ドリームチーム 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドリームチーム ドラマ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

ドリームチーム ドラマ 動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

高校時代にバスケ部の
キャプテンとして青春を懸けたという
共通点を持つ3人の女性が、
逆境を乗り越え新たな人生へと
一歩踏み出していく姿を描く。

山口紗弥加が主人公・香菜、
財前直見がキャリアウーマンの優子、
桜庭ななみがSNSの中の
“キラキラ女子”茜を演じる。

高校バスケ部時代の恩師・安東役は伊武雅刀。

各話紹介

第1話 ドリームチーム「あのコになりたい人生だった」

高校時代にバスケ部のキャプテンとして青春を懸けた3人の女性が、逆境を乗り越え新たな人生に挑戦する姿を描く。高校バスケ部顧問・安東(伊武雅刀)をしのぶ会に元部員たちが集う。そんな中、不幸な境遇にあった香菜(山口紗弥加)、優子(財前直見)、茜(桜庭ななみ)は、ひょんなことからバスケ寮に住むことに。

女子バスケ部の歴代キャプテンたちが集結のドリームチーム。卒業後もドリームは続いているという感じがあまりしない。そして、幸せそうだった妻のランクダウンがはっきりと。感情の神経交流システムがスリリングに動き出していく。とすると、山口紗弥加さんの動作は速いです。演じる役の香菜さんは、妻のランクが高いとされ、夫に「君にどんな選択肢がある?」「君の人生は僕次第だと」。不倫の謝罪もせず、事実を認める事もしない。そこで、高校時代のバスケ部の寮跡に家出。その時の監督は、「やっぱりお前は人とは違うな」とみんなに言っていたらしい。やはり自分だけにではなく。そんな暗示がやはり、世の中に通用してはなかった。が、思い出せば嬉しい事。思い出して嬉しい事ってなかなかないかもしれませんけど、監督はどれだけ頑張ればそう言ってくれるのか、おそらく基準があるんでしょうねぇ。同窓会って、そうゆう事が明らかになって、楽しいところですよね。
40代男性

山口紗弥加さん演じる香菜が、窮屈そうに夫との食事をしているシーンは、本当に辛そうな感じがよく出ていてよかったです。そんな香菜が家を飛び出し、ファミリーレストランで耳にした他の人の会話にイラついて、知らない男の人に思い切り意見を言い、大胆な行動に出たところは、驚きましたが、とてもスカッともしました。結局警察のお世話になることになるものの、なんだか今までたまっていたものが吐き出されてような感じがしてよかったです。香菜の一人娘は、母親に対して冷たい軽蔑したような気持ちを持っているのかなあと最初は思っていたのですが、お母さんとここで暮らしたいと言ったシーンが、意外でしたがなんだかホッとしました。優子、茜とキャラクターも年齢もバラバラの3人ですが、これからの生活が楽しみになりました。
40代女性

ドラマ「 ドリームチーム 」1話を観て、「この先に不安を感じる三人」と「佳恵の温かさ」が良かったと思いました。まず、この先に不安を感じる三人についてです。このドラマでは、同じ高校でバスケ部のキャプテンを務めた経験のある香菜、優子、茜の様子が描かれます。三人は、思い描いていた理想の全盛を歩ために多少の無理をしつつも努力を重ねてきましたが、ひょんなことからそれまでの人生が全て台無しになってしまいます。努力が水野泡になり、今後の人生に不安を抱える三人の姿に、救われて欲しいと願わずにはいられませんでした。次に、「佳恵の温かさについてです。三人がそれぞれ高校生だった頃から知っているバスケ部顧問の妻・佳恵は最後に会ってから月日が流れていても三人を良く覚えていて、優しく接します。佳恵の愛情深さに感動しながら観ていました。
20代女性

作中に登場していた女性たちはそれぞれに訳ありのようで、そこが気になりました。訳ありな部分には誰もが引き込まれると思います。恋や結婚生活にトラブルを抱えた女性たちが安東家に集まることになりましたが、皆バスケットボール部の部長だったことには驚きました。まさに類は友を呼ぶ、です。その一人の香菜という女性が特に印象的でした。ある日セクハラを受けている女性を助けようとして男にカレーをかけ、逮捕されてしまいます。さらに夫からは身元引き受けを断られるという、初回から衝撃的な展開でした。香菜はどうなってしまうのか気が気でなりませんでしたが、やがて安東家に娘と身を寄せることになってほっとしました。初回からぐいぐいと引き込まれる内容でした。
30代女性

現代社会の闇を集約したかのような設定やストーリーでとても軽視してはいけないと感じました。観ていて胸が引き裂かれそうな心地がしたけれど、実際にこういう風に生きている人たちがこの世には一定数存在するのだと受け止めなければいけないと思いました。非常に考えさせられる内容で、おそらく誰であってもこのドラマを観ることによって少なからず心が揺さぶられるのではないかと思いました。主人公の榎木香菜を観ているとついつい同情してしまい気づいたら心からエールを送っていました。また、榎木香菜を演じている山口紗弥加さんの演技が見事でとても引き込まれました。正直なところ、このドラマを観るまでは彼女のことをよく知らなかったけれど、演技を観ていて凄く好きになれました。
20代女性

なんだかこう、やる気と元気をもらえる第1話でした。ここまで登場人物に深く共感できたのは初めてかもしれません。心から好きで、幸せになれると思って信じて結婚したのに、旦那の態度や言動に毎日苦しめられて、それでも我慢しなければいけなくて。主婦は働いていないから楽だと言う人もいますが、家事だって立派な仕事です。なのに、ずっと文句を言われて、浮気までされて。専業主婦が辛いのは別れたいと思ってもすぐには別れられないところです。何年も仕事から離れていた主婦がすぐに仕事を見つけるのは本当に難しい。だから、我慢して旦那の家政婦として生きるしかないと諦める人が多いのです。香菜も最初は我慢していました。何を言われても何をされても、グッとこらえていました。そんな香菜が勇気を出して一歩外に踏み出したシーンは本当に感動しました。思わず、テレビの前で頑張れ頑張れと叫んでしまうほど、グッときました。世の中そんなに甘くないので、これから生きていくのは大変でしょう。1人ならまだしも、子供も一緒です。それでも頑張ろうと決意した香菜が素敵でした。人は人のために頑張る時は思っていた以上の力が出せると思います。だから、香菜も大変だろうけど、きっとこれから強く生きていけると感じました。次回がとっても楽しみです。
30代女性

各世代のバスケ部のリーダーが亡くなった恩師の家に次々と転がりこんだと思えば、今度は恩師の隠し子?という展開にはさすがにびっくりしてしまった。最初は夫に言いたいことも言えず我慢してばかりだったけど、恩師の家でみんなに料理を振る舞うようになって、作った料理をおいしいと言ってもらえるだけで泣きそうになるっていうのも、今まで虐げられるような毎日で自己肯定感が低くなっていたからこそで、そんな毎日からやっと解放されたんだと思うと、観ていてちょっと嬉しくなった。無事に幹太のお母さんが見つかった時、これは典型的な詐欺師のパターンか?とドキドキしたけど、それでも幹太にとっては大好きな母親だし、母親としてなんでもやるっていう姿勢には見習う部分もあったような気がする。
30代女性

人生は何が起こるか分かりません。思いも寄らないピンチに陥ったときに、自分だったらどうするのでしょう。他人事とは思えません。香菜は、今まで夫のモラハラによく耐えてきました。すでに限界だと思います。優子は、仕事にバリバリ打ち込んできたのに、自分がセクハラとパワハラで訴えられるなんて思ってもみなかったと思います。香菜と優子と茜の三人は、元高校バスケ部のキャプテンだったのですから、これから強い気持ちで壁を乗り越えて行ってくれるに違いありません。不幸にめげないで、辛くてもへこたれずに前を向いてほしいと思います。ラストの海辺のバスケットボールをするシーンは、晴れ晴れとしていてこれからの希望を感じました。演技派の俳優さんが勢揃いしているので、ドラマに引き込まれます。
60代女性

山口紗弥加さん演じる香菜と財前直見さん演じる優子と桜庭ななみさん演じる茜が、伊武雅刀さん演じる高校バスケ部恩師の安東先生のお別れ会で出会い、それぞれ年代もバラバラな3人が不思議な縁でひとつ屋根の下に住むことになるまでの展開が面白かったです。日々何かを諦めたり我慢しながらも懸命に過ごしている人達に寄り添うような作品になりそうだなと思いましたし、娘からお母さんのようになりたいと思ってもらえるように生きようと考える香菜に共感し、 前向きで素敵な考え方だなと思いました。それぞれに事情を抱えた世代の異なる女性達の姿を見て、自分も頑張ってみようと思ったり悩みに共感したりしながら楽しめるドラマだと思いました。こらからの展開も楽しみです。
30代女性

いろいろ悩む女性のリアルを描いたドラマで考えさせられる内容でした。生きているといろんなことがあるし、表面上には見えない悩みを持っている人が多いよなと感じました。山口紗弥加さん演じる香菜がファミレスで茜に絡む男性に粉チーズのかかったカレーをかけてしまう、というシーンはかなり大胆な行動で驚きましたが、スカッとさせられました。でも警察に連行されてしまいかなりかわいそうでしたね。また、香菜が娘に対して「私、生きているのをサボっていた」という言葉はすごくじんわり来るセリフでした。旦那さんに依存して生きていたことを再認識させられた言葉だったので、これから彼女がどのように自分の人生を生き直していくのか注目したいです。年代も違う部活の部長ばかりが集まった共同生活は大変そうですが、これから彼女たちの再出発を楽しみに見ていきたいと思います。
30代女性


第2話 ドリームチーム「気になる あのコは?」

共同生活を始めた香菜(山口紗弥加)らの前に安東(伊武雅刀)の隠し子が現れる。みんなショックを受けつつも、香菜は自立を目指し就活、優子(財前直見)は左遷先で仕事に向き合い、茜(桜庭ななみ)はSNSで新たな投稿を始めるなどそれぞれの道を模索。ある日、隠し子の母が見つかり、安東の謎が明らかになる。

伊武雅刀さん演じる安東先生の隠し子が現れるという展開には驚きましたが、山口紗弥加さん演じる香菜達にとっては良い指導者だったとしても安東先生はプライベートでは普通の男性で、人は様々な顔色を持っているものだなと改めて感じました。今回は財前直見さん演じる優子が左遷先で新たな仕事に向き合っている様子に好感がもてましたし、破れた表彰状を桜庭ななみさん演じる茜が修復し可愛くデコレーションして香菜と3人で笑い合うシーンは見ていてホッコリしました。同じバスケ部出身で世代の違う3人の不思議な縁が面白く、一緒に暮らしていくうちに距離が縮まり強まっていく絆に注目しながら見ていきたいです。新たな道に進もうとしている女性達の姿を見て勇気がもらえます。
30代女性

ドラマ「ドリームチーム」第2話を観て、「新たな道への一歩」と「家族に起きた事態に動揺する香菜」が良かったと思いました。まず、新たな道への一歩についてです。第2話では、同居を始めた香菜、優子、茜の様子が描かれます。三人は、仕事探しや新たな職場での生活など、人生をやり直すために動き始めます。大きな挫折を味わいながらも、立ち直るために行動し始めた三人に、元気をもらいながら観ていました。次に、家族に起きた事態に動揺する香菜についてです。香菜は、別居している夫の啓吾によって無断で娘を連れて行かれてしまいます。娘を奪われそうになり、冷静さを失う香菜の姿を心配しつつ、家族と向き合って欲しいと思いながら観ていました。
20代女性

突然先生の隠し子だという幹太くんが登場してびっくりしました。いちばん子どもと接点がなさそうな優子さんと一緒に寝てるのがすごくかわいかったです。モラハラ夫と離婚するために自立しようと就活する香菜さんの奮闘ぶりが見ていて少し切なかったです。主婦は自分の都合ではなく、夫や子どもの都合で動いている、という言葉は主婦のリアルな言葉をついているなと感じ、印象に残りました。幹太くんが優子さんの大切にしていたトロフィーや表彰状を埋めてしまったのはとてもびっくりしましたが、埋めたら大切なものになる、という言葉を信じてそうしてしまったと知り、子どもの好奇心はどこまでも純粋だなと思いました。茜のいうものなんか別にいらない、というのもその通りに思います。過去の栄光にすがるのは少しみっともないところがありますね。幹太くんのお母さんを演じるベッキーさんのちょっと謎めいたところも役に合っていて良かったです。
30代女性

鶴賀優子(財前直見)の泥だらけになった社長賞の賞状をマスキングテープで貼り合わせたり、ハート模様をつけたりと、あまりのダサダサぶりに、香菜(山口紗弥加)と茜(桜庭ななみ)と優子と次々に賞状を手渡しながら、最後は三人で笑い合うという展開に、つられて笑ってしまいました。とても素敵ないいシーンでした。優子はこれをきっかけに、いつまでも自分の華麗な過去の経歴にしがみ付いていないで、気持ちを切り替えて、ゼロからのスタートが切れるのではないかと思います。エイトわくわく共和国の立て直しには、従業員の信頼と協力が欠かせません。一発逆転を期待しています。香菜は、安東悠一と気が合いそうです。料理も上手だし、自分に自信を持って、自分がやりたいことを見つけてほしいと思います。
60代女性

優子の左遷先が人気のない遊園地で、彼女のこれまでの光り輝く実績が役立たない感じが見え、これからどうなっていくのかの展開が気になります。その遊園地の部品を磨いたり、地道に働いたりしている職員を見下していた優子が、「教えてください」と頭を下げ、高級な時計も外して遊具の掃除をしているシーンが印象的でした。きっと、彼女なら紆余曲折はあるけれど、チーム力を高めていくのではないかと期待しています。専業主婦だった香菜も当たり前と思っていた料理を、みんなから褒められて自己有用感が高まっているところが心に残っています。「私なんて」から「私でも」に変わった瞬間の山口紗弥加さんのとびきりの表情が素敵でした。気になっているのは、安東家の長男です。地味なキャラクターですが、恋の予感も感じてわくわくしています。
60代女性

辛い目にあったのは、香菜(山口紗弥加)優子(財前直美)茜(桜庭ななみ)の3人だけだと思ってましたが、安東先生(伊武雅刀)に隠し子がいて一つ屋根の下に気の毒な女性が4人となり、さらに面白くなってきました。バスケチームの3人からすると良い先生の安東も、妻(余貴美子)に離婚届を渡されたいけてない男だったようですし、人と言うのは一つの側面では分からないものだと痛感しました。体育会系の安東の息子なのに、悠一(味方良介)は文科系ですごくソフトで、親子の確執もこれから明らかになるのかなと思います。香菜が、どこに面接にいっても断られ無能扱いされるのは、女性は同調するところが大いにあるのではないかと思います。料理を褒められて喜ぶ姿が印象的でした。これから、料理の仕事をしていくことになるのかな?と期待しています。
50代女性

緊張感が高まる部分もあればほっこりとする部分もあって良かったです。幹太が優子の大切な社長賞などを土に埋めてしまったことには驚きました。これには母がいない幹太の寂しさが表れていたように思います。さらに香菜の娘の環が圭吾に連れ去られる展開には胸騒ぎがしました。しかし作中ではほっとするシーンもありました。香菜の手料理にとても感動しました。就活はうまくいかないようでしたが、料理は得意なようでした。香菜の料理をみんなが「美味しい」と言って食べるシーンには心がじんわりと温かくなりました。香菜はこれに心を打たれている様子でしたが、観ていて幸せな気持ちになりました。心に訴えかけるシーンが多く、ついストーリーに引き込まれました。
30代女性

不倫した政治学者で著名人の妻・香菜とその娘・環、年下の恋人も居てエリートキャリアウーマンだったのにパワハラ疑惑で遊園地へ左遷させられた優子、SNSで活躍していたのに大炎上した茜の三人がバスケ部の顧問だった安藤先生宅で安藤の妻・佳恵とその息子・悠一との共同生活を開始し新しいスタートを切ったとばかりに自分達に何とかしようと奮闘しますが世間はそう甘くなく切ないのですがそれでも其々の頑張りに元気を貰いました。そしていきなり安藤先生の隠し子と名乗る5歳の男の子の出現と隠し子と嘘ををついていて無理矢理預けていたシングルマザーとの出会いで上手くいかない日常にそれぞれが悩みを抱えながらも前向きに生きようとする姿勢が画面から輝いて見えて応援したくなります。ホロにとしたりジーンとしたり悔しいシーンもありますが友情と人情のあるいいドラマだと思います。特に今回は親子、夫婦の絆の在り方も見え隠れし良かったです。少しずつ安藤先生についても定年退職後に失踪して本当は死んでいるの死んでいないのか分らないなど色々な事が明るみに出てこれも見所の一つです。また最後に環が父・圭吾に連れ去られストーリーのスピード感もよく一体これからどんな展開になっていくのか益々面白くなって来ました。
50代女性

安東勝仁(伊武雅刀)先生のマイドリームチーム構想に入っていた3人。それは嬉しい遺産ですが、先生にはジャクリーンさんとの隠し子がいたらしい。高校女子バスケ部の元キャプテン3人は、こういう時、微妙に記憶に影響が出そうな。でも、占い師のジャクリーン(ベッキー)の嘘と判明。最近のベッキーの役は意地悪な役が多くて。歯止めがかからないとおっかない感じが。ドリームチームそのもののキャラでなくてよかったですよ。そして、安東先生は亡くなったのでなくて、失踪期間7年で法的に死亡とみなされる失踪宣告。そのまま、死去と、安東先生を偲ぶ会が催されていたようです。やはり、教え子たちの記憶…。やはり守ろうとしてくれていたのですね。「先生がどこかで見ている…」、先生‼︎。コミカルなペースで、生徒たちが自立していく。どこか頼ってしまう記憶は、時に壊れていく事も。そういう事もあるでしょうね。
40代男性

ひょんなことから香菜、優子、茜の共同生活がはじまりました。このドラマのテーマは自立と自分との向き合い方なのだろうと思います。視聴者からみても三人のうちどれかに当てはまり共感してしまいます。それぞれが自立に向けて始動し始めました。女性として頑張ってと応援したくなりますね。女性の社会進出が難しい中で、理不尽なことばかりだけどみんな頑張っている姿にとても共感してしまいます。男性と女性はなかなか平行線な部分が多いですが、お互いに自立をしようとすることが如何に難しく、大事になのだろうなぁと思いました。自分を変えるべく動き出した主人公達の今後はどうなっていくのでしょうか。三人とも社会の荒波に負けずに頑張って欲しいです。
30代女性


第3話 ドリームチーム「ゼロからのスタートアップ!」

香菜(山口紗弥加)は、夫・圭吾(前川泰之)に離婚を持ち掛けるが拒絶される。そのことを知った優子(財前直見)や茜(桜庭ななみ)は怒りをあらわにするが、香菜はまずは自立を目指し、職探しに励む。なかなか仕事が見つからない様子を見た優子らは、香菜の得意な料理で生計を立てられないかと考え始める。





本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました