コンフィデンスマンJP 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

コンフィデンスマンJPドラマPV&公式YouTube動画

映画第2弾公開記念「2分でわかる!! コンフィデンスマンJP」

コンフィデンスマンJP 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

コンフィデンスマンJP 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

長澤まさみが主演を務め、
古沢良太が脚本を手掛けるコンゲーム作品。

一見平凡な姿だが、実は信用詐欺師
“コンフィデンスマン”のダー子(長澤)、
ボクちゃん(東出昌大)、
リチャード(小日向文世)の3人が
さまざまな職業人に成り済まし、
奇想天外で壮大な計画で
悪徳富豪家から大金をだまし取っていく。

キャスト・スタッフ

<CAST>

長澤まさみ
東出昌大
小日向文世 

各話紹介

第1話『ゴッドファーザー編』

華やかで欲まみれの世界を舞台に、3人の詐欺師が大金をだまし取る。詐欺師のリーダー・ダー子(長澤まさみ)は、詐欺師を辞めたいボクちゃん(東出昌大)とどんな職業にも成り済ますリチャード(小日向文世)と共に悪徳富豪から金をだまし取る。ダー子は次の標的を財団会長・赤星(江口洋介)に定める。


第2話『リゾート王編』

美食家に扮したダー子(長澤まさみ)と共に、ボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)は、ある富豪をだましにかかる。その後、詐欺師を辞めたいボクちゃんは温泉旅館で働き始めるが、突如旅館は大手リゾート開発業社に売却が決定。ダー子は社長のしず子(吉瀬美智子)への接近を試みる。


第3話『美術商編』

ボクちゃん(東出昌大)が若い画家・ユキ(馬場ふみか)と知り合い、美術評論家・城ケ崎(石黒賢)にもてあそばれたと聞き怒る。ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)と共に、女癖が悪く芸術を金もうけに使う城ケ崎から、大金を巻き上げることに。ダー子は、オークション会場で城ケ崎と対面する。


第4話『映画マニア編』

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)らは、食品加工会社の2代目社長で映画マニアの俵屋(佐野史郎)が食品偽装をしていることに着目。俵屋の家にうその映画雑誌を送り付け、映画人が愛した架空の名店におびき出すことに成功。そこでダー子らは、俵屋を大掛かりなうその映画製作に誘い込む。


第5話『スーパードクター編』

リチャード(小日向文世)が入院し、病院の理事長・ナンシー(かたせ梨乃)が、駄目息子に名声を集めるため、金の亡者と化していると知る。ボクちゃん(東出昌大)が偽医者となり病院へ。ナンシーが大病を患っているとだまし、ゴッドハンドといわれる女医に成り済ましたダー子(長澤まさみ)が現れる。


第6話『古代遺跡編』

ある田舎の村で「ふれあいモール建設予定地」だった場所が産廃処理場に変更され、住民たちを悲しませていた。その計画を企てたのがコンサルタント会社社長・斑井(内村光良)だと知り、ボクちゃん(東出昌大)は憤る。すると、ダー子(長澤まさみ)は現場に遺跡が見つかれば工事が止まると提案する。


第7話『家族編』

理花という女性に扮したダー子(長澤まさみ)が資産家の要造(竜雷太)の家に現れる。本物の理花は、1年ほど前にリチャード(小日向文世)が出会っていた。株で荒稼ぎして大金持ちとなった要造と愛人との間に生まれた理花は、他の兄弟からいじめられ家を出たという。ダー子は遺産を狙う兄弟をだまそうとする。


第8話『美のカリスマ編』

リチャード(小日向文世)が通っていたエステ店の経営者・ほのか(堀川杏美)が、“美のカリスマ”ミカ(りょう)の営む「ミカクリニック」に転職。だが、ほのかはミカから容姿に関する罵声を浴びせられ、1年後心身ともに病んで辞職する。リチャードはほのかの恨みを晴らすべく、ダー子(長澤まさみ)らに話を持ち掛ける。


第9話『スポーツ編』

アプリ開発で富を得た社長・桂(小池徹平)が、プロスポーツクラブを買収し、ファンから反感を買う。クラブを私物化する桂が卓球チームを狙っていると予想したダー子(長澤まさみ)らは、卓球選手に扮して桂に売り込む。だが、桂の狙いはバスケットボールだったため、ダー子はバスケットボールの選手を探す。


最終話『コンフィデンスマン編』

ボクちゃん(東出昌大)は、ダー子(長澤まさみ)との詐欺稼業から足を洗うと宣言。時が過ぎ、ボクちゃんが働く会社の後輩・鉢巻(佐藤隆太)から結婚詐欺に遭ったと相談される。鉢巻が描いた相手の女性の似顔絵はダー子に似ていた。ボクちゃんは鉢巻を連れ、ダー子とリチャード(小日向文世)に会いに行く。


運勢編

コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。だがボクちゃんは、「今回はまれにみるひどい作戦だった」とダー子を責め、詐欺師を辞めると言い出す。いつもたまたまついているだけ、とボクちゃんから言われたダー子は、幸運の女神に守られている、と返すが・・・・・・。


ライターコメント

荒稼ぎをする悪党だけを狙うコンフィデンスマンのダー子とボクちゃんにリチャードと3人組がとにかく明るい性格でドラマの中で弾けたように存在する所が斬新で、ボクちゃんだけは詐欺師に飽々しているのに全うな人生も歩めないという優柔不断さが弱い人間らしさを感じさせ、それをいいことにダー子が利用してしまう場面が何度もある所が実に愉快、悪党を騙す手法も豪快すぎて利益がほぼ無いという結末も面白すぎます。騙すために成りすます扮装も愉快でリチャードの寿司職人は見た目で笑えてしまい、寿司を握る事ができないために威勢の良い掛け声と無駄な動きだけで乗り切ろうとする場面は可笑しくてなりませんでした。また物語の中で孤独な経済ヤクザだった与論要造から資産を奪う策略を練ったダー子が娘に成りすまし、他の兄姉たちも実は詐欺師と騙し合いというライバル対決の展開を見せつつ、最後は本当の家族のような雰囲気で締め括る温かな物語になる素晴らしさは詐欺師をテーマにしているドラマでは世界初の試みと考えられ、完成度の高さは群を抜いていて最高傑作と思っています。
30代男性

全話を通して感じた事は手に汗握ったり冷や汗をかくようなドキドキあり、腹の底から大笑いできるほどのコミカルな面あり、どこかで必ず1度はホロッとくる人情を感じる面あり、そして毎話最後の最後にはスカッとできる爽快感ありで1時間足らずの間に様々な要素が詰め込まれたドラマという印象で展開がスピーディーなのも飽きが来なくて良かったです。主演の3人が極めて個性的なキャラクターなのも魅力的でしたし弄り合ったりバカにしたりしながらもいざという時には結束して1つの目標を達成していく姿には素晴らしいチーム力だと感心しました。どんな手を使い相手を騙してギャフンと言わせるのかも毎回楽しみでしたし、全く予想もしていない手を使う事も多々ありましたので恐れ入りましたという気持ちです。
50代男性

当時、リアルタイムで視聴していました。ストーリーもですがキャラクターの魅力が素晴らしいです。長澤まさみ演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人の掛け合いが面白く、互いのことを理解し合っている関係性も魅力的です。話も人を騙している悪者をやっつけるというシンプルなもので、基本的に1話完結でテンポが良くて分かりやすいです。毎話ターゲットのゲスト俳優が豪華で江口洋介や佐藤隆太など主演クラスが出演しているのも見所であり、その悪者も訳ありで少なからず共感できる部分もあるので、後味は悪くありません。毎回ハラハラさせらる展開が続き、ダメかなと思ったところで罠をしかけて逆転するという展開が爽快です。
30代男性

毎回観られる長澤まさみ様の変装という名のファッションショーが最高です。1話完結なのでどんなタイミングでも観やすく、それなのに最終回ではっきりと明かされるエピソードのつながりには拍手喝采を送りたくなりました。信用詐欺師という役柄上、毎回まったく別の人物を演じてみせるダー子、リチャード、ボクちゃんはとにかく魅力的でおかしくて、別の人物を装っていても、根っこにある3人それぞれのキャラクターはなんとなくにじみ出ているという演技の調整が本当に素晴らしかったです。時には胸にぐっと残る言葉も発するのですが、真面目に見えた言動も最後には全部はぐらかしてしまって、結局本心は見せてくれないダー子が大好きです。 
20代女性

とにかくテンポの良いドラマです。2018年のドラマですが久々に月9で長澤まさみが見れるという点でもドラマスタートがとても楽しみだった記憶があります。長澤まさみと言えばラブストーリーの印象が強いですが、このコンフィデンスマンはエンターテイメント性重視でその点が長澤まさみの新たな魅力の発見にもなったきがします。第一話で登場した時の迫力のある和服姿などはとても印象に残ってます。長澤まさみ演じるダー子の魅力を更に引き立てているのが、東出昌大演じるボクちゃんと小日向文世演じるリチャードの二人です。バラバラの年代の3人野テンポの良い掛け合いがなんとも良いです。詐欺師の3人ですが、独自のモラルを持っていて憎めないところが良いです。
40代女性

ダー子が毎回いろんなターゲットからお金をゲットしていくのですが、毎回どんでん返しがあるので見てるいるこちらもハラハラドキドキしながら観れるドラマです。長澤まさみのはっちゃけた演技とか騙す演技がうますぎて、視聴者の私も毎回騙されて今回はそうきたかーと思ったりしていました。特に好きなシーンは第9話のスポーツ編です。小池徹平が悪役で出てくるのですが、その演技もうますぎてまんまと騙されました。バスケットクラブを作るのですが最初はお金を騙し取るためにやっていたのにいつのまにか真剣になってバスケットをしていたり、わりと感動するポイントなんかもあったりしてとても面白いです。個人的には小日向さんのリチャードがとてもいい味を出してるなと思います。
20代女性

毎回、主演の独白から始まりテンポよく話しが進んでいきます。コンフィデンスマンとしてダー子、ぼくちゃん、リチャードそれぞれがどの様にターゲットを騙して行くのか最後まで視聴者も騙される側として楽しめる作品です。特に、ダー子がぼくちゃんを騙すところなどはクスッと笑えます。また、騙される側の俳優さんたちも毎回豪華です。特におすすめなのは3話の美術商編です。最後のネタバラシのシーンはお腹が痛くなるくらい笑いました。ドラマ自体1話完結型なので、全て見なくてもその1話1話を楽しめるのでどこからみても面白いと思います。毎回違う展開で本当におすすめのドラマです。何度見ても面白いです。気持ちが落ち込んでる時に見ると明るくなれると思います。
30代女性

第一話で登場した赤星栄介会長がインパクトありました。日本のゴッドファーザーでもある会長を騙すダー子たちでしたが、手の込んだ芝居で見事に赤星会長からお金を奪いました。赤星会長は生きていくうえで一番大事なものは何だ?とダー子に聞いたら信頼だと言っていました。ダー子はお金と言いそびれてしまうところが面白かったです。しかしながらお金に対する執着心は人一倍強く、飛行機からスカイダイブしてしまうほどお金好きです。真心と信頼、社員は家族だなんて思ってもいませんでした。人のことを信用しなかったから俺は成功できたと豪語していたシーンが良かったです。鳥取砂丘に舞い降りた時、ケースの中身はすべて紙きれだったのがこのドラマの真骨頂でもあります。
50代男性

コンフィデンスマンJPの良かったところは、なんと言っても長澤まさみさん演じるダー子のわがままっぷりと自信たっぷりな話し方、お金を取る為なら何でもすると言ったがめつさ(笑)が面白くて引き込まれました。またダー子と東出昌大さん演じるボクちゃん、小日向文世さん演じるリチャードの3人のやり取りも最後にはボクちゃんが嫌な役回りが回ってくるパターンも本当に面白かったです。そしてちょいちょい登場する小手伸也さん演じる五十嵐!出てくるたびにニヤニヤ(笑)五十嵐の話し方とか本当に面白かった!ダー子の作戦にも一役かっていて私の中では五十嵐に大きな拍手を送りたいくらい(笑)大好きです、コンフィデンスマンJP。
40代女性

1話完結型で、気軽に楽しみながら観れるドラマだと思います。どの回も面白く、テレビの前で声を出して笑ってしまうことも多々でした。個人的には、長澤まさみさんの演技の振り幅に驚かされました。長澤さんとは思えない顔芸を含むコミカルな演技をみて、一気にファンになってしまったほどでした!1番印象に残っているのは最終話です。1話完結型ではあるものの、ある程度時系列でストーリーが進んでいる認識でした。しかし最終話のネタバラシ(どのようにターゲットを騙したのかという種明かし)を見進めていると、最終話だと思っていたストーリーが第一話に繋がっているという展開となっており、一瞬混乱してしまいました。信用詐欺師がテーマとなっているドラマだけに、視聴者である私も騙された気分でとても面白かったです。思わず録画していた1話から見直してしまいました。1話1話が面白いだけではなく、全話通じて楽しめるドラマだと思います。
20代女性

このドラマは長澤まさみ演じるダー子という人が主人公で主に3人で詐欺をする話ですが、詐欺をするための計画を立ててるところを見せてくれるんですが、だいたいその見せてくれる計画通りにはならなくピンチな場面になってしまいます。けれどダー子にはそのピンチも計画通りで、毎回想像していた結末ではなくて騙されてしまいます。なので見ていて飽きないし、わくわくしてとても面白かったと思います。またダー子の性格がとても面白くて好きです。そしてこれまでにないタイプのドラマでありきたりなストーリじゃなかったので、すぐドラマを見るのを途中でやめてしまう私でも見入ってしまいました。映画などもやっていて、また続編などもあったら見たいと思いました。
10代女性

明るくて痛快なストーリーで、見ていて楽しくなる良いドラマでした。長澤まさみさんの女詐欺師が、カッコ良かったです。いつまで経っても美しい女優さんで、ファッションなども楽しみの一つでした。長澤まさみさんと東出真大さん、小日向文世さんのトリオが息があっていて、3人とも違う個性の持ち主で、掛け合いが面白かったです。毎回、ゲストのキャストが出るので、誰が出るのかもワクワク感がありました。ゲストのキャストも、個性派揃いで、ウッチャンが出演したりと意外なチョイスで、驚かされました。難しいことを何も考えずに、純粋にストーリーを楽しめるところも魅力の一つだと感じます。お腹の底から、笑えることのできて、家族で楽しめました。
40代女性

何が真実でだれが本当の事を言っているのかすらわからなくなる、詐欺師のドラマですが、話の最後まで常に騙されているのではないのか、今回やられてしまったのではないかと思わせてくれる手に汗握る所が面白いドラマです。主役の長澤まさみさん東出昌大さん小日向文世さんの3人のコンビが一見バラバラに見えますが最高のトリオと言ってもも過言ではないチームワークで人を騙していきます。それも決して善人を騙さずに悪人を騙すという展開が見ていてスカッとします。映画化もされて三浦春馬さんや竹内結子さんという強力な俳優さんたちが参加していましましたが遺作となってしまったのが残念ですが、確かな存在感でに日本のドラマ映画にとって誇れるできになった名作品になったことは間違いありません。
30代男性

長澤まさみさん演じるダー子と東出昌大さん演じるボクちゃんと小日向文世さん演じるリチャードの不思議な絆が魅力的で、コミカルな会話のやり取りが面白くて一気にコンフィデンスマンの世界に引き込まれていきます。騙されると分かっているので色々と疑いながら見るのですが、結局最後には毎回騙されて驚かされる展開になるのがとても気持ちの良いドラマです。1話完結で見やすいですし、ゲストも豪華で毎回誰がどのように騙されるのかが楽しみでした。チームワークが抜群なのも良くて見ていてワクワクしますし、何よりもダー子の考える作戦が凄すぎて毎回度肝を抜かれます。3ヶ月でキャビンアテンダントになる程の能力があったり色々と器用にこなすダー子に憧れます。
30代女性

毎回裏切りの連続でドキドキしました。ダー子の自由奔放ぶりが吹っ切れていて面白かったです。ボクちゃんのナヨッとしたキャラと対照的で笑えるシーンも多かったです。毎回出てくる様々なジャンルの悪徳セレブはとにかく悪い人ばかりだったので、早く3人に成敗してほしい!と気持ちが昂りました。3人の演技力も高くて素晴らしかったです。役になりきる様子が面白かったです。特に印象に残っているのはバスケットボールを題材にした回で、これまでになく感動して面白い回でした。個性豊かなキャラクターが織りなすジェットコースターのような展開が毎回楽しみでした。3人の手助けをする小手伸也さん演じる五十嵐も話の良いスパイスになっていました。
20代女性



本ページの情報は
2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました