ウマ娘 プリティーダービー Season 2 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』本PV

アニメ ウマ娘 プリティーダービー Season 2 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

アニメ ウマ娘 プリティーダービー Season 2 を公式動画配信サービスで無料視聴

見どころ

トウカイテイオーと
メジロマックイーンの2人に焦点を当て、
2人の過去も描かれるストーリーにより
キャラクターが深掘りされる。

1期に続き迫力あるレース描写にも要注目!

あらすじ

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』第1話「トウカイテイオー」Web予告動画

シンボリルドリフに憧れ、
無敗の三冠を目指すウマ娘・
トウカイテイオー。

名家であるメジロ家の誇りにかけて、
天皇賞連覇へと挑むメジロマックイーン。

親友であり、ライバルでもある2人が、
新たなレース”トゥインクル・シリーズ”を駆け抜ける!

キャスト・スタッフ

<CAST>

(トウカイテイオー)
Machico
(メジロマックイーン)
大西沙織
(スペシャルウィーク)
和氣あず未
(サイレンススズカ)
高野麻里佳
(ウオッカ)
大橋彩香
(ダイワスカーレット)
木村千咲
(ゴールドシップ)
上田瞳
(シンボリルドルフ)
田所あずさ
(ナイスネイチャ)
前田佳織里
(ツインターボ)
花井美春

<STAFF>

監督
及川啓
原作
Cygames
アニメーション制作
スタジオKAI
キャラクターデザイン
椛島洋介
辻智子
音楽
UTAMARO Movement
総作画監督
椛島洋介
藤本さとる

© 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会

各話紹介

1 couleur~歌の彩~

入学して1週間、それぞれユニット活動を始める3期生のアイチュウたち。そんななか、彼らはクマ校長から「3カ月後までにCD3000枚を売らないと退学だよ♪」という、とんでもないノルマが課せられる。

ライターコメント

順調に勝利を重ねて憧れのシンボリルドルフに近づくトウカイテイオーの爽やかな青春が見えるものでよかったです。元気で明るく、そして前向きに勝負の世界で上を目指すトウカイテイオーが好きになる内容でした。オープンキャンパスで学校にやってくるまだ小さなウマ娘達も愛らしく、魅力的でした。まだまだ新人のトウカイテイオー達にもしっかりとダファンがついている実態も見えるものでよかったです。スピカのメンバーは仲間だけどライバルでもあるという勝負の世界の関係性が見える展開も熱いものでよかったです。レースシーンはスピード感があるもので楽しめました。レース後のライブシーンでトウカイテイオーの足に何か問題があることを臭わす演出があったのがとても気になりました。
30代男性

擬人化させたアニメーションとはわかっていて見ていましたが、疾風の如く走り抜けるシンボリルドルフのカッコ良さに鳥肌が立ってしまう程の物語の始め方に惚れ惚れしてしまい、幼いトウカイテイオウが憧れてしまう気持ちがよくわかってしまう状況には、制作者の思惑通りに虜となった視聴者になったなと笑ってしまいました。成長してトレセンに通う学生になったトウカイテイオウではあったものの会話の仕方は相変わらずに可愛らしさを失わない様子に対して、メジロマックイーンは品があるお嬢様という雰囲気で歩く姿も美しく、立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花とは彼女のためにあるのかと思えてしまい、ゴールドシップも落ち着いた雰囲気はあるものの懐かしいセグウェイに乗って登場するとはビックリで歩かないのかと思わずテレビ画面に向かってツッコミを入れてしまう面白さに爆笑、それぞれの個性を上手く出した演出は最高でした。
30代男性

トウカイテイオーをメインに話が進んだ第1話であったが、彼女がシンボリルドルフに憧れ、3冠ウマ娘を目指すという目標に向け、努力している描写に可愛さとかっこよさを感じました。新たに登場したウマ娘や一期では登場できなかったウマ娘達が多く出演した回でもあり、とても観てて面白かった。またこの第1話では現実とリンクした描写が多くあり、例えば秋華賞の再現だと思われるエアグルーブのフラッシュ撮影や、当時の主戦騎手であった田原騎手という共通点で同室となっているトウカイテイオーとマヤノトップガンなど、現実とリンクさせることで競馬ファンも楽しめる第1話でした。ウマ娘ではレース後にライブを行うというのがあり、今回は日本ダービー勝利後にトウカイテイオーをメインにライブが行われた。ライブの作画も安定しており、またトウカイテイオーにマッチしたかっこいい曲であったため臨場感があり見入ってしまいました。脚の違和感を気にしていたトウカイテイオーとそれに気づくトレーナーさんとシンボリルドルフをよそにエンドロールに入る。この一連の流れにウマ娘のストーリー制作班と作画班の本気度が感じられ、次の第2話をはやくみたいと思わせるような展開でした。
10代男性

まず、大好きだったウマ娘の2期が見れるだけで嬉しいです。全体的にアニメのクォリティが良く、作画も向上しているように感じられました。ウマ娘たちがレースで走っている姿も一期とはちがい3Dモデルになっていて違和感なく、臨場感が出て良かったです。一期に登場した主要なキャラ達も数多く登場していましたが、一期で登場しなかったウマ娘や新キャラも登場してきたのでその点も嬉しいです。新キャラで特にうれしいのはツインターボです。このキャラの元となった馬の史実が面白く、トウカイテイオーが主役のシナリオなら出てきてくれないかなと期待していました。まだ少ししか登場シーンはありませんでしたが、期待以上の面白キャラっぽい感じだったので、これからの展開でどう活躍してくれるのかとても楽しみです。
40代男性

間が結構あいてしまったこともあって内容を忘れかけていた私にとって、1期を思い出させてくれるナレーションからスタートしてくれたのが凄く有難くて助かりました。相変わらずみんなして名前がユニークで覚えづらいなと思いながらも、可愛いからさほど気にならなくて、それどころかめちゃくちゃ癒されました。子どもの時の回想シーンはグッときました。その時の思いをいつまでも胸に抱えて頑張ってきたそのひたむきさに感動しました。そして、レースのシーンの迫力感は最高だなと思いました。前傾姿勢で走る姿が何より印象に残りました。ずいぶんと気合いの入った作画だなと感心しました。1話の時点では全く作画が崩れずに高いレベルをキープできていたので、これは今後も期待できるだろうなと思えてとても安心しました。
20代女性

会長のシンボリルドルフにあこがれてレースの道に入ったトウカイテイオーの始まりの物語が見れてよかったです。まだ小さい頃のトウカイテイオーが男の子のように可愛らしい言動を見せるのに癒やされました。いわゆるボクっ娘属性だった幼少期のトウカイテイオーがとてもかわいかったです。ウマ娘たちの登校から学校で授業をうける日常が見えたのも珍しいものでよかったです。レースをするところ以外では女子らしく元気に学生をしているウマ娘たちの姿が楽しめる展開となっていてよかったです。トウカイテイオーが仲間達と仲良く過ごす中でも、互いをライバルと認めているのがわかる関係性が見えるのもよかったです。可愛いけど、熱い青春が見れておもしろかったです。
30代男性

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」の感想は1期と同じくウマ娘たちの熱いレースとそのバックボーンが見られて非常に満足しています。歴代の実在した競走馬をモチーフにしているのでこのアニメから実際に存在した競走馬に興味を持って調べてみることでも楽しめるので競馬ファンにとっても楽しめるアニメになっていますメジロマックイーンなど昔好きだった馬にスポットライトがあたるのでファンとしては嬉しい限りです。またしっかりと実在した馬の特徴も描かれているので、そういった細かい点も気を回しているのは分かって非常に好感度が高いアニメです。競馬ファンは二度楽しめるアニメだと思うので今後の展開も非常に楽しみです。 30代 男性


競馬にあまり詳しくない私でも知っているトウカイテイオーの、歴史や苦悩が知れるのが面白いです。トウカイテイオーって有名なだけあって正直、特に苦労もなくバンバン一着を取って、色々なレースで賞を取っているものだと思っていたけど、怪我だらけで苦悩の連続だったんですね。無敗の三冠ウマ娘の夢が敗れたあとに、次は無敗の夢を掲げたのに、すぐに負けてしまって絶望の淵に立たされているときに、ライバルであるマックイーンの存在に助けられて、また頑張ろうって立ち上がる姿に感動してしまいました。その他にもライスシャワーとミホノブルボンの関係性であったりと、今シーズンのウマ娘はトウカイテイオーが主役でもあるけれども、他のウマ娘たちのライバルとしてお互いに切磋琢磨して頑張る姿が話の根底にあるので、様々な関係性に感動してしまいます。 20代 女性


アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」の良かったところは、「支え合うウマ娘たち」と「トレーナーとの絆」です。1つ目は、支え合うウマ娘たちです。このアニメでは、人間ながら馬と同様の力も持つウマ娘たちが、数々のレースに挑んでいきます。ウマ娘たちは、レースを制して最強の座を手にすることを目標としていて、同じチームに所属するウマ娘たちとともに練習に励んでいます。お互いの性格の違いを理解し合い、悩みを共有しながら成長していくウマ娘たちに、好感を持ちながら観ていました。次に、トレーナーとの絆についてです。未熟な部分を持つウマ娘たちは、冷静な視点でウマ娘たちの能力を分析するトレーナーの指導を受けて練習します。ウマ娘たちとトレーナーとの間で強まっていく信頼関係に、感動しながら観ていました。 20代 女性


アニメは概ねラストで思いっきり泣かせにかかってくるのに対して、このアニメではまさかの序盤で感動回を持ってくるという極めて稀な演出に驚かされました。私自身、涙脆いことが大いに影響したこともあり、ボロ泣きしました。アスリートに怪我は付き物だと思うけれど、それでもあんなにひたむきに頑張っている子が怪我に見舞われてしまうのことに理不尽的なものを感じてしまう自分がいました。少なくとも私だったらその状況を受け入れられずに周りの選手に対して嫉妬を覚えると共に恨みを抱くだろうなと思いました。しかし、トウカイテイオーはそんな素振りなど一切見せずにいたのが凄いなと思いました。どこまでも純粋で心が透明な水の如く綺麗であることがそこから見て取れました。 20代 女性


個人的にはゴールドシップがツボでした。登校スタイルが他の子たちとあまりにも違っていてユニークなのが面白かったです。あんなにキリッとした、女子校にいたら間違いなく全女子の憧れの的になるようなかっこいい見た目とは裏腹に恐ろしくマイペースなのが好きだなと思いました。見た目と中身のギャップが激しいキャラクターほど意外性を感じられてより魅力的に映るのかなと分析しました。そして、上田麗奈さんも好きだから、好きと好きとが綺麗に噛み合っていることに幸せを感じました。もう1人、違う意味でツボだったのがトレーナーでした。不真面目かと思いきやトウカイテイオーを何としてでもレースに参加させてあげようもあれこれ策を講じてくれるところに感動しました。しかもそれを表立ってやらないという何とも粋なやり方が好きだなと思いました。 20代 女性


正直このアニメは一期から間が空いていてもう二期はないと思っていたので、二期をやってくれるだけで有難いくらいで内容は期待していませんでした。しかしここまでどの話数も内容が素晴らしく、特に2話、5話、7話、8話が最高の出来でした。2話はトウカイテイオー以外のウマ娘の心の叫びと頑張りに感動し、5話は天皇賞春のTM対決を1話丸ごと使われたレース描写の緊迫感と迫力感が素晴らしく、7話と8話は完全にライスシャワーの回で、彼女の史実を知っていれば感動間違いなしの内容でした。7話のライスシャワーの不遇な状況から立ち直る展開も感動モノでしたし、8話の鬼が宿る展開が完全に私のツボにはまってしまい、何度も見返したくなるほど好きな回です。この後残り5話分残っていて、史実通りにシナリオが進んでいけば感動するシーンはまだまだあると思うので、これからも毎週期待して見ていきたいです。 40代 男性


トウカイテイオーとメジロマックイーンの対決がとてもおもしろかったです。メジロマックイーンはマイペースで走っていましたが、トウカイテイオーは相手を意識するあまり力んでいるような感じがしました。結果メジロマックイーンの勝ちとなり、トウカイテイオーの無敗の記録が破られます。これにはちょっと寂しい気持ちになりました。後にトウカイテイオーはやる気が失せた感じになりますが、このときのメジロマックイーンの言葉に感動しました。「これからは私があなたの目標に、走る理由になって差し上げます」という一言はとてもかっこよかったです。また復活したトウカイテイオーと戦いたいと思ったのでしょうか。対決とその後はぜひ注目したい部分です。 30代 女性


1期にも引けを取らない、ダイナミックな作画とウマ娘たちのかわいらしさやかっこよさが際立っています。また、ストーリーですが、2期では1期と打って変わってキャラクター個人にスポットライトを当てられていて、非常に感情移入してみることができ、一話を見終わるときにはまるで長い映画を一本見終わったときのような満足感とともに、話の区切れがとても良いので、早く次の話が見たいという興味がとてもそそられています。2期は1期とのつながりはあまりなく、冒頭で1期での説明が軽く含まれているため、2期から視聴を始めても十分楽しむことができます。また、オムニバス形式に近いため、1話からでなくてもストーリーを理解することができ、どのような人でもアニメを楽しむことができるのも魅力です。 20代 男性


ガチャでキャラクターを入手して、トレーナーとして育成していきます。トレーニングで基礎体力を養いスキルを身に着けていきます。キャラクタ―や声優等を重視する方に注目してほしいのがトレセン学園での他のウマ娘たちとの交流イベントが用意されていることです。どのキャラクターとの交流もほぼフルボイスで用意されており、3Dのキャラクターたちが動きまくってウマ娘たちの話に本当に自分がその場にいるような臨場感を体験できます。彼女たちがレースに対して結果を残すために一生懸命努力しているひたむきな姿や、キャラクターのハイクオリティのビジュアル動いている耳やしっぽの細かい仕草や声がときめきを覚えます。こうしたストーリーを読んでいると結果を残してほしいという思いからか育成に力が入って3時間プレイし続けてしまいました。 20代 女性


レースをこなしていくと「ウイニングライブ」というカットが入ります。これはレースで勝ったウマ娘のみに許される歌って踊るステージで、ライブ演出もとても豪華なものになっています。育て上げたキャラのライブを見たくて育成に励んでいます。自分で必死に育てたキャラの悲しそうな表情をみるのは耐えられないので、ますます情熱を注ぎこもうと思えたシーンでした。育成をスムーズにこなすためには他のウマ娘から「因子継承」や成長効率やスキル取得を助けてくれる「サポートカード」が必須で様々な目標を達成してジュエルを貯めこむ必要があります。一度この沼にはまってしまうと抜け出せないくらいキャラクターが出来上がってて、時間が許されるのなら一日中やって自分の推しの「ウイニングライブ」が見たいので有給を取ろうか悩んでいます。 20代 女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました