恋はつづくよどこまでも 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

恋はつづくよどこまでも ドラマPV&公式YouTube動画

【4/1(水)0時~Paraviで独占配信!】『恋はつづくよどこまでも』ディレクターズカット版

恋はつづくよどこまでも 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

恋はつづくよどこまでも 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 佐倉七瀬役:上白石萌音
  • 天堂浬役:佐藤健
  • 来生晃一役:毎熊克哉
  • 沼津幸人役:昴生(ミキ)
  • 天堂流子役:香里奈
  • 根岸茉莉子役:平岩紙
  • 結城沙世子役:片瀬那奈
  • 若林みのり役:蓮佛美沙子
  • 小石川六郎役:山本耕史

あらすじ・解説

修学旅行で東京観光をしていた
高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)は、
初老の女性が目の前で意識を失い
倒れるところに遭遇する。

慌てふためく七瀬だったが、
偶然通りかかった医師
天堂浬(佐藤健)が
介抱したことで
女性は意識を取り戻す。

スピーディに対処する天堂の姿に
一目ぼれした七瀬は、
彼に会いたい一心で
看護師を目指すことを決意。

それから5年後――。

晴れて看護師になった七瀬は、
憧れの天堂が務める
日浦総合病院に勤めることに。

再会早々、
天堂に愛の告白をするが、
5年前のことを微塵も
覚えていない天堂に
こっぴどく振られたあげく、
厳しい言葉で罵られてしまう。

落ち込む七瀬は、同じく
新人看護師の仁志琉星(渡邊圭祐)、
酒井結華(吉川愛)、
菅野海砂(堀田真由)と共に、
各科を研修で回ることに。

七瀬は天堂が所属する循環器内科で
研修をすることになるが、
天堂に早く看護師として
認められたい気持ちが空回りし、
ミスを連発、叱責されてしまう。

天堂から看護師は向いていないと言われ
気落ちしていた七瀬は、
何度も入退院を繰り返す
小児科の患者・杏里(住田萌乃)
に出会う。

杏里の優しい言葉に看護師としての
やる気を取り戻した七瀬は、
急な不整脈で入院してきた
神田の看護を担当することに……。

各話紹介

第1話

修学旅行で東京観光をしていた高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)は、初老の女性が目の前で意識を失い倒れるところに遭遇する。
慌てふためく七瀬だったが、偶然通りかかった医師・天堂浬(佐藤健)が介抱したことで女性は意識を取り戻す。
スピーディに対処する天堂の姿に一目ぼれした七瀬は、彼に会いたい一心で看護師を目指すことを決意。

それから5年後――。 晴れて看護師になった七瀬は、憧れの天堂が務める日浦総合病院に勤めることに。
再会早々、天堂に愛の告白をするが、5年前のことを微塵も覚えていない天堂にこっぴどく振られたあげく、厳しい言葉で罵られてしまう。
落ち込む七瀬は、同じく新人看護師の仁志琉星(渡邊圭祐)、酒井結華(吉川愛)、菅野海砂(堀田真由)と共に、各科を研修で回ることに。
七瀬は天堂が所属する循環器内科で研修をすることになるが、天堂に早く看護師として認められたい気持ちが空回りし、ミスを連発、叱責されてしまう。
天堂から看護師は向いていないと言われ気落ちしていた七瀬は、何度も入退院を繰り返す小児科の患者・杏里(住田萌乃)に出会う。
杏里の優しい言葉に看護師としてのやる気を取り戻した七瀬は、急な不整脈で入院してきた神田の看護を担当することに……。


第2話

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。
しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。
さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?
初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。
天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。
しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。
そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。
七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。
七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。

笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。


第3話

佐倉七瀬(上白石萌音)が倒れたと聞き心配でお見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、七瀬の部屋に忘れた鞄を取りに来た天堂浬(佐藤健)が鉢合わせ、その状況に七瀬は動揺を隠せずにいた。
来生は自分が七瀬を看病するから天堂には帰っていいと促すも、なんと七瀬は部屋で天堂と一晩2人きりに…。
翌日、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々が始まる。

しかし天堂を意識してか、針を得意としていた七瀬は、入院患者の巣鴨をはじめ、立て続けに注射の針刺しに失敗してしまう。
患者からの目も同僚からの目も厳しくなる中、天堂には研修医時代を一緒に過ごした恋人がいたという過去を知ってしまい…。
複雑な思いを隠しきれない七瀬だが、一人前の看護師として認めてもらうため、注射の練習を始めると、来生が腕を貸し練習台に。
同じく研修医時代に仲が良かった来生から、当時の様子を聞いた七瀬は…。

一方、仁志琉星(渡邊圭祐)は映画館で出会って一目ぼれした流子(香里奈)と院内で再会することに。
実は仁志の上司である結城沙世子(片瀬那奈)と犬猿の仲だったことが発覚!?
仁志の恋の行方に暗雲が立ち込め…。


第4話

循環器内科の仕事にも慣れてきた佐倉七瀬(上白石萌音)が患者の退院を見送った矢先、心不全の患者・鶴岡恵子が緊急搬送されてくる。
馴れない緊急対応に成す術なく落ち込む七瀬だったが、デスク業務に戻るとそこには七瀬を労うメモが…。
皆に優しい来生晃一(毎熊克哉)からのメモだと思っていた七瀬だが、来生は自分が書いたメモではないという。

しかし、自宅のポストにまでメモが残されていることから、天堂浬(佐藤健)の姉でマンションの管理人も務める流子(香里奈)はストーカーの仕業ではないかと指摘。
流子が七瀬の身を案ずる一方で、七瀬を心配するそぶりをまったく見せない天堂。
そんな天堂の姿に、来生は七瀬のボディガードを買って出るが……。

一方、心不全で入院中の恵子の手術が決まる。
しかし恵子は手術は受けたくないと拒否し、そんな恵子の態度に戸惑う七瀬はその理由を探ることに。
そして七瀬は、恵子と心を通わせ、ある望みを託されるのだが…。


第5話

佐倉七瀬(上白石萌音)のストーカー・元入院患者の田沢伸(森廉)と天堂浬(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬は救急車で搬送される。
意識が朦朧とする七瀬は、「先生とデートしたり、キスしたりしたかった…」と胸の内を告白し、意識を失う。
そんな七瀬に必死に声をかけ続けた天堂は、「乗り切ったら、願いを何でも叶えてやる」と約束し、「彼氏になってやる」と告げる。
公私混同したくないという天堂に交際の事実を周囲に明かさないように口留めされるが、5年越しの片想いが実り舞い上がる七瀬は…。

一方、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(平岩紙)の長男・真司が不整脈治療のため、入院してくる。
年齢も近い七瀬は、真司の不安を軽減できたらと自らアブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出るが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に対して七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げ…。


第6話

循環器内科のナースステーションで、佐倉七瀬(上白石萌音)の予定をあけてほしいと頼んだ天堂浬(佐藤健)は、理由を尋ねられると「一緒にメシ食います」「俺の彼女だから」と公言。
その言葉に七瀬や来生晃一(毎熊克哉)、同僚たちも驚き、歓喜に沸く。
しかし、そこへ現れたのは、天堂の亡くなった恋人、若林みのり(蓮佛美沙子)に瓜二つの、若林みおり(蓮佛美沙子・二役)。
天堂と来生は、突然現れたみのりにそっくりな、みおりに言葉を失う。

そんな中、天堂が七瀬と合わせた休暇の日に、急遽天堂へ大阪でのセミナーの登壇依頼が来てしまう。
さらに、そのセミナーには、みおりも参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は天堂のあとをつけ、大阪へついていくことを思いつくが…。

一方、循環器内科では酒井結華(吉川愛)が患者・和田の対応に追われていた。
元看護師である和田に厳しい自分の母を重ね、苦手意識を感じる結華だが、突然、和田の容態が急変し…。


第7話

天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬(上白石萌音)。 みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。
七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされ……。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。
七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。
さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こし……。


第8話

佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。
上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。
循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。
しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。
七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。


第9話

鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。
ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。
再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になって…。


最終回

出勤の準備をする佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)の前に突然、着物姿の流子(香里奈)と仁志琉星(渡邊圭祐)が現れる。
なんと仁志は、流子をお見合いの席から連れ去ってきたというのだ。
詳しい理由を聞いた七瀬は、天堂も避けるほどの“ドS”な父・万里(村上弘明)を説得するべく、流子と共に天堂の実家へ向かうことに。

一方で、より看護師として成長したいと考えていた七瀬は、流子や若林みおり(蓮佛美沙子)をはじめ、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。
七瀬は、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を勧められるが、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて…。


ライターコメント

一生懸命で純粋な七瀬と最初はドSだけどだんだん七瀬に惹かれていく天堂先生の二人がすごくキュンとしました。七瀬がミスをして天堂先生に怒られるシーンが面白かったです。恋愛要素だけでなく看護師として七瀬が成長していくシーンや同期の七瀬と酒井がだんだん信頼していく感じがすごくグッときました。来生先生がだんだん七瀬に思いを寄せて優しく見守る感じがすごくかっこよかったです。第9話で交通事故に巻き込まれた七瀬が目を覚ますと天堂先生が七瀬の好きなところをどんどん言っていくシーンがすごく印象に残っていて好きなシーンです。同じ回でまだ目を覚まさない七瀬を見て同期の酒井がナースステーションで一人で泣くシーンがすごく感動しました。吉川愛さんが一人であの時間を持たせるのは本当にすごいなと思いました。
20代女性

久しぶりに胸キュンというのを感じる事が出来るドラマでした。見ててこっちが恥ずかしくなるくらいです。ドラマのお話なんだけど、あんなにまっすぐに仕事を頑張っている姿とか、優しさを忘れなければ希望の低い恋も叶うもんなんだなと思ってしまいました。先生も心に壁があってクール過ぎるクールなのに、どんどん癒されていく姿も優しさに溢れる感情が出てくる姿も見てて微笑ましく思えました。周りのスタッフもなんだかんだ協力してくれて応援してくれるナースステーションの雰囲気もとても良かったと思います。2人の恋をみまもってゆっくり恋が育っていくのを素敵に描かれていたし、相手の事を想う素晴らしさも感じる事が出来るドラマだと思いました。
30代女性

この作品はとても面白く話題になっていた作品でした。また佐藤健さんがドSの設定で普段は見せない姿がとても新鮮でした。しかし最初はなかなか違和感があります。ですが見ていると慣れていきむしろカッコよく感じていきます。また白石萌音ちゃんも初めてドラマでお見掛けしましたが演技が上手で演じているように見えないほどでした。役者だけでなく内容もとても面白いです。とにかく毎回ドキドキさせられます。内容はとても王道なよくある恋愛ドラマですが恋愛要素だけでなくその人の成長にも着目しているのでとても考えさせられます。辛い時期やミスをして落ち込むことも多い中でそれを乗り越えようとする本人の意思とそれを手助けしてくれる人が大切だと感じました。頑張れと応援したくなるような内容に次を見るのが楽しみで仕方ありませんでした。
20代男性

恋した相手にまっすぐ向かっていくひたむきな勇者ちゃん(上白石萌音)と、佐藤健演じるクールで有能ながら、過去に愛する女性を失くしたつらい過去を持つ魔王こと天堂の好対照なカップルがなんといっても見どころだと思います。最初は勇者・佐倉七瀬の一方的な片思いかと思いきや、実は天童先生の方も気があるんじゃないかと視聴者も気づいたところからは、特にキュンキュン具合が止まりません。二人を囲むバイプレイヤー陣も見事で、七瀬の同期で冷静沈着、仕事ができるナースに吉川愛、ムードメーカーとして現場を盛り上げる看護師役に漫才コンビのミキ・昂生もこれが地なんじゃないか?という名演技で魅せてくれました。ナースになる夢を叶えながら自分の恋もついには叶える七瀬には感動し、勇気を与えられました。
50代女性

勇者ちゃんの一途さと「魔王」の不器用さに、まさに悶えてしまうようなドラマでした。2人とも、タイプは違いますがとにかく可愛らしいのです。結ばれるまでは「早くくっつけ」と願い、結ばれてからも「幸せになって」と願い、ひたすら応援したくなりました。また、周りのキャラクターも、何かと癖は強いものの良い人ばかり。特に誰かと恋愛へ向かおうとするキャラは、やはり応援したくなりました。ラブコメではありますが、医療部分の描き方はかなりきちんとしていて、全てが綺麗にハッピーエンド、ではなかったのも高評価でした。そのおかげで、ストーリーの深みが増したように感じます。そして、テレビという動画媒体だからこそできる表現を、上手く使っていたと思います。例えば、時々勇者ちゃんが本当に勇者の格好になっていたのは、面白かったです。観ていて幸せになる、素敵な作品でした。
20代女性

誰もが叶わない恋と思っていましたが、まさに勇者の大勝利と言えるほどのラブストーリーでした。七瀬ちゃんが看護師を頑張る姿もとっても素敵でこんなナースがいてくれたらな。と思うほどでした。また、イケメンハイスペックの天堂先生も、初めはつめたいなぁ。と思いましたが、患者さん想いで周りをよく見ていて惚れ惚れしてしまいました。さらに二人の恋愛が加速していくと一つ一つの行動や言葉がキュンと胸をさすほどでした。その中でも七瀬さんが留学から帰ってきて、天堂先生と再会するシーンは抱き合いクルクル回って、本当に幸せそうで、見ているこちらもにやけてしまいました。こんなに甘いラブストーリーはなかなかないのでラブストーリー代表作品だと感じます
30代女性

佐倉が天堂と一緒にデートしていたのは、キュンキュンが止まらなかったです。アイスを食べたり観覧車に乗ったり、本当に見ているだけで幸せが溢れていました。天堂もどこか佐倉のことを好きになっているのが印象的です。また佐倉の地元まで、天堂が迎えに来たところはドキドキしました。佐倉のことを思って来たのは、本当に胸キュンしました。佐倉の家族が二人のことが気になって、ずっと隙間から覗いていたのは笑えました。そこまでして二人のことを見ていたいのも、なんだかほっこりしました。天堂が佐倉のことを求めていくところも、見ていてドキドキしました。二人の気持ちが重なっていく瞬間がたくさんあって、見ていてとにかく癒されました。
20代女性

佐藤健演じる天堂先生のツンデレにとにかくキュンキュンしました。普段はクールなのに、七瀬の前で甘えたり優しくするシーンが特にお気に入りです。七瀬の一生懸命働く様子にもキュンとします。応援したくなる女の子、という感じで天堂先生ともお似合いでした。恋愛ドラマですが、医療シーンも本格的で、患者さんとのやりとりなど感動するシーンもたくさんあります。七瀬が大変な目に遭った時に天堂先生がずっとそばにいて、2人で支え合っているのが印象的でした。他の登場人物も個性豊かで面白い人ばかりで、笑えるシーンもたくさんあります。1話の中でいろんな感情になれて楽しいドラマだと思います。今から続編に期待する面白いドラマでした。
20代女性

このドラマは天堂の俺様でクールな雰囲気が、見ていてドキドキしました。そんな中で佐倉は一生懸命新人ナースとして、日々奮闘していたのが印象的です。佐倉は天堂にどんなことを言われても、めげないで頑張っていく姿が良かったです。何があっても看護師として、患者さんに寄り添っていくのは素敵です。佐倉が笑顔でやさしく患者さんと話しているのは、安心感がありました。また佐倉が天堂のことを、日に日に好きになっていくのが可愛かったです。天堂のそばにいたり、天堂のことを見つめる眼差しが恋する乙女だなと感じます。天堂も普段はどこかキリッとしているけど、子供たちに対してはやさしくて穏やかなところはギャップがあって良かったです。
20代女性

ドラマ化が発表される前に原作の漫画を少し読んでいため、主人公の佐倉七瀬役が上白石萌音さんだと知った時、原作のイメージに合わないという気持ちが先に立ちました。そして期待せずに第1回目を見たのですが、ドラマは原作漫画とは少しテイストが違うものの、ドラマ単体として単純に面白く、惹き込まれるようないい方向にアレンジされていました。結局最初から最後まで、リアルタイムで視聴するほど楽しみになったドラマです。そして最初は女優らしさより普通さした感じなかった萌音さんの親しみやすいルックスや七瀬の行動が、回を増す毎に身近に感じられるようになり、主人公に感情移入していけるようになる展開は見事だと思いました。また萌音さんの相手役として、佐藤健さんが仕事に厳しい医師として登場するのですが、彼のエピソードやカッコよさがリアルさと非現実感のギリギリを突いており、脚本や演出やスタッフの方々の手腕にも感服しました。回を見るごとに夢中になれるドラマで、時間をかけずにどんどんと一気に見ていくのがオススメです。
50代女性

毎回胸キュンの展開がたまらなかったです。上白石萌音演じる七瀬と佐藤健演じる天童のやりとりを見ていると幸せな気持ちになりました。天童は基本ツンデレですが、七瀬と二人の時は甘いやりとりになるのが印象的でした。七瀬が口にしたままのパンを天童が食べるシーン、ジェンガをしているときの天童の不意打ちのキス、そして一番好きなのは地元に帰った七瀬を天童が追いかけてきて不意に後ろから抱きしめるシーンでした。このシーンには胸キュンが止まりません。放送が終了してからも録画を何度も見直すほどお気に入りのシーンです。胸キュンしたいときにはぜひとも観たい作品です。ラブストーリー作品の中でもダントツの胸キュンを味わえると思います。
30代女性

主人公のききちゃんになりきってドラマをみていました。片想いをしていた頃の懐かしい気持ちを思い出しました。ききちゃんの表情、言葉、仕草。とても可愛かったです。社長をやめてコンビニでアルバイトをしている元社長が、カメラ目線で「お弁当あたためますか?」と言ったシーンはもうキュンキュンしました。そして、コンビニスイーツを見る目が変わった気がします。商品化されるには沢山の苦労と思いがあるのですね。ドラマにでてくるスイーツ全部食べたい(笑)社長やまこっちゃんの男心。コンビニ店長さんの優しさ。異性の心の動きもとても参考になりました。あとは、SEKAI NO OWARIの主題歌。絶妙なタイミングで良き雰囲気で流れてきて最高でした。
40代女性

天堂先生のドSキャラがたまりません。ドSな天堂先生がたまに見せる微笑みや七瀬ちゃんだけに見せる表情に終始ドキドキしっぱなしでした。佐藤健さんってドSキャラがぴったりですね。冷たい目で突き放す様はまさに魔王。そして白衣姿も、黒のタートルネックもめちゃくちゃ決まっていて佐藤健ファンにとってはたまりませんでした。そして勇者、七瀬ちゃんのひたむきな恋心にも心を動かされました。初恋の人を追いかけて同じ職場に就職し、何度突っぱねられても諦めないその心意気はまさに勇者。そんな2人がお互いに一途に想いあうところがたまりません。そしてシーズンの後半からでてくる2人の甘々な絡みも目が離せません。勇者に自分を重ね合わせてキャーキャー言ってました。
20代女性

佐藤健さん演じる天堂先生から発せられる言葉が毒舌ばかりですが、言って欲しいと思えるぐらいキュンキュンしてしまいました。また、上白石萌音さん演じる佐倉があまりにもお人好しで心配になりますが、観ていてほのぼのとするぐらい役にハマっていました。タイトルの通り、医療要素はほとんどでてきませんが、人としてのあり方や繋がり、信頼し合う関係、医者として看護師としての決意が描かれているので面白さがありました。最終章で天堂先生と佐倉が事故で怪我した人たちを救護していたシーン、救護を終えたあと佐倉が倒れてしまうシーンは緊迫感があってはらはらドキドキしてしまいました。空港で佐倉が天堂先生に向かってバーカと言い放ったシーンは胸キュンしました。
20代女性

主人公の七瀬が視聴者目線のキャラクターなところが感情移入しやすくて良かったです。最初は憧れの天堂先生に再び会うために看護師になるものの全く相手にされず、それでも諦めずに積極的な七瀬を応援したくなりました。冷たかった天堂先生が徐々に七瀬へ好意を抱き、上から目線で七瀬へ近付く姿にドキドキしました。みんなの前で自分の彼女だと突然告げたり、七瀬になりたいと思うシーンがたくさんありました。強引だけど一途な天堂先生は本当にかっこよくて、七瀬の失敗を辛口ながらも優しく慰めるシーンが特に好きです。いつのまにか天堂先生の方が七瀬のことを大好きになっていて、七瀬が旅立つ時に自分からキスをするシーンは最高に良かったです。
20代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました