コンフィデンスマンJP プリンセス編 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

コンフィデンスマンJP プリンセス編 PV&公式YouTube動画

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』予告【7月23日(木・祝)公開】

コンフィデンスマンJP プリンセス編 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

コンフィデンスマンJP プリンセス編 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

ダー子、ボクちゃん、
リチャードらお馴染みの面々が、
世界有数の大富豪一族をオサカナに、
華麗で超絶大胆なコンゲームを繰り広げる。

あらすじ

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』特報②【7月23日(木・祝)公開】

世界有数の大富豪・フウ家の当主、
レイモンド・フウが亡くなるが、
執事・トニーが発表した遺産の相続人は、
誰もその存在を知らない隠し子
“ミシェル・フウ”だった。

遺産を狙い、世界中から
詐欺師たちが集まるなか、
ダー子らもフウ家に入り込み…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(ダー子)
長澤まさみ
(ボクちゃん)
東出昌大
(五十嵐)
小手伸也
(リチャード)
小日向文世
(モナコ)
織田梨沙
(コックリ)
関水渚
(ちょび髭)
瀧川英次
(鈴木さん)
前田敦子
(ブリジット)
ビビアン・スー
(アンドリュー)
白濱亜嵐

<STAFF>

監督
田中亮
音楽
fox capture plan
脚本
古沢良太
製作
石原隆
市川南

©2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ライターコメント

コンフィデンスマンシリーズはどのシリーズもおもしろくて好きでしたが、この話がすごく気分がいい感じの終わり方だし今まで出てきたメンバーが勢ぞろいってくらい出てきて豪華だったので一番好きだったなと思いました。ダーコが無理やりその辺で誘拐かくらいで連れてきた女の子を娘として連れて行って、そこでの活躍というか振る舞いが認められて家族がいなかった子に家族が出来るっていうのがすごくいいなと思いました。今回は初めてではないかって感じでダーコに一切のお金が入ってなくてそこに一番驚きました。ずっとお金のことしか考えていない生粋の詐欺師であるダーコがそんな優しい心を持っていたことにとても感動してしまいました。
20代女性

コンフィデンスマンJP映画の続編で、前作で出てきたキャラクターもちょこちょこ出てきますが、前作を見たことがない人でも十分楽しめる内容でした。今回はいつもお金のことしか考えていないダー子たちがお人好しというかいい人だなと思えた作品でした。もともと冴えない女の子で家庭環境も最悪だった子を呼び寄せ、偽のプリンセスとして生まれ変わらせるという展開にわくわくさせられました。ドレスアップしたり小綺麗にすることでどんどん可愛くなっていき、プリンセスとしての勉強をする姿も健気さを感じました。そして彼女に詐欺師としての仕事はいい子すぎて無理じゃないかなと思っていたので、最終的に偽のプリンセスとして生きていくという終わり方はしっくりきました。
30代女性

今回もいつも登場するキャストに加え、柴田恭兵さんやビビアン・スーや白濱亜嵐さんが登場します。プリンセス編は、今までのシリーズとはちょっと違うように感じました。ダー子、ボクちゃん、リチャードよりも、関水渚演じる身内のない内気な少女であるコックリの成長物語だったような気がします。最初はダー子に言われて大富豪の隠し子ミシェル・フウとして潜入したわけですが、いつの間にか自分自身の意思で動き始めるんです。コックリにとって勉強する事やいろんな経験を積むことは楽しい事であり、顔つきがどんどん変わっていきます。教育なんて今まで受けてこなかった内気な少女が、最後は英語でしっかりとスピーチする場面、感動的でした。ダー子との別れの場面、ダー子は途中からコックリのお母さんのような気持ちになっていたような気がします。自分は偽物というコックリに、あなたはプリンセス、なりたいと思うものには何でもなれると論する場面は感動的であり一番の見どころです。謎めいた雰囲気の柴田恭兵さんも素敵でした。そしていつものように最後の最後の種明かしは、やっぱりすごいです。テンポもあり目が離せません。想像以上の種明かしでした。1人の少女が自分の手で欲しいものを手に入れ、人生を変えてしまった成功物語です。コックリを演じた渚ちゃん存在感抜群ですごく良かったです。幅広い年齢層の方におすすめの映画だと思います。
50代女性

竹内結子さん、三浦春馬さんがそろって共演されている最後の映画かと思います。その点だけでまずは気になって観てしまいました。身寄りのない少女を子猫にし、新たな企みをスタート!コンフィデンスマン前作(ロマンス編)も観たためか、途中からなんとなく仕掛けがわかったものの…最後はミシェルの本物の優しさ(爆弾犯人が過去に街で出会ったおじさんで大切な人形を拾ってあげていた)により、事態が収まったときにはウルっとしてしまいました。ロケ地も海外ばかりでコロナ禍で海外旅行が難しいいま、とても嬉しい光景でした。出演者はもちろん、衣装もとても派手でビジュアルだけでも楽しめます。個人的に一番騙されてしまったのは、ミシェルが広瀬すずさんじゃなかったこと。。エンドロールでお名前がなく、後から調べたときの悔しさといったら。
30代女性

豪華キャストさんが次々に出てくるので見ていて飽きない、ハラハラ、ドキドキするようなストーリーでした。計画通りなのか、予想外の展開なのか、見落とすことなくしっかり見ていても誰がいつどこで誰を騙したのか分からず…予想はなんとなくしていたのですが全然見破ることができませんでした。今回もまた良い意味で裏切られてしまうような展開が待っています。大人も子供も楽しめるような映画になっているので、もう一度家族見てみようと思いました。エンディングを見ていて、色々思うところがありちょっと寂しい気持ちになりましたが、いつの間にか笑ってしまう、時に泣いてしまうような素敵な作品でした。見ることができて本当によかったです。 
20代女性

ドラマからずっと見ていて大好きな作品ですが、今回の映画も期待以上に笑って驚いて感動まであり見どころ満載でたっぷり楽しむことができました。長澤まさみさん演じるダー子が相変わらず破天荒でパワフルで、鋭い観察眼と緻密な計画や作戦が見事で圧倒されました。関水渚さん演じるコックリと一緒にいるシーンは今まで以上に頼もしく、初めてダー子に母性のようなものを感じてなんだかとても新鮮でした。ただの騙し合いコメディーではなくて、人間が持つ本来の愛が様々な形で表現されているように感じました。「私達は何にだってなれる」という言葉や「信じればそれが真実」など、作品を見た後も心に残り思い出して勇気をもらえるようなセリフがたくさんあり良かったです。
30代女性

コンフィデンスマンはドラマも映画前作も見ていたので期待しかなかったのですが、今回も最高でした!なにより、新しい登場人物であるこっくりちゃんがとても可愛かったです。式のシーンでの長いセリフもすらすらと話していて本当にすごいなと思いました。いつもどおり、ダー子やボクちゃん、リチャードの掛け合いも良かったです。ただ、今回はどちらかと言うとダー子とこっくりちゃんの親子のような関係性が強調されている感じがありました。そして、いつもはコメディ色が全面に押し出されている作品なのに、ラストの2人の別れで思わず涙が出てしまうほどの感動ストーリーに仕上がっていたと思います。五十嵐のシーンが少なかったのも関係しているかもしれません。
20代女性

テレビシリーズに引き続き、詐欺師たちが繰り広げる物語はハラハラ・ドキドキの展開が終始続く作品でした。今回も長澤まさみを筆頭とした豪華キャストで、伏線を次々と回収していく物語の内容は目が話せなかったです!特にシリーズで出てきた吉田栄作演じる赤星との再会のシーンは、シリーズファンとしては決着の付き終わっていないと思っている者同士だったので、今作品で再戦することになり、興奮しました!シリーズファンとしてもう一人忘れてはいけない、広末涼子演じる波子も登場し、大満足でした!リチャードとの恋の行方?がちょっと気になりました!作品を一度も見ていない方、前作の劇場版を見ていない方は、必ず全部見てから本作を見て欲しいです。
20代男性

連続ドラマの頃から見ていましたが、これまでで一番のスケールの大きさで圧倒されました。いつも通りの裏切りの連続で、何回も騙されました。かなりヒヤヒヤするシーンも多く、見応えがあると思います。プリンセス編は登場人物が多くてキャストも豪華でした。以前のドラマに出演していた人が再び出ていたりして、ファンとしては嬉しかったです。大富豪であるフウ家に潜入して作戦を遂行していくのが面白かったです。娘になりすました関水渚さんの演技が可愛かったです。内気で垢抜けない雰囲気の子が変わっていく様子に驚きました。フウ家の三兄弟の演技も高飛車な感じが似合っていて、特に白濱亜嵐さん演じるアンドリューがぶっ飛んでいて気に入りました。
20代女性

ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人を筆頭とした騙し劇が今作も大変痛快でした。伏線があらゆるところに張られており、最後の最後まであっ!と思わされる仕掛けがなされており最初から最後まで目が離せませんでした。また、ダー子の言葉が私には刺さり、コックリに言っていた「私たちはなろうと思えば何にだってなれる」という言葉に共感しました。このようにコメディ満載の中にも共感や感動が隠されており、俳優も演技派ばかりで豪華であった為とても良い作品でした。テンポ感も良い為飽きることは全くなくコンフィデンスマンならではの作りが今回も炸裂しており面白かったです。一度見ると伏線に気づくために何度も見返したくなる作品です。
10代女性

前作と同様にストーリー展開のテンポが良く、たまに出てくる笑えるシーンにテンションが上がり、最初から最後まで見ていて全く飽きないクオリティーの高い映画でした。また、GACKTがちょい役で出演するくらい多くの豪華キャストが出演している中、特に三浦春馬や竹内結子はこれまでになく輝いて見えたので、彼らには本当に見入ってしまいました。本当にそこに生きているように見えました。それぞれの登場人物の個性的なキャラクターはバランスよく設定されていて、そのキャスティングもバッチリでした。最後の最後で想像もつかない展開が待っているのが、この作品シリーズのお決まりですが、今回もしっかりどんでん返しをしてくれて最高でした。
20代女性

最後の最後まで誰が犯人かわからない展開が良かったです。前田敦子さんや、竹内結子さんなど今までのシリーズに出ていた方々が大事な役割としてプリンセス編にも登場していて、思わず映画を見ながらさすが!と思ってしまいました。プリンセス編は、お金儲けの詐欺はもちろんですが、人間味あふれる部分が多くあり、1人の少女の成長を見届けているようでそこがまた良かったです。そして久々に日本の映画で見たビビアンスーさんはとても美しく、お金持ちのおうちの長女役には適役でした。いろんなシーンにヒントが隠されているんじゃないかとドキドキしながら見る感じもとてもよく、あっという間に終わった気がします。最後に一気に伏線を回収して行くところがスッキリしました!
20代女性

ドラマ、前作映画に引き続き、ダー子の詐欺師っぷりが最高に面白い映画でした。身寄りのないコックリを富豪の隠し子、プリンセスに仕立て上げる物語で、序盤は今まで通り金のために全てを捧げ、コックリの母を演じきるダー子に笑わされ続けました。しかしながら後半は元々言葉も発さずに頷いてばかりいたコックリが真っ直ぐな気持ちで兄弟たちや周りの人々に向き合うことで、フウ家の人々、国民から信頼される本当に国の王になってしまうというハートウォーミングな展開でした。ダー子が仕組んだ数々の罠と軽快な騙しっぷりにスッキリ爽快させられながら最後には何故かうるっと来てしまう素敵な映画でした。前作までにメイン登場してきた波子さんやジェシー、城ヶ崎なども登場し、キーパーソンとして活躍してくれるのも見どころです。そして私の1番のおすすめポイントはエンドロール後のネタバレシーンです。コンフィデンスマンは大人気シリーズということもあり、今までの傾向から推理しながら観ている方も多いとは思いますが、流石にここまで予想できた方はいないのではないか、と思うほどのまさかの大どんでん返しがエンドロール後にありました。エンドロールを待たずして見るのをやめてしまう方もいますが、Official髭男dismさんのlaughterも名曲ですし絶対に見るべきです!また、今作でコックリを演じた関水渚さんについて、今迄全く知らなかったのですが、いつも周りに怯えて頷くことしかしなかったコックリが人を思いやり、自分の意志を持っていく姿を見事に演じきられていました。グラビアアイドルの方らしく驚きましたが今後も演技活動があれば期待したいです。
20代女性

主舞台の島がとても華やかな印象で見ごたえがありました。セレブ感たっぷりで正にデヴィ夫人が似合う感じで面白おかしく見ることができました。赤星栄介をはじめとする過去の厄介者集結シリーズの中では個人的にはリチャードと波子の展開が好きです。ジェシーに関しては悲しい気持ちになってしまいます。ダー子が新たなる子猫として育てるコックリが成長し変わっていく姿はちょっと感動しますが、最後の「お母さん・・」のセリフでさすがに親子の間柄設定は厳しいのではとつっこみたくなってしまいました。全体の構成としては場面展開のテンポも良く、程よい感動とコメディ感もたっぷりで大人から子供まで幅広く楽しめる作品ではないかと思います。
30代男性

今回もまた大金を狙うために動き出したダァー子。超大金持ちのレイモンドフウがなくなりその財産は見たことのない娘ミシェルフウに渡すということで世界中の詐欺師達が集まります。長澤まさみさんと竹内結子さんのタックが見れるシーンがあり、面白いです。コックリという少女をミシェルだと騙して見事に資産を手に入れられることができるのか見どころだし、豪華すぎるキャストにもすごいびっくりする作品でした。ドラマからの映画化でここまでどんどん面白くなっていくのってないんじゃないかなと思うくらいです。ダァー子の無茶苦茶な作戦にもかなり笑えるし最後はなんか感動するし、笑あり涙ありの映画ですごい楽しめて最後まで見れました。ラストは衝撃的なのもよかったです。
20代女性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました