あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。あの花 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
FODプレミアム」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

【フジテレビの動画が豊富!】
しかも独占タイトルが5,000本以上!
フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、
過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の
独占タイトルを配信しています。
それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など
様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!
あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

  【動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!】
FRIDAYやFLASHなど100誌以上の
人気雑誌が読み放題で15万冊以上の
コミックも楽しむ事が出来ます。
期間限定で無料で読めるコミックもあります。  

【最大1200ポイントプレゼントキャンペーン実施中!】
FODプレミアム会員限定で、
合計最大1200ポイント(1200円分)プレゼント!
8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ます。
最新作などの映画視聴には
500ポイント必要ですが、
ドラマやアニメ以外にも映画も
無料で見れちゃいます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信
u-next31日間無料
hulu×14日間無料

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。あの花 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

ひきこもりのじんたんの前に現れた、
幼なじみ・めんま。

一体彼女は何のために現れたのか、
かつての仲間たち“超平和バスターズ”の面々は、
その謎に向き合っていく。

それぞれに後悔を抱え、
別々の道を歩んでいた彼らが、
かつてのように集まり始め…。


涙線崩壊間違いなしの心温まるアニメですね。超平和バスターズと呼ばれる幼馴染の6人組の集まりを見ていると自分の少年時代のことを思い出すし社会人になると皆で集まって遊ぶ機会がすごく減るのでまた昔のように幼馴染達で集まって遊びたいって思わせてくれるアニメ。じんたんと呼ばれてる主人公のめんまに対する思いがとにかく一途だし他のメンバーも個性があって素敵で皆すごく仲良さげで見ていてほっこりします。特に印象的だったシーンといえばかくれんぼでめんまを見つけようとめんまの反応を求め五人が一斉にもういいかい!って必至に叫び続けていたシーンだった。こんなに絆が強くて仲良し同士の6人組は人間関係希薄になりがちな現代に何か感じさせてくれるものであり正直羨ましいと思った。
40代男性

仲良しの6人は一人の女の子めんまが事故で亡くなったことから疎遠になるも、後に亡くなった彼女が成長して現れ、また6人が集まるという展開が素敵でした。めんまが現れたことがきっかけでまた6人で集まることができ、登場人物の中でも彼女の存在は際立っていました。作中では幼なじみが絆を取り戻していく様子がとても気に入っています。めんまはじんたんにあるお願い事をします。このお願いがきっかけでバラバラだったみんなが絆をだんだんと取り戻していくのには心が熱くなります。めんまはやがていなくなりますが、彼女によって幼なじみが熱い絆で結ばれたことに感動しました。素敵なきっかけをくれた彼女の存在とみんなの絆がよく光っていた作品でした。
30代女性

とても感動して、涙が止まらなかったです。死んだはずの幼馴染が幽霊として現れるというフィクション要素の強い作品かと思いきや、登場人物それぞれの感情がノンフィクション的にとても詳細に描かれていることで、感情移入することができ、それが感動につながったのだと思います。また、作品を通して誰しもが経験するような日常の風景や秩父の街並みが描かれており、懐かしい気持ちで見通すことができました。そして、感動する場面で流れるsecret baseがとてつもなく涙を誘います。私が一番好きなシーンは、やはりめんまが成仏するシーンです。めんまからの手紙によって、みんながめんまからの気持ちを素直に受け入れて、乗り越えようとする姿と、本当は甘えたいけど、いつまでもいるとこみんなが前に進めない現状を受け入れて、成仏をするめんまの強さを涙無しで見ることができませんでした。優しい気持ちになりたい時にとてもおすすめの作品です。
20代男性

あの花はゆきあつ役の櫻井孝宏さんが出ているので見始めました。思春期特有の悩みを持つアニメなのかなと思っていたらまさかのファンタジー要素満点で、更にかわいらしいイラストだったのでまさかめんまが亡くなっているとは思わず驚きました。子供の時に川の事故で幼なじみが亡くなるというのは生きてる仲間たちは心にずっと傷を負って生きていくのだと思いました。わたしの目当てのゆきあつは爽やかな少年だけど自分のせいでめんまが死んだと思っており誰しもが驚いてしまう行動に出ます。正体がバレてしまった時は見ているこちらもドキドキしてしまいました。ゆきあつのした事はあまり理解はできないと思いましたが、彼の自責の念を思うと仕方がないのかなとも思いました。最終回に向けてはとにかく涙が止まりません。
30代女性

何回見ても泣ける色褪せない作品です。泣けるアニメと検索したら必ずといってもいいぐらいランクインする作品です。内容としては、昔不慮の事故で死んでしまった幼馴染みの女の子がある日主人公だけに見えるようになったことで、昔の4人組が再び集結しその女の子がどうやったら成仏できるか試行錯誤を凝らす青春を描いたお話しです。問答無用で涙を強制的に流さざるを得ない、泣かせにきてることがわかっているのに泣いてしまうアニメです。一方で使われている音楽もよく、昔のドラマ『キッズウォー』で使われていたsecret base~君がくれたもの~ がカバーされており、また良いシーンで流れるので大変泣けますし、また懐かしい気持ちにもなれます。
30代男性

超平和バスターズの中で最も好きだったのが、あなるでした。昔も今もずっとじんたんを想い続けているのが私の心に刺さりました。表向きはあんなやつ気にもしてないからね、みたいに振舞っているのに内心はめちゃくちゃ心配して気にかけていて、なんて微笑ましくて可愛いのだろうと思いにやにやが止まりませんでした。じんたんからはビッチ呼ばわれされても内面はその欠片もない純度100%の乙女なのがたまらなかったです。めんまに嫉妬してしまう気持ちも同じ女性として本当によく理解できたし同じように胸が痛くなったけれど、私だったらあなるのように自分の行いを後悔することは無いと思いました。ライバルが減ってラッキー、としか思わない気がしました。だから、いつまで経っても自責の念に縛られているあなるは根っからのお人好しで優しい人間なのだとしみじみ思いました。
20代女性

主要キャラクターの超平和バスターズではなく、私の記憶に深く刻まれたのは、じんたんの父親でした。世間一般から見たらおそらく彼は低評価をくだされるだろうけれど、私にとって彼は父親としてだけでなく一人の人間として間違いなく素晴らしかったと思いました。めんまを亡くして以降荒廃していくじんたんを決して責めることなくじんたんをただただ見守ってくれていて、心の奥底から温かいものが湧き上がってくる感覚を覚えました。急かしたってなんの得にならないことをきっと悟っていて、だからあえてじんたんには自分の好きなようにさせていたのだと私は勝手に解釈しています。すっかり変わった息子を前にしても腫れ物を扱うような態度は一切しない、あくまでも普通にごく自然体で接しているのが凄く好ましかったです。
20代女性

とにかくこのアニメは主人公のメンマ(本間芽衣子)が可愛すぎるのが1番の魅力です。ただラーメンを食べているだけの時も、一生懸命蒸しパンを作っている時も、お笑い芸人のですよの真似をしている時も全てのメンマ(本間芽衣子)が可愛いです。ストーリーもとても見応えがあり、子供から大人へ成長していく登場人物達の心境の変化や、素直になれないもどかしさなど自分の昔を思い出しながら感情移入出来るのも作品の魅力でした。中でも1番の心に残っているシーンは最後の手紙のシーンです。ジンタンへの手紙は涙無しでは語れません。3回ほどアニメを見返しておりますが何度観ても号泣してしまいます。また、秩父を舞台にしているのでアニメが苦手な方でもドラマを楽しんでいる感覚で視聴できるのもこの作品も魅力だと思います。
30代女性

最後にみんなでかくれんぼをするシーンがこのアニメの1番の感動を生んだ印象的なシーンだと思いました。めんまとの別れが近づいていることを全員が分かっていて悲しいはずなのに、涙を浮かべながらも精一杯の笑顔でめんまとの最後の時間を過ごしている姿が最高でした。私まで涙が溢れて止まらなくなってほとんど画面なんて見えなくなってしまいました。めんまから一人一人に宛てた手紙が本当に温かくて優しくて、めんまがみんなから好かれる理由がよく分かりました。こんなにいい子が亡くなってしまったことを改めて残念に思いました。でも、こうやって超平和バスターズがまた全員集合して昔とは少し違うけれどそれでも一緒になにかするようになったのは素晴らしい以外の何ものでもないと思いました。
20代女性

友人が大ファンで強く勧めてくれたので見てみることにしたのですが、思っていた何倍もクオリティが高いアニメで愕きました。今平凡ではあっても生きられていることに感謝して、それがかけがえのないことだと自覚して毎日を過ごしていこうと思えました。視聴者がよりストーリーに入り込みやすいように工夫して登場人物の心理描写が丁寧に描かれているような気がしました。最終回は特に印象的で、切なさと感動のあまり涙が止まらなかったのを強く覚えています。曲の使い方も素晴らしく良かったです。個人的にはこの作品のキャラクターや背景の描き方、キャラクターの動きなどのアニメーションが大好きなので、これから何度もリピートすること間違いないアニメ作品です。
20代女性

この作品は、本当に涙無しでは見れない感動作だと思います。子供の頃に負った、それぞれの傷と向き合いながら乗り越えていく主人公達に沢山の勇気をもらいました。物語の終盤、主人公じんたんと皆が、めんまを巡り子供の頃にそれぞれ秘めていた想いを打ち明けるシーンが、とても好きです。あの時本当はこう思っていた、実はそうだったんだとお互いに、すれ違っていたものが少しずつ噛み合っていく感覚が、暖かくて心に染みました。言葉にしなければ伝わらないことがたくさんあるのだと教えられた作品です。そして、ラストは本当に涙が止まりませんでした。やっとめんまの願い事が叶ってみんなに見つけてもらえて良かったねと感動しました。作品の内容も良かったですが、何より声優さんの演技が本当に素晴らしくて、こちらも引き込まれてしまいました。私としては、一度は見てほしいおすすめの作品です。
20代女性

言わずと知れた名作です。脚本家が女性なのでキャラクターの細かい心情や心理の変化を見ている側に伝わりやすく感情を揺さぶって来ます。このアニメを見て考えさせられる事も多く涙無しでは見れませんでした。話としては幼い頃のトラウマや忘れたくても忘れられない出来事をもう一度立ち向かい必死に足掻いて過去の自分や自分に関わった周りの人間を認めて主人公だけでなく皆で成長していく話だと思いました。脚本も素晴らしいのですが演出がとても上手かったです。所々で感動するシーンがあるのですが曲の入るタイミングが完璧で、ここでそれ流すのは反則でしょと何度も思いました。何とも無い日常のギャグを混ぜた会話、感動するシーンなど笑いあり泣きありの最高のアニメでした。
20代男性

今作品は、幼少期に出会い結成した「超平和バスターズ」の6人が、そのうち一人の本間芽衣子(めんま)の事故死によって、6人の絆が崩壊し各々が高校生になってからの物語です。主人公宿海仁太(じんたん)は亡くなったはずのめんまが幽霊として見聞きできようにな状態になり、高校生に入学するも不登校になってしまう。そんな主人公を同高校幼馴染の安城鳴子(あなる)が見た目高校デビューでギャル化してしまうも、心根は全く変わらず心配し続ける。めんまに恋していた松雪集(ゆきあつ)の異常な行動やゆきあつを裏表のギャップがある心配の仕方をする鶴見知利子(つるこ)の心情表現。久川鉄道(ぽっぽ)の自由奔放かつしっかりした思い、5人がめんまへのそれぞれの思いに締め付けられつつ、葛藤、対峙、感情表現の多様さからゆきあつの変態の本当の意味など、まだ見ていない人にはただの恋物語ではないので、是非見てほしいアニメ作品です。
30代男性

アニメのなかでも一番大好きな物語です。メンマとじんたんのあわい恋が涙を誘います。そして、それぞれの片思いや両思いが織りなす人生模様が、とても心に響きます。メンマの突然の死で、平和バスターズの絆が消滅しかけます。時間の経過があって、再びその絆の再生のためにメンマが生き霊として現れます。彼女の願いをじんたんが叶えようと奮闘する姿はとてもいじらしい。やがて、彼女のために平和バスターズが仲良く団結して行くくだりは秀逸で涙ぐましい。メンマの願いが叶うと、彼女は成仏します。このエンディングは最高の見せ場であり、号泣は必須です。メンマと、バスターズの皆、特にじんたんの深い思いは、いまだに忘れられません。こんな素晴らしいアニメに出会えて、感謝しかありません。
60代男性

各キャラクターのめんまに対して、また自分や他の友人に対しての懺悔や嫉妬、その思いへの葛藤を観続けて迎える最終回には涙が止まりません。是非最初から最後まで観てほしい作品です。紆余曲折を経て違う進路からまた集まる幼馴染のメンバーたちが自分の思いをみんなに打ち明けるシーンは、その年代だからこその苦しさが痛いほどわかり、胸が苦しくなります。また一夏の限定された期間でのストーリーであり、少し田舎を感じさせる街並みもまた美しい世界観を描いており、高校生のキャラクターたちを引き立たせています。最終回の結末で描かれるシーンも、それまでと登場人物たちの過程と美しいアニメーションが際立ちます。涙なしでは観られない最終回ですが、観終わった後は悲しさではなくすっきりとした、爽やかな気分になれる不思議な作品になっています。
20代女性



本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました