俺の家の話 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 俺の家の話 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 俺の家の話 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

宮藤官九郎が脚本を手掛ける
オリジナルホームドラマ。

かつて人気プロレスラーだった
“ブリザード寿”こと観山寿一(長瀬智也)は、
けがや年齢もあり今は小規模なプロレス団体で
細々と試合に出ている。

ある日、寿一の元に父親・観山寿三郎が
危篤との連絡が入り、寿一は20年以上ぶりに
家族と再会する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

長瀬智也
戸田恵梨香
永山絢斗
江口のりこ
井之脇海
道枝駿佑
羽村仁成
勝村周一朗
長州力
荒川良々
三宅弘城
平岩紙
秋山竜次
桐谷健太
西田敏行


各話紹介

第1話 俺の家の話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」

プロレスラー・寿一(長瀬智也)と家族が介護や遺産相続を巡り、壮絶なバトルを繰り広げる。20年以上も家族と音信不通だった寿一は、父・寿三郎(西田敏行)の危篤の連絡を受け、病院へ。一命を取り留めた寿三郎は、介護ヘルパーのさくら(戸田恵梨香)と結婚し、遺産を全てさくらに譲ると宣言する。

主人公が能の役者からプロレスラーになったという設定がおもしろかったです。これまでに能とプロレスという組み合わせを聞いたことがなく、異色の組み合わせが新鮮に思えました。第1話では主人公の寿一は父が危篤になり、家業である能を継ぐためにプロレスラーを引退します。まさか初回で引退するとはびっくりでした。そしてより衝撃的だったのは退院した寿一の父が担当ヘルパーのさくらと結婚すると言い出す展開でした。さらに遺したお金は全て彼女に渡すと言います。初回からドタバタの展開で、思わず夢中になりました。父は危篤の設定ですが、明るい雰囲気になっていて親しみやすいと思います。第1話がおもしろかったため、今後の展開がとても楽しみになりました。
30代女性

ドラマ「俺の家の話」1話、ストーリーの展開も意外と早く進み、内容もコメディ的な要素もありながらもじんわりとした家族の話もあって、とても面白くてよかったです。キャストも魅力的で、特に長瀬智也さんが主人公というところも楽しみで、注目して観たいところです。初めのプロレスラーの役柄もインパクトがあり、髪型が個性的で躊躇なく髪の毛を切り落としてゆくシーンがとても印象的だったので、思わず笑ってしまいました。家族の中に突然入り込んできた謎の女性の正体も気になります。家業はいったいどうなってゆくのか、家族の関係や親子の関係はどう変わってゆくのかなど、どんな物語が繰り広げられてゆくのか、今後のストーリー展開も楽しみにしています。
40代女性

話の設定や内容が今までになく、ついていくのがやっとでしたが、介護の話や高齢者を取り巻く家族の話になってきたところで落ち着きつつも笑い、考えさせられる展開へと進んでいきました。きれいごとじゃすまされない、調子のいいことばかり言って手伝わない等、本当にあるあるな内容にぐっと身近に感じるドラマでした。懐かしいキャストや個性的な俳優がより一層、介護や高齢者を取り巻く問題を真剣に真摯に表現しつつも笑いも含んで、ダークなイメージだけではなく、あたたかさとかちょっとした光もみせてくれている気がします。今後の親子、兄弟のやり取り、あと私は特に女性陣の立場として戸田さんや江口さんに注目しています。コレから我が身にも起こりうることとして、それでも肩の力を抜いて楽しく見ていきたいと思います。
60代女性

長瀬智也にプロレスラー役なんて出来るの?と思っていましたが、腕も太いし胸も厚くて実に本物に近く仕上がっていました。コスチュームも本物らしく見えました。入場曲がユーミンにめちゃくちゃ笑いました。宮藤官九郎のドラマらしくポンポンと掛け合いのような台詞が続いてテンポ良くて面白かったです。でも面白いだけではなく、急にハンマーで殴られたように強烈なセリフが入ってきました。前半でグッときたのは意外にも長州力のセリフです。引退を考える寿一に長州力が「俺たちが勇気振り絞るのはな、リングシューズ履く時じゃねーんだよ!脱ぐ時なんだよ!」というセリフは、プロレスファンとしてグッと刺さりました。長州力が長州力の役で出てるのも最高に良かったです。来週も長州力に出番があるようなので嬉しいです。
40代女性

長瀬智也さんと宮藤官九郎さんが久しぶりにタッグを組んだドラマということでとても楽しみにしていました。最初は長瀬さん目当てでドラマを見始めましたが、出演者皆さんがとても良い味を出していて一時間があっという間に過ぎてしまいました。西田敏行さんはさすがの演技で引き込まれました。親の介護というこの時代にとてもマッチした内容で共感を得られることも多いと思います。長瀬智也さんの「親だからこそできない。」という言葉がとても心に刺さりました。実際に親の介護を経験したことはありませんが、もし自分が親の介護をするようになったときにお風呂やおむつ交換などをできる自信もないのでいつかの将来の自分と当てはめてしまう部分が多かったです。2話以降もとても楽しみにしています。
20代女性

親と子の、どういう在り方であればいいのかと親がこうしたら子供はこう思うんだろうなと言う事を知ることができるドラマだと思ってます。兄弟も沢山いるので、それぞれが抱えていた想いも徐々に紐解いていってくれたらより学べるので期待してます。色々思うところがあって家業を継がずに家を出て行った寿一でしたが結局選んだのは父親である寿三郎とあった少ない共通点だったプロレス。引退試合をする年齢までプロレスラーをやって、結局は父親とのつながりを大事にしていたんだなあと思います。だからずっと家を離れていても危篤と聞いたらすぐに飛んでいったと。しかし待ってたのはその父の介護。寿三郎の寿命もだいたいわかってて、残った時間でどう父と向き合うのか寿一の心情の変化を見届けたいです。
30代男性

宮藤官九郎さんの脚本という事でとても楽しみにしていました。落ち目のプロレスラーを演じる長瀬智也さんの身体はとても筋肉がついていてプロレスラーの体型をしていました。しっかりプロレスするシーンもあり迫力満点です。引退を決め自分で普通のハサミを使い髪を切っていきました。地毛を伸ばしていたようでここでも役になり切っているのがわかりました。皆でお能の演目を声を出して唱えているのがとても迫力を感じました。特に宗家の役の西田敏行さんの声の通りはさすがです。一方、入浴を介助されるシーンや認知機能を調べる調査ではとても弱々しい感じが現実味を帯びていてそのギャップに驚かされました。他の出演者も個性的な人が多く一人一人に注目したいです。
50代女性

能とプロレスラーと介護の話ってどんなだろうって思っていましたが、さすが宮藤官九郎さんの脚本だなと思いました。親が脳梗塞で倒れてから介護が必要になって仕事を辞めたとか、遺産相続とか、後妻業かと思われる女が現れたりだとか、普通なら重たくて暗い話になりそうなのに、西田敏行さんを始めとする長瀬智也さん、桐谷健太さん、江口のりこさんといった実力派俳優陣によっていい具合に緩和されていました。思いっきり笑えるほどコミカルで明るい雰囲気というわけではないのですが、設定が面白いので今まで見たことがない新しいジャンルのホームドラマだと思いました。それでいて介護度が上がっていたり、認知症疑いがあったりという親の現状に直面した家族のリアクションなどが非常にリアルでした。人生の最後を家族とどう過ごすべきなのか考えさせられたので、今度の展開が楽しみです。
30代女性

主人公の長瀬智也さんの魅力が全開でした。相変わらずバカだけど真っすぐで頼れるアニキって感じで宮藤官九郎脚本との相性ばっちりです。義理のお兄さん役でロバートの秋山さんが出てきたのも変化球でドラマに面白みを与えていました。長瀬さんの父親役の72歳の西田敏行さんと結婚する!と言い出した戸田恵梨香さんは、最初遺産目当ての嫌な女役なのかと思いましたが、真面目に介護士として働く姿を見ていると、それぐらい凄い価値のある仕事なのではないかと思えてきます。実の子供だって親をお風呂に入れたりオムツを変えたりするのは抵抗があります。それを平然としてくれる若くて可愛い介護士さんと結婚して遺産を全部あげたい!って言いだしてしまう西田さんの気持ちも、わからないでもないなと思いました。しかし最後の最後で戸田恵梨香さんの後妻業疑惑が出てきたので次回以降も気になって仕方ありません。 
30代女性

長瀬智也さんが「このドラマの為に、体重を10kg増量しました」と話されていたので、プロレスラーと言う役柄だけの為ではなかったんだなと、1話目を見て納得しました。謎のヘルパー・さくらから「家族なのに体を洗えないんですか?」と問われたけれど「家族だからだよ」と寿一が答えた気持ちがとてもよく判って、元気だった頃を知っているからこそ、離れていた25年間で、あんなに元気だった父親がこんなに老いていたのかと、現実に戸惑ってしまったんだろうと思えて、でも、気持ちを切り替えて、覚悟を決めたから「風呂入るぞ」と寿一の方から寿三郎に声を掛けたんだろうとも思えました。今後、謎のヘルパー・さくらがどう観山家をかき回して行くのかを楽しみにしています。
50代女性


第2話 俺の家の話「後継者決定の舞い!魔性ヘルパーの正体」

寿三郎(西田敏行)は寿一(長瀬智也)が跡継ぎだと宣言するが、弟子たちは納得できない。騒ぐ弟子たちに、寿三郎は1週間後に寿一の腕前を披露すると告げる。寿一は介護と稽古に励む一方、収入がないためユカ(平岩紙)への養育費が払えず悩む。一方、踊介(永山絢斗)はさくら(戸田恵梨香)の過去を知り驚く。

寿一は一生懸命に稽古したかいがあって、跡継ぎとして認められたのは良かったけど、能の世界って本当に有名にならないと、お金持ちになんてなれないんですね。主になる人が、お囃子とか周りの人たちに報酬を出しているとは思わなかったから、そういう能の世界の裏事情みたいなものが知れて嬉しかったです。そして、一生懸命介護をしていたらお金がもらえたと綺麗事のようなことを言っていたさくらさんにフラれた宗家だったけど、認知症の進行がひどいため、お風呂に入ったらすっかりそんなことを忘れていて、険悪になっていた家族の雰囲気も柔らかくなっていたのが良かったですね。介護が大変なのは変わらないことだし、もしかしたらこの家族と過ごしたらさくらさんの気持ちも変わるかもしれないですよね。
20代女性

自分の祖母がアルツハイマー症候群を数年前から患っていることもあって、今回のように介護事情を扱っている内容はどうしても他人事のように思えなくて胸が痛くなりました。おそらく、介護の実態を知らない人はかなりの衝撃を受けたのではないかなと思いました。年々高齢者が増加する高齢社会である今、介護は誰の身にも起こる可能性があるからドラマの中でも現実的な描写があるのはとてもいいことだなと好感を抱きました。ドラマで扱うことによって少しでも介護事情を世間に知ってもらおうとするスタイルはとても良かったなと思いました。そして、1話に続き今回も長瀬智也さんの演技はやっぱり圧倒的な熱量を感じられて自然と引き込まれるし素晴らしいなと思いました。
20代女性

お父さんが面白いシーンが沢山でした。さくらのAさんBさんCさんの話を聞いてショックを受けたかと思えば、すぐ忘れてしまっていて、都合の良いというか嫌なことすぐ忘れられるのは、本人の精神的な面では良さそうな気がするので、お父さん長生きできそうだなと感じましたし、「寂しい年寄りなんかじゃない」と言うセリフが良かったです。こんなことを言える息子は素敵だなと思うのと同時に心にジーンときました。また、お父さんの介護を見ていると体が少し不自由な上に脳まで、どんどん悪化してしまったら介護がもっと大変になりそうだなと思いました。けれど、いつか自分も介護をしなければならない時がくるかも知れないので、この作品から学ばせてもらっています。
30代女性

ドラマ2話、コミカルな感じもありながらシリアスさや胸がジーンとしてしまう様な家族のストーリーがとても惹かれます。長瀬智也さん演じる主人公が文句を言いながらも父親の介護を頑張る姿にも心打たれます。さくらの正体が意外と早く明らかになり、どうなってしまうのかなと思いましたが、お年寄りの笑顔を見ていると騙しているだけの悪い女性ではない様にも感じます。まだつかめないさくらの事が気になります。寿一がさくらに言う言葉にもぐっときました。長瀬智也さんの舞う能もとても素敵でした。家族や親子の関係や人間模様も楽しみなドラマです。最後の寿三郎に起こる出来事が心配です。次回はどんなストーリーになってゆくのか注目して観たいです。
40代女性

寿一は一生懸命能を頑張っているのがかっこよかったです。父親は決して褒めてくれないけど、それでも努力しているのが良かったです。みんな長男に期待していなかったのは、なんとも言えなかったです。だからこそ頑張ろうという姿勢がいいなと思いました。また寿一の息子が、能を真剣に練習していたのが驚きました。なかなか集中力が長く続かないけど、能をしているのはなんだか楽しそうに見えました。寿一もすごくびっくりしながら、父親の顔で見ていたのが印象的です。さらに寿一が志田にヘルパーとしていてほしいと言ったのは、寿一らしいなと感じました。父親のことや色々考えているのが伝わってきました。志田のことを否定しないところが良かったです。
20代女性

2話は寿一が父親の介護に奮闘していたのが良かったです。少しずつ頑張っているのが、見ていて伝わってきました。父親がベルを鳴らして、駆けつけるところはシュールです。思わず笑えました。そして寿一は息子をフリースクールに通わせるために、デリバリーでアルバイトしていたのが意外です。一生懸命働いていたのが、息子のためなんだと伝わってきました。そんな中志田が10万円を貸したのがびっくりです。寿一も驚きながら、本当は有り難いと感じているような気がします。だけど志田が過去に担当していた方が、遺産目的だったのは怖かったです。その事実を知っても父親は、志田が必要だと言ったのがすごいなと感じました。家族みんな父親に振り回されているのがリアルです。
20代女性

宮藤官九郎の脚本なので毎週楽しく見させていただいています。特に西田敏行さんのファンにとっては、第2話は出演シーンが多くて大満足でした。前半で戸田恵梨香さんとデートするシーンで、付き添いの長瀬智也にデートの邪魔をするなと説教するときの掛け合いは大爆笑しました。ひと悶着あった後、お漏らししてしまった時の西田敏行さんの表情は何とも言えない哀愁があって最高でした。それと、戸田恵梨香さんが結婚詐欺師だとバレて西田敏行さんがフラれた後、お風呂で泣いているシーンでは切なくなりましたが、すぐにフラれたことを忘れて戸田恵梨香さんといちゃつく展開は、さすが宮藤官九郎だと思いました。今後、どんな展開が待っているのか非常に楽しみです。
40代男性

思っていたよりすんなりさくらちゃんが身を引いたというか、後妻業を認めたことにびっくりしました。でもあと半年だと医者から余命宣告されたのが、さくらという存在によって一年に延びた、「私はそれだけのことをした」と言った言葉には強い説得力を感じてしまいました。恋心はなかったとあっさり認め、ふられてしまった寿三郎でしたが、認知症が進行しているおかげでふられたことを5分後には忘れているという展開が面白かったです。重〜い話題の後に、こういった軽めの笑いを挟んでくるところがうまいなと思いました。緩急の付け方が最高です。また、能楽の世界の事情を初めてこのドラマで知り、厳しい世界なんだなと思いました。主役を張れる流派は日本でたった5つしかないこと、驚きました。そういう家系で産まれたなら、絶やしてはいけない運命を背負っているのだなとも思いました。日本の文化でありながら私は能に触れたことがないので、社会情勢が落ち着いたら見に行ってみたいと思わされました。
30代女性

さくらの過去が明らかになっていく様子が面白かったです。何か隠していそうだとは思っていましたが、改めてさくらは強い人だと思いました。子どもたちが寿三郎を心配するのは無理もないですが、さくらが意外とあっさり自分の行動を認めたのは驚きました。ショックを受ける寿三郎を見て心配になりましたが、すぐに回復していたので安心しました。これまでさくらが一緒に過ごしてきた男性たちも、寿三郎と同じような感覚だったのかもしれないと感じました。お金が関わると複雑な気持ちにはなりますが、寿三郎を見ていると需要と供給が合っているのだと思いました。寿一がアルバイトを始めたのは笑ってしまいましたが、観山家の家計のことは今後改善していかないと非常にまずいと感じました。
30代女性

認知症や介護など重くなりがちな題材を扱うドラマですがとてもポップな感じで良かったです。認知度を調べるテストで前回の問題を一生懸命暗記したのに今回は出題するものを変えられてしまい、またしても答えられず拗ねて見せた寿三郎がとても可愛く感じられました。さくらがお金目当てで寿三郎に近づいたと知ってとてもショックを受けていましたが入浴したら忘れてしまい何もなかったかのようにさくらと話しをするシーンはなんだかほっこりしました。能を舞うシーンや孫に稽古をつけるシーンは重厚さがありました。宮藤官九郎さんの脚本らしくあちらこちらにクスッと笑えるシーンや仕草やセリフが散りばめられていている感じがします。寿一を演じている長瀬智也さんのプロレスする姿も様になっていて迫力があります。
50代女性


第3話 俺の家の話

舞(江口のりこ)がシルバーカーを買うも、寿三郎(西田敏行)は恥ずかしがり使用を拒否。余命の短さを実感した寿三郎は寿一(長瀬智也)らに、余生でさくら(戸田恵梨香)と何がしたいかをエンディングノートにつづっていると明かす。そんな中、寿一はコタツ(三宅弘城)らから、プロレス界に戻るよう頼まれる。


第4話 俺の家の話「家族全員大ショックくそジジイの告白」

寿一(長瀬智也)は、寿三郎(西田敏行)のエンディングノートに書かれた「寿限無(桐谷健太)のおとしまえ」の詳細が気になる。そんな中、大州(道枝駿佑)と秀生(羽村仁成)が能のイベントに出ることに。稽古に励む秀生と熱が入らない大州を見た寿一は、幼い頃の自分と寿限無の姿を二人に重ね合わせる。


第5話 俺の家の話「恋と反抗期が渋滞!?目指せ!家族旅行!」

寿限無(桐谷健太)と大州(道枝駿佑)が反抗期を迎える中、寿一(長瀬智也)は家族旅行を計画。寿限無も誘うが、すねた様子で「家族じゃないから」と断る。そんな寿限無を寿一はさんたまプロレスの道場へ連れて行き、自分のことを好きなだけ殴ってののしれと告げる。するとそこへ、さくら(戸田恵梨香)が現れる。


第6話 俺の家の話

寿一(長瀬智也)らは、家族旅行に出掛ける。道中、寿三郎(西田敏行)が昔の恋人たちに会いたいと言いだし、寄り道することに。しかし、二人の女性と会うも、寿三郎の思い出はことごとく踏みにじられる。寿一の反対を押し切って3人目の女性に会いに行った寿三郎だが、そこで一人の男性に会い、ショックを受ける。



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました