ラ・ラ・ランド 無料動画

洋画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ララランド PV&公式YouTube動画

『ラ・ラ・ランド』本予告

ララランドを視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

ララランド 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (セバスチャン(セブ))
    ライアン・ゴズリング
  • (ミア)
    エマ・ストーン
  • (キース)
    ジョン・レジェンド
  • (ローラ)
    ローズマリー・デウィット
  • (ケイトリン)
    ソノヤ・ミズノ
  • (ビル)
    J・K・シモンズ
  • (グレッグ)
    フィン・ウィットロック

<STAFF>

  • 監督
    デイミアン・チャゼル
  • 音楽
    ジャスティン・ハーウィッツ
  • 脚本
    デイミアン・チャゼル
  • 製作
    フレッド・バーガー
    ジョーダン・ホロウィッツ
    ゲイリー・ギルバート
    マーク・プラット

あらすじ

映画「ラ・ラ・ランド」オリジナルmusicPV

夢追い人が集まる街・ロサンゼルス。

女優志望のミアは
オーディションに落ちてばかり。

ある日彼女は、場末の店でセブという
ピアニストに出会う。

彼にもまた、いつか自分の店を持つ
という夢があった。
やがて2人は恋に落ち、
互いの夢を応援しあうが…。

ライターコメント

なかなかミュージカル仕立てな映画を見たことのない私でも楽しめました。最初は苦手意識のあったミュージカルもむしろミュージカルあってこその作品だと思えるくらい面白くなっています。作品を見てこういう運命もあるのかと関心をしました。運命というと白馬の王子様を想像したりすることが多いと思います。しかしこの作品は決して違います。運命の相手とは自分の人生に大きく影響を及ぼす人のことを指すのだと訴えている作品に感じました。その運命は決して良いことだけではなく悲しいこともあるけど人生に影響を与えるのであればそれは運命の相手なのだと私は感じました。こんなにも深く考えさせられながらもほっこりする作品は初めてでした。また本当に二人の人生そのものを見ているようでした。
20代男性

女優の夢を追うエマ・ストーンさん演じるミアと売れないジャズピアニストのライアン・コリンズさん演じるセブとの、ポップな恋愛模様が描かれていたのが良かったです。始めの方はどうも険悪な雰囲気でも、お互いの夢や出会いを通じて、2人が少しずつ距離を縮めていくからです。それが、それぞれの歌やダンスを交えて楽しく表現されていました。その中でも、たくさんの車が並んでいる中で、周囲も巻き込んだ歌とダンスが印象に残りました。車の周りだけでなく、上にまで登って歌いながら出演者と息の合った動きが凄かったです。そうしたシーンを交えながら、ミュージカルとしてテンポ良く展開されていく2人の関係性の変化が見ていて面白かったです。
30代女性

男女の切ない恋物語が、ダンスと歌のミュージカル形式で描かれていて、話の流れがとてもわかりやすかったです。特に作品冒頭の、渋滞の中みんなが車の上で踊りだすシーンは、心まで踊りだしたくなるようなワクワク感がありました。また、ミアとセバスチャンが夕暮れをバックに巧みなタップダンスを披露するシーンもとてもロマンチックで、美しい夜景と見事にマッチしていました。5年後のミアとセバスチャンの再会はとても切なかったですが、こんな愛の形もあるんだなと納得がいきました。あんな時もあったなと、お互いが納得できて、結果的には二人が笑顔で自分なりの選択を導き出せたことは素晴らしいことだなと思いました。恋愛と人生のバイブルにもなりそうな素敵な作品です。
30代女性

終盤はちょっと悲しい展開でしたが、個人的に好きなミアの夢が叶ったのは良かったです。ドラマのオーディションの落選を続け、カフェでアルバイトして生計を立てるミアを見ているとこちらまで辛い気持ちになりました。作中で名の知れた女優がカフェにやってくるのをミアが見つめているのはとても切なかったです。しかし結末ではミアが女優になっていたのが印象的でした。セバスチャンと別れた後、ミアは憧れだった有名女優になります。これには驚きと喜びが同時にこみ上げてきました。旦那さんはセバスチャンでなかったのは残念でしたが、子どもも授かって幸せな家庭を築いていたことにはほっとしました。ミアの夢が叶ったことにフォーカスすれば感動的なラストと言えるでしょう。
30代女性

最初のハイウェイでのミュージカルシーンですぐに引き込まれ、物語の世界にどっぷりと没入できた。売れない女優ミアと売れないジャズピアニストセブの恋の話…なのですが、微妙に趣味や性格の違う2人がすれ違ったり惹かれあったりのテンポがなんとも言えずもどかしく胸キュンです。お金持ちの彼氏を振ってセブのところへ駆け出すミアのシーンが大好き!季節が流れていくと同時に2人の関係や立場が良くも悪くも変わっていくところが、現実の恋愛にもありそうで切ないです。女優を辞めると決めたミアが実家に帰った後も、どうしても会いたいセブが以前ミアとしていた何気ない会話から実家の場所を探し当ててクラクションを鳴らしまくるシーンも大好きです。観終わった後は、究極のたられば物語だなと男女の恋への向き合い方の違いを実感した映画でした。 
20代女性

前評判と予告の楽しそうなミュージカルシーンをイメージしながら視聴しました。男女が生きていく長い人生で思いがけないタイミングで予想しなかった色んなことが起こり、時にはすれ違うというのは、フィクションでありながら現実的に感じました。ミュージカル映画なので、急に歌やダンスが挟まるのが、違和感あるのかと予想していましたが何の違和感もなくすんなり話が心と頭に入ってきたような感じがします。どんどんと時が流れ、物語は進んでいきますが、置いていかれることなく、自分も一緒に時代を追う感じが心地よかったです。あの時代のカルチャーや音楽も一緒に体感でき、本筋だけでなく世界観も楽しめる物語でした。ラストはちょっと予想できなかったので、若干心残りではあります。
40代女性

ミアとセブが外で夜景をバックにダンスをするシーンがとても印象的でした。ピッタリと合ったダンスが見ていて気持ちよく、また、非日常的な感じがロマンチックでした。それでも、2人の関係がそんなに情熱的でないまま発展していく様子に現代っぽさを感じました。そこまでベタベタしない、依存しないクールな関係というか。思いっきり愛を表しあわないことに歯痒さを感じつつも、逆にそれがこの映画の言ってみれば、おしゃれっぽさなのかなとも思います。もう一つの名シーンはセブがバーでピアノを弾く場面でしょう。出会いも再開もそこで描かれる重要なシーンです。結局は結ばれない2人に切なさを感じますが、大人のキラキラした恋愛を見れたことに喜びを感じる映画でした。
30代女性

ラ・ラ・ランドの一番好きな点は、映画のビジュアル面含めどこかふわふわとしたおとぎ話のような印象を抱かせながらも、現実世界とリンクし共感することができる点だ。ラストシーンを観終えた直後に抱いた感情は「二人は結ばれないのか、、なんだか少し残念だな」というものだった。お互いの第一印象はあまり良くなかったものの、物語の中で二人は猛烈に惹かれ合い恋人になるため、途中で二人の関係がうまくいかなくなるのを見ながらも、心のどこかでは最終的に結ばれるというおとぎ話のようなハッピーエンドをどうしても期待してしまう。しかし観終えてから数日経つと、この物語が実はハッピーエンドであることに気付く。おとぎ話の世界では、男女の主人公は様々な試練を乗り越えながらも最終的には結ばれるのがお約束だ。ただ、現実世界はそううまくはいかず、世の中の大半の人は恋人AやBとすれ違い、別れ、続く恋人CやDと残りの人生を過ごしたりするものだ。お互いと一緒になれなくても、それぞれの道で違う幸せをつかむことができている。そんなセブとミアの姿に自分をそっと重ねることができる点が好きだ。
20代女性

始まり方がいい。車が渋滞している中で繰り広げられるダンスに「ああ、こう言う感じね」とこの映画の世界観に引きこまれる。ダンスだけでなくストーリーもしっかりしているし、衣装も可愛く見応えがある。最後のもしこのままこの人と別れずに付き合っていたらどうなっていたのか、というアナザーストーリーの映像は、誰もが一度は考えてことがある妄想を掻き立てられる。あの場面で泣く人と一粒の涙もでない人に別れる。たとえ一緒に見ていなくても、「ララランドで泣いた?と聞くと盛り上がれる。泣いた、と言う人には「だれを思い出して泣いたの?」と聞くとさらに盛り上がる。また、もう公開から4年も経っているので「ララランドからもう4年だよ」というネタも持っておくと話題になる。
40代女性

アカデミー賞などで話題になった後に見たのですが、耳に残る音楽と共に“人生”が描かれていてとても満足感の高い映画でした。やはり最初のロサンゼルスのハイウェイで渋滞の中の歌とダンスのシーンが印象的で、一気に映画の世界に惹き込まれます。最初のシーンを含め、多くの出演者がいるはずなのですが、主演の2人以外はほとんど印象に残っていなかった点もある意味すごいなと思います。時代を超えた春夏秋冬で物語が進んで、ミアやセバスチャンの状況や関係性が少しずつ変わっていきます。最後の2人がもしもこうしていたら…という空想がセバスチャンの演奏中のみに流れるのですが、その描写がとても切なかったです。人間誰しも今の瞬間に満足していても、後悔する分岐点はあるだろうなと感じました。
20代女性

カラフルな映像と音楽がとても素敵な映画です。トライレーだけ見ると、なんだか明るくてみんなハッピーなお話に思われますが、ストーリーは現実を突きつけてくるシリアスな内容です。愛する人を失ってでも自分の夢を追いかけるかというところに悲しみを覚えました。初めてこの映画を見た自分は19歳で、当時の私には理解するのがとても難しく、主人公が恋人と最終的に結ばれないことに単純にがっかりしました。しかし、それから数年経った今もう一度見てみると切なくなります。自分の置かれている状況や年齢によって見方が変わる映画です。私の一番好きなシーンは、最初の高速道路でカラフルな衣装を着た人達が歌って踊るところです。行く先にワクワクする気分になります。
20代女性

レトロで古き良き時代のアメリカを感じる明るく華やかな色彩、ミュージカル…てっきりハッピーエンドで終わるかと思いきや、苦く哀しい結末が心に余韻が残ります。主人公の女性は、ハリウッド女優として立身出世を遂げますが、そうなる前は、大根、魅力がチープなど、徹底して存在を否定されているのが珍しかったです。普通は観客が、いやそうじゃない、こんなに魅力的で才能があるのにと支持されたうえで共感があるのですが、この映画の彼女の場合、本当に性格はともかく、女優としてその感じでは仕方ないと思う位イマイチでした。そのため、後半からのギャップは大きく、たとえ彼女が成功し、不動の地位を得ていたとしても、それは真の幸せとは違うのでは?と感じさせられるところです。アメリカらしい、チャンスや成功に恵まれなかった女性向けの部分も大きい映画かなあとも思いました。シェルブールの雨傘に似た要素があると言われているのも納得です。
50代女性

五感で楽しめる最高の映画です。画面はいつ見ても華やかで色鮮やかに私たちの目を楽しませてくれます。音楽もキャッチーでありながら新鮮な気持ちにさせてくれます。また、ストーリーも魅力的で一見よくありがちな設定に見えつつも、斬新さがあり、最後まで飽きずに見ることができます。さらに映画の最大の魅力でもあるミュージカルのダンスは必見です。思わず真似をしたくなるほどのものです。非日常的でありながら、私たちの生活のすぐそばにあるようなそんな不思議な感覚も与えてくれる奥深い映画です。特に映画のビジュアルイメージになっているヒロインと恋人とのダンスは胸に響くものがあります。どのシーンを切り取ってみても絵になる、そんな素敵な作品です。
20代女性

映画の最後に走馬灯のように流れる「もしも」のストーリーに、何度観ても心が切なくなります。ピアノの物悲しい旋律から始まり、主人公がもしもう一つの人生の選択をしていたら、その後の人生はどう変わっていたか、という一連の流れがその数分のストーリーで描かれます。人生は取捨選択しながら進んでいくものだけど、もしあの時この道を選んでいたら今とは違う、元々の自分が理想としていた未来が訪れていたかもしれない、という終わり方に涙が出ます。そしてなんといっても音楽が素晴らしい!物語の中心となる2人の男女の移り行く心情を、ピアノやジャズを主体とした音楽で表現されています。相手の男性が奏でる、物語のキーにもなるピアノのメロディーで二人の運命は回り始め、そしてそれと同じメロディーで消え入るように悲しくひっそりと音楽も止まって物語も終わる、というストーリー流れ方に、誰もが心を打たれる名作です。
30代女性

最初に見終わった時はふつうの恋愛ものに感じていたので何故この物語がミュージカルである必要があるのかわかりませんでした。でも二度目に見返して納得です。この甘く切ない恋の思い出は、世界が驚くほど鮮やかでカラフルで、気持ちが溢れ出て歌になって心のわくわくで踊り出してしまうという表現がぴったりでした。夢物語であるという意味でもミュージカルが似合っていたのかなとも思います。二人の結末はお伽話でしたが、こんなふうに事情があって叶わなかった恋の思い出というものには平凡な自分自身も共感してしまいます。ラストの二人のこうなるかもしれなかった世界線の映像と、そうでない現実を受け止めての全てを肯定した前向きな別れに泣かされてしまいました。
50代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました