イヴの時間 劇場版のアニメ無料動画をフル視聴できるサイト!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

イヴの時間 劇場版アニメ PV&公式YouTube動画

イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

イヴの時間 劇場版アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

イヴの時間 劇場版 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (リクオ)
    福山潤
  • (マサキ)
    野島健児
  • (サミィ)
    田中理恵
  • (ナギ)
    佐藤利奈
  • (アキコ)
    ゆかな
  • (コージ)
    中尾みち雄
  • (リナ)
    伊藤美紀
  • (チエ)
    沢城みゆき
  • (シメイ)
    清川元夢
  • (セトロ)
    杉田智和

<STAFF>

  • 監督
    吉浦康裕
  • 原作
    吉浦康裕
  • アニメーション制作
    スタジオ六花
  • 音楽
    岡田徹
  • 脚本
    吉浦康裕

©2009/2010 Yasuhiro YOSHIURA / DIRECTIONS, Inc.

イヴの時間 劇場版あらすじ

未来の、たぶん日本。

アンドロイドが普及し始めた世界で、
アンドロイドを家電として扱うことが
常識になっていた。

高校生のリクオもアンドロイドを
道具として扱っていたが、
ある日自家用アンドロイドの
サミィの言葉からわずかな変化に気づき…?

イヴの時間 劇場版ライターコメント

この話のようにアンドロイドが人間と見た目が判別できないほどのレベルで、動きもう人間と変わりないことが可能である世界であったらそれは確かに便利だろうなと思いました。しかしそれと同時に現代でもゲーム依存症やスマートフォン依存症という人間がいるようにアンドロイドに依存してしまう人間がある一定数いるのはしょうがない話なのかなと思いました。しかしアンドロイドというものが自分の意思で行動できるというのも自分の主人に隠れて何かをできる可能性があるというのは出来が良くなりすぎたことにより発生した危険かもしれないなと思いました。しかしここまで進行してしまうと人間とアンドロイド差別するのが難しくなってくるなと思います。 
20代女性

この作品の時代設定は近未来で、人間とアンドロイドが共存する社会を描いています。SFというジャンルではありますが、人間とアンドロイドの当たり前のようにある日常を切り取ったようなシーンが多く淡々と進んで行くところが印象的です。アンドロイドを受け入れる派の人間と受け入れない派の人間同士が対立しているところは、現実の世界と非常に似ているところがありますので考えさせられました。確かに人間の形をしているけど人間ではないという存在は少し不気味かなとも思います。この作品に出てくる「イヴの時間」というカフェでは、店内ではアンドロイドと人間を全く同じように扱うというルールがあります。どんなに小規模であっても、イヴの時間のように誰しもが平和に暮らせる空間というのは大切だなと改めて思いました。 
20代男性

イヴの時間劇場版を見ていつかこんなアンドロイド(ロボット)がいる世界が来るかもしれないと思いました。映画の中ではアンドロイドと人間の関係どうあるべきなのかということを考えさせてくれる内容でとても興味深いアニメ映画でした。アンドロイドには感情はないと言う考え方が一般的で、アンドロイドに感情移入する人を良しとされない世界。そんなことをわかっている主人公が自分のアンドロイドの行動に異変を感じ、どこかへ行っているのをデータとして見つける。実際にその場所へ行ってみると、人間とアンドロイドを区別せず同等に振る舞うとしたルールを持っている喫茶店であり、人間とアンドロイドが見た目区別がつかない。(※この世界では人間とアンドロイド区別するためにアンドロイドの頭の上にリングを投影することが法で決まっている、ちなみに違法になってしまうがアンドロイドの意思でリングの投影を消すことも出来る)そんなグレー的な喫茶店で主人公と友人が実際にはアンドロイドにも感情があることを知り、自分自身がアンドロイドにどう接していくのが良いことなのか悩んで考えていく。そんなストーリーでした。今の現実ではvtuberなどに感情移入している人も少なくないと思います。なので遠い未来、現実にアンドロイドが出来たとしたら必ずアンドロイドに感情移入する人が出ることが必至だと思います。このアニメ映画も倫理的に何かの参考になると思います。続編が出れば是非見てみたいです。
40代男性

主人公の向坂リクオが一風変わった喫茶店「イヴの時間」で過ごす、一見見分けのつかないロボットと人間のお客たちと関わることで、人やロボットとの関わり方を学んで行く物語です。最初は単なる喫茶店と思っていた「イヴの時間」が裏設定が多くあるお店であること、働いているウエイトレスのナギが過去に悲壮な物語を持っていることなどが丁寧に描かれていきます。原作は比較的重厚な物語のため劇場版の100分でどうまとめるのか興味があったのですが、駆け足気味となることもなく適度なスピード感でまとまっていて見応えがある作品です。また物語が進むにつれて向坂リクオが単なる家電として扱っていたハウスロイドのサミィの感情や気持ちに気づくようになり、少しずつ打ち解けていくあたりは感動します。ロボットが出てくるとは言えど感動物語として一見の価値がある作品だと思います。
40代男性

人間とアンドロイドはどのようにして関わっていくのが正しいのか深く考えさせられました。今の時代、AI技術の発展が目ざましいからこそ今一度しっかり向き合わなければならない重大な問題なのではないかとこの映画によって気づかされました。制作側にどういう意図があったのかは分からないけれど、私個人としてはこれから先の未来についてしっかり考えるきっかけをくれた素晴らしい映画だったと思いました。「イヴの時間」の店内の雰囲気がシックで落ち着いていてこんな素敵な喫茶店があったら通いたいなと憧れを抱きました。そして、人間もロボットも区別しないというコンセプトを掲げているのがなんとも好印象でした。福山潤さん、沢城みゆきさん、佐藤利奈さん、杉田智和さんと私の好きな声優さんがたくさん出演されていて耳がとても幸せでした。
20代女性

ロボット三原則を口にしてどこかロボットに対してはトゲトゲしい態度をとっていたマサキの態度が、後半にはだんだん変わってくるのが印象的です。小さい頃にはいつも一緒だったロボットのテックスから裏切りを受けたと思うことで心に傷を負ったマサキの繊細さが見えるのがよかったです。人間に不都合なことを話すロボットの言語機能を奪うマサキの父のやり口は怖いものでした。テックスがマサキを危険から守るためなら命令無視して口をきくシーンには感動しました。感動した後には、階段を登れないテックスの間抜けな描写があったのは面白かったです。ロボットに依存する、心を許しずぎることで倫理が崩壊するという危険性を表した点は印象深いです。近未来の日常が描かれる面白い作品でした。
30代男性

喫茶店に集まる面々がぞれぞれとても個性的である点が面白いです。喫茶店の店員のナギのラフな接し方は心地よいもので好きでした。サミィとリクオの間で、主従の関係を越えた絆がみえる物語は美しいと思えました。ロボットにもコミュニティがあり、色んな意見を持っているのだと分かる点には不思議な興味がわきました。ロボットに感情はあるのか、愛情はあるのを突き詰める展開は奥深いもので見どころになっていました。ピアノニストだったリクオが、ロボットの完璧な演奏があれば自分はかなわないと思ってピアノをやめる物語には、思春期の感覚がよくみえました。ロボットが人間社会に大きく進出することで、人間の感覚も以前とは変わってくるということも見えて取れました。まだ未来の話かもしれませんが、いくらかは現実味を帯びた展開は魅力的に見えました。
30代男性

人間の前では無感情なロボットたちにも実は内緒のコミュニティがあるという展開が面白いものでした。秘密を覗き見ているようなユニークさもある物語には引き込まれるものがあります。喫茶店にロボットや人間たちが集まり、そこでは二種族の区別をなくすという独自のルールが敷かれているのが特徴となっています。人間世界では自発的に口をきくことに制限のかけられるロボットたちが、ここでは実に自由に意見を発し、表情も柔らかくなるのが印象的です。リクオが実家のお手伝いロボっとであるサミィが喫茶店に行くのを尾行する展開にはわくわくするものがありました。ロボットと人間との関係に情愛を挟むことについて是非を問う展開には感慨深いものがありました。
30代男性

アンドロイドを便利だからといって使用しながら、いつか自分の能力を超えるかもしれないと、ピアノを弾かせなかったり、息子にアンドロイドと話すことを禁止したりする様子は、とても人間の矛盾を表しているなと感じました。そして、この作品のアンドロイドには感情があったというのがとても切なくて胸が痛かったです。主人のことを知りたいと思っているのに、それが許されず、サミィは今までどんな思いをしながらハウスロイドをしてきたんだろうかと辛かったです。また、テックスの話も泣けました。どんなにひどいことをされても、マサキとずっと一緒にいたかったなんて、胸が痛すぎました。イヴの家という空間があったからこそ、人間とアンドロイドが心を通わせることができたんだろうなと思いました。
30代女性

人とアンドロイドの区別がつかなくなるほど技術が発展した世界というのがとてもおもしろいなと感じました。しかと、アンドロイドにも人間と同じように思考があるなんて、すごく夢のある話でとても飲み込まれました。家電でお金を出して買うものでありながら心を持っており、新しいアンドロイドを買ったからと不法投棄までされたのに、一心に元の持ち主のことを思い続けて最後を迎えるものもいて、とても切なかったです。また、イヴの時間という喫茶店が、とてもストーリーにいい味を出していたなと思いました。家の中ではサミィもリクトも自分を出せずにいたけど、イヴの時間でお互いのことを知ることができ、心を通わせていく様子がおもしろかったです。
30代女性

人間とアンドロイドのとても不思議でちょっといびつな関係を、上手に作品にしていたと思います。「イヴの時間」というものがアンドロイドにとってどれほど重要かすごく伝わってきました。だけどそれをすぐに肯定できなかったリクオの気持ちもわかります。嫌な言い方ですが、機械と同等に扱われるということに戸惑いや拒否感を覚えるのは当たり前だと思います。しかも見た目は普通の人間なので、どこかで線引きしておかないと入れ込み過ぎてアンドロイドと人間の境界が分からなくなってしまいそうです。しかもハウスロイドのサミィがまた美人だし優しいしで、一度心を許したら骨抜きになることは確実です。コーヒーの入れ方を勉強しているなんて健気にもほどがあります。私がこの世界の住人ならドリ系の仲間入りは確定です。
30代女性

アンドロイドが自分の主人と出会ってしまうこともイヴの時間という喫茶店ではあることで、主人公であるリクオと彼のアンドロイドが出会ってしまった時の関わり方が難しいなと思いました。その時の時間が止まったような表現とBGMとして流れるオルゴールのような音のギャップがとても良かったです。喫茶店で流っていたとしてもおかしくないようなピアノの音がBGMとして用いられているのがとてもいいなと思いました。この喫茶店がとても広い面積である一人一人の間隔を受けることができ、自分の時間を過ごすことができるために居心地がよくなっているのかなと思いました。リクオとマサカズがちょくちょくハマっているのが面白いなと思いました。 
20代女性

イヴの時間という喫茶店では人間とアンドロイドが見た目でもわからないような行動を行っているのに対して、それから一歩外に出た瞬間声に感情がなくなって旧来のロボットのように主人につき従うという形がなんだか不思議なように見えてなおかつとてもいびつな世界のように感じました。喫茶店の場面で特に好きなのが、カップルが2人だけの世界で周りが見てない状態でだったのがふと後ろにいた主人公たちと目が合ったときにお互いが固まるというそのギャップがとても面白かったです。シリアスな部分とこのようなコミカルな部分もありそのギャップがとても面白い作品だなと思いました。どちらか一辺倒になる事は無いので見やすい作品だなと思いました。 
20代女性



本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました