ゲキカラドウ 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ゲキカラドウ 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ゲキカラドウ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

多彩な激辛料理は見ているだけで汗がじわり。

ジャニーズWESTの桐山照史が主演を務め、
料理の「辛さ」と人の「辛さ」、
人生の「辛さ」を知り成長していく男を好演。

あらすじ

飲料メーカーに勤める猿川健太は、
実力を認められ東京本社の
営業促進室に異動となるが、
初日から営業に行った
老舗酒店の店主を怒らせてしまう。

その夜、室長の谷岡らにより
猿川の歓迎会が開かれるが、
そこで出てきたのは驚くほどの激辛料理で…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(猿川健太)
桐山照史
(大河内友麻)
泉里香
(篠宮亮介)
中村嶺亜
(山崎裕也)
森田甘路
(秋山雅人)
前川泰之
(谷岡和彦)
平田満

<STAFF>

監督
柴田啓佑
ヤング・ポール
西川達郎
音楽
諸橋邦行
脚本
吉本昌弘
神田優
政池洋佑
本田隆朗

©「ゲキカラドウ」製作委員会


各話紹介

第一話 辛口酒店と激辛ラーメン

大阪から東京?社に異動になった飲料メーカー・ロンロンの猿川。だが、初日に老舗酒店に営業に行くも失敗。店主の葛城を怒らせてしまう。その夜、猿川の歓迎会が開かれるが、出てきたのは驚くほどの激辛料理で…。

大の激辛好きとしては見逃せないグルメドラマで凄く楽しみにしていて待ってましたという感じです。主人公が大阪から東京支社の営業に転勤になりそこでは営業成功の鍵として室長からゲキカラドウなる物を伝授される辺りこのユーモアのセンスは最高です。特に営業先の営業度合いを一辛、二辛としてランク付けしているのには笑えました。主人公が激辛料理と出会いそれを食し克服していく事で営業成績も上げ営業マンとして成長していく姿が爽やかで良かったです。ドラマで出てくる激辛店が実際に実在のお店なのでその点も毎回楽しみです。それにしても歓迎会でのいきなりの激辛料理攻撃で主人公の驚愕ぶりとそれを尻目に同僚達が食していくシーンもこれまた笑えました。これからどんな激辛料理が彼の営業の仕事に役立って行くのか期待いっぱいのドラマでとても面白かったです。
50代女性

深夜番組の「孤独のグルメ」のように夜中に食欲を刺激する内容でした。初回から食欲をそそる内容で、辛いもの好きにはたまらないと思います。主人公の猿川が先輩たちに連れて行ってもらったお店で出された料理は衝撃的でした。唐辛子たっぷりと思われる激辛ラーメンが出ていて、見るからに辛そうでした。麺を箸で持ち上げるとスープが絡んだ麺が赤かったです。彼が食べるシーンが見どころで、辛いながらも頑張って食べているのは観ていておもしろかったです。先輩の谷岡が「ゲキカラドウ」について言うシーンには思わず夢中になりました。早速タイトルについて語られていたのが興味深かったです。作中で猿川が食べている料理は辛い料理が好きな人はハマること間違いなしです。
30代女性

私個人的にですがジャニーズWESTのファンですので、主演が桐山照史くんというだけで見る理由になるわけですが、このドラマはゴールデンタイムと違い短めですし内容的にも単純でわかりやすく毎回どんなメニューが出てくるのか楽しみにもなります。桐山くんのスーツ姿が新鮮で可愛くて見ていて微笑ましく思います。私自身も辛い物が大好きなので、このドラマを見ていると時間帯的にもとてもお腹がすいてきますが、ストレスが溜まっているときに辛い物が食べたくなるのでこのドラマを見て自分も辛い物を食べてすっきりしたいなあと思ったりもします。辛い物が好きな人は登場人物がわからなくても見てみるとおもしろいかもしれません。同じメニューが食べたくなりますよ!
30代女性

ドラマゲキカラドウを観た感想として、職場の人たちと、4人でご飯を食べるシーンがあり、地獄鍋には、とてもびっくりしました。見ているだけでも、すごく辛く感じられました。本当に食べられる食事なのかと思ってしまいました。汗水流してでも、猿川が食べていたのには、びっくりしました。しかし、ドラマを通じて、今は寒い時期でもあり辛い食べ物にも挑戦したくなりました。空手道場では、「高野会館」に営業にいき、ぜひ自社の自販機を置いてほしいと頼んだが、館長の大山田から即座に断られてしまい、とても大変な営業先だと思いました。水以外は、道場では飲まないと言われてしまうと、再度、営業することが難しく感じられました。
30代男性

桐山照史さん演じる猿川健太が、激辛料理を、真剣に汗を半端なくたらしながら克服していくシーンがとても迫力もあり良かったです。それに対して、会社の先輩たちは、何食わぬ顔で激辛料理を食べているその差にも驚きました。また、仕事にも真摯に向き合う猿川に、これからも負けないでいてほしいと思いました。印象的だったのは、猿川が入ったラーメン屋でまた激辛料理を無謀にも注文してしまう猿川に、店の客たちも最初は冷ややかな視線を送っていたのですが、猿川の本気の食べ姿を見ていたら、だんだんお客さん達の反応が好意的なものへと変化していき、店の店主も、なかなかやるなあといった目線を送っていたところがよかったです。ラーメン屋を後にする猿川に店の店主が一言声をかけるところもよかったです。
40代女性

元々激辛料理をあまり食べたことが無いという人物を桐山照史さんが演じています。物語上、職場の同僚たちに仕方なく激辛料理を食べさせられる展開になるのですが、食べ始め序盤はかなりつらい表情を浮かべます。しかし渋々食べ続けていくうちに、辛味の奥にあるおいしさに少しずつ気づき、最後は喜びに満たされていくという流れなのですが、その表情の変遷がとてもいいのです。辛さと格闘しているような演技で、まるで実際に激辛食を食べているような気持ちにさせてくれます。桐山さんの武骨なルックスも、元応援団だったという設定や営業職に真正面から取り組む様子に似合っていてとてもいいです。馴れ馴れしいけれど素直な後輩役の中村嶺亜さん、温かく見守る上司役の平田満さんなど、脇役も絶妙で、見ていて清々しい気持ちになれるドラマです。
40代女性

ゲキカラドウ第1話を観た感想は、激辛料理をメインに置いた人間ドラマが斬新な作りだと思いました。主人公・猿川健太が、最初は決して得意ではない激辛料理を克服・完食することで、人生における困難な壁を乗り越え、人間的に成長していく様子がとてもおもしろいと感じました。第1話では、激辛韓国料理と激辛ラーメンが登場しましたが、どちらもトウガラシがドバドバ、真っ赤に燃えるようなビジュアルをしており、視覚効果は抜群。見ているだけで口の中が焼けつくようなインパクトを与え、第1話から視聴者の目をくぎ付けにさせる圧倒的な画ヂカラがありました。また、泉里香さん演じる大河内友麻のキャラクターがまさにクール・ビューティーといった感じで、激辛料理を食べる姿も妖艶かつ美しく、主人公とのこれからの関係性も気になるところです。
40代男性

いつもおどけた感じの面白系アイドルだと思っていたけれど、こうして演技をしている桐山照史さんはとても新鮮で観ていて不思議な心地がしました。ファンでもなんでもなかったのに観ているうちに桐山照史さんの一挙手一投足に目を奪われている自分がいました。豊かな表情は観ているだけで引き込まれるものがあったし、何よりなんてことのない普通の白いワイシャツに身を包んだ彼がこの上なくかっこよく見えて、胸が高鳴るのをはっきり感じました。普段とのギャップがたまらなかったです。そして、出てくる料理がめちゃくちゃ美味しそうで涎が口いっぱいに溜まってしまいました。元々激辛のものが大好きな私からしたら食欲をダイレクトに刺激されました。最高の飯テロを食らって最高の気分でした。
20代女性

「ジャニーズWEST」の桐山照史さんのファンでしたので、主演のドラマという事で非常に楽しみにしていました。髪型も丁度いい感じのサラリーマンを醸し出していて最高にハマっていたと思います。最初、ゲキカラ料理をどうやってドラマにするのか気になっていましたが、「辛いものに挑む」事と「営業での難しさ」を上手く重ね合わせているとわかりました。それでいてゲキカラ料理のシーンにはたっぷり時間をとって、あえてセリフは入れないのが緊張感を伝えていると思いました。桐山さんが汗だくになりながら食べているので本当に辛いものを出しているのではないでしょうか。完食して店の外に出た時の爽快感さは、上手いことこのドラマの趣旨を表していると思いました。
30代男性

主人公が関西から東京に移動になって初めていく営業先の店主。あぁこういう人るよなあ、自分の仕事先に来たらちょっと嫌だなあと思いながら、真摯に対応する姿が社会人として大切なことを思い出させてくれた気がします。ゲキカラドウというタイトルだけあって辛い食べ物を1話の中でたくさんたべますが、みなさん本当にいい食べっぷりで見ているこっちも汗をかいて、おなかがすいてしまいそうです。実際に営業しているお店で出ているメニューや、エンディングにおすすめ商品と食べ方がさりげなく紹介されていますのでぜひ伺ったり、試したりしたいです。主演の桐山くんのファンですが、食べ物に関する作品に出させていただいて、彼の魅力がたくさんの方に伝わればいいなと思っています。
20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました