日本人のおなまえっ! 動画配信

バラエティ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
最新3話分配信中
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

日本人のおなまえっ! 視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
最新3話分配信中
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

日本人のおなまえっ! 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

さまざまなジャンルで話題を呼んできた
「しゃべりの貴公子」古舘伊知郎が、
奥深い名字の世界に体当たり。

「へぇー!」連発の雑学は
誰かに教えたくなること間違いなし。

あらすじ

鈴木さんは多いけれど、
「鈴の木」って何だろう?

「西村さん」や「北村さん」は聞くけれど、
「東村さん」や「南村さん」は
あまり聞かないのはなぜ?

言われてみれば確かに気になる名前の疑問。

名字の謎をたどって、
古の人々の生き方や知恵に迫る。

各話紹介

「いじられ名字が大逆転!倍返しSP」

おなまえをイジられるの嫌だ!という声に朗報! エビ天・エビフライ、イジられまくりの海老サマは「恵みの土地」を意味していた? 朽木は戦乱の世を生き抜いた緑の秘境? 「やあ、ブタ」なんて言わせない!大好きな薮田先生のためメールを寄せた天才小学生。ルーツは誰でも知ってるあの神様! 読めますか「纐纈」? 皇后も愛した至宝の美に意外な由来。松村邦洋がオールスターに七変化、いじられ名字を徹底応援で逆転倍返し!


「ワケあって改名!ヒット曲の真相直撃SP」

細川たかしのデビュー曲「心のこり」。デビュー曲ながら大ヒットを記録、新人で紅白歌合戦にも出場。このおなまえ、実は改名されていた!細川たかしをレイザーラモンRGが直撃!その真相に迫る。1979年に大ヒットした「異邦人~シルクロードのテーマ~」。実は、イメージした世界はシルクロードではなく身近な場所だった!?多くの人々に愛される名曲だからこそ持ち得る、時代背景と曲名が織りなす不思議な縁を紹介する。


「田中VS.山本~名字頂上決戦2~」

共に地形に由来する両者。田中の由来は「田んぼ=米」。米は長らく富の象徴であり、豊富に米がとれる田んぼに由来する「田中」姓は誇らしい名字だった! 一方の「山本」。田んぼに近く、山の幸を入手するのも容易で、いざ戦が起きるとシェルター替わりに山にも逃げ込める「山本(=山のふもと)」は、みんなが憧れる「高級住宅街ネーム」だった!? バトルの先に、知られざる日本の歴史や風土、人間ドラマが見えてきた!


ライターコメント

出演芸能人の方たちのコメントやエピソードがわかりやすく楽しくみれます。作業用の番組としても流しているだけでも楽しめます。自分のこれまでの経験では知らなかった名前もたくさん知ることができ、雑学や知識も広がります。最近は夫婦で見ることも多く、知っている名前が出てくるとこんな人だった、あんな人だったとお互いの思い出話にも花が咲き、コミュニケーションツールとして視聴しています。名前の奥深さと歴史には毎回驚かされていて今ではほとんど見かけなくなった名前などもあり、時代の移り変わりや土地のことなど名前一つとってもわかることが広く多く勉強になります。そんな名前もあるのか~!と驚くことも多々あり、珍しい名前が故の苦労話や笑える話も豊富で毎回楽しめる内容となっていました。
30代女性

「日本人のおなまえっ!」を観て、「知られざる名前の由来」と「都道府県ごとの名字の特色」が良かったと思いました。まず、知られざる名前の由来についてです。この番組では、名字や料理名などの名前の由来に関する情報が紹介されます。一度は聞いたことがある名前でも、その由来など詳しい部分については知らないことばかりで、掘り下げていくと一見結びつきが感じられない驚きのエピソードが明らかになります。ユニークさのある名前の由来に、ワクワクしながら観ていました。次に、都道府県ごとの名字の特色についてです。番組では、その都道府県にしかない名字やある場所に偏っている名字も取り上げられます。都道府県によって特徴が色濃く出る名字の違いに、新鮮さを感じながら観ていました。
20代女性

この番組は早口でかつ、なめらかなしゃべり方で人を引き付ける、古舘伊知郎アナウンサーの司会によって番組が進められます。日本人の名字には実に多様で、驚くものがあることをこの番組で知りました。しかも何と読むのか読めない名字も多いです。狭い国土の中に実に多くの名字があるんだなあと感心してしまいました。印象に残ったのは、女優の宮崎美子さんがゲストとして出演している時でした。珍しい名字で、何と読むのかわからなかったのですが、宮崎さんはその珍しい名字をいとも簡単に読むことができ、彼女の知識が豊富なことにびっくりさせられたものです。見ていてためになる番組は、今後もどんどん制作していって、長く放送を続けていってほしいです。
60代女性

赤木アナの男前な司会進行ぶりが大好きです。後で出てくる手筈の内容が、博識は出演者によってどんどん先に出て来そうになった時の見事な止めっぷりと、大胆な軌道修正、存在感、どれをとっても素晴らしいと思います。古舘さんが、それにツッコミを入れつつも、結構楽しんでいるように見えるのも見ていて大変好ましいです。森岡先生の、いや〜、私もそれ知らなかったな〜とか言いつつのガッツリ解説と、芸人さんのボケるつもりで正解してしまった時のなんとも言えない表情も見逃せません。どんなお名前にもそれぞれに歴史や物語があって、それを丁寧に遡り、紐解いて、そして楽しんじゃうところが素敵ですね。テーマの切り口も、え?そこなの?みたいなものが多く楽しいです、赤木アナのお名前の様に、色に関するお名前がテーマになっていた時は、そう言う括りで考えた事がなかった自分を発見して、変なところで驚いてしまいました。本当に色々なお名前があるんだなぁ、といつも感心しきりです。それぞれのお名前を紐解いていく中で、お名前のお悩みを持つ方が、自らの名前に納得したと言うか、ふっと受け入れた時の柔らかいホッとしたような表情が見れるときはお名前ってやっぱり良いなぁと思います。
40代女性

毎回、よくある苗字から珍しい苗字まで様々な苗字が登場して苗字の由来をイラストを用いて解説したり、由来となった場所や歴史背景も紹介しているので、面白いです。特に印象的だった藤原性と富田性です。藤原性から派生した苗字の種類や富田の富の字が二種類ある理由などが非常に興味深く、日本人らしい生真面目さや歴史背景があって当時の日本人の価値観や風習、文化なども一緒に知ることができて面白かったです。さらに一般視聴者からの珍しい苗字を持つ人を募集して調査するコーナーが一番好きでした。これまで見たことがないような意外な苗字も知ることができ、しっかりと調査も行われているのでコーナーが放送される回は楽しみにしています。
30代男性

番組開始当初は、人の名字に焦点を当てて番組が進んでいたように思われたが、最近は人の名前だけでなく物の名前の由来などもあったりして興味深く見ている。司会の古館さんやゲストの人がしゃべりすぎたりすると赤木アナが止めに入るのだが、以前はちょっと遠慮がちだったのが最近はちょっと強気になっていたりして、そこら辺のやり取りも面白い。ゲストで出てくる人たちも博識な方も多く勉強になるなと思って見ている。よくある名前だけでなく、日本で数人しかいないとかのレア名字も見たりすることができて面白いなと思う。自分の名字はごくごく一般的な名字なので特別由来などを知りたいとも思わないけれど、そういう名字でも名字の成り立ちに理由があったり、たくさんある名字にはたくさんあるなりの理由などもわかったりするので面白いと思う。  
40代女性

見始めると名前の歴史が面白く止められなくなる番組です。取り上げられるのは鈴木や佐藤など多い名字からレア名字まで様々。由来を遡って見えてくるのが日本の歴史と言っていい大きな流れだったりして、登場した名前の主が自分の苗字を誇らしく思うことも多々あります。時に司会・古舘伊知郎のファンが登場することもあり、リクエストに応えてプロレス解説風にしゃべってくれることもあるのはお楽しみです。感心するのはレギュラーゲスト宮崎美子の漢字の知識と情報量の豊富さ。かなりレアな名字でも読みが分かり、名字研究家の森岡浩を感心させることもしばしばあります。澤部佑の素朴で嫌味のないコメントは番組を明るく盛り上げます。変わった名字と思っていたり名字のおかげでからかわれている人はぜひ番組に投稿し、調べてもらいましょう。きっと未来が明るくなると思います。
60代女性

バラエティで鈴木さんと佐藤さんがリーダーで出ていて、凄く盛り上がっていました。佐藤さんはそれにしてもよくしゃべりますよね。ふざけて絡むとこととか面白くて見入ってしまします。古館も良かったです。この人が入ると、プロレス実況のような盛り上げるときに使うアナウンサーですよね。それが苗字を使った基本的には地味になりそうな番組でも盛り上げて実に心地よい時間を過ごせました。森岡先生というすごい人の発掘でこのバラエティがより深みのあるものになってます。幕末の虎狼痢というのも印象に残っています。病気がよくわからないから当て字を使って目に見えないものを文字に書いて安心させたとか、今のコロナの時勢に合わせたものもありNHKいい仕事してます。
30代女性

視聴した「田中 VS 山本~名字頂上決戦2」では、日系アメリカ人のお名前を取り上げ、田中姓の代表として、1800年代まだ海外へ渡航することが困難な時代に1度ならず2度までもアメリカに渡航し、アメリカで学んだ塩づくりの技術を日本に広めようと製塩業に心血をそそいだ田中鶴吉と、山本姓の代表として、明治23年にハワイへ移民した医師の山本晋を紹介していました。山本医師はピストルで日本人労働者を撃った農場管理者が裁判で無罪になり、その不正を正すため街頭演説を行い、人々の共感を集め、その結果、被害者である日本人労働者は農場管理者から慰謝料350ドルを受け取ることができました。当時、アメリカでは今とは比較にならないくらい日本人は差別されていたと思いますし、そういう時代に志を持った立派な田中さんと山本さんがいたんだなあと感銘を受けました。
40代女性

「田中VS.山本〜名字頂上決戦2〜」両方とも歴史的に古いルーツを持った日本を代表する名字でした。都は奈良や京都にあったので、西日本に多い理由も納得しました。そして、滋賀県長浜市の山本義経の鎧掛松や石田三成を捕縛した田中吉政の名前が、ここで出てくるとは予想していませんでしたので、とても興味深く観ました。田中吉政は、関ヶ原の戦いの後、柳川藩の大名として領民のための統治を行い、今も親しまれていることが分かりました。田中さんとしては、誇らしい歴史的な有名人ということになるのでしょう。また、田中も山本も日系アメリカ人に多い名前だそうで、移民の先駆けとして活躍したことが分かりました。そのきっかけが、アメリカ商船の船長に直談判して渡米したというのは驚きでした。史実と名字の関係を知ることで、いろいろな発見があって面白い番組です。
60代女性

人の名前や食べ物の名前について深掘りしていく番組ですが、毎回「へーそうだったのか!」と言えるような内容ばかりでおもしろいです。洋食の名前についての回では祖父や祖母から聞いたことのある名前が挙がっていました。洋食がまだ日本で珍しかった頃、名前がついたことで親しまれたというのはとても勉強になりました。洋食を身近なものにした「ナポリタン」やバブル期に支持された「イタメシ」など、紹介されていた名前はなかなかおもしろかったです。昔の人が洋食に名前をつけて親しんだことで、現代に洋食が浸透しているんだなとしみじみ感じました。普段何気なく口にしている名前ですが、深掘りしていくと見えてくるものがあって楽しいと思います。
30代女性

この番組を見ていると日本には色々な苗字があるんだなと感心します。画数がとてつもなく多かったり、それが苗字?と言ったものなど知らないことで一杯です。またよくある苗字にもそれぞれストーリーがあって、またその歴史がとんでもなく古かったりして、それを知るとかなりディープな歴史も知れるという一石二鳥の番組です。この番組に出てくる森岡さんの知識がまたすごいです。どうやって調べるのかその地域にしかない苗字だったり日本に数人しかいないという苗字をよくご存じです。こういう人の話を聞いているだけでも面白いです。伊集院光さんも出てきますが、伊集院さんのコメントも楽しみにしてます。いつか自分の苗字も誰かが応募して取り上げられて、そのルーツなど知れるといいなと思っています。
40代女性

日本人の名字という過去にあまりテレビで取り上げてこられなかったテーマを中心に据えた深夜番組です。昨今キラキラネームやDQNネームと名前の方が何かと話題になってきた日本ですが、名字もとてもユニークなものがあり、その名字にまつわるエピソードなどを知ることができます。自分はありきたりな名前なので、逆にユニークな名字に惹かれるというのもあると思いますが、ついついこの番組を見てしまいます。漢字で表記できる名前を持つ国は中国と韓国だけで、それぞれ基本的に1字姓なので、数百種類しか名字がないらしいのですが、日本にはなんと約29万種類の名字があり、そのうちの 7000種類で人口の96%という漢字名字大国です。このような日本の面白さの一つを再発見できる番組だと思います。
30代男性

赤木アナウンサーを知ったのはこの番組がきっかけでしたが、とても可愛らしく気さくで明るいキャラクターなので好きな女子アナが増えた嬉しさがありますし、回を重ねる度にメインの司会の古館さんとの掛け合いも非常に面白くなっていき、赤木さんが古館さんに鋭く突っ込むこともあるぐらいでこの2人の掛け合いが今やこの番組の名物シーンのような気さえします。日本には数多くの名字がある事は以前から知っていましたが、この番組で初めて聞く名字も数多くありますのでそんな名字があったのかと驚いたり感心しますし、人に限らず地名や動物の名前がそう名付けられたのは、様々な由来や物語があり名前というものはとても奥が深いものである事がよくわかりました。
50代男性

とにもかくにも、人や物の名前にこれでもかと注目した番組で、とてもユニークな内容だと思っています。テーマごとに名前の掘り下げが異なり、地名やサービスの名前はもちろん、必殺ワザの名前など、あらゆる名前の所以や由来を知ることができます。そこには毎回意外性がある一方で、様々な共通点があったり、人の思いや願いが詰まっていたりと、奥深いです。予備知識がなくてもゆっくりじっくり見られる番組で、名前を通じて、とても勉強になります。司会が古館伊知郎さんということもあり、次から次へと豆知識やエピソードが語られるのも素晴らしく、新しく知れる情報量がとにかく多いです。また、スタジオの空気感も真面目ではなく、どちらかと言えばお笑いに近いので、笑いながら楽しく見られるのも良いです。
30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました