プラスティック・メモリーズ 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

プラスティック・メモリーズ アニメ PV&公式YouTube動画

プラスティック・メモリーズ アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

プラスティック・メモリーズ アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (水柿ツカサ)
    内匠靖明
  • (アイラ)
    雨宮天
  • (絹島ミチル)
    赤崎千夏
  • (ザック)
    矢作紗友里
  • (桑ノ実カヅキ)
    豊口めぐみ
  • (コンスタンス)
    日野聡
  • (シェリー)
    愛美
  • (海松すみれ)
    上坂すみれ
  • (山野辺タカオ)
    飛田展男
  • (土器レン)
    拝真之介

<STAFF>

  • 監督
    藤原佳幸
  • 原作
    林直孝
  • アニメーション制作
    動画工房
  • キャラクターデザイン
    中島千明
  • 音楽
    横山克
  • 総作画監督
    菊池愛
    中島千明
  • キャラクター原案
    okiura

©MAGES./Project PM

あらすじ

TVアニメ「プラスティック・メモリーズ」PV第3弾

水柿ツカサは親のツテで心を持った
人型のアンドロイド「ギフティア」を
製造する世界的大企業SAI社で働くことに。

だが配属されたのは、
寿命を迎えるギフティアを回収する窓際部署。

しかも、お茶汲み係のギフティア・アイラと
コンビを組むことになり…。

ライターコメント

「あのはな」や「クラナド」などと並んで、泣けるアニメとして必ず名前が上がる作品です。話の筋としてはよくある難病モノと同じく、寿命が分かってしまっている少女と青年が限られた時間の中で関係を気づいていくというものです。しかし、この作品が個性的なのはその少女が「ギフティア」と呼ばれる人造人間だということ。一見するとこの作品は、ただ儚い絆の尊さを描いたものに見えますが、もう少し深読みしてみると原作者のさらなるSF的な教養の深さを読み取れると思います。タイトルの「プラスティック・メモリーズ」のとおり、機械であるヒロインアイラと積み上げた思い出というのは、果たして本当に生きた思い出と言えるのか。それともただの無機質な作り物なのではないだろうか。一昔前のハードコアSFにも通じるような哲学的な問をも秘めており、見る人によって様々な感情を残させるよくできた名作だと思います。
30代男性

見えないものを見えるようにするとこうも変わるんだなと思いました。ここでの見えないものというのは人の死ぬ時です。「プラスティック・メモリーズ」におけるアンドロイドは死期が決定しています。つまり、いつ死ぬかがわかった状態でいかにその相手と関わっていくかがテーマとなります。私は相手がいつか死にいなくなることに目を瞑り人と関わっています。そのため、人に酷い扱いをしたり、蔑ろに扱ったりということがありますが、その人との別れを意識として持つことができれば、人に辛くあたるというようなことはなくなり、大事に扱えるようになるだろうと思いました。なかなか人との別れを常に意識することは難しいですが、これからはこの作品で感じたことを胸に、関わっている人を大事にしていきたいと思うようになりました。
20代男性

生きているということについて考えさせられる良い作品です。人を含む全ての生き物は、当然ですが生まれながらにして死ぬことが決定しています。それがいつかは神のみぞ知る事柄です。「プラスティック・メモリーズ」で登場するアンドロイドについても死ぬ、つまり機能を終えることは決定しており、生き物と同じです。しかし、決定的に異なるのは死期が決定しており、そして死をもたらすのは製作者つまり人間だということ。死ぬまでの時間が決まっている、死が目に見えている状態でいかに生きているという状態に価値を見出すか、言い換えればどのように価値を作っていくかそして、何を想い相手に死をもたらすかがテーマとなります。終わることが決まっているという生物としての宿命を抱えた自分の人生をいかに価値あるものにするかを考えさせられました。
20代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました