警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜出張捜査スペシャル 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~出張捜査スペシャル」|主演 小泉孝太郎 2021年1月25日(月)夜8時

ドラマ 警視庁ゼロ係出張捜査スペシャル の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 警視庁ゼロ係出張捜査スペシャル を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

KYなキャリア警視
小早川冬彦(小泉孝太郎)や、
男勝りで口の悪い寺田寅三(松下由樹)など、
厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署
「なんでも相談室」通称ゼロ係に、
6歳の男の子・下柳優太(鳥越壮真)が
訪ねてくる。

「おじいちゃんちに行きたくない」のだと言う。

優太の父親が営んでいた工場の従業員
井上美優(小野真弓)に事情を聞くと、
父は2週間前に病死、
母は6年前から行方不明で、
静岡にある大企業の会長で
祖父の龍神剣一郎(浜田晃)に
引き取られることになっていた。

ところが龍神は冬彦らと
テレビ電話で話している最中、
突然意識を失い絶命してしまう。

調べを進めるうちに、
冬彦は以前調べた龍神家の
言い伝えを思い出す。

そんな中、龍神の死因が毒殺だと判明。

冬彦と寅三は、優太の叔母で
龍神の長女・龍神薫(とよた真帆)から、
優太を連れてきて欲しいとの依頼もあり、
静岡に出張捜査へ。

静岡県須那郡の龍神家を
中心にした一帯では
江戸時代から怪事件が続き、
人々はそれを“龍神の呪い”と呼んでいたのだ。

もしや龍神の死も呪いなのか…?

謎が謎を呼ぶ奇妙な難事件にゼロ係が挑む!

キャスト・スタッフ

<CAST>

小泉孝太郎 
松下由樹 
安達祐実 
戸塚純貴 
岸明日香
石丸謙二郎 
加藤茶 
片岡鶴太郎
とよた真帆 
奥菜恵 
浜田晃 
村田雄浩 
六平直政 
田中要次 
石田明(NONSTYLE) 
小野真弓 
阪田マサノブ 
和田聰宏 
田川隼嗣 
山本直寛


警視庁ゼロ係 関連作品

ライターコメント

2016年にスタートした「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室」はシーズン4まで続いている人気ドラマです。少々厄介者だったり、問題を起こしたりした警官たちが集まっている通称“ゼロ係”。究極のKYと言われるキャリア警視・小早川冬彦やバディとして彼のフォローもする寺田寅三(とらみ)、毒舌の事務員・本条靖子らすっかりおなじみのメンバーがこのスペシャルでも大活躍です。今回はなんと出張捜査。「なんでも相談室」にやってきた6歳の男の子の相談は殺人事件に発展してしまいます。記憶力のいい冬彦が思い出したのは男の子の家系に残る言い伝えでした。江戸時代から怪事件が続いているというその家系に伝わる“呪い”伝説。冬彦と寅三は男の子とともに静岡の親戚のもとに向かいますが、遺産相続をめぐる諍いも裏に隠れているようで二人はうまく解決できるのでしょうか。風光明媚な静岡の景色に癒されながら、ミステリアスな物語を楽しめそうです。
60代女性

いつものように安定のほのぼの感が楽しいドラマでした。人間関係がちょっと複雑でわかりにくくなってしまった場面もあったけど、最後はちゃんと伏線回収されていた。初めに出て来た工場の事務の女性が優太君の母親だったのだが、あの人はどんな関わりがあるんだろうと思っていたら最後に納得でした。刑事物なので当然殺人事件の捜査がありますが、終始笑える要素もあって見やすいドラマです。ノンスタイルの石田演じるよろこんで相談室の秋彦が楽しいキャラクターで面白かったです。面倒くさがりながらも結局捜査の手伝いをして最後は解決を助けるなんでも相談室のメンバー。仲が悪いようで仲が良いという設定もいつも通りで楽しい内容でした。500億円全額寄付するという最後もなんでも相談室の内容にふさわしく爽やかです。
50代女性

「なんでも相談室」が地下室から屋上に変更は心新たにという気持ちで視聴できます。ストーリーでは、そんな相談室には来る人はいないだろうと落胆しているところに幼い少年の依頼者(下柳優太)が「おじいちゃんちに行きたくない」と相談に来たのも今までにないもので視聴する年代層も広くした様に思い、少しワクワクして視聴しました。子供の親が亡くなり、祖父の龍神グループの会長・龍神剣一郎(浜田晃)の静岡の所にKYの警視で主演の小早川冬彦(小泉孝太郎)と先輩の寺田寅三(松下由樹)の二人で優太君をつれていくことになります。しかし、剣一郎も小早川と話し中に毒殺され、静岡の祖父宅に行くと〇〇家の一族と同じように龍神家の一族の遺産相続に伴い殺人事件が起き、杉並中央署の「なんでも相談室」の全メンバーも静岡に出張して、殺人事件の捜査をするという「なんでも相談室」ではなく「とんでもない相談室」のストーリーで、しかも出張先の静岡県警にも「なんでも相談室」的な「よろこんで相談室」があり、赤かぶを名刺代わりする大林秋彦が現れる。この設定がいつ決まったのかと思わせる様な大林秋彦の胸名札が手書きで経費もかけないもので、このドラマは「なんでも相談室」のドラマではなく、「なんでもあり」のドラマで楽しく視聴できました。この出張スペシャルの事件ストーリーも〇〇家の一族を思いだしながら、KY警視の小早川を中心に「なんでも相談室」のメンバーが静岡県警をそっちのけで事件まで解決してしまい、シーズン5が待ち遠しく感じました。
60代男性

古くから先祖代々続く家、包帯ぐるぐる巻きの人物、30年前の心中事件など、今までのゼロ係にはなかったストーリーだったと思います。事件に神とその土地に代々伝わる手毬歌が絡んでいるとか、今回は冬彦と寅三の事件捜査がメインでストーリーも二転三転して少しずつ色んな事が分かっていき、とても見ごたえのある面白いストーリーでした。事件とその背景にあるものはとても複雑で重い物だけど、要所要所で出てくるキャラ強めな相談室メンバーがその思い空気を軽くしてユーモラスにしていたと思います。ゼロ係の冬彦に対して0点係の秋彦なるキャラも登場しましたしね。今回も、冬彦の推理が冴えていましたね。寅三の女性らしい一面が見れたのも良かったです。
40代女性





本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました