シュタインズ・ゲート ゼロ 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

シュタインズ・ゲート ゼロ アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」PV第2弾

シュタインズ・ゲート ゼロ アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

シュタインズ・ゲート ゼロ アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (岡部倫太郎)
    宮野真守
  • (椎名まゆり)
    花澤香菜
  • (橋田至)
    関智一
  • (牧瀬紅莉栖)
    今井麻美
  • (桐生萌郁)
    後藤沙緒里
  • (漆原るか)
    小林ゆう
  • (フェイリス・ニャンニャン)
    桃井はるこ
  • (阿万音鈴羽/阿万音由季)
    田村ゆかり
  • (比屋定真帆)
    矢作紗友里
  • (椎名かがり)
    潘めぐみ

<STAFF>

  • 監督
    川村賢一
  • 原作
    志倉千代丸
    MAGES.
  • アニメーション制作
    WHITE FOX
  • キャラクターデザイン
    稲吉智重
  • 音楽
    阿保剛
    信澤宣明
    日向萌
  • キャラクター原案
    huke

©2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所

あらすじ

TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」PV第1弾

2010年冬、岡部倫太郎が
いくつもの世界線を巡り
数々の苦難と悲哀を乗り越えた果てに
「彼女」を救うことを諦めてしまった
β世界線。

失意の底にある岡部倫太郎を、
椎名まゆり、橋田至たち
未来ガジェット研究所の
仲間たちは心配していた。

ライターコメント

前作には登場しなかった新たな登場人物が何人か出てきており、レスキネン教授はその1人でした。当初は新たなヒロインとなった比屋定真帆の付き添いのような感じで、片言の日本語を話す外国人という印象しかありませんでした。しかし、終盤になるにつれて、このレスキネン教授の存在感が一気に増していき、怪しい雰囲気がどんどん感じられるようになっていったのです。それによってストーリーも非常に面白くなっていったと思います。序盤の時点では、そこまで印象に残るような登場人物じゃなかっただけに、終盤になってその正体が明らかになると、それまでの印象とはがらりと変わったと言えます。口調とかも当初とは異なっているように思えましたし、いい意味で裏切られたと感じたのです。
30代男性

様々な世界線が交錯する「STEINS;GATE」において、本編の主人公岡部倫太郎を最終的に救うことになった、未来の岡部に至るまでのもう一つの物語が描かれています。結局はハッピーエンドで終わった本編に対して、こちらの世界線ではヒロイン牧瀬を救えなかった岡部は精神を病んでおり、明るい日常盤面が多かった前作とはかなり違った印象を受けます。巧妙な伏線を配置し、様々な世界線の出来事を一つにまとめあげていく見事な脚本手腕は本作でも十分に生かされており、なおかつ、最終的に裏で手を引いている人物が誰なのかというサスペンスやミステリー的な面白みも加味されています。シリーズのクオリティの高さはやはり本作でも健在であり、「STEINS;GATE」本編を見た方は、本作を見ておく価値は十分にあります。
30代男性

フェイリス・ニャンニャンの魅力にたちまち虜になってしまいました。控えめに言ってもフェイリスは私にとって天使にしか見えませんでした。ピンク色の髪の毛にツインテール、それだけでもうめちゃくちゃ素晴らしいのにそこにメイド服ときたら身悶えする他ないというほど素敵で感動すら覚えてしまいました。スカート丈が後ろだけちょっと短いのが良かったです。そこから覗く美しい太ももが目に眩しかったです。メイド服にしてはだいぶ個性的なデザインだと思ったけれど、これはこれでありだなと思いました。私の好みを反映させたかのような容姿はたまらなかったです。そして、名前の通りにニャンニャンと語尾につけているのが最高に可愛くて、それを聞く度ににやにやが止まりませんでした。
20代女性

前作の「シュタインズ・ゲート」では異なる時間を跳躍し様々な危機的状況を回避し全員が生き残るルートを辿るエンディングをむかえました。本作は前作のヒロインであるクリスが居ない世界線となっており、クリスの代わりに登場する人工知能や新たに登場する魅力あるヒロインたち。新しく登場する勢力に巻き込まれながら、岡部はマユリを選んだ世界の先に行き着く未来とは…と、メインテーマがしっかりとしているため回を重ねるごとにどうなるのかと落ち着いて観ながらもワクワクする気持ちがどこかに芽生えてしまう。そんな本作品。その結末には思わず「おぉ、こうなるのか」とシナリオの出来上がりに歓心してしまいます。これは隠れた名作と言っていいのではないでしょうか。
30代男性

前作の主人公がヒロインの死をきっかけに別人のようになってしまう展開から始まるストーリーには驚きました。特に新キャラの真帆がお気に入りですね。オカリンとの初対面は鮮明に覚えてます。あと作戦会議中に身長のせいでボードに届かないシーンが可愛かった。もう一人は由季さんですね。あんなにかわいい子が将来ダルのお嫁さんになるとは誰が予想しただろうか?羨ましいぞ、ダル!クライマックスでは、前作で敵対関係だった萌郁とミスターブラウンが協力してくれたシーンには胸が熱くなりました。二人は組織に利用されていたのを考えると同情します。そしてラストのタイムマシンで過去の世界に移動して戻れなくなってしまったまゆりと鈴羽を救うために、もう一つのタイムマシンで救いに来たオカリンが最高にかっこよかった。総評すると10点満点です! 
30代男性

総合的に非常に面白いアニメでした。シュタインズ・ゲートの第三次世界大戦の世界戦のストーリーで主人公がどのような経験をした上で未来を変えようと思ったのかを知れて良かったです。そこが一番のみどころだと思いました。クリスが亡くなっている世界線でAIとして登場するだけなので寂しい気持ちもありましたが新キャラも登場して面白いものでした。最後まで分かりにくくされていた黒幕等の設定が非常に良くできており、途中の考察がとても楽しいものでした。世界大戦、ディストピアの世界戦の悲惨な描写もあり、主人公の気持ちに共感する事ができました。また、ラストシーンがとても良かったので印象に深く残っており、最後までカッコいい主人公でいてくれてよかったです。
30代男性

Steins;Gate無印を観たのにゼロを観ていない人は絶対に観るべき!何度タイムリープを繰り返しても牧瀬紅莉栖を救えず疲れはて弱音を吐くオカリンをまゆしぃがひっぱたくシーンにグッときた人はなおさら今すぐにでも観なさい!あれは、オペレーション アークライト。数えきれないほどのタイムリープを繰り返してシュタインズ ゲートを目指す岡部倫太郎が鳳凰院凶真になる瞬間はもはや戦隊ヒーローのごとき激熱かつ胸熱なのです。そして、みんなこっちのオカリンのほうが好きなのです(まゆしぃ風に)。ゼロでは、まゆしぃではなくダルがオカリンを殴り、鳳凰院凶真になるシーンがありますが最高すぎなため覚悟して観てください。ゼロ単体でも十分に楽しめますが、どうせなら無印を観てからのゼロをオススメします。からの劇場版も!それでは健闘を祈る。エル プサイ コングルゥ。
40代男性

前作のいわゆるバッドエンド的なルートを描いたお話ですが、それを綺麗にまた本編へと繋げていく見事な構成になっていました。主人公の岡部倫太郎が、鳳凰院狂真ではなく普通の男子大学生としてマトモに振舞っていく姿も見ていて面白かったですね。まあ最後はやっぱりああなってしまうわけですが……(笑)。そんなオカリンの一面が楽しめるだけでなく、新ヒロインの比屋定さんもなかなか個性的で魅力あるキャラクターになっていたり、前作ではあまり出番に恵まれなかったダルが今回はかなり活躍していたりと見所が多かったです。個人的には終盤の盛り上がりが前作以上だったので、是非とも前作とセットで一緒に楽しんでもらいたい作品ですね。
30代男性

冒頭のアマデウスがクリスの姿にそっくりだったことも含めた伏線回収がとても上手いなと感じました。後からそれを聞かされた時にそういうことだったのかと素直におどろけるという構成がとても素晴らしいなと思いました。伏線がこれがそうかとわかるものではなくとても自然に描かれていて、だからこそその分驚きが大きくなる、それがとてもすごいなと思いました。物語を進んでいきみんなを救うためにクリスそっくりのアマデウスを自らの手で消去しなくてはならないということに対して、アマデウスが笑いながら消去されたというのが本人ではないけれども彼女らしくさを感じました。やはりアマデウスも彼女の1部として岡部を支えるためにそこにあったのかなと感じさせる場面でした。 
20代女性

クリスを救うことができなかった岡部が彼女にとらわれている様子が見ていてとても辛かったです。だからこそアマデウスにどんどん依存するようになり、彼女がそこにいるような感覚を抱き始めていたのだと思います。彼女の姿と言う現実から逃げるためには最適な手段だったのかなと思いました。世界戦が移動した後にその世界戦では生きていたクリスの手で岡部が世界戦を越えたというのが彼にとってはとても辛いけれども、彼女の思いも背負って動かなければならないのかなと思いました。またダルがとてもかっこよかったです。鈴羽を落ち着かせると姿はとても父親らしいと感じたし、また岡部の目を覚まさせるために殴った様子が彼の信念のようなものを感じられてとてもかっこよかったです。 
20代女性




本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました