孤独のグルメ Season7 無料動画

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

孤独のグルメSeason7PV&公式YouTube動画

【ドラマ24】孤独のグルメ Season7 #9 #10 韓国出張編

孤独のグルメ Season7全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

孤独のグルメ Season7動画を見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • (井之頭五郎)
    松重豊

<STAFF>

  • 監督
    井川尊史
    北畑龍一
    北尾賢人
  • 原作
    久住昌之
    谷口ジロー
  • 音楽
    The Screen Tones
    久住昌之
  • 脚本
    田口佳宏

©2019久住昌之・谷口ジロー・fusosha/テレビ東京

あらすじ

ドラマ24『孤独のグルメ Season8』主演:松重豊|2019年10月4日(金)深夜0時12分スタート!|テレビ東京

輸入雑貨商を営む井之頭五郎は、
商用でさまざまな街を訪れる。

そして、ひとりでふと立ち寄った店に入り
メニューを眺め、食事する。

五郎が食すのは和食はもちろん、
最強メニューである肉料理や
一番人気の中華など、
多彩なジャンルのメニューだ。

ライターコメント

美味しいグルメがひたすらに紹介される「孤独のグルメ」。シーズン7でも主演の松重豊さんのたべっぷりと心の声解説が充分楽しめました。また韓国出張もあったので本場のお店が紹介されたので見ごたえがありました。お皿にたくさんのお料理が並びほんと壮観でしたし、納豆チゲとセルフビビンパなどいかにも現地のメニューなのも雰囲気を楽しめて良かったです。またソウルでの焼肉風景も日本のモノとは違うようで五郎さんの食レポを楽しみながら聞かせてもらいました。ボリューム感がある料理が多い中、いしのようこさんが演じる女将のお店の一人バイキングメニューがなかなか良かったです。丁寧に作られた料理でシンプルなのにどれも美味しそうで女性でも行けそうなお店だなぁとチェックしちゃいました。
40代女性

主人公のいつもとは違った表情が見られたので面白かったのが第5話だ。舞台は麻婆専門店。孤独のグルメという名のとおり、1人では沢山のメニューを頼めないので、他の客が頼むメニューを映し、さりげなく紹介してくれる演出を私はいつも気に入っている。今回はメニューが沢山あるお店だったので、他のメニューも見たい、という欲求を満たしてくれた。メインメニューだけでなく、ザーサイなどの前菜も丁寧に紹介してくれる細かい所に良さが滲み出ている。メインの麻婆を食べる井之頭の表情がたまらない。うっすら汗と真っ赤な顔がリアル感を引き立てていた。実際私は食べたわけでもないのに、画面越しから匂いや辛さが伝わってくるのである。グルメリポーターのようなコメントやわざとらしい表情もない、それなのに最大限に料理の魅力を伝えてくれる、相変わらず不思議なドラマである。
20代女性

今回は国境を越え、仕事で韓国に(第9話)。言葉も通じない、メニューもろくに読めないが、それでも至ってマイペースな主人公にはいつもの安心感を通り越して笑ってしまった。600円で、物凄い品数の料理が出てきたかと思いきや、自分で材料を混ぜて作るスタイルのビビンパだった。このシーンもツッコミどころが満載で、井之頭の面白さが滲み出ている。ビビンパを作る過程も丁寧に描写しているので、今回は食べるまでが長いのだが、見ている側に文化の違いを勉強させてくれた。たまにはこういったテイストを織り交ぜるのも楽しいと思った。最後にはビビンパに納豆を混ぜるという演出で、意外性があるので見るものを飽きさせることなく、最後まで楽しめた。
20代女性

season7ともなると、料理のバリエーションも豊富になる。洋食、韓国、メキシコ料理。今回印象的だった12話は、中華料理店だ。庶民飯を求め、いかにもな中華店を選んでくれたあたり、私の期待を裏切らない。メニューと睨めっこをし悩みあげた末、結局沢山頼んでしまうところはいつ見てもツッコミどころ満載で面白い。孤独のグルメの良さは臨場感にあると思っているが、今回は食べる音だけでなく、料理を作る音も物凄くよいのだ。エビトーストを揚げるジュワジュワした音、ニラを切るシャキシャキした音。この音を聞いた後に食べるからこそ、より美味しそうに見える効果がある。たまに見せてくれる食べ方のアレンジも面白い。アレンジの仕方は人の好みによるので、こんな食べ方もあるんだ、と毎回頷いてしまうし、楽しませてくれる。
20代女性

ドラマ「孤独のグルメ」Season7を観て、「珍しい韓国出張」と「バリエーション豊富なグルメ」が良かったと思いました。まず、珍しい韓国出張についてです。このドラマでは、職場の近くや出張先で様々なグルメを楽しむ井之頭の様子が描かれます。主に国内のグルメを味わっている井之頭ですが、Season7では韓国に出張することになり、韓国のグルメを堪能します。ビビンバなど、韓国ならではのグルメにこれまでとはひと味違った面白さを感じながら観ていました。次に、バリエーション豊富なグルメについてです。Season7では、国内でもソペスなど耳慣れない料理が数多く登場します。バリエーション豊富なグルメの数々に、驚きつつもワクワクしながら観ていました。
20代女性

シーズン7まで続いたことがまずびっくりです。でも、面白いのでまあ当たり前なんだけど、ただおじさんが昼飯を食べるだけのドラマなのにこんなに続いてくれてうれしいです。今回もいろんな話がありました。どのお店の料理もおいしそうでしたし、ほんといろんな料理が見れて面白かったし、食べたくなりました。本シリーズでは五郎さんが韓国に行きます。韓国に行ってもスタンスの変わらない五郎さんが好きです。外国に行く回があると五郎さんはやっぱり輸入雑貨を仕事にしているだけあって、外国でもものおじしないなとわかります。韓国は2週にわたってだったのですが、どちらの回も五郎さん、いっぱい食べていて、見ていて気持ちよかったです。また、韓国でも納豆が出てきて、あっあるんだってなりました。あと、好きな回は、1人バイキングの回です。とても家庭的な店で、料理もおいしそうで私も行ってみたいと思いました。バイキングというと、量たくさん、種類豊富、目玉商品みたいないめーじでしたが、こういう庶民的な料理が並んで好きなものをつまむ系のバイキングもいいものだなと思いました。店主役はいしのようこさんでかわいらしかったですし、お気に入りの回です。
30代女性

今回もいろんな料理が出てきておもしろかったです。私が好きだったシーンは1話で、五郎さんが着物屋夫婦に捕まっちゃう話です。他のシーズンでも、お見合いを強要されたり、営業はテイクアンドギブのところがあるから大変だなと思いました。この回は五郎さんが初めから何を食べるかは決めている珍しい回でした。でも、たしかに今日はカツだとか決まってることってあるからわかりみでした。いいカツに出会えてよかったです。他の回では、真っ黒な煮付けが出てきたり、ニラ玉がエビチリかと悩んだりと料理がとてもおいしそうでした。あと、今回は韓国にも行ってて、すごくバラエティ豊かでした。韓国の料理はたくさん出てくる系が多いイメージだし、大食らいの五郎さんにはぴったりかもしれません。ほんと、このシリーズはどこでお店を見つけてくるのでしょう。不思議です。松重さんももう何年目だ?って感じなのに、かわらずたくさん食べていて(そりゃあ、全部食べているわけではないでしょうが、それでも多いと思います。)、男気を感じます。これからも五郎さんにはいろんな店を開拓してほしいし、店の人が驚くぐらいの量を食べてほしいです。また、今回もいろんな人がゲストで出ていて、芸人さんとかも出てて、そこもおもしろかったです。
30代女性

私は孤独のグルメを見ると感動して泣いてしまいます。涙が出てしまった瞬間は何故こんなに感動しているのかわからなかったので自分なりに考えてみました。まず、BGMがすごくいいです。もはやここに注目する方は少ないかもしれませんが、見てる側の孤独も楽しませてくれるようなこだわりを感じました。とても落ち着く選曲とがっついて食べる時の選曲が絶妙なバランスです。もう一つのポイントはなんといっても五郎さんの語り。主人公の彼が自分と対話しながらゆっくりと自らの食事と向き合っていながら味を楽しんでいる。この瞬間が最高のひと時だと視聴者もわかっているから共感してしまうのかもしれません。私が泣いてしまうのはこの共感がとても強いからだとわかります。
20代男性

ストーリーに登場した食べ物でも、初回はとてもインパクトが大きくて印象的でした。五郎はトンカツを出すキセキ食堂に入るのですが、お店の前でガッツポーズをする五郎には思わず笑ってしまいました。そして出てきたキセキ定食のカツの分厚さにはびっくりでした。見たことのない大ボリュームで、食べ応えがありそうでした。これを食べた五郎の心の声「肉で肉が食える」からはお肉にとても満足しているのが伝わってきました。お店の持ち帰りメニューにはステーキ弁当もあり肉好きにはたまらないお店だと思います。後に決まらないだろうなと思っていた商談が無事成立して、お店の名前通り奇跡が起こるというオチも良かったです。初回には誰もが夢中になるはずです。
30代女性

他人が頼んださば味噌定食を遠くからガン見して、さば味噌にしときゃ良かったかもと、地味に後悔している五郎の姿が笑えました。銀ダラ定食の銀ダラがまさかの外見が真っ黒すぎて、味は大丈夫なのか!?と心配になるも、食べてみれば身は美しい白色だし、五郎の箸は止まらないしで、あぁ美味しいんだと安心できたらかなりお腹が空いて自分も食べてみたい気持ちでいっぱいになりました。また、銀ダラと銀シャリを交互に食べることを”銀のラリー”と呼ぶ五郎の言葉のセンスにも脱帽しました。ラストに残った銀ダラのタレにご飯をからめて食べるのもシメとしてめちゃくちゃ最高だなと納得します。また、ピザの回では、納豆のピザという発想にも驚くし、のりをトッピングするだけで簡単に和テイストにチェンジする変幻自在なピザの存在にますます好感度高まりました。
30代女性

孤独のグルメは大好きでテレビで放送される時は必ず録画して何度も見るくらい大好きな番組です。松重豊さんの食べっぷりが毎回何を食べても美味しそうに食べられてるのを見て食欲をそそられます。食べてる最中の心の声?あれも毎回楽しく見てます。
シーズン7でも5話の緑と赤の麻婆豆腐は特に食べたくなりました。辛いの好きなのもあり、実際お店に行って食べたいです。8話のチキン南蛮も食べたいですね。この文章書いてる間にも思い出して食べたくなりました。どの回も松重豊さんの食べてるのを見るだけでお腹すいて無性に食べたくなるのは自分だけでしょうか(笑)これからも色んなところ(地方など)の美味しいもの食べて欲しいです。自分は四国に住んでいるのでこちらの方にも来て美味しいお店や美味しいもの食べて頂きたいです。今後も楽しみに待ってます。
40代男性

1話は、着物屋のご夫婦との商談から始まりました。自分が売る側で来店したのに、だんだん相手のペースに飲まれてタジタジになっている五郎さんが面白かったです。その後店を探すとき、空腹と疲れからか「絶対にカツを食べる」という気迫がすごく少し怖かったです。五郎さんが頼んだ定食のカツ、とても大きくて思わず五郎さんが図ってしまった気持ち、わかります。ソースもとんかつソース・オニオンソース・みそだれなど種類があり、色んな味を楽しめていいなと思いました。11話のニンニクスープ、とても美味しそうでした。それにガーリックトーストを合わせるところが、さすが五郎さん攻めているなと思いました。ドラマの中で実際の店主がカニピラフを作るシーンがあるのですが、フライパンさばきが見事で行きたい気持ちが高まりました。いつも通りかなりの量の料理を食べていたにも関わらず、食後のデザートまでしっかり平らげている五郎さんの胃袋が羨ましいです。あれだけ食べていて太らない秘密をぜひ教えてほしいです。ラストで強面で背の高い五郎さんが自家製プリンを嬉しそうに食べていたのが可愛らしくて印象に残っています。
30代女性

孤独のグルメSeason7の印象的な回は庶民的な町中華的な中華店の大将の角野卓造さんです。やはり、中華料理の大将が似合います。ニラ玉にエビチリにエビトーストにライスを注文します。ニラ玉はふわふわ玉子が食をそそり、エビチリも食をそそりライスをかきこみます。さらに、チャーシュー麺の追加に大将角野卓造さんの驚きの表情も場を盛り上げます。韓国ソウルの出張の骨付き豚カルビに盛りだくさんのおかずに、中原丈雄さんのイタリアンレストランの納豆ピザに辛いパスタに中原丈雄さんのぶっきらぼうも似合います。阿知波悟美さん女将の魚やさんの真っ黒の銀だらの煮付けに、麻婆豆腐店の白、黒、緑の麻婆豆腐に、群馬の餃子にタンメンに下仁田ネギの豚のすき焼きも印象的です。お店の名前もコロンビアですき焼き屋さんには思えない名前に、正名僕蔵さんの駅長さん役も笑いをくれます。藤田弓子さんのレストランの女将も印象的です。他にも中山忍さんに大友康平さんにバラエティーに豊富な出演者です。角野卓造さんの中華店の大将が似合ってました。
50代男性

独身だと楽しみが食事しかないように思えてしまいます。井之頭五郎は営業職で仕事終わりに立ち寄るお店で食を堪能していました。奇跡のトンカツからスタートして、美味しそうに食べる姿は、見てる側も食べたくなります。言葉にはしないものの頭の中では自分なりの演出によっていました。珍しいものは、緑色のマーボー豆腐でしたが、専門店なので味は確かだと思います。よく注文して完食してしまう姿は大食いですが、味わっているようにも見えます。自分なりの順番を決めて最後に占めるまで完璧な食べ方です。多いのではないかと思いつつ計算して食べきるところはさすがに慣れています。最終回は、ニラ玉と意外でしたがシンプルすぎて美味しそうでした。
50代男性


孤独のグルメ 関連作品



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました