惚れ惚れしました。
20代女性

夏目の幼年期の物語が描かれr、その中で夏目の両親との関係が見えて来るのが印象的です。楽しいばかりでは済まない苦労と悲しみの過去を背負う夏目の儚いキャラ性は味のあるものでした。悲しい過去を受け入れた中で、改めて今は心優しい人たちに囲まれて幸せだと感じる夏目の素直でキレイな心に感動できます。夏目の家に学校のクラスメイトが遊びにくるようにまでなったことは、夏目の大きな変化として記憶に残ります。夏目が幸せになることで、視聴しているこちらも心が暖まりました。夏目の楽しい生活と共に、祖母のレイコの物語も見せていく展開が楽しめました。やんちゃをしていても、妖怪の心になにか暖かいものを残してこの世を去ったレイコの物語も爽やかなもので好きでした。レイコが可愛いのも相変わらずで、小林沙苗さんの爽やかな演技も良かったです。
30代男性

妖怪の能力により、夏目がまだ子供だった頃の遠い記憶をめぐる物語が印象的です。誰からも疎まれた夏目だからこそ、無理と分かって距離を置く中でもなお人の温もりを求めていたということが分かるものでした。とても深い孤独による人間心理の真実性が見えるものでした。妖怪との日常というファンタジーな要素がベースとなっていますが、夏目を巡る人間模様には文学性もあるリアルなものが見えるのが特徴的でした。質の高い物語構成には感動出来るものが多く、大人が見てこそ共感出来る展開も多くあったと思います。バラエティに富んだ魅力がある作品だと思えます。少年時代の夏目は愛らしく、それでいて賢そうな少年に見えました。夏目の過去がわかるのは貴重な展開として記憶に残ります。
30代男性 

第4期では初回から夏目の幼い頃を思わせるストーリーになっており、興味が湧く内容でした。幼い頃父親と暮らしていた家に行ったり、昔の写真を手にしたりする場面がとても印象的でした。幼い頃暮らした家には妖怪が住み着いていたという部分は興味深かったです。昔から人ならぬものが見える彼は小さい頃から妖怪の存在が身近にあったのだと改めて思いました。さらに幼い頃暮らした家から帰った後、夏目は亡くした両親の写真を手に取ります。藤原夫妻や友人たちといった優しい人たちに囲まれていることで写真を見ても心苦しく思わないだろうと写真を手にしますが、彼の今の境遇に改めてあたたかい気持ちになりました。作中でも両親の写真の部分は特に視聴者の心に響く内容だったと思います。
30代女性

夏目が危ない目に遭う事が多くてヒヤヒヤします、的場や名取も多く登場するし友達とも沢山遊んでいるようなので笑顔が多いのが嬉しくなります。初っ端から妖怪に誘拐されてしまうのはビックリですし的場が大きな組織だとは知っていましたが座敷牢まであるとは物騒な集団です。夏目は契約しなくても助けに来てくれる妖怪達がいるし大物ばかりなので的場に見せつけてやったのはスッキリしましたね。毛玉の妖怪は可愛かったですね、指輪を無くした妖怪は女の執念が籠もっている感じで怖かったです、かと思えば人間の女性に恋してしまった妖怪もいて人間と同じように色々な妖怪がいるのは面白いです。夏目が今度は妖怪に捕まってしまって田沼が助けに来てくれたのは友情を感じて泣けてきます、名取さんが追っていた案件だったので一緒に脱出できましたが残酷な感じだったので怖かったですね。的場の秘書である七瀬の幼少期のお話が登場したのは意外性があったし、小さい頃は可愛げがあって可愛かったですね。夏目が神様に化けて名取さんに見つかった時は笑ってしましました、夏目は大物との遭遇率が高いので事件も難解です、結果は良い方向へ行くので安心ですがニャンコ先生も敵わない神様の時はハラハラしました。お世話になった家に行って少し嫌な気分になったのは悲しかったけど双方の言い分も分からなくないのが難しいなと思いました。妖怪に狙われたけど今の家に帰りたいと強く願ったおかげで助かったなんて号泣します、昔のクラスメイトの中にも夏目の味方になってくれる人もいるのが分かって嬉しかったです。
40代女性

特に印象に残ったのが「つきひぐい」です。どこも怪しくないと言っていた妖怪が見るからに怪しいのが笑えました。大きな壺をかぶっているという様子が顔が見えないと表情もわからないのでどんなやつかもわからないのにそれでも助ける夏目というのに彼の優しさが表れているなと思いました。その後にゃんこ先生が短い足を人間のように腕を組み足を組んでいる様子が面白かったです。そんなに短い足で組めるのだという事に対する驚きと短いが故に人間のように様になっていないのでそのギャップに笑えました。もしも夏目が実際に小さい時に妖怪に対して理解ある人がいたらこんな風に過ごしていたかもしれないと想像ができました。3人ではしゃぐ姿がとても楽しそうでそんな体験ができた夏目が本当に良かったなと思いました。 
20代女性

美しい音楽と綺麗な映像は相変わらずで、夏目友人帳らしい優しい雰囲気が印象的な内容です。そして肆はどちらかというと悲しい気持ちが残るストーリーが多いかなと思います。でもこれをみると夏目友人帳の良さが尚更感じられると思います。特に夏目の小さい頃の話は胸が締め付けられてとても悲しかったです。今は悲しくても、夏目の中に残っている思い出が両親が愛してくれた幸せな思い出になりますようにと切に願いました。あとニャンコ先生が夏目に変身して、夏目になりすますシーンも印象に残りました。めちゃくちゃな夏目(ニャンコ先生)に夏目がツッコんだり怒ったりして、とても面白かったです。またカリカミという声真似が得意な妖怪が出てくる話もあります。不器用だけど憎めない良い妖怪で、とてもほのぼのした話でした。
40代女性




本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました