引っ越し大名! 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

引っ越し大名! PV&公式YouTube動画

映画『引っ越し大名!』予告90秒 8月30日(金)荷造り開始!

引っ越し大名!全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
ポイント利用視聴
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
ポイント利用視聴
月額990円(税込)

引っ越し大名! 動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

(片桐春之介)
星野源
(鷹村源右衛門)
高橋一生
(於蘭)
高畑充希
(仲田小兵衛)
山内圭哉
(佐島竜五郎)
正名僕蔵
ピエール瀧
(高橋四郎)
飯尾和樹
(田中衆三郎)
和田聰宏
(和泉屋新吉)
岡山天音

<STAFF>

監督
犬童一心
原作
土橋章宏
脚本
土橋章宏

©2019「引っ越し大名!」製作委員会

あらすじ

映画『引っ越し大名!』予告60秒 8月30日(金)荷造り開始!

江戸時代の姫路藩。

書庫にこもって本を読んでばかりの
引きこもり侍・片桐春之介は、
突然引っ越し奉行に任命される。

突然の大役に怖じ気づく春之助は、
幼馴染みで武芸の達人・鷹村源右衛門や
前任の引っ越し奉行の娘である
於蘭に助けを借りることに。

ライターコメント

引っ越し大名を見た理由はただ単純に星野源が出るからという理由でした、この話自体が、主人公のキャラが星野源の昔(中学生時代)を思い起こさせ、読書に浸っていた趣味が大名になった時の様々な困難にぶち当たった時に、人が持っていない知識が役に立つという成功ストーリーになっていて、個性が認められている部分に共感しました。源さんの無理やり何かに抜擢されたり、事件に巻き込まれたりという映画でのお約束もありつつ、高橋一生の面白さやカッコよさも随所にちりばめられつつ、安心してみていられる映画でした。やり遂げた達成感を味わえて、お蔵入りの役立たず扱いだった源さんの自己肯定感も上がったでしょうし、めでたしめでたしです。高橋一生の立ち回りはさすがだなと思いました。
40代女性

星野源さんが好きなのでまず見てみようと思いました。原作の小説も事前に読んでいたのですが、それにも忠実に、でも映像化したことでさらにストーリーに広がりが出た内容になったのではないかと感じました。それぞれの登場人物の個性やキャラクターがより際立ち、生き生きと描かれていました。星野さん演じる春之介が頼りない男性だったところから周りの人との衝突、苦悩を通じてどんどん男性らしくしっかりしていく様が見事でした。本当に顔つきや動き一つとっても別人のようでした。高畑充希さん演じる於蘭とのやり取りもとても好きです、於蘭のほうが初めのうちは頼りになるのですが、その関係性すら春之介の成長で変わっていくところが見終わったあとに感動につながりました。キャストの皆さんのチームワークも感じられた作品でした。温かい気持ちになれました。
40代女性

タイトルからではどんな映画なのか分からなかったですが、いざ観てみると実話ベースとは思えないぐらい、スタートからエンディングまでコメディー要素満載で笑いっぱなしでした。また、星野源さん、高橋一生さん、濱田岳さんの三人のトリオが面白く、それぞれの配役がマッチしていました。ストーリーはただ面白いだけでなく、生きていれば困難や壁にぶつかることもあるかもしれない、それでも仲間がいるから頑張ることができ、乗り越えることができるというメッセージがヒシヒシと伝わってきました。ストーリーは淡々としつつも、何も考えずに楽しんで学べる映画なので、若い人から高齢の方まで楽しめる娯楽時代劇作品になっています。
20代女性

楽しい時代劇です。星野源と高橋一生と濱田岳のトリオが面白いです。特に高橋一生さんが意外な役どころだったので自分の中で印象が変わったかもしれません。大名の引っ越しはとても大変な一大事業ですね。幕府の命令一つで多大な負担を背負ってでもやらなければならないなんて、武家社会の厳しさと、それを支えるために多くの年貢を納めさせられている農民たちがいることまで思いが飛びました。陰謀渦巻く悪者がいたけどハッピーエンドになって良かった。お帰りなさいませ、のセリフが、良いお殿様だなーと思えて心に残りました。また、美しい田園風景も印象的でした。長い年月をかけて地道に毎年同じような作業に打ち込んでここまで作り込んだ田園を失うのは惜しいという気持ちもわかる気がします。
40代男性

江戸時代には、領土の変更で引っ越しをすることは数多くあったと思います。その引っ越しをお金の面で描くといった新しい試みが新鮮でした。特に大名の年収が意外に高くて、上場企業の社長の給料クラスではないかと驚きました。そして、戦が好きな者はお金の勘定が苦手だと思っていましたが、まさにその通りで、経理係が嘆く日本の会社を見ている様で楽しかったです。そんなお金ばかりの内容だけではなく、非常なリストラを行い、最終的には立て直し、リストラした部下達を迎えに行くという感動的な内容もあり笑いだけではなく、ストーリーとしてしっかり練りこまれている所が見ごたえとして十分でした。最後に、主演の星野源さんが適任でまさに会計とかしてた武士にいそうという所が最高でした。
30代男性

歴史絡みの映画は私の足りない頭ではとても楽しめないだろうと思っていたのに、めちゃくちゃ面白くて心底楽しむことができて驚きました。正直、減封なんて聞いたことないなとか今の会話はどういう意味なのかしら?と理解が及ばないことも度々あったけれど、完全に理解していなくても問題なく観られるので、歴史知識の浅い小学生でもこの映画は楽しめるのではないかと思いました。そして、なんと言ってもキャスト陣の豪華さがたまらなかったです。主演の星野源さんに高橋一生さんに及川光博さんと私が好きな俳優さんばかりでただただ幸せでした。星野源さんは歌手としてよりも俳優として演技している方が圧倒的に好きなのでスクリーンの大画面で星野源さんの素晴らしい演技が拝めて嬉しかったです。最高に満たされました。
20代女性

星野源さん演じる春之助の人柄に魅力を感じました。引っ越しするにあたっては藩士全員を養っていけないと解雇することになりますが、春之助の言動にはあたたかさを感じました。春之助は藩士たちに石高が戻ったら迎えに来るから開墾しながら待っていてほしいと頼みます。さらに書庫によく本を借りにきていた山里殿も藩士たちのまとめ役として置いていきますが、彼にも迎えに来る約束をしていました。リストラされると藩士たちは不安になると思います。しかしまた迎えにくるという春之助の言葉は心強かったのではないでしょうか。春之助は最初は引越しについて何もわからずちょっと頼りない感じでしたが、ストーリーが進むにつれてたくましく思えてきました。作中の春之助の言動にはぜひ注目してほしいです。
30代女性

コメディー要素たっぷりのとても面白い映画でした。引越しという身近なテーマで親しみを持て、ストーリーにすぐに入り込んでしまいました。笑いあり、涙ありの終始楽しめる作品になっていて、あっという間に見終わってしまいました。キャストもとても豪華で、実力派の俳優陣が出演していました。実在の人物をモデルにしている所も面白く、親しみを持てました。主演の星野源さんの演技がとても上手で、役もはまっていて、ストーリーに入り込みやすかったです。ハラハラドキドキするシーンが多く終始どうなるか予想がつかず、どんどん見進めてしまいました。何度も見返したくなるような映画で、とにかく笑いたいという方におすすめの作品だと思います。
10代女性

ユーモア溢れるストーリーで、とても面白かったです。引越しというテーマで、どこか身近に感じられる部分があり、終始ストーリーに引き込まれていました。ポップな感じの演出がよく、テンポよく話が進んでいき、あっという間に見終わってしまいました。思いやりや真面目さが最終的に、みんなの信頼を得て周りにも良い影響を与えるというメッセージ性があり、とても素敵な映画でした。キャストもとても豪華で、その中でも、主演の星野源さんが本当に演技が上手で、ハマり役で、作品の良さを存分に引き出していました。個性豊かな登場人物も見どころの一つです。笑いだけではなく最後は感動的な部分もあり、終始楽しめ、もう一度観たくなるような映画でした。
10代女性

荷物も人も減らさなければならないなんてすごく大変なのに、春之助はうまくやったなと思いました。特に、姫路に置いていく人を農民にして土地を豊かにさせておくなんてすごくいい考えです。彼は今まで、人との関わりが苦手で、本ばかり読んでいたってことだけど、やっぱ書物は役に立つんだなあって感じでした。星野源さんがとてもキュートに移っていたし、笑いもあって、とても楽しい時代劇でした。高橋一生さんは時代劇の醍醐味である戦いシーンもあってよかったです。なぎなたがまた似合いますよ、高橋さんは。また、濱田岳やミッチーなんかも出ているし、キャストからしてポップでした。時代劇はあまり見てきませんでしたが、これを機に他のも見たくなりました。
30代女性

引っ越しは今でも大変だけど、この時代はほんとに大変だろうなと思います。政府も、この大名を弱らせようとかそういうことで配置換えしたりするから、たちが悪いし、かわいそうでした。その引っ越しのリーダーにされたのは書庫番でそんなに目立たない立場の人がやらされているのがよかったです。片桐を演じている星野源さんはおとなしそうだけど、人好きする感じだし、彼ならうまくやってくれそうとみていて思いました。彼の友達で彼にその仕事を押し付けた鷹村を演じたのは高橋一生だし、なんか若い女性に人気の人が主役だなと思います。かくいう私も、2人にまんまとやられちゃいました。あと、ミッチーとかも出ていたし、キャストがいい映画でした。
30代女性

歴史好きには名高い「引越し大名」こと松平直矩の家中が巻き込まれる大騒動。普通は一回でも転封されたら破産状態。これを複数回こなした家臣たち天晴れです。一番の見ものは主演の星野源演じる片桐です。書庫の奥にジメッと棲息していたのが一転、第抜擢の引越し奉行(と言うより、過酷すぎて成り手がいない!)に文字通り引きずり出される下りが楽しい。引きずり出したのは、親友?の鷹村(高橋一生)です。豪快というか考え無しの好人物でお家の家宝「御手杵の槍」を振り回すシーンは見せ場の一つです。もう一人片桐を支えるのは、前回の引越し奉行の娘、於蘭です。指南の内容が大胆ですごい。断捨離を超えてます!引越しとは戦である、片付けとは捨てるという事である、などなど。これらに揉まれて成長していく片桐が、どんどん魅力的になっていきます。ラストではすっかり頼もしくなった姿が見られます!
40代女性

書庫にこもりっきりの「引きこもり侍」が、国替えの総責任者として「引っ越し奉行」に任命されるという設定からもう面白かったです。時代劇であるのに、引きこもり、リストラ、パワハラ、ダメ上司など、現代社会が抱える働き方や生き方の問題に通じるものがたくさんありました。気弱で頼りない引きこもり侍という役が星野源さんにとてもハマっていて、その表情や仕草には思わず笑ってしまう場面もありました。その春之介が周りの人たちの力を借りながら成長していく姿には胸が熱くなり、いつの時代も人の心を動かすのは「思いやり」や「真心」なんだなと感じました。この引っ越しは荷物だけでなく人々の思いも一緒に運び、最後には温かいものが胸に残る素敵な作品でした。
30代女性

コメディー作品で、面白かったです。歴史の話もたくさん出てきて、勉強にもなりました。キャストの方々も豪華で、特に高橋一生さんの演技はすごかったです。今までの印象とは違くて、豪快にふざけるシーンは良くて新鮮でした。ほかのキャストも個性的で見てて飽きませんでした。本作は、コメディーなのにBL要素やミュージカル要素まであって最後まで楽しめました。また、物語のラストでは感動しました。笑いもあり、涙もありでスッキリしました。主演の星野源さん演じる片桐と周りの人たちの絆も描かれていて、とても見ごたえがありました。高畑充希さんの歌唱シーンは、すごくきれいな歌声で映画館で聴けて嬉しかったです。また見たい作品になりました。
20代女性

星野源さんのほのぼのとした魅力と、やるときはやるだけの才能と行動力全開の映画で、視聴後すっきりとした爽快感がありました。星野さん演じる片桐春之助は、本の虫ともいえる書庫番を務め、国替えさえなければ平和に暮らしていたのでしょう。しかし、引っ越し大名に任じられ、今までやったことのない仕事だし、藩の思惑やら人間関係やら権力争いやらお金に絡む問題などに怒涛のように巻き込まれ、苦労を経験しながらも力自慢の友達やお金に詳しい勘定頭などの協力を得て、課題を解決していく様は、感動でした。片桐春之助は、一見頼りないようですが、自分にできないところは得意な人に任せ、チームで前に進んでいくリーダーだと思いました。
60代女性



本ページの情報は
2020年12月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました