防振り 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 無料動画視聴できるサイト!アニメを全話一気見!

防振り 未分類

【痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】
の動画をネットで見るならここがおすすめ!

\この作品を31日間無料で見よう!/

動画配信サイト 配信の有無 配信方法

見放題配信

U-NEXTを31日間無料視聴する

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯よりアニメが好き!
ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

ライターの独自視点で
作品の楽しみ方が倍増します!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品無料視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で第1話から最新話まで、全話フル動画配信しています。

U-NEXTを31日間無料視聴する

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で600円相当のポイントを【無料】プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを31 日間無料で視聴が可能!
U-NEXTのおすすめポイント
U-NEXTを31日間無料利用する方法をお伝え致します。

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • メイブル:本渡 楓
  • サリー:野口瑠璃子
  • カスミ:早見沙織
  • カナデ:新井里美
  • マイ:加隈亜衣
  • ユイ:諏訪ななか
  • クロム:杉山紀彰
  • イズ:佐藤聡美
  • ペイン:小野賢章
  • ドレッド:山崎たくみ
  • フレデリカ:竹達彩奈
  • ドラグ:神奈延年
  • ミィ:佐藤利奈
  • シン:山口勝平
  • マルクス:石田彰
  • ミザリー:皆口裕子
  • ドラぞう:丹下 桜

<STAFF>

  • 原作:夕蜜柑
  • キャラクター原案:狐印
    カドカワBOOKS
    『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』/ KADOKAWA刊
  • 監督:大沼 心・湊 未來
  • シリーズ構成:志茂文彦
  • キャラクターデザイン:平田和也
  • 総作画監督:平田和也
  • プロップデザイン:澤入祐樹、佐藤香織
  • 武器デザイン:青木慎平
  • クリーチャーデザイン:あぼしまこ、HB2P
  • 美術監督:新城湧基
  • 美術設定:上野比呂美
  • 色彩設計:平間夏美
  • 撮影監督:佐藤敦(スタジオシャムロック)
  • 3D監督:北村浩久
  • 編集:近藤勇二(REAL-T)
  • 音響監督:小泉紀介
  • 音響効果:川田清貴
  • 音楽:増田太郎
  • 音楽制作:MAGES.
  • アニメーション制作:SILVER LINK.
  • 製作:防振り製作委員会

<主題歌>
オープニングテーマ:純情のアフィリア「究極アンバランス!」
エンディングテーマ:佐々木李子「Play the world」

(C)2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

あらすじ

人気のVRMMO 「NewWorld Online」に超大型新人現る!?
あらゆる攻撃を無効化し、致死毒スキルでモンスターも
プレイヤーも徹底蹂躙!
異常な戦いぶりから「歩く要塞」とも「ラスボス」とも
呼ばれるそのプレイヤーの正体は、ただの美少女初心者だった!
何を隠そうこのメイプルは、友人サリーに勧められて
ゲームをスタートさせたばかり。
ゲーム知識に乏しく、ステータスポイントを
VIT(防御力)に極振りしてしまい、最初はザコモンスターにすら
翻弄される始末だったが⋯⋯。痛っ⋯⋯くない!?
モンスターにどつき回されてもダメージゼロ、
さらには運良く一撃必殺のカウンタースキルまで
手に入れてしまう!
ひと癖もふた癖もある仲間たちも加わり、
ますます成長していくメイプル。
ノーダメージな大冒険が幕を開ける!

配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間

(見放題配信)
31日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
14日間無料
今すぐ見る

(見放題配信)
1ヶ月間無料
今すぐ見る

各話紹介

第1話 防御特化と初戦闘。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

友人の理沙に誘われ、
最新ゲームであるVRMMO
『NewWorld Online』を
はじめることにした楓。

自身のキャラ名をメイプルとし、
ダメージを受けるのは
嫌だからと全ステータスポイントを
防御力に極振り!

力もなければ走りも遅い、
敵の攻撃も避けられない。

そんなありえないシチュエーションを
逆手に取って、次々とレアスキルをゲット!

防御力特化の新米冒険者メイプルの物語が、
いま幕を開ける!

友人から勧められて観ました。ステータスを本当に防御力だけに振り切っていて、面白い発想だなと思いながら観ていました。タイトルから防御力に振り切ったステータスを構築していくことは想像つくのですが、その影響が想定外かつプラスに働くので観ていて飽きないです。序盤はレベル上げメイン、なおかつ攻撃力0なので、ただただ同じ事をひたすら繰り返すだけで観ている側からするとすごく地味なはずなのに、主人公の天然さと明るさと、ゲームを楽しんでる様子から、そんな風に感じさせないアニメです。お友達も今後は同じゲームに参加していくようなので、お友達はなんのステータスに振り切ったキャラを作るのか楽しみです。
30代女性
ゲーム初心者なのでステータスをどう振るのかは個性が出ます。防御に全振りするのはスタート時だけならまだいいのですがレベルが上がってもさらに防御にしても不便さを感じないのは運営のミスと考えるしかないでしょう。本来なら攻撃手段が無いはずなのに勝手にモンスターを倒してレベルが上がっていってしまうのもどうかと思いますが、この無茶な設定こそがこのアニメの特徴ですから受け入れるしかありません。ののほほんとした性格の主人公メイプルは嫌いではないです。世界観にこだわるのではなくこういった無茶なプレイスタイルでゲームを進めていくのはいい発想だと思います。何気にキャラデザインも良いので後はテンポがよければ作品の質としては問題ないでしょう。
40代男性

第2話 防御特化とお友達。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

毒竜を倒し、レアな武具と
スキルを手に入れたメイプル。

防御力がさらに高まり、
持っていたスキルも強化。

意気揚々と最初のイベント、
プレイヤー同士の
バトルロイヤルに挑む。

そして、楓を誘った張本人の理沙も、
サリーとしてついにゲームに
参加することになり……。

今回はリアルの友達理沙(サリー)がゲームに参加したことで、話が大きく動いた感があります。ある意味最強じゃないかと言えるスキル「悪食」も手にれたメイプルちゃん。なんか貫禄すらついてきた感がありました。なんと言ってもイベントでまさかの三位ですからね〜。これは運営側も予期せぬことだったのではないでしょうか?まあ今回三位になれたのは、デッドリーブレスとパラライズシャウトが見事に決まったからだと思いますが、これってちょっとひどすぎる殺し方ですよ。あと意外だったのはサリーが回避盾を選んだこと。てっきり攻撃型プレイヤーになると思っていましたから。
50代男性
いくら新しいスキルを手に入れたいからとはいえ、メイプルちゃんてんとう虫食べすぎですよ。まあゲームの世界だから太る心配もありませんが…。結局これからメイプルをことあるごとに助けるスキル「悪食」を手に入れたのは、メイプルちゃんにとっては大きな収穫だったと言えます。それにしてもこのアニメ、最後には彼女に好都合な展開にいつもなっていくところが笑わせてくれます。こんなプレイヤーが実在したら、アニメ内の運営と同じようにパニックになること間違いなしでしょう。こうなってくると、もはやビギナーズラックとは言えませんね!
50代男性

第3話 防御特化と二層攻略。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

カフェで出会った
上級者プレイヤーのドラグ、
ドレッドに教えてもらい、
サリーと共にさらなるレアスキルの
習得に向かうメイプル。

しかし、思わぬところで
サリーの弱点が露呈してしまう。

クエストをこなし、
レベルとスキルを上げながら、
メイプルたちは次なる
第二階層へと向かう。

まずとりあえずメイプルが可愛い!そしてなんといっても今回はサリーの活躍が目を見張った。前二話のようにほのぼのとメイプルが盾無双するのも悪くはないが、やはりこれぞMMO RPGアニメの醍醐味という白熱の戦闘シーンが良かった。これからもこのような戦闘シーンに期待が持てた。次回は第二回のイベントが開催されるとのことで、こちらの期待としてはせっかくメイプルのスキル「悪食」の弱体化が来たということでダメージを受けてもらいギリギリの戦闘が見てみたいと思いました。自分はこの作品が3話まで見て普通に楽しめているので今後も視聴していきたいと思いました。
10代男性
今回、メイプルとサリーはカフェに入るのだが、ゲームなのに食べ物の味がわかるのはすごいと思った。しかも、かなり味が細かくわかるようです。最初にゲームが始まった時は、痛覚とかを表現できるのだろうかと思ったが、味覚があるのにも驚いた。そして、北の森に行く所で、サリーがメイプルをおんぶしてるのだが、最初はなんでだろうと思った。そういえば、移動速度を何もしていないことに気が付いた。メイプルはそれでいいのだろうか、この先困らないといいのだが。まぁ、おんぶされてるメイプルのお尻がかわいいからいいけど。このゲーム、重いとか軽いとかもわかるんだろうか。
40代女性

第4話 防御特化と第二回イベント。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

いよいよ始まった第二回イベント。

イズ謹製の新装備を手に、
銀のメダルを求めて
フィールドを探索するメイプル。

サリーと共に向かった雪山の山頂で、
顔見知りの冒険者のクロムと邂逅。

しかし、その先には
イベントボスモンスターが
待ち構えていた。

氷を自在に操る巨大な怪鳥が
メイプルたちに襲い掛かる!

草原、落とし穴の隠しダンジョン、次いで綺麗な雪山ステージへと舞台が写ります。雪山の景色が美しくてよかったです。巨大な鳥のモンスターがボスキャラとして登場し、サリーとメイプルがコンビで戦うところが一番の見せどころとなりました。敵が氷柱で攻撃してくるのをメイプルは盾をサリーに貸して自分では生身で普通に受け止めいていました。か弱い女の子がここまで堂々と正面から攻撃を受ける映像も珍しいと思いました。サリーのスピード感あるバトルアクションは一見の価値があったと思います。普段は女子同士でゆるい会話をし、戦闘ではすごい迫力になるこのギャップがよいアニメでした。
30代男性
メイプルとサリーがイベントに参加して冒険に出た後にどこまでも草原がつづく地域をあるくシーンがあります。背景画がとても綺麗でゲーム世界に没頭できるものだったと思います。メイプルが急になかなか不快落とし穴のトラップに落ちるシーンがありますが、やはり防御力が高いということで無傷だったのが良かったです。地面から落とし穴を覗き込んで心配するサリーを後ろから映した時にはサリーの可愛いおしりがアップになったので、あのシーンは微妙なサービスショットになっていてよかったです。カバームーブの能力で拘束移動するメイプルのアクションが印象的でした。
30代男性

第5話 防御特化と戦利品。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

突如、和装のプレイヤー・カスミに
勝負を挑まれたメイプルとサリー。

しかしメイプルの引き起こした
トラブルで、3人とも地下ダンジョンへと
飲み込まれてしまう。

さらに呪いのアイテムで、
一緒に行動しなければならない制約を
受けてしまったため、一時休戦。

協力してダンジョンからの
脱出を試みるのだが……。

メイプルがすっかり有名人で目立つからということでサリーが途中からは単体行動をとってメダル集めを行います。メイプルはもはやそこまでの有名人になっていたのかとわかる描写でした。ただ単にお留守番するだけでなく、暇な時間で使い魔のカメをレベルアップさせたメイプルの行動に注目でした。次々と強力なスキルをゲットしていく彼女が今度はカメを巨大化させるまでに能力を伸ばしていました。次々とイベントをこなしてなりあがっていく彼女ら二人をモニタから見ている勢力もあるとわかります。彼らが一体なにものなのかも大変気になるところでした。
30代男性
サリーとカスミが見合ってスピード感あふれるバトルシーンが開始した序盤からかなりテンションが上がる回でした。早見沙織さんの演じた奥ゆかしい女子といった感じのカスミは好感の持てるキャラクターでした。これまではモンスターを相手に戦っていましたが、今回のメダル争奪のイベントでは対人戦もこなしていったのが新しい展開でした。サリーが単体行動をとって他のプレイヤーを討つシーンは必殺仕事人みたいでした。メイプルに続きサリーもすっかり実力をつけた猛者となっていました。二人がどこまで強くなっていくのか、この続きも楽しみになりました。
30代男性

第6話 防御特化と新戦力。

     防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

新たにゲームに実装された
ギルドを作ろうと、イズやクロム、
前回のイベントで知り合った
カスミやカナデを勧誘するメイプル。

次なるイベントに向け、
もう少しメンバーが欲しいと思うメイプルは、
双子のプレイヤー・ユイとマイに出会う。

ところが二人とも、
攻撃力にステータスを極振りしてしまい、
まともに戦うことのできない初心者だった。

久しぶりの現実世界パートではメイプルが現実とゲームの区別ができなくなって多少ヤバいなという印象でしたが(笑)、今回ギルドホームがゲームに実装され、メイプルとサリーが探しに行くくだりはもろ新居を探す百合カップルを演出してる感じでしたが(笑)、すぐにメンバーが一気に増えてそうでもなくなり(笑)、これでギルドを立ち上げる流れとなりましたが、それゆえ皆でわちゃわちゃしている印象になり、日常系作品としての印象が高まった感じになりました。ギルドの面々も独特の顔ぶれが揃いましたが、ゲームを楽しみたいメイプルの好みに合ったメンバー構成になりそうですね。また、目立ちすぎる空飛ぶ亀はやはり某怪獣映画が元ネタなんだろうなっと想像に難くありませんね(笑)。
30代男性
バイタリティーに極振りするキャラがいればストレングスに極振りしてくるキャラも出てくると思っていました。ゲーム攻略情報とかでメイプルと同じ能力をもったキャラが出てきたら大変そうですねw一層のボスが回復したり範囲攻撃したりと地味に強くて一人で倒せるのはやっぱりぶっ飛んでると思いました。ギルドを作って全員友好的なゲームで楽しそうです。同じ大楯使いでもステータスの振り方次第で変わるし、ギルドメンバーもそれぞれ個性が出たプレイスタイルで面白いです。やっぱりギルドメンバーもメイプルやサリーように普通じゃなくなるのかなと思います。次のイベントのアイテム集めやギルド対抗戦、次の階層も楽しそうで次回も楽しみです。
20代男性

第7話 防御特化と強化。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

メイプルをマスターに置くギルド『楓の木』。

ユイとマイのレベル上げに付き合って、
メイプルはひたすらボスを狩り続ける。

サリーたちもイベントに向けての
準備に余念がない。

久しぶりに一人になったメイプルは、
とあるクエストに挑戦するが、
思いがけない展開に。

毎週録画して見てますが、今回も初っ端からメイプルがチートすぎて見ててスカッとします(笑)スピード速すぎて目が回りながら戦ってるところとか見るとやり方は無茶苦茶だなと思ったりもしますが、3分2秒から2分28秒に時間を短縮できてレベルも上がったので結果良かったです。後クリスタルハンマーめっちゃ強そう。そして、次のイベントに向けてみんなそれぞれレベル上げしてる中、発毛というなぞのスキルを手に入れているメイプルはやっぱりぶっ飛んでますね。「博愛の騎士」に関してのクエストのお母さんのマニュアル演技感は流石に笑いました。空飛べるメイプルまじでチートですね。指輪も既に持っていて(笑)「身捧ぐ慈愛」のスキル使ったメイプル天使すぎて可愛いです。ほんとにチート。今回も面白かったです。
20代女性
攻撃力に極振りという時点で、メイプルと同じ感じになる予感がしていたのですが、ユイちゃんマイちゃんともに可笑しなスキルを身に付けてて笑かされました。メイプルが何かを考えて行動すると絶対に可笑しな方向に行くテンプレが出来上がった気がします。発毛によってモコモコになったメイプルちゃんは可愛かったのですが、そこに毒を混ぜるあたりやはり頭のネジが一本跳んでるなと思いました。後半でも一人で出歩いたせいでまた運営を悩ませるような感じになりもう手が付けられないなと思いました。また、数少ない常識枠のクロムさんもなにやらおかしな装備を手に入れており、楓の木はどんどんと異質な感じになっていくのだなとしみじみと感じました。
20代男性

第8話 防御特化と第三回イベント。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

第三回のアイテム集めイベントに
苦戦するメイプル。

平和なアイテム回収と思いきや、
サリーたちが心配したとおり、
メイプルはまたも誰もが予期しない展開に。

転移の魔法陣を抜けた先、そこに現れたのは、
なんと隠しボスの悪魔!

丸呑みにされてしまったメイプルは、
悪魔の胃の中で溶かされていくのだが……。

このアニメは主人公の見た目が度々変わっていくのが一つの面白さだと思っていましたが、この回でついに人の形を捨てて悪魔というか怪物になるスキルを手に入れていて予想の斜め上を行っていた。前の話で天使になっていたので逆に悪魔にも今後なっていったら面白いなと思ってはいたが、あまり時間も経たずに悪魔になっていて展開の早さを感じた。そんな事を考えていたがアニメの終盤には主人公がマシン化していて驚きました。本当にテンポのはやいアニメだなと感じた。それでもただテンポが早いだけでは無く、展開を焦っていると感じさせないストーリー構成に凄さを感じた。アニメが始まってから飽きを感じない作品でとても面白いです。
10代男性
初めて見る作品だが、可愛い女の子が複数人いてほんわかするアニメでした!今回は第三回目のイベントで牛を倒してベルを集めるものでした。協会で騎士のような敵キャラとの戦闘では見た目からして強そうにもかかわらず、そんな感情を忘れてしまうような主人公のほんわか具合に飲み込まれました。そしてまさかの食べて倒すという予想外の結果で唖然としてしまいました。木のモンスターと戦っているところではどちらがモンスターかわからなくなる化け物が出現し、もう何が何やらって感じで想像を凌駕してわらけてくるって感じでした。ストーリーが進行し、変身?した姿はもうガンダムみたいでなんでもありなんですかね。そしてこの第8話では主人公の変身形態が二個も増えたことになります。今後が楽しみです。
20代男性

第9話 防御特化と第四回イベント。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

悪魔の力に加え、
超強力なスキル『機械神』
も得たメイプル。

とうとう始まる第四回イベントの
ギルド対抗戦に向け、
メイプルたちは意欲を燃やす。

しかし、最強プレイヤー・ペインの率いる
『集う聖剣』、あるいはカリスマ力No.1の
ミィがギルドマスターの『炎帝ノ国』など、
有力ギルドは多数。

メンバー数では遠く及ばない小ギルド
『楓の木』が立てた作戦は–

第4回イベント直前。ギルド戦となりますがとりあえず準備は出来ているようなので各々勝手に過ごしていました。このギルドは化け物揃いなので事前準備はする必要がないので気楽です。メイプル達は水遊びをしていたましたが、そこで有力ギルドの”集う聖剣”所属のフレデリカが偵察していたのですがそれに気がついてサリーは彼女を追いかけます。そして決闘となりました。フレデリカもかなり強いのですが、サリーもメイプルほどではないにせよチートキャラになっていますのでフェイク技をいれながら応戦し勝利します。このバトル内容や駆け引きは見ごたえがありました。そしてイベント開始とにかくサリーがポイントゲッターとして無双します。彼女のスピードを生かした戦略は見事嵌ったといえます。一方メイプルは防衛ですので対した活躍はできませんでした。最も彼女がすごすぎるので少々のことは問題にならないわけですが。人数の少ない”楓の木”がどこまで順位を伸ばすのか。他のギルドからも警戒されてはいますがとりあえずは順調な滑り出しとなしました。
40代男性
しょっぱなからメイプルのメカ腕で、ギルドのメンバーの反応もあっさりしたもので、私の方が笑ってしまいました。そして水着回!すごく短かったけど、ファンサービスでしょうか。ギルド対抗戦が始まって、かっこいい対人戦が観れて嬉しいです。サリーちゃん強すぎます。いつもメイプルを支える役なのに、実はすごく強くて賢いサリーちゃん。ゲーム内で実はかなり上位のランクに入るのでは?なんでまだ入ってないの?と疑問に思えてなりません。ギルド対抗で強さだけではなくて、情報戦も始まってて、対抗戦どうなるの、と先が気になって仕方がありません。に、しても、楓の木のメンバーが見つけるアイテムってその人にぴったりのものばかりでなんだか、チートすぎるなあ、と思ってしまいます。
30代女性

第10話 防御特化と出撃。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

スキルや能力がバレる前に、
先行逃げ切りを図るメイプルたち。

少数精鋭での奇襲により、
次々とオーブが集められる。

だがやはりギルド対抗戦、
一筋縄ではいかない。

カスミの前には『炎帝ノ国』のシンが、
サリーの前には『集う聖剣』の
フレデリカが立ちはだかる。

そして拠点を守るユイとマイたちにも、
侵略者の影が近付いてくるのだった。

10話にしてやっとペインの顔が公開されて嬉しかったです。今まではストーリーの中でも二言三言しか喋っていなかったしエンディングの登場人物が横スクロールされていく場面でもペインは後ろ姿のみでどんな人物なのか想像がつきませんでしたが、顔が描かれた事でペインがどんな人物なのか、このゲームの最強と言われている実力などが明かされていくのが楽しみです。もちろんペインがメイプルや周りのキャラとの和気あいあいとした掛け合いにも期待しています。終盤にはイベント上位ギルドの炎帝ノ国とのバトルが始るものの、メイプルの防御力には敵うはずもなく今回も簡単に終わると思っていた時に、炎帝ノ国のギルドマスターが戦場に到着して10話が終わり、次回のギルマス対決がとても楽しみです。
10代男性
サリーのピンチにはヒヤリとしました。これまでどんな攻撃も紙一重でかわし、素早く鮮やかに敵を仕留めてきた彼女が土埃で汚れ、汗を流すというのが珍しくて。そんなサリーを救ったのがメイプル…なんですが、相変わらずの凶悪スキルの行使で恐ろしさ通り越してやはり笑えてきますね。かわいい顔してやってることが救出どころか殲滅にシフトしていて。なお、今回はその二人だけでなく、ほかの「楓の木」の仲間たちの凄さも描かれています。他のメンバーたちに埋もれていたクロムの装備スキルも解禁。イズではありませんが彼もまた一癖も二癖もある「楓の木」の仲間として深まったのではないかと感じました。防御極振り、抜群の反射神経、攻撃極振り、パズル大得意etc…こう書くと本当に濃い面子(笑)後半戦の炎帝の国他ギルドへの殴り込み…メイプル、マイ、ユイの歩みが鈍い分、まるで巨大モンスターの行進みたいなインパクトがあったのだろうなと、周囲のリアクションがひしひしと伝えてくれます。そしてメイプルVSミィという、ゲーム内のトッププレイヤーとの邂逅というところでの幕引きという演出がにくい!来週も見逃せないです!
30代男性

第11話 防御特化と強敵。

防振り 防振り 防振り 防振り 防振り 防振り

『炎帝ノ国』との闘いを
優位に進めるメイプルたち。

だが、その最中、
ギルドマスターのミィが駆けつける。

強力な炎の攻撃で
メイプルを圧倒するミィ。

全力で立ち向かうメイプルだったが、
『炎帝ノ国』のメンバー・マルクス、
ミザリーたちの足止めを受け、
ミィの放った炎の檻に捕われてしまう。

第4回イベントのギルド戦でメイプルとマイ、ユイが”炎帝ノ国”を襲撃しました。しかし能力の高いプレイヤーのいる炎帝ノ国はメイプルでも簡単には突破できません。特にミィの戦闘力が高くメイプルも苦戦しているかのように見えたのですが、手の内を見せないように戦っている分まだ余裕があったといえます。流石に追い詰められて機械神のスキルを使用。対ギルド戦でも存分に威力を発揮。見ていて引くぐらいの蹂躙を見せてくれました。相打ち覚悟のミィの攻撃も防ぎましたがオーブは獲得できず無駄に戦闘しただけに終わりました。イベント開始から時間が余りたっていませんが多くのギルドが脱落。上位は化け物だらけなのでそうなりますね。ゲームバランスなど関係なくなっていますので後は直接の殴り合いです。トップギルド”集う聖剣”が襲撃を”楓の木”は凌げるのでしょうか。
40代男性
ミィが前触れもなくスキルを放ったのには驚きました!メイプルたちが敵陣に乗り込んでるわけだから卑怯ではないんだけど、何か言葉を交わしてから戦うのかなと思っていたので突然の攻撃に唖然としてしまいました。メイプルのスキル”身捧ぐ慈愛”の範囲内にいるからこそトラップなどを無双できていたマイとユイを速攻で引き離しにかかったミィの作戦とマルクスとミザリーたちとの連携がしっかりしてて、「楓の木」も連携がもうちょっとできるといいなと思いました。ミィたちの攻撃にメイプルが押され始めた時に「炎帝ノ国」の下っ端たちが入ってきてチャンスとばかりにメイプルの攻撃が通ったのがカッコよかったです。ミィが毒状態になったときはメイプルが攻撃を続ける描写はなかったのに、回復したミィがメイプルがスキルを発動する前にスキルを撃っていたのでちょっと理不尽すぎる展開かなと思いましたが、メイプルの機械神モードはもっと理不尽だったので笑うしかなかったです。でもあんなに頑張ってミィたちを倒したのにオーブもなく、他のギルドから奪えばいいと提案したマイとユイにはじゃあ最初からここに来なきゃよかったのにとツッコみたかったです。
30代女性

作品の魅力

この作品の魅力のひとつは、ゲームアニメの主人公が初心者であるということです。初心者であるからこその失敗の先に最強が見えてくるのが、観ていて面白いですね。残念なのが、少し主人公が強すぎるところです。まだ2話しか出ていないのでこれからの作品がすごく楽しみです。2つ目の魅力と言いますか個人的に好きなところが、モンスター達ですね。もちろん従来のモンスターのように恐ろしいヒドラなどもいますが、本編で最初にでてきたモンスターは、すごく可愛いです!アニメーションを可愛らしい物になってていて、心がなごみます。3つ目はなんと言っても、メイプルのプレイスタイルです!初心者ならではというか新しい発想があり、驚きばかりです。VITに極振りしている時点で驚きではあるのですが、彼女はヒドラを食べて倒してます。ゲームを普段からしている私なら即逃げ出しています。観ていて楽しいですし、次回が楽しみです。

————————————————————————
本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

アニメ見るならお得なキャンペーン実施中! | U-NEXT
アニメ<U-NEXT>お得なキャンペーン実施中!31日間無料トライアル登録で今すぐ見よう!
タイトルとURLをコピーしました