ピングー 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ピングー アニメ PV&公式YouTube動画

ピングーの嫌いな食べ物【ピングー名シーン「ぼくはピングー」より】

ピングー アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

ピングー アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

卵が割れそう・・・?!【ピングー名シーン「ピンガの誕生」より】

南極の小さな村で暮らす
ピングーの家族と仲間たちの物語。

ママが生んだ卵から
妹のピンガが誕生し、
お兄ちゃんとなったピングー。

友達のピンゴや
アザラシのロビと一緒に遊んだり、
時にはいたずらを考えたり…

今日も氷の上を
ところせましと駆けめぐる。

ライターコメント

たった5分ほどの時間の中で、しっかりとしたストーリーが練り込まれていてとてもクオリティの高いアニメだと思います。また、ストーリーの内容も、親が子供に教えたいような、家族愛や友情など、いろんなことが学べるようになっているところがとても心温まって好きです。ピングーは、すぐに拗ねたり調子に乗ったりとおてんばなペンギンですが、やるときゃやるし、それが報われてストーリーの最後がハッピーエンドになるところが楽しいです。粘土で作ったような絵ですが、ピングーたちだけじゃなく、周りの細かい背景まで嫌いに作られて立体的に動くところがすごいなと思います。子供が見るのはもちろん、大人が見たってとても楽しめる作品だと思います。
30代女性

第3話のピングーが子守りをしている話がとても好きでした。やりたい放題のピンガたちはまさに手も追えないやんちゃぶりで、私だったら子守りなんて即放棄してそそくさ逃げてしまうだろうなと思いました。家の中でサッカーボールなんてされたら呆れて言葉すら出なくなりそうです。そんなあれこれ好き勝手やっているのを観て、「本物のペンギンたちはこの倍以上の数の子供の面倒を見ているんだよな」と気がついてなんて恐ろしいのだろうと身震いしてしまいました。アニメだからこそゆるく呑気に観ていられるけれど、これが現実となれば話は違うのだろうなと思いました。ペンギンではなく人間の子どもも無邪気にあちこち駆け回っては親を困らせるのだから、そう考えると世間の親の皆さんって凄いのだなと感心してしまいました。
20代女性

変に構えずに気楽に観られるのがすごく良かったです。本当に疲れてやる気も何もない時なんかに観ると不思議と癒されて元気をもらえました。第1話のシェフの話が滑稽でありながらも微笑ましくてお気に入りです。シェフがいないのをいいことにイタズラしてしまうなんて迷惑もいいところなのに、怒りなんて全然湧いて来る気配もなくむしろ可愛いなぁと思い、その様子を観ながら和んでしまう自分がいました。元々ペンギン自体に興味もなければ可愛さを感じたこともほぼゼロに近いくらいなかったのに、このアニメを観てからはペンギンに対する見方が良い方に変わったなと思いました。もちろん、本物のペンギンがこんなふうに動くわけではないと知っているけれど、とても愛らしい動物なのだと思えるようになって少しだけ得をしたような気分になりました。
20代女性

子どもの時によくアニメを見ていました。最近ふと思い出して見返し始めたのですが、凄く懐かしいし、面白い話ばかりでした。やんちゃで遊び上手なピングーが可愛い。妹のピンガも元気いっぱいで、時折喧嘩をしつつも仲の良い兄妹がとても微笑ましいです。個人的にはピングーの友達のピンゴが好きですね。ピングーにちょっかいをかけつつも、なんだかんだでベストフレンドだと思います。かまくらを作った回、地下空間に閉じ込められる回が特に好きでした。そしてピングーの制作裏話にも驚かされました。1日に撮影できるのはたった8秒間、1話を完成させるには約2ヶ月かかるそうです。アニメーターの本気、アニメーターの魂を見ました…。ピングーというアニメがよりいっそう好きになったエピソードです。
20代女性

子どもの頃によく見ていた作品です。粘土の造形の質が高く、登場するものが粘土で作られていることを特別意識して内容が入って来ないということもなく、またコマ撮りの技術も優れていて映像がカクカクとすることはなく、スムーズで違和感を感じることなく楽しむことが出来ます。アニメーション自体の尺が長くないので、内容としても何か複雑に入り組んで大きな展開があるなどといったことはなく単純なものですが、むしろそれが故に無駄に構えることなく気楽に見ることが出来ます。小さい頃は特に何かを感じてはいませんでしたが改めて見てみると、クレイアニメ由来の突拍子もない動きや、何を言っているかわからない会話などの奇妙さがシュールで笑いを誘うものというように感じました。
20代男性

子供と一緒に見ています。外国語のような言語を喋っているようで、ピングー語という独自言語のようです。それが子供受けが良いようで、自分が真似すると一層喜んでいます。ピングーは色々な職業に変身するので、毎週飽きのこないストーリーが楽しめます。クレイアニメで、どうやって撮影しているんだろう、と子供と考えながら見ることで、子供の想像力が豊かになるのではと思っています。最も記憶に残っている話は、ピングーの夢の中でトドが出てくる話です。ピングーのトラウマとも言われ、多くのネット記事で詳細が書かれています。ただのトドであれば、ピングーの世界観では問題なさそうですが、妙にリアルな中年男性のような風貌はあまり子供向けとは言えません。普段の世界観とのギャップでより一層そう感じるのかもしれません。
30代男性

ピングーは、独自のピングー語というのが使われていて、なんと喋っているか分からないのに、それでもどういうストーリーの流れなのかが掴めるところがとてもおもしろいなと思います。ピングーたちの声の調子もそうだけど、言葉がない分、動きや表情などのリアクションが大きくて、見ていて楽しいです。また、海外のコメディーらしい、そんなことが起こるだろうかというくらいの間抜けな展開が多くておもしろいです。ピングーがいろいろ失敗したり災難にあったりするけれど、最後には幸せなことが訪れて終わりになるところは心が温まります。やっぱりなによりキャラクターたちが可愛いし、粘土で作ったような作画には親近感を覚えるところが好きです。
30代女性

いたずらっ子で甘えん坊なピングーの動きが可愛いかったです。特に、くちばしをラッパのようなかたちにして鳴く姿が好きでした。印象に残っているストーリーは、ママが妹のピンガの世話をしていて、ピングーは構ってもらえずやきもちをやいていじけてしまう回です。大人になって思えば、生まれたばかりのピンガを構うのは当たり前ですが、幼いころはピングーに自分を重ねて、切なくなったことを憶えています。また、ピングーたちは言葉を発しないので、表情や仕草から気持ちを想像して見ていました。学生でも社会人でも、「言わなくてもわかるだろう」と言われることが多いですが、人の気持ちを汲み取るための勉強になっていたのかもしれません。
30代女性

小さい頃から現在までずっと変わらずに大好きな作品です。言語が分からずともアニメーションと音楽だけで楽しめ、内容は深いものが多いです。ピングーがママにほうれん草を食べなさいと怒られた時口に含んでトイレでペッと吐き出すシーンを幼い頃見た時には、なんて素晴らしく、画期的な方法なんだろうと感動し、即座に真似をして母に叱られました。妹であるピンガーが生まれる回、ロビとの出会いを描いた回は何歳になって見ても心に響くものがあります。特にロビとピングーが仲良くなるまでの経緯には胸が熱くなります。ピングーの感情表現の豊かさに心癒され、気づくと虜になっていました。自分に子供ができたら絶対に見せたいアニメです。
20代女性

私が小さい頃から親しみのあるアニメで、粘土のピングーがペタペタと歩く様子が不思議で可愛らしく、ついつい見入ってしまう魅力があります。作中の会話はピングー語(?)で字幕もありませんが、キャラクターたちの表情や話し方だけで、子供もちゃんと話を理解できるのが素晴らしいと思います。妹のピンガとの掛け合いが私は好きで、お兄ちゃんらしく振舞おうとするも、失敗してお父さんお母さんに叱られてしまったり、泣いてしまうところが、見ていてキュンとするポイントではないでしょうか。もちろん、色んなことが丸く収まって、最後にニッコリするピングーも可愛いので癒されます。現在はテレビの放送が終わってしまっていますが、ぜひまた始まると良いなと思っています。
40代女性

本作品は、クレイアニメ、粘土を使ってキャラクターや背景・小物作り、ストップモーションを使用しアニメーションにした手法を用いた作品です。「ピングー」はスイスが発祥のアニメで、主人公のコウテイペンギン「ピングー」とその家族や友達、先生、お医者さんといった南極に住むペンギンだけでなく、トド、カモメ、雪男など多彩な動物等が登場している。このアニメは実にキャラクターが愛らしい、かつ普段のアニメとはまた違って粘土で出来ているために独特の立体感と、キャラクターの表情と仕草の何とも表現がしづらいが独特で関心が惹かれつつ、きれいすぎる体のラインではなく手作りでつくるために人の手の温かみを見ていて感じることができる。またピングーを通して家族愛や人を助ける等子供が見るだけでなく、大人見ていて感動することができるアニメ作品です。
30代男性

子供の頃なにも考えずにただ楽しんで毎回観ていたのですが、最近になってスイス発祥なことを知って、気付かないうちにスイスに楽しませてもらっていたのだと感慨深くなりました。理解できるセリフなんてひとつもなかったし、声もカワイイというよりは謎の生物感すらあるんですが、なぜか目を離せなかったです。動きのコミカルさや、次にどんなことが起こるのか予測がつきにくいことが楽しくて、夢中になって観ていました。まさに子供にぴったりなワクワクの詰まったアニメだと感じます。ねんどのキャラが様々な形に変わっていくのがすごく面白い。しかも大体の人が大好きなペンギンをモチーフにしているのもポイント。小さな頃に出会えてよかったと思えるアニメです。
30代女性

とにかくすごい可愛いです。ピングー語を利用して進行するこのアニメは動き一つ一つが可愛くて、意地の悪いピングーが他のキャラクターに意地悪したりしている(意地悪もしょうもない物でとても微笑ましいです。)ところもとても可愛いなと思います。しかもこれを粘土のコマドリで1つ1つ作成していると考えると感心です。私はピングーのアニメを最近までみたことがなくグッズが可愛くてグッズを少し持っている程度でしたが、実際にアニメを見てみると動きが可愛くてより一層グッズが欲しくなってしまいました。また、ネットで流行っていたのがピングーアニメの空耳で、ピングーごが発せられている際に日本語の空耳に聞こえたりする動画を見たことがあるのですがそちらも面白かったです。それらを含めて可愛らしく、またストーリー性も面白いアニメだと思います。
20代男性

幼少の頃に、繰り返し何度もビデオで見ていました。ピングー語?とも言えるような、ピングーたちが発する独特の言葉遣いが、子どもだった自分にはとても面白く聞こえ、よく真似をして遊んだことを覚えています。ピングーたちの表情や口調から「今、なんて言ってるのかな?」と自分なりに想像しながらストーリーを追っていましたが、今になって考えてみると、子どもの想像力を養ういい機会を与えてくれるアニメだったのかなと思います。私は妹のピンガがお気に入りのキャラクターでした。見た目のかわいさもさることながら、わがままを言ったり甘えてみたり、時に大胆だったりするところが、赤ちゃんらしくてかわいくて大好きでした。親になった今、自分の子どもとも一緒に見てみたいなと思うアニメです。
30代女性

私は幼少期からピングーのアニメを視聴したことがあります。今でも、とても好きな作品の1つです。ピングーのアニメの魅力は、クレイアニメ独特のユーモア溢れるアニメーションの表現や謎の言葉のみで構成されるピングー語です。イラストで制作されたアニメは、動きの滑らかさや細やかさが魅力の1つではありますが、このピングーのアニメでは粘土を使用したクレイアニメが採用されています。ストーリーに沿って、ピングーが変身する際に、粘土を潰して新しい物を作り出すようなアニメーションが出てきたりと、その粘土ならではの表現がとても楽しいです。言葉も吹き替えが特になく、セリフがないのにも関わらず、アニメーションやストーリーをしっかりと見ることによって何を言っているのか?何となく分かってくるのも楽しいです。
20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました