孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル~俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!~

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

孤独のグルメ 2020大晦日スペシャルドラマPV&公式YouTube動画

孤独のグルメ 2020年大晦日スペシャル~俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!~ 12月31日(木)夜10時放送 テレビ東京

孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (井之頭五郎)
    松重豊

あらすじ・解説

12月29日。

輸入雑貨商の井之頭五郎(松重豊)に
「大晦日のシークレット打ち上げ花火大会を仕切ってほしい」
という無謀な代役依頼が舞い込む。

初めは無理だと断るが、押し切られてしまい…。

翌日、昼は主催者・森田康介(大倉孝二)と
会うために向かった虎ノ門の西洋料理店、
夜は花火師・丸山仁志(高橋克実)との
打ち合わせで訪れた川崎市の焼肉店、
大晦日は秩父で出会った中華料理店へ。

五郎の胃袋を満たすメニューとは?

そして無事、大役を果たすことができるのか!?


ライターコメント

これで4年めとなった、孤独のグルメの大晦日スペシャル番組です。毎年裏番組の歌合戦をチラチラ観ながら、チャンネルを時々替えて視聴しています。 松重豊さん扮する井之頭五郎が様々な町に仕事で立ち寄った際に、フラッと入るその町の食堂のグルメをうまそうに食べるんですが、とてもシンプルでどうっていうことのないストーリーなのに、ついつい見てしまいます。 今回のスペシャルは新型コロナウイル感染拡大のなか、特に深刻な打撃を受けている飲食業界を応援するという大きな意味もあると思います。立ち寄る飲食店は虎ノ門、川崎、秩父のようですが、毎年恒例の午前0時元旦の時をどこからそして何を食べるのかをライブで放送されるのかとても楽しみにしています。 
60代男性

電話で恩着せがまし言葉をやんわりと話してくる岡田の魂胆がイヤらしく感じましたが、世話になった恩を忘れない五郎の個人商を営む心得もあるとは思いますが仕事仲間で顔見知りだからと顔を会わせないままに引き受ける優しさが仇となってしまい、まさかの五郎が花火師見習いの免許まで貰う立場になる騙しに合うとはビックリながら引き受けたからにはと頑張る心意気が素晴らしく、やる気と共に腹が減るという五郎らしさをどんな時にも失わない姿勢は見習うべきだなと思いました。五郎が頼んだ料理の品々のチョイスの仕方が巧みでテレビ画面一杯に映るだけで空腹感が増していき、打ち上げ花火が成功した後のエビ天年越し蕎麦を美味しそうに食べている五郎たちの姿を見た瞬間、既に年越し蕎麦を食べ終えていたのにもう一杯とカップ麺の蕎麦を食べる事になり、五郎のなんでも美味しそうに食べてしまう食欲は食テロの言葉がピッタリで影響力は絶大だなと改めて思い知らされました。
30代男性

おじさんがご飯を食べているだけなのに、いつもついつい見てしまう。今回も色んな途中で色んな物を食べていましたが、カレーだったり焼肉だったり、割と定番な感じのテイストを選んでいたのがよかったです。カレー屋さんでは、何種類かセットになっている物をナンで食べて最後にライスと他のカレーをチョイスしたりして「やっぱりライスだな」とモノローグが入る。ツウっぽくて素敵なセリフでした。焼肉屋さんでもそのお店独自というか珍しい食べ方やお肉を紹介していましたが、何と言ってもお肉を焼いた時の香ばしそうな感じがたまりませんでした。他にも、旭川の定食屋さんなどにも行っていたのですが料理はもちろん、旭川の人たちの暖かさというか優しさというか、穏やかさが伝わってくる描写も、見ていて幸せに感じました。今年もたくさん美味しいご飯食べに行くのかなぁと期待しています。
30代女性

孤独のグルメの全シーズンを見ているくらいのファンです。今回はコロナ禍に入っての初めての孤独のグルメだったので食事シーンの形式が変わってしまうのかなど心配でしたが、店員さんはマウスガードをし、五郎さんはマスクをしている以外は従来の通りで安心しました。今までのシーズンにもあったのですが今回の放送にもあった五郎さんが焼肉を食べるシーン、あのシーンを見ると誰でも焼肉が食べたくなること間違いなしです!また今回も店員さんやお客さんの会話がいい意味でドラマらしくない孤独のグルメらしい人情味が出ていてよかったです。私自身孤独のグルメのロケ地巡りが趣味なので、今回出た焼肉屋さんと洋食屋さんには早速行ってみたいと思いました。
20代女性

今年も五郎さんが色々なお店にフラっと立ち寄って、食べることを思いっきり楽しんでいる姿が良かったです。また最後にはスペシャルにふさわしい演出として生放送で五郎さんが花火を上げるという展開には驚きましたが、とても綺麗な花火が真っ暗な夜空に打ちあがり、良い大晦日の一夜を飾ってくれて、感動ししました。また五郎さんが食べていたお店の中でも、最後にランチで食べた餃子屋さんが印象的でした。餃子の安さや、ご飯にきくらげと卵炒めをドバっとかけて、モリモリ食べている姿を見て、私もお腹が空いてきました。また、母と子の何気ない会話や、常連のお客さんとの笑顔でのやり取りには癒されましたし、下町の中華料理店ならではの味のあるものだと感じました。
30代女性

番組スタートはしびれる辛さの辛いよの中国家庭料理楊の汁なし担々麺からでした。Season1の辛いよの汁なし担々麺です。西洋料理平五郎で井乃頭五郎が食す海老フライにカニクリームコロッケのタルタル星人に高菜でご飯の味変させ、平五郎で五郎が食し、孤独のグルメ恒例の一人焼肉、塩カルビにヒレ肉にコムタンに夜に焼肉を食べるシーンを見るのは厳しいです。見ていて食べたくなります。肉やご飯をかきこむシーンだけでも美味しく感じます。ラストはお値打ちな中華料理屋さんの餃子にチャーハンにムースーローにさらにご飯のおかわりに、再度店に入りラーメンを注文し餃子にチャーハンにラーメンの中華の王道を極めます。ご飯を食す時のお馴染みのバックミュージックも勢いが付きまさに孤独のグルメです。最後に何気に久住昌之さんも出演しています。見ていてお腹が減りビールが飲みたくなる番組です。
50代男性

美味しそうに食べる松重さんにはまりよく見ています。また松重さんが行くお店は実在するお店なので美味しそうなお店をチェックして今度行きたいなぁと思いながら毎回見ています。コロナ渦なので最近はいけていませんが。今回は秩父のギョウザ店が気になりました。昔ながらな趣のあるお店で注文を受けてから皮を伸ばし餡を包むジューシーな餃子を私も食べてみたくなりました。しかも安すぎるので絶対に行ってみたいです。そして生放送の花火がとっても素敵でした。今年は花火大会に行けなかったので1年の最後に花火を見れて感慨深かったです。しかし俺の食事には密はないとは言え、この状況なので控えたほうが良いシーンがいくつかあったのが気になりました。でも楽しかったです。
40代女性

仕事納めとして急に入った花火を上げる手はずをつけるという、本来の五郎から見れば専門外の仕事の話でした。リモートで下半身だけジャージというのはわりとありふれたリモートあるあるですが、やはり鉄板で面白かったです。始めの担々麺はわりと大人し目だと思いましたが、洋食屋での牡蠣づくしから相変わらずの鉄の胃袋ぶりを見せてくれるのが良かったです。「元気になったら腹がへる」は結構良い言葉な気がします。その後の焼き肉は原作でもあった火力発電所のパロディも見れました。最後は花火の打ち上げも祖父の引退も延期ということになりましたが、そのあとでまさかのラーメン食べ忘れとは恐れ入りました。今回は食べませんでしたが、爆肉がなんだったのかとても気になります。
30代男性

待っていました久々の五郎さん。大晦日スペシャルでお腹いっぱい。西洋料理では漬物が美味しそう。和洋折衷ですね。何となく良い食べ合わせ。タルタリストのフレーズ大好きです。2軒目は焼き肉店。本当にお肉が好きなんですね。美味しそうに食べます。やはり若者のような食べっぷりは顕在。お肉がお供だとご飯が進みます。野菜が足りないようで少し心配です。3軒目は中華料理。3軒上手く織り交ぜましたね。餃子とチャーハンはという定番できたかと思った。ほぼほぼ間違いない組み合わせ。そこにムースーローを合わせてみました的な感じかな。きくらげは良いアクセントです。ここでもお決まりご飯乗せ。行儀は悪いけどやりたくなっちゃいますよね。五郎さんならここでもう1品行って欲しかったけど時間の都合かな。花火は番組的にやりたかったのかな。五郎さんはなぜ怒らないのって思ってしまった。もう少し長い時間やって欲しかった。お腹いっぱいにならなかった。やっぱり新しいシーズンやって欲しいです。
50代男性

主人公の井之頭五郎がシークレット花火大会を仕切ることになりますが、果たしてうまくいくのかが気になります。今年はコロナ禍で密を避けるため場所を明かさない花火が打ち上げられていましたが、今年に寄り添ったストーリーになっているなと感じました。コロナ禍に生きる視聴者は親しみやすいでしょう。大会主催者との食事では虎ノ門の西洋料理店、花火師との打ち合わせには川崎市の焼肉店が登場しているようですが、五郎の食べっぷりや心の声はどんなものになるのか気になります。毎回おもしろみのあるストーリー展開と美味しそうな料理の登場が見どころです。これまでに放送されたものはいずれも見飽きないものだったため、今回も楽しい内容を期待しています。
30代女性

ドラマのタイトルに新型コロナウイルスで有名な言葉になった密が入っている所が面白く、今年のウイルスに翻弄された内容も取り入れているドラマパートで主人公の井之頭五郎も個人で輸入雑貨を営んでいるだけに収入が得られない苦境に陥った状況で世の中を振り返り、五郎がこよなく愛する食を通じて様々な飲食店の苦境を伝えながら、美味しい料理の数々を披露して五郎が至福の時を堪能する姿を画面一杯で見せて、経済の活性化にも繋げようとする今年最後となった大晦日に最大級の食テロを起こしてしまうドラマなのかなと想像が膨らんでいます。もしかすると輸入雑貨では収入が得られない五郎が仕事の繋がりで出会った人物と協力して全国の人々の落ち込んだ気持ちを晴れやかにするために花火を各地で上げるサプライズを実際にやってしまう内容もあるのではと期待が上がりっぱなしです。
30代男性

輸入雑貨商を営んでいる主人公は、大晦日に花火を打ち上げてほしいという依頼を受け、主催者と打ち合わせを行います。そして、その打ち合わせの過程でいろいろな飲食店を巡っていく内容となっています。今回は東京都の虎ノ門、神奈川県の川崎、埼玉県の秩父が舞台となっており、首都圏にて主人公がグルメを味わっていきます。食事シーンに関してはこのドラマの最大の醍醐味と言え、やはりみどころでしょう。ただ、今回に関しては主人公が依頼された花火に関してもみどころと評価できるはずです。大晦日に無事に綺麗な花火を打ち上げることができるのか?そういった部分も非常に楽しみですし、主人公の仕事ぶりという部分にも注目ができそうだなと思えてきます。
30代男性

もうこの番組も大晦日恒例ですね。今回は輸入雑貨商を営む五郎さんが何故か花火イベントを仕切るハメになると言う。今までと全く畑違いの仕事だけに何があったんだ五郎さんって感じですね。今回は舞台が東京、埼玉、神奈川だけに放送後に行けるチャンス大ありだから尚更楽しみ。今回西洋料理に中華料理更に焼き肉の登場なので五郎さんが一体どんなチョイスをするのか楽しみですね。まぁ基本五郎さんは外しませんがね。それと食した時の感想。あの心の声が好きだな。声に発しないだけに余計に重みと説得力を感じるんですよね。あと美味しいものを食べた時の五郎さんの表情は最高ですね。見ているこちら側も思わず生ツバごっくんってしてしまうような。
40代男性

この作品はseason1から全部観ています。と言っても、最初は深夜枠でやっているのを知らなかったからDVDをレンタルして観ました。深夜枠の頃、ワサビ丼の回を初めて観た時の衝撃的な感じは今でも覚えてたあます。普通のサラリーマンぽい人が、おかか御飯にワサビを摺って混ぜて食べたらとても美味しいから、同じ物をまた頼んでペロッと食べてしまう。ただ黙って食べている姿を心の声のナレーション的な解説を聞いた時のあるある感が凄く共感出来たので、それからファンになりました。原作の漫画と松重豊の井之頭五郎が少し違う感じがじすが、寡黙に食べる感じは良く出ていると思います。大晦日の特番も毎年観ていますが、今年はどんな展開なのか非常に気になります。孤独の花火?どんな花火なんだ?まあ、食べる方はサラリーマンなら誰でも一人で食事をする事はあるし、そんな時は大抵黙って食べていますし、心の中では色んな感想を考えていたりしますから非常に共感しています。今年の最後はどんな物を食べて、どんな心の声が聞けるのか、楽しみにしています。
40代男性

孤独のグルメがまた大晦日に見れるなんて、重松豊演じる井之頭五郎に会えるなんてとても嬉しいです。しかも、このコロナ禍で一番打撃を受けたと言っても良い飲食業界に向けた応援を込めているとなると見ないわけにはいけません。俺の食事に密はないというタイトルにも入っているセリフですが、確かに五郎はいつも一人で黙々と食事を楽しんでいるので今年の、これからの外食スタイルを象徴しているのかもしれません。確か五郎はインテリア関係の仕事をしていた方思うのですが、何故か今回は花火師という設定も興味津々です。なぜ五郎が花火師なのかどんな成り行きでそうなったのか楽しみです。そしてどんなグルメを堪能するのか自由に気ままに食と向き合う五郎が見たいです。
40代女性


孤独のグルメ 関連作品



本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました