映画ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)を動画視聴できるサイト!

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム) アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

映画ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム) 動画を見る前に詳細情報を確認!

映画ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム) あらすじ、解説

スネ夫のペットロボットが
うらやましいのび太は、
ドラえもんに内緒で未来デパートから
山ほどのロボットを取り寄せ、
町は大混乱に陥った。

騒ぎに気付いたドラえもんが
すべて返品したはずが、
故障した1体の少年型ロボット、
ポコだけが残される。

ポコは超空間で紛れ込んだ
地球外のロボットだったのだ。

ドラえもんたちは
ポコが作られた場所を捜し、
人間とロボットが共存する
“ロボット王国(キングダム)”に
たどり着くが……。

映画ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム) ライターコメント紹介

ロボット王国のジャンヌによって始まった「ロボット改造命令」がとんでもなく恐ろしく思えました。だけど、それと同時に深く考えさせられました。本来、人間とロボットはどのような関係を持つべきなのか、友達や家族のように親密な関係を築くのが正しいのか、はたまた主従関係を結んでこき使うように扱ってもいいものなのか、なんとも難しい問題だなと思いました。昨今、目覚しいほどの成長を見せているAI技術にもこれらは当てはまるように思えて、とても他人事のようにできない内容の映画だと思いました。ドラえもんは子供でも楽しめるアニメーションであっても、奥深くに隠されたものは意外にも重くて、大人でも頭を悩ませてしまうようなところがあるのが凄いなと感心しました。
20代女性

王家の世襲制が残っている中世ヨーロッパ風の世界観と、感情を持ったロボットがたくさんいる世界観が魅力的でした。中世ヨーロッパと未来が入り混じったような世界は、これまでのドラえもんでは見られないもので、とても新鮮でした。世界の背景も、他の星から移民してきたSFチックなものがあり、ファンタジーとSFの両方が好きな人は楽しめると思います。個人的にはオリジナルキャラクターのジャンヌがとても好きでした。若くて勇ましい王女が好きなのもありますが、父王が亡くなった原因がロボットであるから改造命令を星に出すといった未熟さに人間味を感じました。完全無欠な王女様もいいのですが、最後にマリアに抱きつく姿など、幼さを残した王女様も可愛らしくて好きです。
20代女性

いつかこんな時代がくるのか!楽しみになる作品です。子どもと大人になってから観ると感じ方が変わっている感じがしました。ほんとにロボットがお世話してるれるの⁇子どもの頃は夢に思ってことが、今の時代なら可能。テクノロジーの進化を実感しました。悪いロボットがのび太、ポコ、ジャンヌに襲いかかってきますが、皆で協力して王国を守り抜きます。悪いロボットの原因は人間にも問題あるのではと、考えさせられる作品でもありました。異次元世界にも関わらず、のび太たちを暖かく迎えてくれた博士たちは優しくて感動しました。ポコを救いたいのび太たちの優しさを心があたたかくなりました。毎回、タイムマシンの移動は危険で楽しませてもらいました。
20代男性

今の時代にピッタリの作品ではないでしょうか。ロボットが自ら考えるのは今で言う「AI」です!子供のころみ見た印象ではこんな未来まだまだ先だと思っていましたが、大人になった今みるととても現実に近いと感じました。私たち人間に悪意を持ったロボットも出てくる可能性はあると思います。ロボットに人権が与えられる日がくることもあるでしょう。そのときどう接すればよいか子供たちも考えてくれることでしょう。すべてが良いロボットではないので判断することも大切です。自分以外もひとたちとの付き合い方を考えさせられる作品いなっています。グローバル化が進んでいるので外国人との付き合いが現実的ではないでしょうか。いいきっかけになる作品です。
20代男性

ロボットとの共存がテーマの映画なので、ドラえもんが中心となった話の流れになっています。序盤にのび太が未来デパートでロボットを大量注文するシーンがオススメです。わちゃわちゃした感じが面白く、ロボットの中に21エモンのキャラクターであるゴンスケが登場したのは粋な演出でした。次に、ドラえもんが鋼鉄バトルでコングファイターと戦うシーンも好きです。いろんなひみつ道具で奮戦するドラえもんの姿は面白いですね。終盤でロケットに乗ったドラえもんたちのシーンは、いつ観ても泣いてしまいます。ロボット王国の軍司令官のデスターの正体が、とあるキャラクターと深いつながりがあるのが終盤で判明したときは驚きました。こちらの映画も、有名な声優さんが多数出演しているのでそこにも注目してほしい作品です。
30代女性

この作品では、ロボットと人間の対立や共存などの関係について描かれていました。特に、ロボット王国の女王ジャンヌが持つロボットに対する考えの変化が印象的です。ロボットによる事故で先代国王の父親を亡くし、それに今作の悪役デスターに付け込まれたのか、ジャンヌはロボットから感情を奪うように命令していました。しかし彼女の養育係を務めたロボットのマリアやその息子ロボット・ポコに対しては、恩があるのか非情になり切れません。ドラえもん一行を追跡するの中、ジャンヌはデスターに裏切られます。「虹の谷」で匿われ、人間とロボットが共存する様子を目にします。そしてポコと向き合うことで己の非を理解し、あたらめて人間とロボットが共存する世界を目指す決意をしました。ジャンヌの己の使命と恩人に対する情による葛藤や、ポコと向き合うことによる心境の変化に、心が惹かれました。物語が終わった後、ジャンヌにはポコやマリアと共に、人間とロボットの共存を目指してほしいですね。
20代女性

ロボットから感情を抜き取っている敵にドラえもんが捕まったのはショックでしたが、捕まったと聞いてみんなが勇敢にも助けに行くシーンは感動でした。友情という名の深い絆があったと思います。また、ジャンヌが、自分が間違ったことをしていたと気づくシーンも良かったなと思います。間違いを間違いと認めることは勇気がいるし、その勇気をのび太たちの行動からもらったんだろうなと感じました。さらに、ドラえもんの石頭がバスターに直撃するシーンは笑えました。ロボットだから石頭で当然ですが、武器になるとはおかしかったです。緑地が発見され、人間とロボットが幸せに共存できる世界を作るとジャンヌは意気込んでいたけど、そんな世界が実際にできたらいいなと思いました。
30代女性

スネ夫にペットロボットを自慢され悔しいのび太が、自分も見返したいと、ドラえもんを頼って未来から違うロボットを呼び寄せる事ができてしまうのが、この世界の夢ある所だなと感じました。ロボットが人間を支配するのは怖いですが、本当はポコやマリアと平和に暮らしたいだろうジャンヌの気持ちを思うと、無情にもなり切れません。素直になれず、葛藤する彼女が一人苦しむのが伝わってきて、共感させ感情移入させるのが上手い作品だと感じました。闘技場にて、ドラえもんが敵と戦うシーンで持ち前の機転の良さに感心しながらも、道具を使い、でも慌てる様子を映し頼りなく見せておきながら、最後はちゃっかり勝利してしまう鮮やかさに、憎めない愛らしいドラえもんの魅力を感じて幸せな気持ちになれました。
30代女性

ドラえもんは子供の頃から本当に大好きで、映画作品は全て見ています。作品が新しくなるにつれて、どんどん映像も綺麗になり大迫力です。ぜひ映画館で見てください。ドラえもんの映画は本当に発想がユニークで大人になってからも楽しめますし、胸にジーンと残る作品ばっかりです。映画になるとのび太君が本当にかっこよく、男気に溢れています。またジャイアンも映画ならではの優しいジャイアンになっています。今回はのび太君とドラえもんの絆が垣間見える作品です。どのように人間とロボットが共存するかという難しい課題に取り組んでいます。その難題に対するロボットへののび太君の想いが見られ、それがドラえもんと重なり感動を誘います。ぜひ注目してみてください。
30代男性

ドラえもん映画の関連作品



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました