にじいろカルテ 無料動画

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

14日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
14日間無料
最新話無料配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

にじいろカルテ 見逃し動画を視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
ABEMAプレミアム」で
見逃し動画配信されます。

  • 月額960円(税込)で視聴が便利になる機能が利用できます。
    見逃し配信の視聴、
    放送時間に遅れたときの「追っかけ再生」、
    番組のダウンロードなどが可能になるため、
    無料で見るより何倍も快適に視聴できます!
    良い環境で視聴したい人にとってはコスパ◎
  • 無料お試し期間は14日間!
    Abemaプレミアムの便利な機能を試すには十分な期間です。
  • 20以上のチャンネルがあります。
    プレミアム会員なら見逃しても視聴可能。
    オリジナルコンテンツ、映画やアニメまで
    幅広く動画を取り揃えています!
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
14日間無料
最新話無料配信
月額960円(税込)
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

にじいろカルテ 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

秘密を抱えた内科医・真空(高畑充希)が
山奥にある虹ノ村の診療所で、
命と向き合いながら成長していく姿を描く
ヒューマンドラマ。

東京から虹ノ村にやって来た真空は、
ヘンテコな外科医と看護師の男性二人と
共同生活を送りながら、診療所で
新生活をスタートさせる。

脚本を手掛ける岡田惠和は、
医療ドラマに初挑戦する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

高畑充希
北村匠海
井浦新
安達祐実
眞島秀和
光石研
西田尚美
泉谷しげる
水野美紀
モト冬樹
半海一晃
池田良
水野久美

<STAFF>

©テレビ朝日

各話紹介

第1話 初回拡大スペシャル

鬱蒼とした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には“ある秘密”があったー。
 降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していて…?
 やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…?

「いま戦うすべての人へエールを」というメッセージが込められており、コロナ禍で元気をもらえそうなドラマだなと思いました。医療ドラマですが、明るい展開になることを望んでいます。今回は診療所が舞台のチーム医療とのことから、チームワークが見どころなのではないかと考えました。さらにファンの俳優である北村匠海さんが出演しており、作中では彼のどんな演技が見られるのかとても楽しみです。昨年北村さんが出演していたドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」では細かいところまで演技が光っていたため、今作も期待が高まりました。医療ドラマが好きでよくチェックしていますが、展開がおもしろくなりそうでオンエア前からワクワクしています。
30代女性

虹ノ村はまるで村全体がシェアハウスみたい!意外にも働き盛りの人が多くてみんな個性が強いけど、いい人ばかりだし、真空が最初からちゃんと病気のことをカミングアウトできる空気があって良かった。可愛らしい外観の診療所の屋根裏の部屋は、まるでハイジの世界のようだし、病気で気持ちが沈んでいた真空にとっては最高の療養になりそう。とはいえ、着任早々から次から次へと救急の怪我人・病人で大忙し!しかも停電になると村人総出で協力しないと、という状態。これはこの先、休みも取れない激務になる可能性も。病気を抱えている真空にとって辛いこともありそうな予感。でも浅黄先生と看護師の太陽くんが一緒にいるから、そこは大丈夫かな。
50代女性

村人たちの真空の歓迎ぶりを見て、自分たちの時とは全く態度が違うよねと、拗ねる朔先生と太陽くんが可愛くてクスリとさせられたのですが、そう言いながらも、村人たちはみんながひとつの家族のようで、誰かがいないと判ると全員で協力して探し始め、誰かが倒れたと判ると全員で心配して動いていて、血の繋がりよりも心の繋がりがいかに大切かを教えて貰える気がしました。月に1回東京に行く理由を、母親の介護だと言って誤魔化してしまったけれど、あまりにも温かく優しく自分を受け入れてくれた村の人たちには嘘を付きたくないと、泣きながら自分の病気を告白して「ここにいたいです!」と言った真空を見て、笑いながら「逆に最強じゃん」と受け入れてくれた村人の反応を見て、私の心も温かくなっていることが判りました。
50代女性

独特でユニークな虹ノ村に虹ノ村診療所内科医として採用された紅野真空(高畑充希)さん。のびのび自由な生活が始まる事に背筋を伸ばして大喜び。ただ、なぜか不幸な要素が。応募の際に、「現在の健康状況」欄に「異常なし」と記入した事に、後悔がありそうで。月1回東京に戻らないといけないという理由が、「母の介護」と。本人の健康不安説があるんですけど。心身の回復の物語とすると、不思議な…。診療所には男性の外科医一人、男性の看護師一人。不安説を咀嚼して、お手伝いをしながら視聴していないといけないような。温厚で真面目な人柄風を支えながら、なぜこのような事に?と。いずれ教えてもらえるでしょう。役者の高畑充希さん、またまた演技が上手いですね。表情一つで色々な役柄を全くの別人にする事が徹底しています。そう思ったんですけど、第一話の最後に打ち明けて謝罪を。多発性筋炎だったんですね。5年生存率は60〜80%。それでも採用が決まってよかった。村の人たちの総意なら。なかなかない事だと思いましたけど。
40代男性

主演が高畑充希さんっていうその情報だけで神ドラマ確定なのでは?と思いました。高畑充希さんが出演した歴代のドラマでハズレた作品なんて目にしたことがないので確実にこのドラマも期待を裏切らない素晴らしい作品で間違いないだろうなとワクワクが止まりません。なので、リアルタイムで視聴することができないのが本当に残念でたまりません。CMとか番宣で観た感じだと、いかにも人との繋がりを大切にした心温まるストーリーであることが何となく窺えて非常に楽しみでしょうがないです。最近は何かと暗い話題ばかりの鬱屈とした毎日なので、そんな毎日を明るく照らしてくれるような作品であって欲しいなと期待しています。そして、高畑充希さんの圧倒的な可愛さで私の心を癒してくれたらいいなと思いました。
20代女性

難しい勉強を何年も続けて、やっと国家試験にも合格をして、たくさんの苦労を乗り越えて、さあこれから夢を叶え続けて行けるんだ!と思っていた自分が、まさか患者側になってしまうなんて、何処までも真っ直ぐ続いている道が見えていたのに、一気に真っ暗になって一歩先の道さえ見えなくなったことと同じだろう。そんなどん底でも、奨学金の支払いは待ってくれないし、期待してくれている母親を悲しませたくない思いがある。焦りと不安しかなかった真空の前に、偶然雨宿り居合わせた、ほんの一瞬出会っただけのおじさんが、まさか新たな道を照らしてくれる存在になるとは。偶然の出会いも運命のうちなんだなと、改めて思えるストーリー展開で、演技派揃いの俳優さんたちにも注目して見続けたいです。
50代女性

java予告の中に主人の虹野真空に秘密があるとはわかっていましたが深刻な病となるとは予想外で医師としてヤル気を漲らせた瞬間に未来が閉ざされる場面は、現実社会で猛威を振るっているウイルスの発生で人々の日常生活が一変してしまう状況を上手く描き代えていたなと感じました。真空が絶望の中で出会った村役場の霧ヶ谷の雨が降った後にしか見られない虹の話はタイミングが良すぎるために心に沁み入り一方的な霧ヶ谷の話ながら押し付けがましさがなくトコトン明るいのが素敵で、他愛もない会話の内容がここまで心地よく癒される日常に潤いを与えるモノだと気付かされた気がします。虹ノ村の村人の個性がキツメな所は厄介ながら全員が優しく温かとは思いますが、外科医の朔の真実を話しているとは限らないという言葉が人間の本質を的を射ていると感じるだけに、真空と村人たちの関係性と村人の中にある心の内側がどのような物語を魅せてくれるのか楽しみになりました。
30代男性

都会の大きな病院で忙しく働いていた女性医師が、山奥の村の小さな診療所へ赴任するお話。それだと、よくあるパターンのお話ですが、村人たちがとても個性的なキャラクター揃いのようですね。村唯一の食堂に村人たちが大集結していたりと、村内の仲の良さが伝わってくるような展開です。とにかく話の雰囲気は明るそうですし、笑って泣けるお話とのことで、あまりシリアスな展開はなく、肩の力を抜いて見ていられる医療ドラマとなるのでしょうか? 医療ドラマって、どちらかと言えば緊急事態の連続なシリアス系作品が多いので、かえって新鮮に映りますね。あと、主演の高畑充希さんがどんな女医を演じてくれるのか? その演技に期待したいと思います。
30代男性

高畑充希演じる紅野真空が勤務中に倒れ、病気が発覚するシーンからドラマが始まり、先生から病名を伝えられ、欲しいのは患者ではないと言われるという、見ている側すら心の痛む場面で開始早々衝撃を受けました。霧ヶ谷との出会いをきっかけに紅野が山奥にある虹ノ村で働くことになるのですが、虹ノ村の村人の個性が強くて笑いが止まりませんでした。虹ノ村に行く交通手段がバスなのですが、バスの運転手の他にバスガイドのようなおじさんがいて、これは仕事としてなのか、趣味としてなのか変なところが気になりました。浅黄と蒼山が紅野が来たことによって仲良くなるのか、紅野の病気の症状が出て来て大変なことにならないのかハラハラしながら見ていましたが、きちんと病気のことを伝えていた場面ではみんなと仲良くなれた分、打ち明ける勇気がかなり必要だっただろうなと胸を打たれました。今後は紅野がどれほど活躍出来るのか、病気は本当に治らないのかとても気になっています。
20代女性

突然の雨に打たれて雨宿りする真空が虹ノ村の霧ケ谷桂と偶然出会うシーンがとても良かったです。雨上がりの虹を見て言う霧ケ谷のセリフがぐっと心に沁みました。虹ノ村は山奥にある小さな村だけど、とても温かくて居心地良さそうな村だと思いました。最新の医療は出来ないけど、そのぶん患者さん一人一人に寄り添える場所だと思います。今の真空にぴったりの場所だと感じました。病気のことを隠していた真空のことも、怒るどころか笑顔で迎えてくれた村の人たちを見て、これからこの虹ノ村で、真空がどんな風に村の人たちと向き合い、自分自身の病気と向き合っていくのかがとても楽しみになりました。診療所の建物がとても素敵で私も住んでみたいと思いました。
40代女性


第2話

「わたし、嘘をついていましたー。」
ついに秘密を告白した内科医・真空(高畑充希)だが、“医者で患者、最強じゃん?”という
温かい言葉と共に、改めて、虹ノ村診療所での日々がスタートする。

翌朝、虹ノ村診療所には衝撃の大行列がズラリ!?待望の内科医の登場に、お年寄りたちは大はしゃぎ。孫についての悩みや、畑で獲れた冬瓜のプレゼントなど、診察に関係ないことまで、熱心にじっくり向き合い、寄り添う真空。往診先で出会った一人暮らしのおばあちゃん、佐和子(水野久美)からも、スマホを買ったが話す相手がいないと相談され「いつでも話し相手になる」と申し出てしまい、さっそくかかってきた電話にも丁寧に対応する始末。

診療所の3人の中で一番最後に起きてきた真空の料理の腕前はあまりにも酷く、一番乗りでなくて良かったなと思えるくらいにジャガイモの切り方が独特で手を切らないかと心配になりました。クセにという言い方が大嫌いと部屋にあった木材を持って持論を語り朔と太陽を追いかける姿は怖さが強烈で、真空の新たな人格の一部を見られ忘れられない場面になりました。大人気となった真空に村人からのプレゼントの凄さにはビックリ、村なのに1ヶ所に集まるとトンでもないくらいに賑やかで、それが故に高齢者である次郎の異変を見過ごしたのは残念でしたが、優秀なだけにダメな事を先輩医師の朔に全て話して反省するという場面には感心しつつ、全く叱る事ができない朔のモヤモヤ感には笑ってしまい、言ってはイケない後輩のクセにと会話で出てしまう流れも面白く感じました。次郎の危機に日出夫が死ぬなと言いつつダメだと感情の揺れの激しさに爆笑させられ、配達業の結城がどさくさ紛れに真空にキスをする行動にビックリ、真空も素早くビンタとテンポの良さは最高で、このドラマは優しく温かくそして面白いと素晴らしい作品だなと思います。
30代男性

紅野のジャガイモの切り方が悲惨で、料理をしてこなくて下手なのではなく、一人暮らしで料理をしていたけれども下手というので、イメージに合わなさすぎて面白かったです。筑紫が診療所に来た時は筑紫の性格や先生の忙しい状態を見て、自分を後回しにしている姿は心を打たれたのとともに、もっと自分を大事に、自分の症状を細かく伝えてくれていれば早く病気を見つけられたかもしれないのにと見ていて辛くなりました。病気を抱えながら先生として頑張る紅野の身体への負担も心配でハラハラしながら、応援しながら見ています。筑紫が倒れ、家族として日出夫が来て、病人を叩く姿を娘の嵐に怒られているシーンや、雨尾が荷物を届けに来た時に筑紫から預かった伝言を事細かく再現して紅野に叩かれるシーンは意表をつかれて笑いました。感動あり、笑いありでこれからも楽しみです。
30代女性

真空が来てくれたことにより診療を待ち望んでいた村民の人たちが、大勢押しかけて多忙なところに、二郎さんの病気。持病の影響もあって疲れていたっていうのもあるけど、一歩間違えば亡くなっていたかもしれないって思ったら、落ち込むを通り越して、怖くなっちゃうよね。それを大丈夫だとか冗談とかを言いながら励ましてくれる村の人たちが、すごく優しくて、佐和子先生の歌も素敵で感動してしまいました。そして術後の経過が順調な次郎さんからの伝言。内容も次郎さんらしくて良かったけど、配達屋さんのほっぺにキスの伝言まで届けてくれるとは、普通ならセクハラだけど、真空が元気を取り戻すきっかけにもなって、またみんなで笑い合えるようになってよかったです。最後の商店の奥さんは、若年性アルツハイマーとかなのかな。初日に「○○らしい」ってやたらと言っていたので、気になる。
20代女性

患者一人一人と丁寧に向き合って、もっと頑張ろうと無理してしまう真空が見ていて「大丈夫かな?」と何度も心配になりました。スマホを買ったけど話し相手がいないという女性にも、いつでも電話してくださいと言ってしまうところに、真空の人の良さがにじみ出ていて好感が持てました。また、診療所での朔と太陽との何気ない朝の会話がほのぼのしていて心が和みます。「”のくせに”とか言う人嫌い」とか言いながら、さっそく「男のくせに」とボソッと真空が朔に向かってつぶやくところや、太陽がそれに対して「くせにポイント表」まで作ってしまうところが面白くて笑えました。また、次郎さんの伝言を伝えにきた宅配の人が驚きの行動を真空にするところも、ちょっと不意をつかれてビックリするけどクスッと笑える微笑ましい光景でした。
30代女性

ドラマ「にじいろカルテ」第2話」の良かった点として、真空が、「母親の介護ではなく、症状が悪化すると日常生活がおくることができなくなってしまう」ということを、虹ノ村診療所の方に報告できたことは、とても良かったと思いました。一緒に働く仲間に嘘をついてしまったことを、早めに報告することができたことは、素晴らしく感じました。中々、言いづらい中でよく頑張ったと思いました。真空が「ここにしか居場所が無いと伝えていたシーン」には、とても感銘を受けました。真空が、内科医として一生懸命頑張ってほしいと応援したくなりました。真空がおばあさんとスマホのお話をしている場面があり、お話の相手になってあげたことがとても良かったと思いました。
30代男性

村に来てからまだそう日が経っていないのにすっかり馴染んでいる真空先生を観て凄くほっとしました。朔先生に向かって軽口を叩けるようになっていたし、結構ズバズバ発言するようになっていて面白くてめちゃくちゃ笑いました。朔先生の大人気ない言動には呆れながらも全然憎めなくて、それどころか愛おしいとすら思えてしまいました。例によって太陽くんの朔先生に対する容赦ない言葉は最高でした。この3人の中にある空気感はまるで長年寄り添ってきた同士みたいで胸が熱くなりました。そして、北村匠海さんのパッツン前髪は天使でしかないなと思いました。眞島秀和さんと安達祐実さんのやり取りが2週にわたって観られてたまらなく幸せでした。こんな可愛い夫婦最高すぎるとテンションが上がりました。
20代女性

嘘をついていたことを泣いて謝る真空のことを、怒るどころか笑顔で迎え入れてくれた虹ノ村の人たちの温かさに胸が熱くなりました。自己主張強めの朔先生を演じる井浦新さんがいい味出していました。朔先生と太陽の関係に真空が自然に溶け込んでいて、もうずいぶん長い時間一緒に働いているような空気感でした。見ていてとてもほっこりした気持ちになりました。真空の料理の腕が絶望的だったシーンでは3人が本音を出し合っている雰囲気が伝わってきて良かったです。太陽が作った「くせにポイント表」すごくよく出来てましたね。チャンピオンになるのは…。きっとあの人、そう朔先生だと思います。真空の病気も心配ですが、出来るだけ長く医者であって欲しいです。そして少しでも長く、虹ノ村の人たちの真空先生でいて欲しい、そう心から思いました。
40代女性

舞台になっている村はのどかで緑をはじめ自然に囲まれて、1話目には出てこなかった景色も見る事ができて本当に良い所だと改めて思いました。景色も明るく村民も一癖も二癖もあるかなり個性的なメンバーの集まりと言った感じですが、皆さんが家族のように仲が良くて明るいので雰囲気も人も虹ノ村という地名にふさわしいと思いました。男のくせに、とか女のくせに、に代表されるようなくせに、という言葉はなしねという提案をするのは非常に素晴らしいと感じました。ドラマでこのような事を発信して貰えれば影響力も大きいですので少しでも世の中に浸透すれば良いのにとも思いました。最後の方で晴信が怪訝な顔をしながら突然外に出た時は何事かとびっくりしましたが雪乃を見つけた時の心から安堵している表情を見て、雪乃の事が心配でたまらなくて本当にとても大事にしているという思いが伝わってきました。
50代男性

主要人物である、内科医の真空、外科医の朔、看護師の太陽のやりとりがとても面白かったです。仲が悪そうに見えて、お互いを思い遣っている姿が垣間見え、心温まるドラマでした。医療ドラマなのですが、笑えるシーンが多く、病人や怪我人の出る深刻な場面でも、出演者のセリフが面白く、クスッと笑えます。普通の医療ドラマに比べ、堅苦しくない観やすいドラマだと思いました。小さい町が舞台なので、町人たちの仲が良く、アットホーム感の強いドラマです。病気を見過ごされた患者が内科医の真空が責任を感じないようにと、搬送された病院から町の配達員「まじょたく」に冗談交じりの伝言をお願いしたシーンが一番印象的で、優しさが心に染みました。
30代女性

真空と朔と太陽、3人の掛け合いが、ほっこりもしますし漫才を見ているようでとても面白かったです。1話ではまだ距離感があった3人が、少しずつ仲良くなってきてお互いのことを知っていっているところがとてもいいなと感じました。村人の1人の体調が急変してしまい、救急で運ばれて行くシーンはスピード感と緊張感がありそれまでの笑えるシーンとは一変してドキドキしました。所々で登場する個性豊かなおばあちゃんやおじいちゃんに救われる真空のシーンが好きで、今回は特に、おばあちゃんの留守電の歌を聞いて我慢していた緊張の糸が切れ、涙するところにうるっときました。真空に心配をかけないようにと笑顔で接する村人たちの表情もとてもよかったです。
20代女性


第3話

「私は誰なんでしょうか――?」
ある日突然、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んでくる。真空(高畑充希)のことも、自分自身のことも、“なにもわからない”という雪乃に、衝撃を受ける真空。

朔(井浦新)から、雪乃は3年前から“認知症”を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわからない。
“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空だが、なぜか朔と太陽(北村匠海)は落ち着いた様子で…?


第4話 にじいろカルテ

ある朝、朔(井浦新)は畑で野菜を収穫しながら、過去の出来事を思い出していた。真空(高畑充希)は、そんな朔のことが心配になる。一方、尻を虫に刺された太陽(北村匠海)は、かゆみに苦しんでいることを真空らに打ち明けられずもだえていた。そんな中、隣の村で土砂崩れが発生し、真空らは現場に急行する。


第5話 にじいろカルテ

虹ノ村にテレビ番組の取材が入り、現在の居場所や病気のことを母親に伝えていない真空(高畑充希)は、ばれないか心配になる。一方、太陽(北村匠海)は朔(井浦新)の過去に何かあったらしいことを知って以来、朔にどう接していいか分からずにいた。そんなある日、朔が真空と太陽に「話がある」と切り出す。


第6話 にじいろカルテ

真空(高畑充希)は母親に病気のことと近況を打ち明けようと、虹ノ村の写真を撮り続けていた。そんなある日、診療所に日向(中野翠咲)が駆け込んでくる。日向がスマホで撮ったという嵐(水野美紀)と日出夫(泉谷しげる)の動画を見せられた真空らは、二人の体調が悪いことを察知し、すぐさま嵐らの家に向かう。



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました