幽☆遊☆白書 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

幽遊白書 アニメ PV&公式YouTube動画

【『微笑みの爆弾』OP映像】 幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX PV

幽遊白書 アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

幽遊白書 アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (浦飯幽助)
    佐々木望
  • (桑原和真)
    千葉繁
  • (蔵馬)
    緒方恵美
  • (飛影)
    檜山修之
  • (コエンマ)
    田中真弓
  • (ぼたん)
    深雪さなえ
  • (雪村螢子)
    天野由梨
  • (幻海)
    京田尚子
  • (少女幻海)
    林原めぐみ
  • (静流)
    折笠愛

<STAFF>

  • 監督
    阿部紀之
  • 原作
    冨樫義博
  • アニメーション制作
    スタジオぴえろ
  • 音楽
    本間勇輔

©Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 ©ぴえろ/集英社

あらすじ

不良少年の幽助は、子供を助けようとして
交通事故で死んでしまう。

しかし生き返るチャンスを与えられ、
人間界に害を及ぼす妖怪を捕らえる
霊界探偵となった。

幽助はケンカ友達・桑原や任務を通して
出会った蔵馬、飛影と協力し、
次々と現れる強敵を倒していく。

ライターコメント

少年漫画の王道の様などんどん成長する主人公が魅力的です。リーゼント姿ではなく髪をおろした幽助をかっこいいと思った人も多いのでは?設定は現実と非現実が混ざっているのに、全然違和感なく世界観に入れます。敵だった蔵馬と飛影が仲間になったり、出てくる登場人物に暗い過去や感情移入しやすいエピソードがあって、とても引き込まれる作品だと思います。絵のタッチも可愛い感じで恋愛要素や友情などもあるので女の人も見やすいと思います。そしてなにより、歌が好きです。オープニングもエンディングもこのアニメを見たことある人ならみんな好きだと思います。アンバランスなキスをかわして、ありがとございーますっ‼︎など歌いたくなるフレーズで今だに同年代とカラオケに行くと盛り上がります。アニメのストーリー、キャラクター、主題歌、全て大好きな作品です。
30代女性

意外なストーリー展開に思わず夢中になる作品でした。ストーリーは主人公の幽助が亡くなってしまうところから始まりますが、これには驚きました。これまで観たアニメにはない衝撃的な出だしがおもしろかったです。この出だしに最初から心をつかまれた人は少なくないでしょう。さらに敵のキャラクターとして登場する人物が後に幽助の仲間になるという展開も予想外でした。飛影と蔵馬が登場したときは倒されて終わりかなと思っていただけに、仲間になったのは意外でした。ストーリーは思ってもみない展開が多々あって、誰もが飽きずに楽しめるアニメだと思います。私の友人は展開におもしろみのあるアニメにこの作品を一番に挙げていましたが、わかる気がしました。
30代女性

普通の不良中学生であった主人公・浦飯幽助がひょんなことから霊界探偵になり、様々な妖怪や人などの闘いを通して、人間界を守っていこうとする展開が面白かったです。また、そうした闘いを通して、個性豊かな蔵馬と飛影らの妖怪とも親交を深めていくストーリー性も印象に残りました。妖怪であっても彼らにもそれぞれの事情や背景があるので、それが見ていて引きつけられます。それから、同級生の桑原和真らと朱雀や仙水などの人間界にとっては有害と思われる妖怪や人を退治するために協力していく関係性も好感が持るので、主人公らを応援したくなります。そうした独特な世界観をアニメーションの中で、それなりに上手く表現されているので迫力もありました。
30代女性

幽助が子どもを助けて一度死んでしまってから霊会探偵になるくだりから、最終的には魔界統一を目指すという、どんどん強い敵が現れる少年漫画らしい展開が好きです。敵にも背景があり、単なる悪ではない心情があって、本当に嫌な敵は妖怪ではなくて人間だったりするのが切ない場面もあります。特にそれが顕著なのは仙水編かもしれません。魔界の穴の影響により普通の人間が能力者となり登場し、それぞれの信念に基づいて衝突することになります。当時は様々な能力や各々が支配できるテリトリーという響きに憧れました。四次元屋敷での能力者との戦い、特に「禁句(タブー)」の海藤と蔵馬が好きですが、そこからの仙水との出会いや、病院を舞台にしたドクターとの戦いは物語の導入にとても面白いと思います。仙水編は暗黒武術会編とは少しテイストが違い、最初から最後まで映画を見ているようで、純粋にストーリーが楽しめておすすめです。
30代女性

このアニメの魅力は、とにかく戦闘シーンの面白さにあります。冨樫義博先生が鳥山明先生のファンであることもあり、ドラゴンボールとやや似ている展開も見られますが、それでも戦いの展開や構成はピカイチです。主人公チームの圧倒的窮地への追い込み方、逆転劇の展開や新技の登場のさせ方、霊丸や炎殺黒龍派など真似したくなるような技の数々などたくさんの魅力に溢れています。また、単に武闘派な戦闘だけでなく、ひらがなが一文字ずつなくなる会話勝負に見られるような、このアニメでしかない個性的で頭脳派な闘いもあり、冨樫義博先生の仕掛けが光ります。各編の設定もよくできていて、暗黒武術会から魔界の扉あたりは、1話1話が目が離せない展開ばかりで、クライマックスに向けて尻上がりに面白くなる伝説のアニメだと思っています。
30代男性

ストーリーが非常に良かったです。最初に不良の主人公が亡くなってしまう事から始まり、どうやって生き返るのかワクワクしながら観ていました。そして、その後もコエンマの指示で様々な妖怪と闘う事になっていくけれど、魅力的な敵キャラばかりで面白かったです。暗黒武道会編ではワクワクが止まらなく、とても面白かった印象があります。師範がなぜ若返っているのか、そしてそれぞれのキャラが個別に闘っていくカッコいい姿。最終決戦がすごすぎる。様々な魅力が詰まった幽遊白書で一番面白いストーリーでした。特に好きだったシーンが、飛影が必殺技を利用して自分をパワーアップさせる場面です。まさか必殺技を自分にぶつけてその力でパワーアップして敵を倒すなんて思いませんでした。
30代男性

暗黒武術会編が大好きです。個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるので、見ていて飽きません。対戦相手では陣や凍矢が好きで、凍矢と蔵馬との戦いが好きでした。そして蔵馬が妖狐の姿に始めてなるのがこのチームとの戦いだったので印象的でした。いつもはあんなに丁寧な言葉使いなのに、昔は本当に悪党だったのか!と思いました。そして遊助のチームで好きだったのが飛影です。腕に龍をまとって出てきたときはとてもかっこよかったし、みんなに見えてないところで努力している姿や、弱っているところを見せない飛影がかっこよかったです。そして遊助と弟との戦いもよかったです。敵なのにせこいまねをせず正々堂々と遊助との戦いを望む姿がかっこよかったです。
30代女性

登場人物では「蔵馬」が一番好きでした。クールな一面、感情を表に出さない場面がほとんどですが、戦いになると冷酷さに徹する場面が一番印象的でした。特に、魔界の扉編(仙水編)で槇原(グルメマスター)の体を乗っ取った戸愚呂弟と対決時に放った言葉「お前は死にすら値しない」は名台詞でした。何度も再生ができる戸愚呂弟の利点を見事に打ち破った瞬間はアニメを見てても個人的にすっきりした気持ちでした。また、蔵馬はとても家族思いで、かつて魔界から逃れた妖狐が人間界の人間の母親に乗り移り、その生まれ変わりが「妖狐蔵馬」ということで、作中のフィナーレ、魔界統一トーナメント編(魔界編)で対決した時雨戦でも、故郷の人間界で咲く花「桜」を演出しながら、家族との思い出を大事にする蔵馬がようやく人間になった瞬間も良かったです。
30代男性

小学生くらいのころの夏休みの朝に再放送していたアニメといえばで一番最初に思い浮かぶ作品です。その当時は全く興味もなかったしお兄ちゃんがみているのを横から一緒に見ている感じでした。オープニングの曲だけは興味がない私にもすぐ覚えられるというか耳に着く作品で今でも歌えます。話は大人になってから見たのですが思っていたような話ではなくて昭和の雰囲気的なものを感じました。初回に主人公が交通事故で死ぬってところから始まるアニメって他にないと思うのでそういうところは素晴らしいなと思いました。私的には死んで生き返ることはないだろうなと思っていたのに結構早めに生き返った時は笑ってしまったし予想外のことが起こりまくっておもしろかったです。
20代女性

この作品で最も良かったポイントは、主要キャラクターのバランスがとても良かったことでしょう。リーダーとして引っ張っていくがあまり頭のよくない幽助にやる気はないが実力者の飛影、ムードメーカの桑原にチーム司令塔となる鞍馬。この特徴がはっきりしている4人がチームとして行動することで、視聴者はどれかのキャラクターに感情移入ができるため物語に入りやすかったはずです。そして、その点においては一番の見どころとなる戦闘シーンも同じで、それぞれの特徴によって戦い方が違うため見飽きてしまうようなこともありません。特に好きなシーンを挙げるなら、飛影の戦になります。彼の戦いは一瞬での決着が多く、高まった緊張感から解放されると同時に決着がつくあの開放感がたまりません。青竜との一戦は永遠に見続けられる最高の戦いでした。
40歳男性

強く印象に残っているのは魔界編です。幽助の出生の秘密や、飛影、蔵馬のそれぞれの過去が明かされるエピソードに興奮しました。三者三様に不思議な、そして浪漫を感じる壮大な過去を持っていて、心を動かされます。また、こんな設定を思いついた作者の発想力に、驚かされると同時に感動しました。舞台となる魔界の風景の描写も素晴らしく、その世界観に惹きつけられます。それまで当たり前のように特殊能力を持っていた登場人物たちですが、このように、その能力を持つに至った背景が描き出されることによって、キャラクターの内面の濃さが増したように思います。より登場人物への思い入れが強くなり、アニメを更に楽しむことができました。
30代女性

浦飯幽助のライバルである戸愚呂弟の弟が強烈に印象に残る人物として描かれていました。変身能力があり、何もしなくとも強いのに、どんどん能力強化して浦飯チームや視聴者を震えさせた人物だったのが印象にのこります。残忍な技を用いて桑原を追い詰めた戸愚呂兄も弟とは違う方向性の恐怖を演出していました。敵も強烈な個性と華を持っているのが印象的です。多重人格者だった強敵仙水忍も不気味な魅力を放つ人物として記憶に残ります。普段は知的な青年に見えますが、乙女の人格やヤクザのような人格まで持っていて、一人なのに複数の人間性が見える面白いキャラクターでした。仙水の良き理解者であるイツキも敵ながら美しいキャラクターとして異彩を放っていました。
30代男性

主人公が死んで幽霊になることから始まる物語の意外なスタートが印象的なものでした。霊界探偵として悪者を追い詰める浦飯幽助の物語がどんどん規模の大きなものへと変わっていく展開が楽しめました。中盤の戸愚呂弟との戦い、その後の仙水忍との戦いは長編シリーズとなり、作品の太い部分を締める面白いものでした。霊撃という特殊な能力を用いて戦うバトルものであり、格好良い技が様々あって楽しめました。登場キャラクターも多く、ほとんどが特殊な技と際立つ個性を持っていたのも特徴的でした。浦飯幽助、桑原和真ら不良の戦士がいる中、まるで宝塚スターのように美しい蔵馬がいるというミスマッチなチーム構成が面白いものでした。アウトローで何を考えているのか読めない飛影の存在も注目できるものでした。メインキャラがどれも格好良くて好きでした。
30代男性

幽☆遊☆白書は魅力的なキャラクターとストーリーが展開がされるアニメ作品です。
年代的には現在の30〜40代の男性および女性がリアルタイムで視聴していた年代だと思いますが、特に主人公幽助よりもサイドメンバーの蔵馬、飛影の人気が絶大ですごかったです。特に飛影の技である邪王炎殺黒龍波は当時の中高生は一度は真似した技だと思いますし、アニメを精力的に視聴していたと思います。ストーリーも良いですが魅力的なキャラクターが多数出演するため、好きなキャラクターを探しながらキャラクター同士の掛け合いを楽しむと良い作品だと思います。またオープニング、エンディング曲も名曲が多く今現在聞いても良い曲です。微笑みの爆弾はカラオケでも定番ソングになるほど名曲です。是非一度見てみることをおすすめします。
40代男性

特に序盤の幽助が不幽霊になって生き返るために試練を受けるエピソードが好きでした。色々な事情を持つ幽霊が登場して一緒に悩みを解決するストーリーや一時的に生き返った際には蛍子が不良に襲われて助けるなどの胸キュンなシーンもあって面白かったです。また、好きなキャラクターは桑原でした。最初は幽助に張り合う不良でしたが、実は情に厚くて徐々に一緒に妖怪たちと戦って友情を深めながらも最後には戦うことをやめて進学するほかのキャラクターとは違う歩み方がよかったです。さらに最終回にクラスメートに一緒にいた蔵馬を彼女と間違えられたり、電車に乗る際に笑われながらも普通の生活を過ごしているのが印象的で、雪菜に対しても一途な感じも好感が持てました。
30代男性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました