崖の上のポニョ 動画

崖の上のポニョ アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

崖の上のポニョ 作品視聴リンク

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くの動画作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

崖の上のポニョを見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • リサ: 山口智子
  • 耕一: 長嶋一茂
  • グランマンマーレ: 天海祐希
  • フジモト: 所ジョージ
  • ポニョ: 奈良柚莉愛
  • 宗介: 土井洋輝
  • 婦人: 柊 瑠美
  • ポニョのいもうと達: 矢野顕子
  • トキ: 吉行和子
  • ヨシエ: 奈良岡朋子

<STAFF>

  • プロデューサー: 鈴木敏夫
  • 原作・脚本・監督: 宮崎 駿
  • 制作: 星野康二
  • 音楽: 久石 譲
  • 主題歌:
    「海のおかあさん」
    作詞: 覚 和歌子 宮崎 駿 (覚 和歌子作「さかな」より翻案)
    作曲・編曲: 久石 譲
    歌: 林 正子
    「崖の上のポニョ」
    作詞: 近藤勝也 補作詞: 宮崎 駿
    作曲・編曲: 久石 譲
    歌: 藤岡藤巻と大橋のぞみ
  • 作画監督: 近藤勝也
  • 美術監督: 吉田 昇
  • 色彩設計: 保田道世
  • 映像演出: 奥井 敦
  • 編集: 瀬山武司
  • 整音: 井上秀司
  • 音響効果: 笠松広司
  • 録音演出: 木村絵理子

あらすじ

宮崎駿監督が「ハウルの動く城」以来
4年ぶりに手掛けた長編アニメーション。

海辺の町で暮らす5歳の少年・宗介は、
クラゲに乗って家出した
魚の子ども・ポニョに出会う。

すぐに仲良くなる彼らだったが、
ポニョはかつて人間だった父
フジモトによって海に連れ戻されてしまう。

ポニョは父の魔法を盗んで
再び宗介のもとを目指すが……。

アンデルセン童話「人魚姫」をモチーフに、
人間になりたい魚と少年の
心温まる交流を描いたファンタジー。

ライターコメント

ポニョがめちゃくちゃ可愛かった。女性の友人が絶対面白いから観てと言ったので観ましたが、面白さ半端ないです。特にポニョの天真爛漫な振舞には、ハラハラドキドキでしたが、あの明るさは見習いたいものです。吃驚するのはポニョが血を飲むと人間になるのですが、その設定の面白さはストレートに笑えました。また、ポニョが傷口を舐めてあげると、その傷口が治ります。この不思議な生き物は何んだと思いましたが、自然の申し子であるポニョこそ、人間を治癒させる力を持っているという比喩だと思いました。そして、根底には自然を人間が破壊しているという深いメッセージもあり、楽しさの中にもとても現代に対する警鐘が描かれていて、勉強になります。いい映画です。
60代男性
宗介とポニョのほのぼのした物語が楽しい作品でした。まずポニョが可愛いです。小さい人魚のような感じのキャラクターで、一生懸命な姿に心が惹かれます。人間になりたいという気持ちがあって、宗介と一緒に遊ぶところも面白いです。そんな中、物語としてもしっかりとしており、嵐がやってきたりして、ポニョが大変な目に遭うことでハラハラしてきます。ですがそれでも、ポニョの健気な思いを見ていると感動でき、応援したくなってきます。宗介は宗介でポニョのために頑張っており、そんな二人の一生懸命さに夢中になれる名作でした。また、大橋のぞみさんが歌っていたタイトル通りの「崖の上のポニョ」という歌も、小さい子どもたちが頑張る内容にぴったりで、今でも忘れられない思い出になっています。
30代男性
この映画で秀逸なのは、津波に飲み込まれた後の町の描き方と、ぽにょが海にさらわれたり、海からやってくるときの波の表現です。これらに共通しているのは、子ども目線の世界観です。まず、津波に飲み込まれた後の町は、大人になったら大惨事であることはわかりますが、描かれていた光景は子どものころ私が想像したものとぴったりでした。水中は透き通っていてたくさんの生き物がいて、まるで文明的な建造物が遺蹟のように見えて別世界。また、小さな船で避難するときも、大切なものを積み込んでピクニック気分。また、波が動いるシーンは、子どもであれば生き物のように本当に自分を取り込もうとやってくる、意志のあるもののように見えます。このように、子どもの頃の感覚に引き戻されて、物語を楽しむことができる、あまり類を見ない映画だと思います。
30代女性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました