監察医 朝顔 2020 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

監察医 朝顔 2020 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

監察医 朝顔 2020 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

2019年に上野樹里主演で放送された
ドラマの続編。

法医学者の万木朝顔(上野)と、
父で刑事の万木平(時任三郎)が
遺体の謎を解き明かし、
遺体から見つけた“生きた証”が
生きている人の心も救う
ヒューマンドラマ。

また、朝顔が夫・桑原真也(風間俊介)と
娘のつぐみ(加藤柚凪)と共に、
母を亡くした悲しみを
乗り越えていく姿を描く。

キャスト・スタッフ

上野樹里
時任三郎
風間俊介
志田未来
中尾明慶
森本慎太郎
藤原季節
斉藤陽一郎
坂ノ上茜
田川隼嗣
宮本茉由
辰巳雄大
加藤柚凪
戸次重幸
平岩紙
三宅弘城
杉本哲太
板尾創路
山口智子
柄本明

各話紹介

第1話

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)、夫で、平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と一家四人、笑顔が絶えない幸せな日々を送っている。ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいにつぐみが「弟が欲しい」と言い出す。気まずい空気の中、仕事に出かける平と桑原・・・。

立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故は実際に駅の階段など様々な場所で起こり得る事故だと思い身近に感じましたし、群集心理による集団パニックというものがどういう悲劇を起こすのか目の当たりにして改めて恐ろしいと思いました。そして、飛行機に乗らなくても同じ体勢で長いこといたりしてエコノミークラス症候群になる可能性もあると知り気を付けようと思えたり、色々と勉強にもなる回でした。また、上野樹里さん演じる朝顔と時任三郎さん演じる父親の平と風間俊介さん演じる夫の桑原と娘のつぐみで過ごす幸せな家族のシーンは相変わらずで安心しましたし見ていてホッコリしました。自然な家族のやり取りが素敵なので、事件のシーンとの対比もありバランスが良かったです。
30代女性

朝顔のお父さんの認知症が日に日にひどくなり、おじいちゃんの転院の際に朝顔が来た時も病院を間違えたり、面会日を間違えたり。また一緒に暮らしたらいいのにともどかしい気持ちでいっぱいになりました。朝顔がお父さんに一緒に病院で検査しようと言っても、認知症を認めたくない気持ち、男のプライドなどからか声を荒げて反論していて、自分の親だからこそ心配する朝顔の気持ちも痛いほど分かるので見ていて辛くなりました。奥寺は他人なのに自分が好きだからと朝顔の気持ちも理解しようとせずにかき乱している感じにはイライラしてしまいます。山の崩落事故が起きる前に桑原が現場に向かって連絡が取れないシーンは気が気ではありませんでした。テレビを気にするつぐみちゃんがすごく気になりましたが。何がそんなに気になっているのか分からないので、次回分かるかなと期待しています。
20代女性

立体歩道橋で亡くなってしまった佐々木がお母さんへの手土産を部屋に忘れてしまってそれを取りに行って巻き込まれてしまったことにとても悲しくなりましたが、佐々木はお母さんに言われたことをしっかり実行する純粋な人だということにも感動しました。しかしながら、ネットで佐々木の情報が回ってしまいお母さんが辛い思いをしているのを見ると現代社会のSNSでの誹謗中傷を象徴しているかのようで、もっとたくさんの人にこの第1話を見てほしいと思いました。結局佐々木が痴漢していたという事実は無かったのでお母さんも報われたのではと思います。また、社会心理学の教授だった松本先生がかなりいい役をされていました。最終的に松本先生のお話しが結末に使われていて決めてになったんだと思います。
20代女性

つぐみちゃんを中心とした家族のシーンにはほっこりして温かい気持ちになり、解剖のシーンでは真実を見ることの大切さを学べるドラマです。群集心理、自分の人生の岐路、家族との関係性、ネットの書き込みやマスコミの煽りを信じてしまう人達。ドラマだけれども、いま現在の日本を表していると思います。心地よいテンポで描かれていて、誰にでもある日常を前回の作品と変わらずに丁寧に書かれているので他人事ではなく、自分事として考えながら見てしまいます。そして忘れてはいけない東日本大震災についても書かれています。これからこの家族がどうなっていくのか、どういう選択をしていくのかを想像しながらこれからも楽しみにしていきたいと思います。色々なメッセージが込められていてこれらの展開がきになり引き込まれる第一話でした。
30代女性

監察医朝顔 第1話。2019年からの続シリーズとなるこの作品。法医学者の朝顔、刑事である夫の桑原、同じく刑事である朝顔の父平、5歳に成長した娘のつぐみと、一家四人で笑顔の絶えない毎日を過ごしている。とにかくつぐみが愛らしく、悲しい事件や事故に巻き込まれてしまったご遺体と向き合う朝顔や家族を、癒し幸せにしている中心的存在であると感じる。第1話ではスタジアム近くで起きた群衆雪崩の原因を解明するため刑事である桑原、平、監察医の朝顔が奮闘。そのような中でも、つぐみが「弟が欲しい!」と言い出してみんなを気まずい雰囲気にしたり、しあわせな日常シーンがほのぼのと心を温かくしてくれる。包囲学者としてご遺体やそれを取り巻く家族と正面から向き合う朝顔の姿にも優しい気持ちや感動をもらえる。
40代女性

家族の微笑ましいシーンに思わず釘付けになりました。朝顔が父の平や夫の桑原、愛娘のつぐみと出かけた先で楽しそうに過ごす描写がとても良かったです。中でもたくさんの雪の中のシーンが特に素敵でした。家族全員の雪だるまを作るのですが、家族仲の良さが表れていてとても温かいシーンでした。前作の第1話ではつぐみや桑原と同居していませんでしたが、今回は最初から登場していて家族のシーンがよりにぎやかに感じられました。さらにみんなで家族写真を撮るシーン、家で朝ご飯を囲むシーンなど家族のシーンには穏やかな時間が流れていて好きです。前作で朝顔ファミリーのファンになっただけあって、またみんなの笑顔が見られたことに嬉しくなりました。
30代女性


第2話

野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。
休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。朝顔が1階へ降りると、すでに平(時任三郎)が支度を終えていた。ただちに現場に向かう平。被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。午前7時ころ、散歩中だった近隣住民が発見し通報したという。遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があった。また、諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網の上部に挟まっていた。

双子の中学生の弟が亡くなり兄がその死に関わっているという悲しい出来事でした。初めは事故か事件かわかりませんでした。でも、朝顔たちが丁寧に調べて、感電をして落ちたところにバットがあり、それで胸を強く打ったことがわかりました。野球の練習をしていてボールが金網にはまり、取ろうとしたための事故でしたから、兄が自分のせいだと思うのは仕方ありません。でも、それだけでなく、試合で父を驚かそうと2人は入れ替わっていたのでした。悪気はなかったけれど、それも言い出せなくて、弟は苦しんでいました。朝顔は、双子の家に行って、公園の絵を見て感電に気づいたことが素晴らしいと思いました。そして、弟が傷つかないように話したことで、真実を告白させることができたのです。亡くなった人だけでなく、関わった人や残された人のためにも真実を見つけ出す朝顔の姿勢に感動しました。
60代女性

野球部の監督も荒々しい感じで不倫をしていたりと怪しいし、眠ったままのお父さんがもしかして意識を取り戻して犯行に及んだのか、どっちなんだろうかとドキドキしていたら、まさか双子が入れ替わっていたという結末になるなんてショックでした。ボールを取ろうとしたときに感電してしまい、事件ではなく事故なんだけれど、もしそこですぐに救急車でも呼んでいたら、命が助かったのかもしれないと考えると切なかったです。また、ユニフォームを入れ替えた理由が、お父さんを喜ばせたかったからだというのがもうかなり泣けました。2人ともお父さんのことが大好きで、考えついたアイディアだったのに、こんな悲しい結末はあんまりしゃないかと思いました。
30代女性

遺体で発見された双子の中学生が、まさか入れ替わっていたなんてとても衝撃でした。諒くんは、野球で兄に勝てず、周りからも、亡くなったのが諒で良かったなんて言われていて、とてもコンプレックスに感じたいたんだろうなと胸が痛かったです。おまけに、入れ替わったというのに家族の誰もそのことに気づかないというのがとても残酷で泣けました。おばあちゃんが、一馬が生きてくれてて良かったと行ったのは、おそらく諒が生きていても同じことを言うだろうに、状況が状況なだけに、ネガティブに捉えてしまった諒くんの切ない表情がとてま悲しかったです。そして、この双子役を一人二役で演じた池田優斗さんの演技がすごく迫真で良かったなと思いました。
30代女性

「一馬くんじゃなくて、諒くんだよね?」と朝顔先生が口にした時の衝撃は凄まじかったです。まさかそんなことって有り得るの?!とびっくり仰天でにわかには信じ難いなと思ってしまいました。ボールを取ろうとして感電死してしまったなんて考えただけでも身の毛がよだつほど恐ろしくて、そんな目に遭ってしまった一馬が可哀想でなりませんでした。つまり、諒は今まで嘘をついて真実を隠していたわけだけれど、確かにこんな状況だったら隠す以外の考えなんて思いつかないかなと思いました。少なくとも私だったら他人に指摘されても嘘だったと告白する勇気はないと思いました。残された諒が味わった事件後の辛い出来事が今となっても根強く残っている諒の心中を思っただけで苦しくなりました。2話はとても切ない話だったのに不思議と引き込まれました。
20代女性

つぐみちゃんに対して震災のことだったり母親のことをきちんと説明してくれた朝顔先生に感動しました。つぐみちゃんくらいの年齢の子どもには些か難しい話かもしれないとは思ったけれど、それでもこういう大事な話は包み隠さず話しておくべきだと思いました。その辺のことをしっかり理解しているであろう朝顔先生が私はめちゃくちゃ好きなのだと身に沁みて分かりました。そして、朝顔先生の話をちゃんと聞いて分かろうとしているつぐみちゃんの健気さが最高でした。朝顔先生とつぐみちゃんの絆の深さを見せつけられたような気がして胸が熱くなりました。多忙極まりない朝顔先生は思うようにつぐみちゃんといられないこともたくさんあるけれど、心の部分ではいつでも繋がっているのだと思いました。
20代女性

桑原さんとつぐみちゃんのツーショットがめちゃくちゃ尊くて凝り固まっていた体のあちこちがたちまち弛緩するのを感じました。朝顔先生がいないからどこか不機嫌な様子のつぐみちゃんが可哀想なのに可愛くてたまらなかったです。つぐみちゃんは本当に朝顔先生のことが大好きなんだなとそのシーンから窺い知ることができてジーンと来ました。不機嫌なつぐみちゃんを前にしても絶対に苛立ったり放置したりしない桑原さんの優しさが素敵すぎて、桑原さんと結婚したいと切実に望んでしまいました。ちょっと困ったような表情もこの上なく愛おしくて、こんな優しさの塊みたいな人が身近にいる朝顔先生のことが羨ましくなりました。つぐみちゃんに水族館行きを提案して機嫌が良くなった様子を見てほっとしました。そして、和みました。
20代女性


第3話

朝顔(上野樹里)たちが暮らす万木家に、野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が突然訪ねてくる。山倉は、平(時任三郎)が保育園でつぐみ(加藤柚凪)を引き取って戻るまで、雨の中、傘もささずに万木家の前に佇んでいた。平が事情を聞こうとしても、泣くばかりで何も言わない山倉。遅れて帰宅した朝顔や桑原(風間俊介)も、突然のことに困惑する。朝顔が夕食の支度を整えたころ、ようやく落ち着きを取り戻した山倉は、事情を打ち明けるが・・・。

年齢と基礎疾患しか情報が無いミイラ化したご遺体について、亡くなられた時期を採取した虫から推定した光子先生はスゴいと思いました。ご遺族が見つかり、ご遺体の方が最後にオシャレをして恋人と思しき女性と会って亡くなっていたことが切なくなりました。結局重大事件の容疑者の佐竹はどこへ消えたのかは謎のままでした。また、じいじが転出届を用意していて東北に移住して里子を探そうとしていることに必死さを感じたとともに、家族4人がバラバラになり始めているんだという悲しい気持ちになりました。あの家には家族4人揃っていないとガランとしていてとても寂しい感じになってしまう気がします。いつかじいじが里子を見つけて自宅に帰ってきて欲しいと思います。
20代女性

強行犯係の係長山倉の言動に心を打たれました。山倉は平とつぐみが帰宅するまで、傘をささずに雨に打たれて待っていたのは驚きでした。そこには平たちにどうしても話したいという気持ちが表れていたように思いました。山倉さんかっこいいな!と感じたシーンです。さらに心の動揺を素直に打ち明ける姿も印象的でした。優秀な人材がやってきて山倉に代わって係長になると言います。そんな山倉に対し、まだ決まったわけではないからと平や桑原が励ますシーンには心が温かくなりました。朝、山倉はおわびとして料理を作って万木家を後にしますが、美味しそうなパエリアには驚きました。彼の料理の腕にはびっくりです。今回は山倉の素直なところ、料理が得意なところがよく光っていました。
30代女性

おじいちゃんがこっちに来なくていいからねと、朝顔に念を押すように言っていたのが、なにか不吉な予感がしてドキドキしました。もしかして、薬を飲んでいる描写が以前からあったので、体調が悪化したのかもしれないと思いましたが、その内容がわからずじまいだったのでかなり気になります。また、ずぶ濡れになった山倉が朝顔の家にやってきて、異動になるからとさんざん泣き喚いたり愚痴を聞いてもらったのに、結局異動になんてならなかったのには笑ってしまいました。しかも、他部署から配属されてきたエリートが伊東さんというところも爆笑でした。いつもいがみあってる丸屋さんと伊東さんが、これからは毎日のように言い合いをするようになるのかと思うと楽しみです。
30代女性

第1期では朝顔に対して非協力的だった丸屋さんが、今回の事件では違反してでも朝顔にさぐってもらいたいと、こっそり現場に連れて行ってくれたりと、丸屋さんの人情味がなんだか嬉しかったです。また、そのミイラが指名手配犯かもしれないというところがとてもドキドキしておもしろかったです。さらに、遺体についていた虫から、最近亡くなったことがわかったのが衝撃でした。それならどうしてミイラなんかになるんだろうかととても推理がおもしろかったです。結局、なぜ亡くなったのかということは判明しませんでしたが、亡くなる前にに楽しいひと時をレストランで過ごして亡くなったのだということが娘さんにわかってもらえてよかったなと思いました。
30代女性

雨によって濡れそぼっている山倉さんに不覚にもときめいてしまいました。水も滴るいい男とはこのことかとストーリーからはいったん離れてキュンキュンしている自分がいました。そのままの勢いで戸次重幸さんまで好きになりそうでした。お詫びの印としてパエリアを用意してくれるところがとても良かったなと思いました。この人ってめちゃくちゃ真面目なんだなと気づかされて心の体温が上がるのを感じました。迷惑をかけてもなんの礼もせずに立ち去る人なんてこの世界にはごまんといるのに、こうして感謝の気持ちや詫びる気持ちを表してくれるのは非常に好ましいなと思いました。そして、例によって桑原さんの困り顔は最高でした。風間俊介さんが見せる表情の中で断トツで困り顔が好きだなと新たに自分の好みを発見しました。
20代女性

雨の中傘をさして長靴を履いてレインコートに身を包んでいるつぐみちゃんが天使そのものでこのシーンを観られたそれだけで体全体が満たされるのを感じました。幸せの極みでしかなくて頬が緩むのを止めることができませんでした。個人的にはレインコートに黄色いラインが入っているのが最高だなと思いました。つぐみちゃんにその色はとても良く似合っていて、衣装を担当した方には全力で頭を下げたいなと思ってしまいました。雨のシーンは観ているだけでも鬱々としてしまうけれど、画面につぐみちゃんという名の天使が映っている限りはその雨も素晴らしいエッセンスとして見えるのが本当に凄いなと思いました。そして、平さんとの身長差に悶えました。何から何まで私の心を刺激してくれるつぐみちゃんが好きすぎておかしくなりそうでした。
20代女性



本ページの情報は
2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました