七つの大罪 戒めの復活のアニメ無料動画をフル視聴できるサイト!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

七つの大罪 戒めの復活 アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」第1弾PV

七つの大罪 戒めの復活 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

七つの大罪 戒めの復活 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

七つの大罪 戒めの復活 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (メリオダス/ゼルドリス)
    梶裕貴
  • (エリザベス)
    雨宮天
  • (ホーク)
    久野美咲
  • (ディアンヌ)
    悠木碧
  • (バン)
    鈴木達央
  • (キング)
    福山潤
  • (ゴウセル)
    高木裕平
  • (マーリン)
    坂本真綾
  • (ギルサンダー)
    宮野真守
  • (ハウザー)
    木村良平

<STAFF>

  • 監督
    古田丈司
  • 原作
    鈴木央
  • アニメーション制作
    A-1 Pictures
  • キャラクターデザイン
    戸谷賢都
    佐々木啓悟
  • 音楽
    澤野弘之
    和田貴史
    KOHTA YAMAMOTO
  • 総作画監督
    戸谷賢都
    川上哲也

© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS

七つの大罪 戒めの復活 あらすじ

TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」第2弾PV

ヘンドリクセンとドレファスの
二大聖騎士長の支配から
王国を奪還したメリオダスたち
<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。

王国誕生祭も無事に終わり、
リオネス王国にようやく平和が訪れた。

だが、次なる脅威の予兆は
確実に生まれつつあった…。

七つの大罪 戒めの復活 各話紹介

第一話 魔神族復活

ようやく平和が訪れた
リオネス王国の第3王女・エリザベスは、
不穏な夢を見る。

その話を聞いた国王は眉をひそめるが、
王国を救った〈七つの大罪〉への
勲章授与式を開催。

すると、勲章授与に異議を唱える者が…。


七つの大罪 戒めの復活 ライターコメント

バンが復活したエレインと再開するシーンがものすごく感動でした。アクションものなのに、こんなに感動する恋愛シーンを描けるなんてすごいと思います。また、バンのことが好きでついてきていたジェリコの気持ちを考えるとすごく切なかったですが、ジェリコが不貞腐れたりすることなく、自分の好きなバンが愛しているエレインに対して優しく接するところに本物の愛を感じました。特に、正気じゃないエレインに対して、好きな男を悲しませるようなことをするな、だけど、それでもバンはエレインじゃなきゃダメなんだと涙をこぼすシーンはもう堪りませんでした。さらに、バンが団長のことをエレイン復活のために利用しようとしたのに、団長はそのことを咎めもせず、また友情が元に戻ったのも感動でした。
30代女性

この作品は、人の暖かさを痛感させられる、世界観溢れた大変見応えのある超大作で、逆に見てよかったと安心出来ました。これを1人で作り上げた評価は高く、話の内容は期待を上回る作品でとても深く、切なく、手書きの荒々しさも寧ろ良さになっていました。人間らしさの始まり確認することができたと思う作品で、その一瞬の「時」とか「時間」をメインに取り上げており、本当に大切にしてるんだろうな感じました。鈍感な男と傷つく女と、失って初めて気付く一番大事な人と蘇りを改めて、ビジュアル的に感じる事が出来る感動作です。また、愛する強さを痛感させられた作品で、人と向き合う大切さを考えさせられた超大作でもあり、「男は強く女は優しくってよく言うけれど、本当は逆だから、言うのだよ。」という日めくりカレンダーが昔あったことを思い出しました。
30代女性

七つの大罪の中でも根幹となるストーリーを描いている作品で、主人公メリオダスの過去と魔神たちの因縁など物語の最終局面につながる場面の多い部となっています。復活した最大の敵「十戒」と七つの大罪の戦闘シーンはそれぞれのキャラクターの個性がぶつかり合う激しいもので見ごたえのあるものとなっています。メリオダスは何故魔神族でありながら魔神を裏切ったのかが、メリオダスの弟・エスタロッサから語られるシーンとそれに至るまでのメリオダスvs十戒の戦闘シーンは、危機的状況ながら奮闘するメリオダスを応援せずにはいられなかったです。終盤での怒涛の展開はハラハラドキドキの連続とともに、続きの作品が早く見たくなるような真実も語られます。七つの大罪の中でも、重要な情報の多い作品だと思います。
20代男性

ホークちゃんがいる時の絶対的な安心感はたまらないなと思いました。愛くるしい見た目とちょっと生意気な口調が本当に癒しで、不穏な空気や緊張感漂うシーンがあってもホークちゃんのことを思い出して乗り切っているところがありました。そして、久野美咲さんの特徴的な声がこの上ないほど素晴らしくて、キャスティングに関わってくれた方全員にお礼申し上げたい気持ちでいっぱいでした。ディアンヌが体育座りしているのがめちゃくちゃ好きでした。巨人なのに縮こまっているディアンヌはやっぱり一人の女の子でなんとも可愛らしくて心惹かれました。キングという存在がなかったら私が名乗りを上げてディアンヌをかっさらってしまいたいと思いました。強気なところも落ち込んだ表情も何もかもが好きで溢れ出るディアンヌ愛を抑えるのが大変でした。
20代女性

この作品は七つの大罪で最も盛り上がる女神族に封印された魔神族が復活する場面から始まる話です。復活した10人の魔神「十戒」は全員禍々しい雰囲気を纏ったキャラクターであり、人型の魔神族であっても怪しげな雰囲気が拭えません。そんな「十戒」と「七つの大罪」がバトルを多く繰り広げる作品なのですが全体的に作画が非常に良く戦闘シーンなど大迫力で魅了されます。その中でも19話のメリオダスvs<十戒>がかなり綺麗に描かれており今まで見たアニメの戦闘シーンの中で一番と言っていいほどの出来でした。戦闘シーン以外も見所がたくさんあり、バンとジバゴの再会やエレインとの再会、メリオダスとエリザベスの過去などグッとくるシーンも多く涙なしでは見れませんでした。個人的には最終話のフラウドリンの最後もウルッときました。少し過激な描写があるため小さい子には刺激が強いかもしれませんが大人はとても楽しめる作品だと思います。ちょっとエッチなシーンもあるのがまたいいところです。
20代男性

アニメの第1期を見ていて続きも楽しみにしていました。十戒が出てきて盛り上がっていくところだと思い力が入って見ていましたが、声優さんの演技力が凄くて感動しました。命が吹き込まれているのを凄く感じられる作品ではないかなと感じました。エリザベスとリズは声優さんは一緒ですがしっかり演じ分けられていて良かったです。展開が次々と変わっていき、1期に比べると内容がどんどん進んでいっているような感じでした。バンとエレインの内容も涙でいつも感動してしまいますが、今回も力作でした。前作では七つの大罪の仲間たちが集まって一つの目標を目指して一緒に進んで行きましたが、今回はバラバラでそれそれでやる事やって結果一つの目標に向かっている感じですが、どこにいても仲間を思っている姿は素敵だと思いました。
20代女性

あたたかいラストが印象的なアニメでした。最終回でのメリオダスと仲間たちの描写に心が温まりました。メリオダスは昔の自分に戻ることを恐れますが、そんなメリオダスを安心させるかのようにエリザベスは「味方でいる」と言います。バンはいつもと変わらない感じでメリオダスに接する様子にはほっとしました。そして何か自分にあっても変わらず接してくれる存在ってありがたいなと考えさせられました。さらにマーリンやエスカノールのポエムによる励ましは微笑ましかったです。作中で優しい仲間たちによってメリオダスがだんだん立ち直っていくのを見どころに感じました。バンなど仲間たちのキャラクターは元々好きでしたが、最終回でさらに好きになりました。あたたかい雰囲気漂う素敵なラストでした。
30代女性

十戒のエスタロッサと昼間のエスカノールが対峙する場面で、エース対決なのですごく熱い展開でした。エスタロッサはメリオダスのカウンターを素手で受け止めて圧倒的に倒しているし、エスカノールもまだ実力のそこが見えていなかったのでどちらが勝つのか見ていて面白かったです。一旦休戦し、メリオダスと仲間達が修行をしている場面で、メリオダスが魔人の力を持っているのでキングに怪しまれます。仲間割れが勃発して修行どころではなかったが無事に乗り越えたことで更に隠していた力が解放されてかなり強くなったシーンは印象的です。圧倒されていたメリオダスだったけど、逆に圧倒し返すまで強くなったのでまた十戒のと戦いか始まり戦闘シーンの作画がすごい白熱させました。
20代男性

普段は華奢なバーテンダー、戦闘時にはムキムキの大柄の戦士へと変身するエスカノールのキャラクター性がとてもおもしろいものとして記憶に残ります。二面性を持ち、二つの姿を比べると性格から語り口調までまるで違うのも特徴的です。七つの大罪メンバーとして変身する前と後で声色を変えて演じた杉田智和さんの演技力もすばらしいものでした。七つの大罪のメンバーが遂に全員出揃う展開にはワクワクしました。敵の十戒がこちらよりも人数が多い点でかなり危機を感じる展開となっていました。敵も強く、七つの大罪メンバーがピンチに陥る展開にはスリルがありました。ディアンヌに思いを寄せるキングの淡い恋心が見え隠れする展開にも注目できました。
30代男性

7つの大罪メンバーが全員揃う前にも敵の十戒が現れ、圧倒的な強さを見せた新しい展開が見どころとなっていました。十戒メンバーそれぞれが有する能力も異能のものでアイデアがつまっていてよかったです。相手の嘘を見抜いたり、魂を抜き取る能力があったりして敵の手数がかなり多いもので楽しめました。メリオダスとは顔声も同じ戦士が十戒のリーダーである点が一番不思議で注目出来る点でした。同じ顔をしていていも随分雰囲気が異なる二人がぶつかりあう展開が楽しめました。新たに登場した最後の七つの大罪メンバーエスカノールの変化球なキャラクター性が見ていて面白いものでした。仕事のときと戦闘の時で姿形が異なる二面性が面白いものでした。
30代男性

十戒がみんながみんなかなり強くてドキドキしました。1人だけでも強いのに、全員相手に勝つなんて無理なんじゃないかと思わせるほど迫力がありました。また、ゴウセルが仲間を裏切っていたのがかなりショックでした。悪気がある感じじゃないところがまた怖いし、記憶を奪ってあげた方が幸せだなんて恐怖でした。だけど、ゴウセルの過去のこともあるし、マーリンの力でなんとか封じ込められて良かったです。さらに、妖精たちに裏切り者とされてきたキングが、その身を持って妖精の森を守ろうとするシーンはかなり感動しました。親友とのやりとりがかなり胸が痛くなりました。おかげでキングへの誤解も解けたし、エレインも復活できて、ものすごく良いストーリーで泣けました。
30代女性

前作のラストや今作の冒頭など新たな脅威がありそうな感じだったにもかかわらず、すごく笑えました。ホークが魔眼をつけてもらい、騎士たちの魔力を判別できるようになって色々と遊びだしている姿が面白く、他の騎士たちと比べて圧送的なメリオダスたち七つの大罪の魔力値を見て驚く姿もコミカルに描かれていたからよかったです。さらにストーリー展開も原作に沿った王道的なファンタジー作品になっているのも安心して見れて楽しめました。そして、やっぱりヴァンがかっこよかったです。この作品の中で最も一番好きなキャラクターですが、よりヴァンの過去が描かれるなど前作では描かれていなかったヴァンの内面性も描かれていたのでよかったです。
30代男性

魔人族が復活するストーリーでとても面白かったです。メリオダスの魅力もまだまだ感じられるもので、その他のメンバーも素敵でした。前半ではバンとキングの話になるのですが、少し悲しい部分もありシリアス展開も良かったです。どんどんストーリーの核心に触れられて面白くなっていくので食い入るように視聴しました。他にも様々な魅力あるストーリーの展開がありましたが、個人的には総合的に非常に面白かったです。七つの大罪はカッコいい作品で、もっと人気になって欲しいと心から思いました。七つの大罪のストーリーはまだまだ続くので、もっと早く続編を視聴したいと思った作品です。少年アニメの中で久しぶりに自分の中でブームになりました。
30代男性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました