怪病医ラムネ 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

怪病医ラムネアニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ『怪病医ラムネ』第1弾PV

怪病医ラムネ アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

怪病医ラムネ アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

心に棲みつく怪異を暴く!“怪”医療ファンタジー!

あらすじ

TVアニメ『怪病医ラムネ』第2弾PV【1月9日(土)放送開始】

人に心がある限り、悩みを抱える者がいる。

そこに“怪”が入り込み、
身体に奇妙な症状を引き起こす。

“怪病”と呼ばれるその病は、人知れず、
だが確かに存在している。

現代医学では治す手立ての見込めないその病に
弟子と共に立ち向かう医者がいた。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(ラムネ)
内田雄馬
(クロ)
永塚拓馬
(彩芽)
植田佳奈
(丹己)
岡本信彦
(紅葉)
諏訪部順一

<STAFF>

監督
大庭秀昭
原作
阿呆トロ
アニメーション制作
プラチナビジョン
キャラクターデザイン
佐藤陽子
音楽
織田哲郎

© 阿呆トロ・講談社/「怪病医ラムネ」製作委員会

ライターコメント

第1話のあらすじから作品にぐいぐいと引き込まれていきました。不思議な存在の「怪」が原因で病気になった人を救う「怪病医」というラムネの職業、ラムネのもとに目からマヨネーズなどの調味料が出てくる女の子が訪れるというストーリーは初回からしておもしろそうだなと思いました。ラムネは女の子の治療のためにある怪具を使うようですが、怪具がとても気になりました。初回の後もラムネのもとには奇妙な病気にかかった患者がやってくると考えられますが、ラムネはどのように治していくのかに興味津々です。ラムネの怪具に注目して楽しみたいです。作中では目からマヨネーズなどの怪奇現象が出てくるため、怪奇現象好きにはたまらない作品だと思います。
30代女性

今まで怪異×警察、怪異×探偵とかは何度も観たことがあったけれど、怪異の医者の組み合わせはおそらく初めてかなという気がしたので非常に楽しみだなと思いました。一見、医者には見えない風貌のラムネさんがめちゃくちゃ好みで早くも好きになってしまいそうです。金髪でガラの悪い感じが最高だなと思いました。しかも、声優を務めるのが内田雄馬さんなのでますます期待が膨らみました。あとは、紅葉さんが凄く気になりました。和服っていうのがたまらないなというのと、いかにも大人の色香を振りまいていそうな魅力的な男性っぽくて、これは絶対胸きゅん必至だろうなと思いました。また、諏訪部順一さんが演じるとなれば確実に耳が幸せの境地に達すること間違いなしだなと思いました。
20代女性

ラムネが明るく都会的な感じもする青年に描かれる一方、彼の弟子であるクロは無口で感情が表にでづらいという真逆のキャラに設定されています。医師と助手のデコボココンビ感がどのように描かれるのかに注目したいです。共に仕事を行う中で、個性の異なる二人に絆が芽生えるような胸にぐっと来る展開もあるとよいです。医療と怪奇がテーマですが、その中で人間ドラマもたのしめると良いです。怪病は様々な事例が取り上げられるはずと予想します。実際にはない突飛な病気をどのように見せていくのか、毎回のアイデアについても注目したいです。中にはユニークな病気もあると楽しめるとと思います。病気になった患者の人間性がわかるドラマ展開も濃く描かれるとより楽しめると期待します。
30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました