おちょやん 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-nextポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

おちょやん全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-nextポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

おちょやん 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 竹井千代
    杉咲花
  • 竹井千代(子ども時代)
    毎田暖乃
  • 竹井テルヲ
    トータス松本
  • 竹井栗子
    宮澤エマ
  • 竹井ヨシヲ
    荒田陽向
  • 天海一平
    成田凌
  • 天海一平(子ども時代)
    中須翔真
  • 須賀廼家千之助
    星田英利
  • 天海天海
    茂山宗

(C)NHK

あらすじ

明治の末、大阪の南河内の
貧しい家に生まれたヒロイン、
竹井千代は小学校にも
満足に通わせてもらうことができず、
9歳のときに、道頓堀の芝居茶屋に
女中奉公に出される。

そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。

彼女は女優を志し、
芝居の世界に飛び込んでいく。

そして、京都の映画撮影所などを経て、
大阪で新しく生まれた
「鶴亀家庭劇」に参加する。

そこで、喜劇界のプリンス、
天海一平と出会い、結婚。

喜劇女優として少しずつ成長していく。

千代は一平と二人三脚で
理想の喜劇を目指して奮闘するが、
戦争が始まり、道頓堀は空襲を受け戦後、
劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、
結婚生活は破綻。

彼女は芝居の世界から去ってしまう。

しかし、ラジオドラマへの
出演をきっかけに、女優として
不死鳥のように復活する。

そのラジオドラマで、
12人の子どもを抱える母親役を演じた。

大家族をめぐる泣き笑いのドラマは
大きな反響を呼び、 10年にわたる
人気番組となった。

そして、彼女は
「大阪のお母さん」として
絶大な人気を獲得し、
名実ともに上方を代表する
女優となっていく。

ライターコメント

話のテンポが良く、毎回次回が見たくなる内容で終わるので、毎日楽しみにしています。そして秦基博さんが歌う主題歌の泣き笑いのエピソードがとても心地よく、毎回オープニングも楽しみにしています。毎週何回か涙を誘うシーンがありますし、笑える部分もあって、とても魅力的なドラマだと思います。中でも千代が借金のかたに入れられるとは知らずに、久々に再会できた父親を信じて喜ぶシーンは胸がくるしくなりました。役柄ですが、トータス松本さんが嫌いになりそうなくらい入れ込んで見てしまいました。そして、千代を思い助ける岡安の人々のあたたかさ、乞食のおじさん達の活躍、何よりご寮さんがかっこよく先週は泣きっぱなしでした。千代がこれからどうやって役者の道に進んでいくのか楽しみです。
30代女性

第1週、2週は、主人公千代の子ども時代を演じた毎田暖乃ちゃんの演技力が光りました。主人公の子ども時代にしてはやけに存在感があり、目力が強くよくしゃべる役回りでしたが、見事に演じ切り、存在感を残しました。千代が成長してからは杉咲花にバトンタッチ、こちらは見慣れた安定の演技力で落ち着いてみることができました。ともに成長した天海一平役の成田凌もNHK枠にはまり、千代とのこれからも関わっていくであろう役柄を好演していました。千代の父親役のトータス松本のダメ父ぶりも堂に入っていて、はまり役だと思いました。他には芝居茶屋「岡安」の女将を演じる篠原涼子は、トレンディドラマの姉御肌を着物姿で演じているような感じで、肝っ玉が据わっていてスカッとしました。
50代女性

トータス松本演じるテルヲが子供たちよりも後妻を大事にするなどとにかく悪い父親で最初は嫌なキャラクターでしたが、あまりにもダメダメで悪い父親過ぎて最後にはちょっと憎めないキャラクターになっていました。一方で、篠原涼子演じる女将さんがテルヲとは正反対で男前でかっこよかったです。借金取りの前でも見えを切る姿は素敵で、家族や従業員たちへの厳しくも優しい姿はよかったです。特に子供のころに追い出した千栄子が実は帰る家がないことを知ったエピソードにグッとくるものがありました。そして、ヒロインの千栄子を演じた杉咲花が可愛いです。これまで現代劇しか見たことがなかったのですが、髪型や着物姿すごく似合っていました。
30代男性

ヒロインの千代の人生から目が離せない作品でした。大阪の貧しい家の出身ですが、そこからの展開がとても素敵でした。奉公先で芝居女優になりたいという夢を見つけ、念願の芝居の世界に入ります。初回から「うちは、かわいそやない」と言う千代は前向きな性格です。貧しいからと夢をあきらめない千代を見ていると、夢に踏み出す勇気をもらえる気がしました。後に空襲があり、彼女は芝居の世界からいなくなります。しかしラジオドラマで返り咲きます。千代が出演したラジオドラマは長年の人気を誇る番組となったのは感動しました。千代の役者として生きたいという気持ちが終始感じられた作品でした。千代の歩んだ人生には思わず胸が熱くなるはずです。
30代女性

貧しかった子供時代のおちょやんの学校にも行けず家事を弟を見ながらやっているところが時代ドラマの普通かなと思っていたら父親を蹴り?ながら怒鳴りながらの行動がおもしろかった。奉公に行くときに父親に言った捨てられたんじゃない捨てたんやがグッときた。岡安に雇ってもらう時の読み書き出来ませんのセリフがグッときて泣いてしまった。みんなでおちょやんを逃がしてくれた事。おちょやんの父親の借金をみんなで払ってくれた事。クソ父親が今までにないくらいクソすぎて嫌いになったくらい。トータス松本の演技が上手いと思った。岡安の娘の理解があることに驚いた。おちょやん子役が上手だった。またどこかで見たい。ともかく良かった。
50代男性

主人公のちよがとても明るく、前向きな性格なので見ていてとても楽しいです。笑いの中にも真剣なシーンがあり、とても引き込まれる作品だと思います。幼い頃の話は辛くて切ないなと思うことも多いですが、ちよが全てを吹き飛ばしてくれるので気持ちよく見ることご出来ます。岡安のみんなも最初はちよに冷たく当たるのに、最後はみんなが協力してちよを逃がしてあげるところに感動し、とても暖かな気持ちにさせられました。ごりょうさんがちよをホントに大切に思っているのもとてもよくわかり涙が出るほど感動しました。ちよがこれからどんな風に生きていくのか、また一平とはどうにかなるかなど気になるところが多いのでこれからの展開がとても楽しみな作品です。
30代女性

とにかく勇気が貰えます。最近はなかなか暗い雰囲気がある世の中で明るく前を向こうという気にさせてくれます。貧しく厳しい中にも輝くものがあり強く生きる主人公に環境に負けない気高さを感じられます。まだまだ話はこれからですが彼女が今の現状からどのようにして華やかな女優という道で生きて行くのか今から楽しみでなりません。まさに貧しい環境から華やかな環境への成り上がりの代表作のようなストーリーになると思うので今から目が離せません。また私は本作の言葉、一生一回自分が本当に好きなことをやるべきよという言葉に心を打たれました。この言葉は現代に生きる人も心に刺さるところはあるのではないでしょうか。周りのことを思うことも大切なことですが時には自分のためにやりたいことを貫いても良いのではないのかと思わせてくれます。
20代男性

天海一平くんがとんでもなくかっこよくて惚れ惚れしました。千代ちゃんに対して軽口を叩いてみせる割には腹の底ではめちゃくちゃ気にかけているところが表情から窺えてキュンキュンせざるをえなかったです。飲み屋でテルヲと対峙してきっぱり言ってやったシーンは最高でした。こんな男前な親友がいる千代ちゃんのことが心底羨ましくなってしまいました。道頓堀から去る千代ちゃんを橋の上から見送る一平くんが素敵でした。自分は寂しくなんかないぞみたいな空気を出していたけれど実際はそんなわけないだろうなと思えてついつい笑ってしまいました。長い付き合いだから多くを語らなくてもお互いのことを理解している感じが観ていてたまらなかったです。幼少期の一平くんの生意気さも好きだったけれどすっかり大人になって色気まで出せるようになった一平くんはもっと魅力的でより一層好きになりました。
20代女性

シズさんが昔の想い人に会いに行ってその帰りを待っている時の旦那さんの落ち着きのない姿がなんとも可愛らしくて微笑ましかったです。いざ帰ってきたらあたかも気にしてなどいなかった風を装って強がるところがまた最高でした。名倉潤さんの元々ある内面の優しさが外見に零れるように溢れ出ていて、演技も含めて本当に素晴らしい人だなと思いました。そして、シズさんを後押ししてくれた千代ちゃんナイスだなと思いました。ともすれば一生すれ違ったままだったかもしれない2人を繋いでくれたわけだから千代ちゃん凄いです。あの後シズさんが千代ちゃんをまっすぐ見据えてお礼を言うシーンがグッときました。また、いつ如何なる時でも毅然としているシズさんがめちゃくちゃ好きだと思いました。
20代女性

ドラマ初日の、芝居の口上とその後のドタバタのオープニングに度肝を抜かれて、朝ドラファンとしては吉と出るか凶と出るか、どちらに転ぶか心配でしたが、本編がスタートしてからの子役のちよちゃんが芝居上手で、目力があって、すんなりと話に入っていけました。トータス松本演じるクソ親父テルヲも、ハチャメチャなダメっぷりで、普段トータスファンの私なのに、ほんとに憎たらしい!このクソ親父に今後もちよちゃんが悩まされるのでしょうね…。クソ親父にも親心が残ってるのを祈ってやみません。年明けからは京都編が始まりますが、機転がきいて肝の座った健気なちよちゃんが、今後どんな人生を歩んでいくか、どんな女優さんになるのか。脇を固める役者さんも芸達者揃い。テンポの良さと、コテコテっとした笑いあり涙ありの関西らしいドラマを楽しみにしています。
50代女性

これまでにないほどどうしようもない困った父親をもった主人公・千代があまりにもかわいそうで、それでも前向きに自分の境遇を受け入れる彼女と周りの人たちの温かさがとても素敵で、心温まる物語です。千代の笑顔は100万ドルの笑顔と言っても過言ではないくらい可愛くて見ている者を幸せにしてくれます。常に一生懸命な彼女を支えた一人でもある奉公先の先代女将のハナはやさしくて凛としていて憧れる女性です。千代を甘やかせることはないですが、そばでいつも見守ってくれた一人で、彼女がいたからこそ千代は奉公先で頑張れたのだと思います。そんな彼女の元から旅立つことになった千代が、今後どのように女優の道を歩みだすのか、そして天海一座の一平とはどのような再会を果たすのか楽しみです。
30代女性

いよいよ千代が年季明けで岡安を出るべきか悩んでいるところに再びテルヲが現れました。性懲りもせずにまた借金をこさえて千代をだまして売り飛ばそうとまでしていました。本当にどうしようもないくらいに腹が立ちます。自分は酒を飲んで働かず、汗水たらして働いている千代にたかろうとするなんて父親のすることではありません。家族に逃げられるのも当然です。千代が断ると今度は借金取りが岡安に押しかけて嫌がらせをしました。本当にやり方が汚いです。なんでこんなに頑張っている千代の足を引っ張ろうとするのか分かりません。明るい千代が悲しんでいる姿を見てかわいそうになりました。結果的にはシズや道頓堀の人たちが借金を肩代わりして千代を逃がしてくれました。血のつながりはありませんが岡安の人たちが千代の本当の家族ですね。次回、新天地での千代がどうなるのかが楽しみです。幸せになってほしいですね。
40代女性

「おちょやん」は「大阪のお母さん」として親しまれ、松竹新喜劇で活躍した上方女優・浪花千栄子さんをモデルにした朝ドラで、吉本興業に所属しているお笑い芸人の方々や吉本・松竹両新喜劇で活躍されている役者の方々、また関西出身の方も数多くキャストに名を連ねており、ヒロイン役を務めている杉咲花さんは東京都出身とは思えない程ネイティブに関西弁を話されていて、さすが演技力に定評のある女優さんだなという印象を受けた。作品全体としては時折ホロリとさせる場面も織り交ぜつつ、まるで一つの新喜劇の作品を見ているように感じていて、また桂吉弥さんが黒衣という立場で遠慮なく登場人物にツッコミを入れているのもこれまでの朝ドラではあまり無かったように記憶していて、毎回面白く拝見しています。
30代女性

子役時代の弟思いだけど大人に対しても物怖じしない男勝りな千代ちゃんが奉公へ行く時、「私は捨てられたんじゃない。家族を捨てたんだ」と言い残すところが子供ながらにカッコよかったです。奉公先でも自分には帰る場所がないと必死に働く姿には胸を打たれました。大人になった千代の前に借金を増やしてどうしようもなくなった父親が現われ、千代が迷った挙句ついに身売りをする当日岡安のみんなが協力して千代を遠くへ逃がしたシーンはスカッとしました。大阪が舞台の朝ドラらしく、大きくなった千代が出てくるであろうシーン、弟のヨシオかもしれないというシーンに吉本興業の芸人さんがオチで出てくるところはさすがで笑いあり涙ありのドラマ。今後の展開も楽しみです。
40代女性

8年経った後の千代ちゃんの快活ぶりが観ていてめちゃくちゃ気持ちが良くて最高でした。口が達者なのは相変わらずで軽口を叩かれても返しが上手いから感心してしまいました。特にライバル茶屋の三人娘を言い負かしてやったシーンは本当に見事でした。あんなに小さい体でも臆面なく言い返せる度胸があって素晴らしいなと思いました。岡安の人たちの優しさがいちいち身に滲みました。千代ちゃんのことを心底大事に思っていることがありあり伝わってきて胸が熱くなりました。テルオの借金をめぐって千代ちゃんがピンチになった時に岡安のにならず道頓堀全体が一丸となって助けようとしてくれたのが1番良かったです。シズさんの「帰ってくる場所は岡安」というなんとも温かい優しい言葉に胸がいっぱいになりました。
20代女性



本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました