岸辺露伴は動かない 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-nextポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

岸辺露伴は動かない 全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-nextポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

岸辺露伴は動かない 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

岸辺露伴(高橋一生)

泉京香(飯豊まりえ)

一究(柴崎楓雅)

志士十五(森山未來)

片平真依(瀧内公美)

平井太郎(中村倫也)

(C)NHK/ピクス

あらすじ

コミックス100巻以上、
累計発行部数は1億部を超える、
荒木飛呂彦原作の漫画
「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ。

「スタンド」と呼ばれる能力を持った
登場人物たちが繰り広げるバトルアクション、
そしてホラーやサスペンスの要素がつまった
独特の世界観に基づく物語は、老若男女問わず、
日本のみならず世界的にも
幅広い支持を得ており、
日本の漫画文化を代表する作品の1つです。

その大ヒットシリーズから派生したのが、
このドラマの原作となる
「岸辺露伴は動かない」シリーズ。

ちょっと風変わりで、
リアリティを何よりも重んじる
漫画家の岸辺露伴が、取材先で遭遇する
奇妙なできごとの数々をホラー風に描く作品です。

そして、主人公・岸辺露伴を演じるのは、
自らも露伴のファンだという俳優の高橋一生。

相棒となる女性編集者・泉京香とともに、
露伴が人知を超えた事件や事象に挑む姿を描きます。

各話紹介

第1話「富豪村」

周囲から隔絶された山奥に
豪邸が立ち並ぶ「富豪村」。

所有者はいずれも
各界で成功した大富豪ばかりで、
20代でこの村の土地を所有して
成功しているという。

ただし、ある条件をクリアしないと
買うことが許されないらしい。

真偽を確かめるべく露伴(高橋一生)は、
編集者の泉京香(飯豊まりえ)と共に
富豪村に赴く。

そこで課されたのは奇妙な試験だった。

それは「マナー」。

マナーに寛容はない。

「正しい」か「正しくない」か…。

原作漫画の大ファンなので、この作品が実写化されると聞いた時は驚きと共にとても楽しみにしていました。実際に第一話を見て、すごく面白かったですし、ドラマとしてかなり質の高い作品になっていました。まず岸辺露伴役の高橋一生さんの演技がとても素晴らしくて、あの強烈個性のある岸辺露伴を見事に演じ切っていました。顔も少し似ているので、岸辺露伴役として原作のイメージも損なわず、ハマっていたと思います。ヘブンズドアのスタンド能力の演出がどうなるのかも期待していましたが、その描写も良くて、スタンド能力が見事に再現されていました。ストーリーのテンポや俳優陣の演技も皆さん見事で、第二話以降もかなり期待できる仕上がりでしたので、全て見たいと思います。
40代男性

岸辺露伴という独特な世界観を持った漫画家に対して、負けず劣らずの個性を放つ担当編集者の泉京香との会話は上手く出来ているようでいてズレている絶妙さが面白く、この2人の会話だけで1時間のドラマ展開にしても楽しめる気がしました。京香が持ち込んだ富豪村に興味が全くなかった露伴なのに、京香の説明の仕方が上手く露伴が引き寄せられていく展開が笑えてしまい、主導権が露伴から京香へと移っている巧みさは可愛らしい笑顔と服装をしているのに予想以上に小悪魔な感じを受けてしまいました。富豪村で2人を出迎えて案内人の一究のマナーは正しいか正しくないかという部分には納得できましたが、対峙した露伴のもてなす側が客人を不愉快にさせない事と話した所がマナーとして一番大事に感じられ、最後まで子供の一究に大人の客人を対応させた売り主こそがマナーがなってないなと思いました。ただ、相手の人生を読めてしまう露伴ながらヤバい一究の心理に気付かずに追い込まれ腕が動かない状況の時にはヒヤヒヤさせられ、個性的過ぎる髪型や衣装からギャグ的なドラマと予想していましたが、濃厚な内容に大満足で久しぶりに俳優の演技力の凄さを堪能できた傑作だと思いました。
30代男性

第一回目の出だしからひきつけられるシーンでした。「岸辺露伴の作品を好きだった、と過去形にするのは何事だ」と空き巣に迫ったシーンはこのシリーズが奇抜で難解な作品だという予感を持たせました。それを引き立たせるような露伴担当の新人編集者の泉京香のピントが外れたようで、的を射るような発言や行動も面白かったです。特に今回のエピソード「富豪村」について友人の太郎から得たヒントで露伴にストーリーのネタとして提供しながら、富豪村の変な「マナー」づくめのやり取りで真っ先に卒倒するところなどは笑いを誘いました。そして、「マナー」を試そうとする一休と露伴のやり取りは見ものでした。敷居を踏んでしまい倒れ込む一休の頭の中を読んでしまう「ヘブンズドアー」と畳み込むような露伴のセリフは、見ていて臨場感を感じ、そしてドキドキしました。禁則の村の秘密を見破った露伴は見事でした。どちらかというとミステリーのジャンルに入るのでしょうが、心地よい笑いもあり、露伴のシャープさがよかったです。
40代女性


第2話「くしゃがら」

露伴は同僚の漫画家・志士十五から
奇妙な相談を受ける。

担当編集者から「くしゃがら」
という言葉は使用禁止だと言われたのだ。

しかしネットにもどんな辞書にも
意味は載っていない。

使うなと言われると使いたい。

だが意味を知らないと使えない。

「好奇心」の魔物にむしばまれ、
十五は心身に異常をきたす。

露伴が彼を「本」にすると
そこには袋とじページが。

袋とじの中に何かが蠢(うごめ)いていて…。

原作漫画を読まない状態でドラマを見たため、登場人物たちの素性も知りませんでした。しかしドラマを見始めると、最初からよく練られたセリフ回しのおかげでキャラクターがすぐにわかり、ほどなくその世界観に入りこむことができます。内容は「くしゃがら」という言葉にまつわる好奇心を巡る物語で、少々シュールな展開が続いてきます。しかし、その不思議で怪しいストーリーの中に埋め込まれた、人間の好奇心や知りたいという欲に突き動かされた人々の狂気の描写が見事で、とても惹き込まれました。特に、岸辺露伴役の高橋一生さんと志士十五役の森山未來さんが繰り広げる、丁々発止のやりとりが見どころ。オカルトめいた原作漫画の実写化というハードルの高さをいとも簡単に乗り越えた、お二人の熱のこもった熱演がとても良かったです。
40代女性

独特な行動と言動を放っている岸辺露伴ながら品の良さが感じられて担当編集者の泉京香も軽いながらも品がある雰囲気の所に、品という言葉に程遠い野性味の溢れる雰囲気を纏った志士十五が現れる展開が面白く、露伴と十五は対照的な存在なのに何処と無く似ているように思えてしまう個性派な所に類は友を呼ぶという言葉が適切だなと思いました。オープンテラスでの2人の会話が噛み合わないのにテンポ良くポンポンと飛び交う言葉が心地よく、座ったままの場面なのに惹き付けられたのは2人の演技力の凄さだなと感じました。謎の言葉のくしゃがらに取り付かれた十五と惹き付けられ危ない域に入っている事を自覚している露伴という微妙な違いがあった事で上手く事を収める展開が斬新でしたが、記憶を無くした十五の元に禁止用語の資料が残っていただけに再び見てしまうのではとヒヤヒヤさせられましたが、十五の性格のアッサリさで直ぐに捨ててしまう行動に爆笑と共にホッとさせられ、感染症と同じように興味というモノも人に感染していく様がよくわかる内容は現実社会のウイルス問題の不用意に歩き回る事の危険性を示し指摘していたのかなと社会派な所を感じました。
30代男性

初回に引き続き、夢中になる内容でした。露伴の同業者の十五が禁止用語リストの「くしゃがら」という言葉に取り憑かれるというもので、取り憑かれた十五には恐怖を感じました。やつれた様子の十五は露伴に対して激怒し、また露伴も怒って十五を殴るシーンは衝撃的でした。露伴は十五を何とかしようとヘブンズドアーを発動しますが、ヘブンズドアーに読めない範囲があったという展開には驚きでした。しかし露伴のとっさの判断によって無事に十五は助かります。これには心からほっとしました。普段わからない言葉に出会うとつい気になってしまう私にとって、不思議な言葉に出会っても言葉の意味を追求しすぎてはいけないという結びは少し怖かったです。
30代女性


第3話「D.N.A」

京香から彼女が付き合っている
写真家の平井太郎の記憶喪失を、
“催眠術”で探って欲しいと頼まれた露伴。

太郎は、著名な写真家だったが、
6年前に交通事故にあい、
一命は取り留めたが、
完全な社会復帰に至っていなかった。

露伴が京香に太郎を紹介され
話しているところに、
バギーに女の子を乗せた片平真依が通りかかる。

すれ違い様バギーの奥から
娘・真央の手が伸び太郎の裾を掴み、
太郎を転倒させてしまう。

その瞬間、露伴はシェードの奥から見つめる
真央の目に異変を感じていた。

3日連続続いたドラマ『岸辺露伴は動かない』の最終話です。第一話、第二話がちょっと不気味な、ややホラーよりの内容だったので、第三話もそんな感じを出してくるのかなと思いきや…とても心暖まるお話で、少しびっくりしました(笑)ある一つの家庭の女の子が無意識に父親の縁を探り当てた謎を岸辺露伴が解くという、曇りひとつない優しい物語でしたが、ちょいとひねくれた性格である岸辺露伴のキャラクターもきちんと貫かれて描かれていて面白かったです。一話一話、切り離された作品なのかなと思っていたら、全話を通して謎を抱えて登場する人物がおり、三話目でちゃんとその謎が明かされて、面白かったです。ロリータ風を意識したのか、女の子「真央ちゃん」の衣装もとても可愛くて…。少し可哀想かな、と思ったのは、岸辺露伴の担当者である「泉鏡花」さん。言い方は悪いですが、彼氏を寝取られた形になってしまったので…。それでも前向きである泉さんの姿はかっこいいなと思いましたけどね。
30代女性

お人形さんのように可愛らしい衣装と2つの眼が違う色をしている真央の雰囲気はメルヘンそのものながら話す言葉がわからない上に、異様に回りを気にした動きを見せる母親の挙動不審な姿から幼い真央ながらトンでもない不幸を呼ぶ力があると考えさせられてしまいましたが、母親の考え方がダメだったとはビックリさせられ、太郎が真央の話す言葉をすぐに理解していた謎も不思議でどんな結末に向かうのか全く検討もつきませんでした。真央がやたらと太郎に近付いた理由が父親の遺伝子を感じて親近感から掛けていった理由がわかった時の感動的な気持ちにさせる構成の巧みさに感心させられ、露伴が能力を使って本にしてしまった時の真央と母親に太郎が立体的になる絵本で繋がる温かなメルヘンには癒されてしまい、奇抜な露伴が主人公なのに感動的に物語になるとは驚くばかりで、本になった編集者の京香は薄っぺらい雑誌程度の人生という笑いを入れている絶妙さも素晴らしく、良いドラマを見せて貰ったなと感じるだけに是非とも連続ドラマとして続編の放送を期待しています。
30代男性

番宣を見て気になったので、第1話から第3話まで連続して見ました。主人公の岸辺露伴と担当編集者の泉との掛け合いが毎回面白かったです。見どころは、やはり、「ヘヴンズ・ドア」の掛け声とともに、記憶が本になるところでした。特に第3話では、これまでのように人間の顔にページが張り付くのではなく、人間の姿が消えて、一冊の本になるというところがよかったです。記憶を本にして読むというこの発想はこれまで見たことがなく新鮮でしたし、作者はとても本が好きなんだなとも感じられました。個人的には、担当編集者の泉がどんなに邪険にされてもめげず、どんなことにもあっけらかんと立ち向かっていくところが好きです。とりあげるテーマも思わぬもので、その上、話の展開が見ている人を飽きさせず、とても面白いドラマでした。ぜひ、続編を制作してほしいと思いました。
60代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました