メアリと魔女の花 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

メアリと魔女の花 アニメ PV&公式YouTube動画

「メアリと魔女の花」予告3

メアリと魔女の花 アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

メアリと魔女の花 アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (メアリ)
    杉咲花
  • (ピーター)
    神木隆之介
  • (マダム・マンブルチューク)
    天海祐希
  • (ドクター・デイ)
    小日向文世
  • (赤毛の魔女)
    満島ひかり
  • (フラナガン)
    佐藤二朗
  • (ゼベディ)
    遠藤憲一
  • (バンクス)
    渡辺えり
  • (シャーロット)
    大竹しのぶ

<STAFF>

  • 監督
    米林宏昌
  • 原作
    メアリー・スチュアート
  • アニメーション制作
    スタジオポノック
  • 音楽
    村松崇継
  • 脚本
    坂口理子
    米林宏昌

© 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

あらすじ

「メアリと魔女の花」予告2

赤い館村に引っ越してきたメアリは、
7年に1度しか咲かない不思議な花
「夜間飛行」を見つける。

それはかつて、魔女の国から
盗み出された禁断の花だった。

一夜限りの不思議な力を手に入れた
メアリは、「エンドア大学」への
入学を許可されるが…。

ライターコメント

幼少の頃から大人に至る今まで数々のアニメ作品で声優を務めていただけあって神木隆之介さんの演技が本当に素晴らしかったです。聞いていて全く違和感を覚えることがなくて、それどころか引き込まれてしまいました。アニメ作品に俳優さんを起用する行為に甚だ疑問を感じてしまう自分でも神木隆之介さんだけは納得できるのでこの映画は最後まで気持ち良く観られました。意外だったのがメアリ役の杉咲花さんでした。実を言うと全く期待していなかったので実際に聞いてみて普通に上手かったので驚いてしまいました。女優だけでなく声優としてもやっていけるのではないかと思ってしまいました。メアリの素朴な雰囲気がすごく可愛くて最高でした。特にあのそばかすがとても愛らしくて好きだなと思いました。
20代女性

 この作品はスタジオジブリから派生したスタジオポノックから出てきたものになっています。私、最初この作品はやっぱりジブリなんだと思っていたのですが、そうではないのですね。ちょっとびっくりしちゃいました。…それではこの作品について語っていきましょう。主人公である『メアリ』が偶然にも見つけた不思議な花から物語は進んでいきます。でもまあ、何ともすごい偶然もあったものですね。だってこの花、ここに咲くようになった原因を作ったのは彼女の大叔母である『シャーロット』が関係あったのですから。ちなみに男性ではありますが、ヒロイン的な存在であるビーターですが、何とも言えないヒロインの香りがします。とても男性とは思えません(私だけかもしれませんがね)。
20代男性

今までのジブリのテイストを残しつつ、でも新しさがありとても面白かったです。特に声優陣がとても豪華で、杉咲花、神木隆之介、大竹しのぶ、天海祐希、小日向文世、満島ひかりなど…女優・俳優でも活躍する面々の演技力はさらに迫力と深みが増すのはもちろん、作品のテイストや雰囲気ともとてもマッチしている気がします。主人公のメアリの活発ではつらつとした性格は見ていると気持ちが晴れ、現実とは少しかけ離れたファンタジー作品は、空想世界に迷い込んだような感覚に陥るのがとても新鮮で、作品の主題歌であるSEKAI NO OWARI 「RAIN」も洗練された曲調で流れてきた瞬間に胸が熱くなりとても感動しました。今後もジブリの世界観を引き継いで新たな作品を生み出していっていただけることを期待しています。
20代女性

最近の映画一番楽しめました。場面を盛り上げる音楽、生き生きとしたアクション素晴らしかったです。出だしから可愛いと思いワクワクしました。魔女の夢が詰まっていました。メアリを演じる杉咲花さんのクリアで甘い声はきき心地が良かったです。景色や家が素敵でした。映像が綺麗で背景に癒やされます。大自然の描き方も好きです。悪役さんも可愛いので安心して見れました。ストーリーも分かりやすく何度見ても楽しめます。「魔法はいらない!」という感じのまとめは良かったです。「夜間飛行」自分も一回だけ使ってみたいです。感動です。魔法学校の中に垣間みえた沢山のアイデアはいいなと思いました。不思議な魔法の世界での冒険を一緒に楽しめました。佐藤二朗さんすごく良かったです。世界感がGood。魔法シーンが存分にあって嬉しかったです。女の子って素敵だと思いました。神木隆之介君の声優としての声も良かったです。
30代女性

彼女が不思議なところに迷い込んだが故に成長し、冒険をしていくという形が王道ならではの良さがあり、とても素晴らしいなと思いました。また魔法が使われる世界観のために人が長距離を一気に移動することができるために、景色の広大さだったり動いてる途中の雲の動きや風の動きなどが伝わってくる表現がされていたのかとても凄いなと思います。スピード感があり、実際にメアリとともに移動しているような感覚にさせられました。特に雲の動きや、水の動きといった自然物の動きは時間ごとに動きが変化していくのでその流れを表現するのはとても大変だと思うんですが、この作品ではそれが表現されていたのでとても凄いなと思いました。カメラワークの移動で登場人物をより魅力的に映していて感動しました。 
20代女性

まず作画の雰囲気でこの世界観というものを伝えてくることができているのがとてもすごいなと思いました。作画の細やかさやリアリティーさもあり現代ではありえない魔法という世界の凄さ、かっこよさ、きれいさをよく表しているなと思いました。それと登場人物の作画、造形、キャラデザインがとても雰囲気にマッチしており両者がともに高めあってこの作品の雰囲気を表現しているなと思います。魔法が四方に光となって飛び散っていく表現や、ステンドグラスから差し込む光の温かさなどが伝わってきて、作画の細やかさが感じられました。異世界だからこそ、かつて憧れた様々なことが映像の中で行われているのを見て、とてもワクワクさせられました。 
20代女性

赤毛の髪をもつ少女メアリが主人公の話で、最初は家の人を困らせてばかりの娘かとおもっていましたが、好奇心が人一倍強い女の子で見ていて気になる存在になりました。魔女の花と呼ばれる花は青色で美しい花でした。神秘的な色を見事に表現していました。黒猫も意味深で物語にどんどんひきこまれていきます。魔女が通う学園長の登場シーンも魔女らしく、壮大なスケールで凄かったです。SEKAI NO OWARIの挿入歌がすごくあっていて、映像とリンクしていて素敵でした。過去に魔女の花で事件があったことなどの関連性や、友人のピンチなどハラハラする展開が次から次へとおこりみごたえがあります。動物たちが実検に使われていたりして心が痛むシーンもありました。
30代女性

元ジブリスタッフによる人畜無害な作品にみえますが、さにあらず。「性の目覚め」を描くという裏テーマが感じられる挑戦的アニメ映画。ジブリ風の絵柄でそれをやるというのが凄いですね(もちろん、直接的な描写はありませんよ。全年齢向けですし)。主人公の少女メアリが11歳で、相手役の少年ピーターが12歳と、年齢設定からも裏テーマ的にドンピシャになっております。メアリが偶然見つけた「夜間飛行」の花の「汁」で魔法が発動する(魔法力の描写は青白い燐光)という、なんと青臭ささのほとばしりのメタファーにあふれたシチュエーションなのでしょう!。クライマックスでピーターとメアリが手に手を取ったその隙間から溢れ出す青白い魔法力(ラピュタのオマージュでもあるのでしょうが)が炸裂する等、そういう意味合いがそこかしこに見てとれる作品として楽しめました。
40代男性

なんといっても、作品全体の美しい映像が魅力ではないでしょうか。登場人物ひとりひとりのいきいきとした表情、躍動感のあるアニメーション、丁寧に緻密に書き込まれた背景など、その映像美はさすがといった印象です。ストーリーは、ちょっと既視感がある、という意見もあるようですが、魔法というファンタジックなキーワードと美しい花、元気で素直な少女の思春期らしい葛藤と成長、わくわくの冒険、という、老若男女問わず、だれもが好きな要素がつまった作品だと思います。小さな子供さんのいるご家族でみるのもよし、友達同士やカップルでみるのも楽しめるのではないかと思います。声の出演も、観るまえは、??と感じたけれど、明るい声でメアリにぴったりです。
30代女性

まず、「その時点では」原因不明の赤髪の魔女の逃走劇から物語が始まります。この物語は終始「花」というテーマで話が進みます。魔女や科学者たちがこの「花」によって如何に運命が変わって行くかという点が見所だと思います。「花」によってもたらされる魔法のパワーで魔女たちは強力な力を得る訳ですが、その人格的な面まで変わってしまうというストーリーですが、最後は「花」に頼るのはもう止めようというオチで終わりました。そして最初の赤髪の魔女の正体も分かる訳ですが、主人公のメアリも赤髪なので同一人物だと思っていたのですが、実は違っていたという伏線の張り方もさすがジブリ映画だなあと思います。「思い出のマーニー」と比べると一般的知名度はちょっと落ちますが、とても面白い映画だと思います。
40代男性

メアリがピーターを救うシーンがとても印象的でした。魔法を使えればメリットもたくさんあるし、大人はそれを望んでいるけれど、魔法なんていらないとキッパリ言い切ったメアリの姿はかっこよかったです。また、映画の中で、ところどころにジブリの過去作品をオマージュしているんだろうなという設定があって、それを見つけるのがとてもおもしろかったです。さらに、学校で魔法を使うシーンは可愛かったなと思います。なかなかうまく箒に乗ることができないメアリが勝手にあちこち飛び回ってしまったりと、クスリと笑えるシーンがたくさんあって良かったです。自分を認めてあげる強さや友情など、学べることがたくさんある良い作品だなと思いました。
30代女性

やっぱり絵がとても綺麗なところが惹かれました。人物の表情や動きだけでなく、背景の細かいところまですごく繊細描かれていて、これは本当に実写じゃなくて絵なんだろうかと思うようなシーンがたくさんありました。また、今作の悪役として登場していたマダムとドクターがなんだか憎むことができないようなキャラクターだったところが良かったなと思います。自分たちの目標のために努力できるところは素晴らしいと思うし、そのベクトルを間違えてしまっただけなんだろうなと感じました。最終的に綺麗なハッピーエンドを迎えられたところもとても満足でした。シャボン玉に乗って帰っていくところが魔法使いっぽくて可愛すぎて笑ってしまいました。
30代女性

ジブリ監督が担当、そして杉咲花さんや神木隆之介さんなど豪華声優陣なのもあり楽しみに見ました。田舎に引っ越してきた普通の少女が魔女の花を見つけたことによって魔法の世界に巻き込まれてしまうお話。掴みはバッチリで楽しく進んでいきますが疾走感があってテンポよく進むというよりはゆっくり少女目線で進んでいくという感覚でよくある魔法使いの映画とはまた違った要素がありました。深い作品というよりは気軽見れるライトな作品という印象でした。どうしてもジブリ作品と比べてしまうのはしょうがないとは思いますが作品の深さをもっと感じられたらよかったなと思いました。声優陣は実力派の俳優さんばかりなこともあり素晴らしかったです。主人公の杉咲花さんもくせがなく自然で良かったですが、特に遠藤憲一さんの声がすごく好きでした。次回作品に期待したいと思います。
30代男性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました