映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城を動画視聴できるサイト!

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 動画を見る前に詳細情報を確認!

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 あらすじ、解説

“もしもボックス”を使って、
世界を魔法が使えるように変えたのび太。

ここでは学校でも
勉強の代わりに魔法を学ぶのだが、
のび太は魔法も苦手だった。

失望して元の世界に
戻ろうとするのび太だが、
ママがもしもボックスを
捨ててしまって戻れなくなってしまう。

その矢先、のび太とドラえもんは
魔物や魔法を研究する魔学博士の
満月先生と娘の美夜子に出会い、
魔物たちが支配する“魔界”が
地球に接近しつつあることを教えられる。

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 ライターコメント紹介

海底世界というと、未知だけど甘美なイメージがあったのでとても驚いてしまいました。バミューダトライアングルや日本海溝にマリアナ海溝などの情報が組み込まれていて、その設定の細さが妙に現実味を帯びている感じがして少しだけ恐怖を覚えました。なので、子供向けと言うよりかは大人向けの映画だなと思いました。かと言って、知識がなくても純粋に楽しめるのがドラえもん作品のいい所であって、この映画も難しいことは考えずに気軽に観られました。囮になって生け贄と化したしずかちゃんを観てヒヤヒヤしましたが、何とか危機を逃れられたので心の底から安堵しました。切迫したシーンが多くてハラハラさせられたけれど、とても見応えがあるなと思いました。そして、危険を顧みず挑んでいったバギーが素晴らしかったです。
20代女性

のび太やジャイアン達のどこかに出掛けたい願望から始まった物語ですが、そこで両方を合わせるというドラえもんの大胆発想の海底に行くことになったわけですが、そこでの生活ってとても楽しそうです。水の中を水圧や呼吸を気にせず楽しみ、さらに作中でもマリアナ海溝に行くのは現代でも難しいことですが、それをドラえもんなら出来るのは流石だと思いました。映画半ばから知り合ったエル達を助ける為にジャイアンがバトルフィッシュに向かって行くのがカッコいいです。鬼岩城が世界を滅ぼす程の力があり、世界の危機に陥っていることでのび太達が鬼岩城を食い止めに行きますが、やはりバギーがレーザーを浴びながら最後ポセイドンに向かっていき爆発する姿は涙が流れました。
30代 男性

大きなダイオウイカが現れたり、魚たちが攻撃してきたりと、この先にどんな世界が待っているんだろうかとワクワクさせるような仕掛けがあっておもしろかったです。また、鬼岩城のポセイドンたちが、海底人たちを制圧するために、核ミサイルを使おうとしているというのが、なんだかすごくリアルに感じました。子供にはちょっとわかりにくいところがあるストーリー展開ですが、大人からしたらとてもおもしろく、この後どうなるんだろうかとハラハラさせられました。さらに、バギーが自分の身を持ってでもポセイドンを倒すシーンはすごく感動でした。燃えながらも向かっていく姿はとても勇敢でした。そして、最後にバギーの部品をしずかちゃんが握っていたのには涙が出ました。
30代女性

海へ行くか山へ行くかで意見が分かれた時、どちらへも行けるよう機転を利かせたドラえもんは流石頼りになるなと思いました。海底でキャンプを張ってバーベキューをするのが非現実的ながら自由で羨ましく、でも微笑ましくて自分も一緒に混じれたら楽しいだろうな、と微笑ましい気持ちになれました。バギーは、車なのに口が悪くまるで本当に生きているようで、しずかちゃんには優しい所が妙にリアルで本当の男の子っぽく、かなり癖があるキャラながらも憎めず、この作品のいいスパイスとなっていました。のび太達には冷たいのに、彼女だけには優しくて守る為なら身を投げ打っても構わないというその覚悟に、ある種勇敢で肝の据わった、実はとてもカッコいいキャラなんだなと思うと心に残りました。今回誰よりも行動力のあったバギーの活躍が身に染みた作品です。
30代女性

この作品は、子供の頃大泣きした覚えがあります。そして大人になってから見返しても、やはり大泣きしてしまう。一つのシーンがとても心に残っている作品です。それはこの映画に出てくる車、バギーちゃん。車なのに話して、感情があって、ちょっと頑固。ドラえもんやのび太には反抗的な態度をとるのに、しずかちゃんだけには懐いてて。そんな人間味の溢れた車のバギーちゃんが、敵と戦う際、しずかちゃんを思って敵に突っ込んでいくシーンが、感動的すぎて大号泣しました。バギーちゃーん!叫んでるしずかちゃんと一緒に叫んでしまいたくなるような感じ。今でも見返してみると涙が出てきてしまいます。この作品で一番心に残っているシーンはそれですが、そのほかにこの設定。夏休みに海底にキャンプなんて、夢がありすぎる・・・。羨ましいと思ってしまいました。
40代女性

子供の頃に見て面白かった記憶がよみがえりました。私の好きなシーンは最後の最後にバギーがしずかちゃんを助けるために我が身を犠牲にしてポセイドンを倒したところです。怖がりで自分のことばかりだったバギーがドラえもんの四次元ポケットに隠れてしまったのですが、ドラえもんが倒されしずかちゃんが処刑されてしまいそうになった時、自らポケットから出てきてポセイドンに自爆攻撃を仕掛け大爆発で倒しました。他には、話の始まりですがキャンプの場所決めでありがちな山か海の問題を海底なら海だし山もあると言うドラえもんならではの発想は面白いかったです。テキオー灯はかなり羨ましい道具でしたね。ドラえもんの醍醐味である道具は歳をとっても欲しいものですね。
30代男性

1983年公開作品ということで、当時自分はまだ生まれていなかったので、テレビでの放送が初見だった気がします。それよりも前に、原作漫画を読んでいたので、大まかなストーリーは知っていました。夏休みのある日、海に行くか山に行くかでもめているところから物語は始まります。ドラえもんの提案で、どちらも兼ね備えている海底に向かうことになります(ドラえもんならではの発想ですね)。当初は太平洋の海底で冒険を満喫していましたが、ジャイアンとスネ夫が大西洋にお宝を積んで沈んだ沈没船目当てに独断行動に走ったシーンから急転します。テキオー灯の効き目が切れそうな2人を必死に追いかけるドラえもんたち。ジャイアンとスネ夫は徐々に海底のものすごい水圧の影響を受けていきます(このシーンは想像するとゾッとしますね)。紆余曲折を経て2人は無事に助かりますが、帰路の道中に巨大イカを目撃し、その後のび太たちは襲われます。体長30メートルはあろうかという巨大イカ。ダイオウイカがちょっとブームになりましたが、こんなサイズのものは願い下げです(笑)その後は海底人のエルという青年に助けられるものの、アトランティス帝国という古代の海底国家が目覚め、全世界が壊滅の危機に晒されていることを知ります。アトランティス帝国のメインコンピューター・ポセイドンを破壊するために、ドラえもんたちは意を決して悪の居城に乗り込んでいきますが…。この作品は「バミューダトライアングル」「アトランティス」など、現在でも解明しきれていない海底の謎にスポットを当てていることがポイントです。個人的にはこの手の話は大好きなので、すぐに興味を惹かれました。あくまで噂や通説を基にしているので、真相に迫るほど堅苦しい内容ではないので気楽に見れます(賛否はあるようですが)。そしてなんと言ってもこの作品の一番の名シーンは「バギー」の活躍にあります。仲間は捕まり、打つ手がなくなり、窮地に立たされたドラえもんたちを救ったのが小生意気なバギーでした。他の誰でもない、自分に優しくしてくれたしずかのために自らを犠牲にしてポセイドンを倒しました…。自己犠牲という、本来コンピューターには芽生えない感情が奇跡を起こすという、涙なしには語れない場面でした。今後、リメイクして欲しい作品ですね。
30代男性

最後、火の中に飛び込んでいくバギーちゃんがすごい印象的です。たしかに彼は機械だから、人間とは違うのかもしれないけど、燃えてなくなっちゃうなんて悲しかったです。そのことを悲しんでいるしずかちゃんがとてもいい人に見えました。みんなが、バギーちゃんの皮肉に辟易して彼を嫌っていたときもしずかちゃんだけは優しくしていて、のび太はほんといい人を好きになったんだなって感じでした。本編に入る前のキャンプのシーンもおもしろくて好きです。ドラえもんがいると、親も子どもたちだけでキャンプとか行かせてくれるんだなと思うと、彼らが羨ましくなります。海で、トイレってどうするのかなって疑問だけど、そこも描いていてすごく感心しました。
30代女性

海底でのキャンプの様子がすごく楽しげで、子どもの時、そのシーンばっかり見ていました。ドラえもんがいればアウトドア中でも立派な建物で寝られるからいいなあと子どもながらに思ってたのを覚えてます。しずかちゃんは、海底に何もないことを残念がって熱帯魚を集めたり、お花畑を作ったりしてしずかちゃんらしかったし、ジャイアンたちは冒険を求めてて、彼ららしいし、みんならしさ全開だったのではないでしょうか。そのせいで、ジャイアンらは危険な目に遭うのですが…。そこらへんの表現はすごく怖かったです。あと、ゲストキャラクターのバギーちゃんがすごいおもしろいキャラでよかったです。ロボットにも個性があるんだなと思いました。あの捻くれ者のバギーちゃんの心を開かせたしずかちゃんはやはり天使だあと思いました。
30代女性

この作品の主役は、のび太やドラえもん達、いつものメンバーではなく、車のバギーです。物語の最初では、言葉遣いや対応が悪く、サービスもなっていないため、メンバー達から苦言を呈されており、挙句は「壊してしまえ」といった極論まで出る始末。そんな中、しずかちゃんだけは、バギーをかばいます。最後にしずかちゃんが敵にいけにえにされそうになった際に、バギーが身を挺して助けるのですが、子供心にアニメーションを超えた感動があったことを覚えています。車でありながら、自分を思い、味方してくれる人に対して、自分の身を犠牲にしても、その人を守ろうとする展開に、子供心にハッとさせられました。この作品を見た時は当時、小学生でしたが、未だにドラえもんの映画の中で記憶に残る作品の1つです。
30代女性

水中バギーの勇気に涙します。ドラえもんの秘密道具で水陸両用のバギーカーであるバギーは最初はポンコツ、役たたずキャラです。スネ夫、ジャイアンが命の危機に瀕しても恐怖し、敵から身を隠すことを優先するなど臆病な車です。ですが、生贄にされようとしていたしずかを守るべく最後は自爆の道を選びます。生き物ではありませんが、しずかちゃんに対しての思いを語るシーンはハンカチ必須です。海底というテーマなので、テントアパートや海藻の種と魚の卵詰め合わせ缶詰、テキオー灯、空気砲の水中版の水圧砲がでてくることもこの作品ならではだとおもいます。個人的にはムードもりあげ楽団が一番好きです。シュールな形で出てきますが、可愛いです。
20代女性

ドラえもん映画の関連作品



本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました