バケモノの子 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

バケモノの子 アニメ PV&公式YouTube動画

「バケモノの子」予告2

バケモノの子 アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

バケモノの子 アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (熊徹)
    役所広司
  • (九太(少年期))
    宮崎あおい
  • (九太(青年期))
    染谷将太
  • (楓)
    広瀬すず
  • (猪王山)
    山路和弘
  • (一郎彦(青年期))
    宮野真守
  • (二郎丸(青年期))
    山口勝平
  • (九太の父)
    長塚圭史
  • (九太の母)
    麻生久美子
  • (一郎彦(少年期))
    黒木華

<STAFF>

  • 監督
    細田守
  • 原作
    細田守
  • アニメーション制作
    スタジオ地図
  • 音楽
    高木正勝
  • 脚本
    細田守

©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

あらすじ

「バケモノの子」予告

母親を亡くし一人ぼっちになってしまった
渋谷に住む少年・九太は、
強さを求めてバケモノたちが住む
「渋天街」に行くことに。

そこで出会ったバケモノ・熊徹との
奇妙な共同生活と修行の日々を送り
成長した九太は、現実の世界に戻り
女子高校生・楓と出会う。

ライターコメント

オオカミこどもが母と子の物語だったのに対して、こちらは父と子の物語だった感じがしました。人間とモノノ怪のそれぞれ違った愛情を示す二人の父親が対照的に描かれていて、対比がとても良かったです。モノノ怪パパと生活を共にして、どんどん仕草が似てくる主人公に笑いつつ彼の成長も楽しめますし、途中の展開に涙涙、そしてラストもまた涙が。不器用な愛情、実直な愛情、どちらも温かくて、胸が締め付けられました。全体的に飽きることなく見れましたし、ストーリー展開もちょっと予想とは違っていたんですが、よく練られていたなという印象で、安心して家族で見れますし、大人も楽しめる作りになっていたと思います。お正月に見るのもありありな良作だと思います。
40代女性

前作の「おおかみこども」は、良かった。ストーリーが分かりやすかったのが一番の理由だったんだけど、今回はタイトルを見る限りどういう作品なのかは謎だった。下手したら「サマーウォーズ」のような意味不明な路線に戻したんじゃないかと不安になったが、本編を見ればその不安もかなり払拭された。この話のうまいところは、主人公の蓮(九太)が師事している熊徹も弟子と一緒に成長していくというところ。そして、バケモノたちの共通の敵を作らなかったところ。敵を作っちゃうと、ただのバトルものになってしまうからね。蓮も大学に行きたいなんて思わないでしょう。ただ、最後は、闇堕ちキャラが出てきてバトルもの展開になってしまってダレるが・・・。あとは、物語中盤から訪れる蓮の人間サイドの話。これも、バケモノと人間の間で揺れる蓮の心の葛藤がよく表れていておもしろい。まあ、現実には、あんないい娘いるわけないんだけど。最後は、大団円で終わり。終盤の展開を除けば、主人公の成長をうまく追尾しているいい映画だったと思う。最後に、もう一つ不満だったのが、熊徹と猪とのバトルシーンの迫力のなさ。刀が使えないというシチュエーションというのもあるが、動きが鈍くてどうにもいけない。もっと「ヒュッパシッヒュッパシッ」というスピード感溢れる感じでやって欲しかったなあ。
30代男性

若者の大好きな街の渋谷が実は、バケモノの世界だったという奇想天外な設定が面白いです。少年の声を宮崎あおいさんが上手に表現しています。声に艶があって、素晴らしいです。少年が自分のメンターともいえる熊徹に出会って、成長をしていく過程は視聴していて清々しいです。時には激しくぶつかるところも感情がほとばしり、互いの距離感がちかくなったからこそと微笑ましく共感できました。細田守さんに息子さんができて、この作品が出来上がったということなので、納得感がありました。バケモノが少年を育てるという発想は、これからの社会全体で若者に寄り添いながら鍛えていくというメッセージを感じました。細田さんの映像は、風景が好きです。この作品も、部屋に入ってくる光が素敵に描写されていてお気に入りになりました。
60代女性

いろいろな要素が詰め込まれている作品だと思いました。でも少々詰め込み過ぎかなとも思いました。声の出演者にあまり上手く無い人がいるように感じることがあり、最後まで気になりました。長い作品ですがストーリー展開は頭にスッと入って来て最後まで楽しめました。バケモノよりも人間の方が病んでしまっているのではないか、ということでしょうか。印象的だったのは世界中の強い者たちを訪ねて回り、強さとは何かを聞いていくシーンで、地蔵のような強者が話しているうちにいつの間にか地蔵になっていて、地蔵と話していたかのような錯覚に陥ったところです。強さとは、他人を出し抜く為に身に付けるものではない、己との戦いに勝つことこそが強くなることだ、と言うことかな。
40代男性

まず、この物語は勇気づけられるポイントが多いと感じました。とても落ち込んでいるキュウタが、徐々に強くなっていきます。最初は感情的でヤンキーみたいな少年でした。しかし、徐々に戦いながら優しさを身につけ、強くなっていきました。修行の際に、クマテツはもちろん、他の大人たちからたくさん学んだからだと思います。礼儀もできるようになり、必死に頑張る姿は見ててかっこいいです。最後まで諦めないで頑張る根性は、勇気づけられます。自分も彼らみたいに根性を出して頑張ろうと思えるのです。言葉が多少荒い部分はありますが、感情的にはまっすぐなキャラクターばかりです。自分たちが強くなるために、どうやったらいいのか、考えているところもみどころです。
20代女性

SF的な世界感が好きでした。人間界と別世界で育った子供が成長していって強敵に立ち向かうその途中にかわいいヒロインとつながる。シンプルな展開が面白くて分かりやすかったです。やっぱり主人公がどんどん大人になっていく過程を描いたシーンが好きです。毎回毎回喧嘩している描写が多かったですが心の奥ではお互いに心配し合って信頼し合ってる仲の2人の関係もよかったですしそれを優しく見守る周りの人々もほほえましいシーンでした。作品の中では笑いあり、戦闘あり、感動ありとみていても飽きることなくだらだらとストーリー展開していかないので誰でも楽しめると思います。番宣がかなり多くて大丈夫かなと思いましたがそれ以上のできでした。 
30代男性

細田監督作品もいくつか観ていますが、私の感想としては、新しい手法を使っていて、面白いものが多かったです。なかでも、バケモノというジャンルの展開が、この監督は得意なようですが、その姿を借りて人間の生き方とか、成長する姿を描くことは、ある意味ものすごくシンプルでわかりやすいのだと思います。細田監督の目線に対する徹底ぶりは見事としか言いようがありません。子供の視点からの映像は、ワクワクするほど新鮮でびっくりしました。登場人物にあった役所広司や大泉洋については、自然な声なのでとても没入感がありました。 この映画の後半は、前半と比べると、かなり異質ですが、そのスピード感は緊張感を増幅するように速度を増していきます。そして最後の対決シーンまで上り詰めていく感覚は秀逸すぎます。エンターテイメントの極致を見事に作り上げた監督に、拍手したくなりました。愛を描くことは聖業だと思わせてくれた作品です。
60代男性

最初はクマテツと戦っている九太が体の大きさも全然違うし能力の差も大きいように見えたのが、年月がたち、成長することによってその差がなくなっていく様子は2人が過ごした年月の長さとその間もうずっとこの稽古を続けていたことが伝わってくる場面だなと思いました。そんな中でもやってきた親離れ、子離れの時が異種族の組み合わせである2人の間であっても他の親子と同じように訪れるというのがとても面白いなと思いました。しかしそれぞれ思う事はあったけれども、最終的にはお互いがお互いの幸せを願い別れを受け入れることができて本当に良かったなと思いました。また、作画の良さが際立つ場面が多かったように感じました。特に違う世界の広大さが伝わってくるなと思いました。 
20代女性

この映画は化け物と人という種族が違う間柄でも作ることもできた九太とクマテツの深い絆にとても感動しました。はじめはクマテツの下に引き取られた九太を見てこの2人がうまくやっていけるのかとても心配しました。何故かというと、2人は姿も形全然全く違い、力や性格といった様々なものが正反対の2人だったからです。しかしそんな中でも長い年月を2人で積み重ねることによって2人の間に芽生えてくるものがあるというのはとてもすごいなと思いました。最初はそりの合わなそうな2人が様々な物事を共にやっていくことによって、だんだん仲が深まっていく様子は見ていてとてもほほえましかったです。気持ちの変化を丁寧に描かれているため、視聴者も2人の心情を追いやすかったです。 
20代女性

主人公の九太と師匠の熊鉄との喧嘩のようなノリで行う修行のシーンが面白いものでした。これだけ反発しあいながらも、根っこには師弟の絆がしっかり見えるのがよかったです。バケモノと人間が世界を棲み分けている理由が、人間の闇の心が世界を壊すためという設定には納得できるものもありました。楽しいファンタジー要素もたくさんある作品でしたが、その中で人間心理の深い点をついている点には感心できました。九太が図書館で見つける本に「白鯨」があり、後半には本に登場する大きな白いクジラが出てきます。日本の街を大クジラが泳ぐファンタジーとバトルが合わさったシーンの迫力はすごいものでした。白鯨の登場シーンには興奮するものがありました。
30代男性

主人公少年が日本と異世界を行き来するファンタジーと現実が交差する展開にロマンを感じました。非日常の世界が展開することにわくわくしました。人間の少年と獣の師匠との師弟の絆、同時に親子の絆を見ることが出来た物語性に感動できました。普段は粗暴な師匠が、少年のことを思って結局は優しいところがよく分かる点がよかったです。師匠の嫌味のないキャラクター性はとても好きでした。日本にいない時期があった主人公が、中盤では日本の女子学生と出会い。高校卒業認定試験を目指す展開も印象にのこるものでした。しっかり勉強し、役場に届け出をして高校卒業の能力を証明する過程がリアルに描かれていました。こういった制度があるのだということが分かり、勉強にもなりました。
30代男性

良いい意味で細田守さんの世界観が出ていてよかったです。なんといっても異世界なんだけど、どこか現代の雰囲気が残っている事で、微妙に親近感がわく独特の世界が見ているものを引き付けてくれました。どこか憎めない荒くれものの熊徹が、めんどくさいといいながら九太をしっかりと育てていく所は、子を持った親なら不器用ながら愛情があると感じるストーリーに仕上がっていました。猪王山と熊鉄の闘いは、アニメながら臨場が伝わる素晴らしい闘いに仕上がっていました。最終的には現実世界にも波及する凄い闘いになっていくのですが、現代と異世界を繋ぎ合わせるストーリーとどくとくのタッチの映像が目を奪われました。家族や子供の成長を違った視点で感じれる作品だと思いました。
30代男性

弟子なんてとか言っていた熊徹が九太のことを息子のように思うようになるさまが素晴らしかったです。最初の喧嘩をしているときも、なんだかんだ仲良しだったし、親子ではないけど、親子のように見えました。九太は、子どもの時母を亡くし、なぜかバケモノの世界に入り込んじゃってという波乱万丈な人生を歩んでいますが、そんな中でも自分を持っててすごい子だなと思いました。人間界に戻れるようになって最初にしようと思ったのが勉強だなんて、頭がいいというかすごくしっかりしています。それもこれも熊徹の訓練の賜物かと思うと、やっぱり二人はいい師弟関係だったんだなと思いました。九太は人間界かバケモノ界、どっちにいるのが幸せなんだろうと思いながら見ていましたが、最後も九太にとってとてもいい結末でしたし、戦いも派手でかっこよかったです。
30代女性

細田守監督の作品はどれも好きだったので、すごく楽しみにして見ました。いざ見てみると、期待を裏切らない面白さ!主人公の蓮が、バケモノである熊徹の後を追いかけてバケモノの世界・渋天街に迷い込むシーンは、不思議な感じとワクワクする高揚感、少しだけ不安も伝わってきてドキドキします。熊徹が蓮に「九太」と名付け、二人が一緒に暮らしはじめ修行を重ねていくシーンは、動きがとてもなめらかで、季節の移り変わりも時間の流れも、カットを変えることなく流れるままに、けれどとても丁寧に描かれていて思わず感嘆しました。蓮も熊徹もまっすぐで優しくて大好きなのですが、一番好きなキャラクターは一郎彦です。彼が子どもの頃に、猪顔の父・猪王山になぜ自分の顔は違うのかとたずねる回想シーンは、涙が止まりませんでした。一郎彦の葛藤は、見ていてとても苦しく、蓮が彼と対峙する終盤のシーンは、やはりアニメーションが美しく、セリフや音楽といった演出ももちろんですが、無音で映像だけを見ても楽しめます。とても美しい映像と、家族とは何か、人間とバケモノの違いとは一体何なのかを考えさせられる映画です。アニメーション映画とあなどるなかれ、大人が見ても満足する作品です。
20代女性

スタジオ地図が手がける作品が元々好きで、映画が公開する前から楽しみが抑えられず、公開してからは足繁く映画館に通って観てました。何度見ても、ストーリーに入り込める絵と音楽に魅せられて感動して涙を流しました。ハラハラドキドキとさせられる戦闘シーンと、絆を感じさせる主人公たちの成長する様は自分自身と照らし合わせて、元気と勇気を貰いました。特に、主人公が一人で努力し鍛錬して、出来なかったことをできるようにしていく様に感動させられました、他の作品と比べると、マイナーな作品ではありますが、負けず劣らずの名作です。豪華なキャスト陣も注目してほしいです。たくさんのことを学び、再確認させてもらえる作品なので自分の子供が成長したときにも是非見せてあげたいと思ってます。
20代女性



本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました