映画ドラえもん のび太の太陽王伝説を動画視聴できるサイト!

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説 アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説 動画を見る前に詳細情報を確認!

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説 あらすじ、解説

ジャイアンに取られた
ひみつ道具を取り返そうと、
タイムホールを使っていたドラえもんたち。

だが、故障で時空が乱れ、
タイムホールが古代文明の王国である
マヤナ国とつながってしまった。

そこで2人は、のび太とそっくりな
王子ティオと出会う。

やがて穴の向こうに広がる
現代の日本の様子に驚いた王子は、
王国を狙う邪悪な魔女レディナを倒す策を
日本で見つけたいと言いだし、
王子とのび太は立場を
入れ替えることになるのだが……。

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説 ライターコメント紹介

マヤナ国の王子であるティオを演じていたのが私の大好きな声優さんの一人でもある緒方恵美さんでめちゃくちゃテンションが上がりました。緒方恵美さんの少年ボイスが凄く大好きなのでキュンキュンしました。のび太とそっくりの見た目をしているのに中身は真逆なところがとても良かったです。堂々としていて男らしいところが頼もしく感じられて、「のび太もこんな感じなら女の子にモテるだろうな」なんて考えて笑ってしまいました。でも、のび太のママの迫力に驚いている姿はのび太そっくりで面白かったです。現代の暮らしに戸惑いながらも楽しんでいて、観ている私まで楽しくなりました。緒方恵美さんの他にも保志総一朗さんや堀江由衣さんなど実力人気両方を兼ね備えた声優さんが出ていて良かったです。
20代女性

まったく異なる世界へ行ったのび太だったがのび太にそっくりな王様がいて…というドラえもんあるあるの面白設定。ところどころ子ども視点だと少しシビアというか不気味なシーンも入るので時々ピリッとした空気になるような作品です。ですがほっこりシーンもきちんと織り交ぜられているので緩急がしっかりとついている映画だったなあという印象でした。特に印象深く残っているのび太の言葉「1+1が2よりも少ないなんて、僕思わない!」といったセリフ。これは誰しもが心に響く一言だったと思います。最後の終わり方もスッキリと感動で終わるので、見終わった時にはなんだか爽快感があります。ドラえもん映画でよくありますが、この映画では特にのび太の内面の格好良さが光っていたと思います。
20代女性

のび太の良いところはどこなのか。それを比較対象が出てくることでよく理解することができる作品です。のび太とそっくりな少年ティオは王子様ですが性格はジャイアンのような暴君まっしぐらの少年です。声優緒方恵美さんの強い演技がさえわたるオラオラ系イケメンです。しかし民、主に子どもから好かれている様子はないようです。のび太は下から媚びるわけでもなくにっこり笑って遊び始め、たくさんの人が集まってきます。人に壁を作らずに常にフラットな姿勢でいることができる、簡単そうですがなかなか難しいことです。のび太自身クク達に何か言われても普通でしょときょとんとしているのがのび太の男として素晴らしいポイントだと思います。また、恋愛要素を加えていたのも新鮮でした。のび太似なのにある意味最近のマンガのツンデレキャラのような男子ティオの魅力をぜひ見ていない方に味わってほしいです。
30代女性

顔と声がそっくりな自分にワクワクしました。もう一人自分がいたら絶対王子様みたいなことすると思います。逆にのび太みたいなこともすると思います。王子様だからと贅沢に暮らしてしまうでしょう。自分の親が病気で寝込んだ時に王子様みたいにできるかな?子供ながらに考えたことを覚えています。すべては王国のため母親のためにがんばる王子様とのび太を応援してしまう作品ストーリーになっています。異次元世界からきた王子様が現代社会でびっくり行動をとってしまうところはとても楽しませてもらいました。のび太はというと贅沢に暮らしているだけではなく、ダメなことはダメとはっきり言って生贄を阻止した場面をとてもかっこよかったです。
20代男性

この映画はマヤナ国の王子のティオが登場しますが、彼を演じるのは緒方恵美さんです。ティオはのび太と瓜二つな姿ですが、性格は真逆というのが面白いですね。最初に登場した時のティオは、慢心な性格故に周囲の人間に煙たがられる感じという印象でしたが、のび太と出会うことによりいい性格になる過程も見逃せませんね。特に、己の命を賭ける必要のあるサッカーに似た球技をする場面があるのですが、そこののび太がティオに投げかけるセリフは感銘を受けます。私も辛いことがあった時、こののび太の言葉を思い出すくらい好きなセリフですね。敵キャラクターのレディナの醸し出す雰囲気がおどろおどろしいです。最終局面でレディナと戦う場面は、危機的な状況に陥るのでドキドキしました。
30代女性

古代の太陽の国・マヤナで、のび太にそっくりな顔の孤高の王子・ティオと、のび太やドラえもん達が協力し、マヤナ国の制服を企む悪の魔女・レディナと戦う、時空を超えた大冒険の物語です。私は当初、取り柄が無くとも心優しいのび太と正反対で、気難しくて喧嘩っ早いティオがあまり好きになれなかったのですが、のび太やドラえもん達と心を通わせ、最後にはマヤナの国の王にふさわしいと思える穏やかで優しい王様になるまでの成長過程でとても好きなキャラクターになりました。劇中ののび太のセリフで「1足す1は1より小さくなることはない」というのがあるのですが、部下に陰口を言われたりしながらもずっと頑張ってきたティオの心に刺さる名台詞だと思います。公開当時、映画館で鑑賞したっきりなのですが、このセリフは非常によく覚えています。ティオとのび太を通して、視聴者が真の優しさを知れる作品に仕上がっていると思います。
20代女性

のび太がティオに入れ替わらないかと持ちかけられた時、そんな簡単に承諾して大丈夫かと思ったけど、案の定、事件に巻き込まれてしまって笑えました。また、いつもならジャイアンにボコボコにやられるはずののび太が、ティオと入れ替わっていることから、ジャイアント親友みたいになるのも新鮮でおもしろかったです。また、初めは野生児のように自分のことしか考えていなかったティオが、のび太の優しい人柄に触れ、周りの人たちに目を向けるようになっていく姿には感動しました。のび太とティオが全く正反対の良さを持っていたという設定が良かったと思います。最後にティオは王様になったけど、きっと素晴らしい国を作れるだろうなと確信できるエンドでした。
30代女性

のび太とそっくりの顔の王子ティオが出て来て、互いが入れ替わると言う展開になっています。ただしのび太とは性格が真逆なのでそのギャップは面白いです。古代の世界に行ったのび太は王に扮しながらも、優しさで周囲に接している。現代に現れたティオは、とても偉そうで好戦的であり、少々乱暴な所があり、しずかちゃんに大嫌いだと言われてしまう傲慢さが見られます。そんなティオですが、のび太達と接して行く内に性格の変化が見られます。ポポルと言う小動物キャラクターがいますが、のび太のテスト答案用紙を盗んでいく姿は可愛いですね。こちらの映画はマヤ文明が元になっているのかもしれません。実際こちらの映画を見た際にマチュピチュなどに興味が湧きました。古代文明とドラえもんのセットが好きな方にはおススメな作品です。
20代女性

のび太にそっくりな顔だけど、勇敢で正義感が強く性格の全く違う王子ティオの活躍が、全体的に見どころあり面白い作品です。立派な国王になるよう努めながらも、まだ幼さも残ってなかなか国民からの信頼を得られなかったりと、想いと現実との方向性が違っている物語中盤までの展開は、見ているこちらもどこかじれったく、けれど不器用で口も決して上手くないティオに共感し、応援せずにいられませんでした。後半では、まっすぐに友達として自分を想うのび太の気持ちに根負けして、ティオもいくらか素直になっていくのが、子供が成長していく過程そのもので見ていて頼もしく、勇気づけられました。幼馴染に対しても最初はつっけんどんだったのが、終盤で囚われた彼女を単身助けに向かったその覚悟の強さが、感動を誘いました。熱い王子とのび太達との友情が眩しく、見ていて心地良い作品です。
30代女性

まず、じゃいあんがドラえもんの道具を取らなければ、タイムホールを使うことは無かっただろうにと思います。そして、タイムホールの時空が乱れ、その影響で、のび太の部屋のタイムホールが古代の太陽の国といわれるマヤナ国に繋がってしまうこともなかったのかなと。ティオという少年に出会いますが、なかなかかっこいい少年かなと思います。お母さんが魔女レディナの呪いで眠っているのは可愛そうですが。そして、いつも通り皆が知って、マヤナ国に来るという、私は怖くないのかなといつも思います。更に、ティオに仕える少女ククがレディナに捕われてしまう。ティオはレディナの神殿へ向かい、ドラえもんたちも後を追い、時空を超えた大冒険が始まりますが、もう最高です。ドラえもんの映画はどれも友とは何かを思い出させてくれます。
30代女性

のび太君とそっくりなマヤナ王国の王子「ティオ」が入れ替わって生活をしているシーンが面白かったです。王子様気分ののび太君とちょっと強気なのび太君を演じるティオ。でもさすがは未来のお嫁さん、しずかちゃんは何かおかしいとすぐ気づいてました。あとはジャイアンがマヤナ国の棒術の先生であるククのお父さんを慕って稽古をつけているシーンもジャイアンらしくて良かったです。のび太君のマヤナ国での振る舞いをティオが学んで王子として独りよがりではなく考えていく姿は、子供の世界でみんなが学んでいく姿と似ているなと思いました。この中で映画監督が「のび太君とティオがそっくりという設定だけれど、眼鏡と裸眼をそっくりというには現実では無理があるが、アニメだから面白い」と語っている文面があり、ここはみんなそうだよね~と思ったかと思います。
30代女性

ドラえもん映画の関連作品



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました