世界ふれあい街歩き 動画配信

バラエティ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

世界ふれあい街歩き 視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

世界ふれあい街歩き 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

撮影に「ステディカム」という
機材を使用することで、揺れやブレを軽減。

自分が歩いているかのような視点で
街歩きを楽しめる。

現地の人々との心温まるやりとりも見どころ。

あらすじ

おとぎ話に出てくるような
ヨーロッパの街や活気あふれるアジアの街、
新旧の文化が入り混じる南米の街など、
世界各地をのんびり散歩。

ガイドブックに載っていない街の日常や、
人々との出会い、思いがけない発見など、
歩く旅ならではの楽しみが満載。

各話紹介

「ファド響く坂の街 リスボン~ポルトガル~」

リスボンは大西洋に注ぐ大河に面した丘陵の街。大航海時代には多くの冒険者がここから新世界をめざし、旅立っていった。当時の栄華が薫る石畳の坂道を上り下りしながら出会うのは、14歳で自ら作ったギターを愛し続ける職人さん、過去と今をつなぐ装飾タイルを扱うお店、思い出を治療する人形のお医者さんなど、遠い記憶に思いをはせながら明るく生きる、朗らかな人々。「より道」は知っているようで知らないコルクの秘密に迫る。


「浅草スペシャル」

国内外から人気の観光地・浅草。浅草寺や「浅草六区」などを巡り、人情あふれる浅草っ子たちにふれあう。浅草寺が早朝に見せる“別の顔”とは?外国人も大満足!老舗の職人が伝統を受け継ぎつつ挑戦する新たなサービス。お坊さんのアイデア“4感”で味わう料理。おすすめグルメや浅草で出会える“動物たち”など情報も満載!伝統を守りながら“進化”を続ける街、浅草を“歩く”のは、この街で育ち、芸を磨いてきた伊東四朗さん。


「地中海のやさしい交差点 パレルモ~イタリア~」

地中海のほぼ中央にあるシチリア島最大の街パレルモ。古代から東ローマ、イスラム、ノルマン、スペインなど支配者が替わった歴史が、異文化に寛容で独特な文化を生んできた。街を歩けば歴史を映す建築と楽しい歌、おいしい食べ物が次々登場。「恥ずかしい広場」「金物屋通り」「家族で演じる人形劇」「行列のできるパネッレ屋」っていったい何?寄り道はダイヤモンドみたいな粒が入ったチョコを探しに。


「ひとを思い続ける街 オアハカ~メキシコ~」

ガイコツの姿にふん装した人たちが街を練り歩く「死者の日」で有名なメキシコ・オアハカ。先住民のガイコツを敬う習慣にスペイン人がもたらしたキリスト教とが融合して生まれたとされる。決して豊かではないが、人々は祖先を敬いながら、支えあって暮らしている。街では、一年中、さまざまなお祭りやパレート、その練習などが行われ、仮装した人たちが音楽にあわせて練り歩く。心優しい人たちと出会う旅。


「スペインが残した街 ビガン~フィリピン~」

フィリピン、ルソン島北部のビガンはスペイン統治時代の面影を強く残す町並みで世界遺産となっている。白い壁にオレンジの屋根、石畳の通りには馬車が走る。フィリピン各地にあった同じような町並みは戦火で失われ、ビガンだけが残った。そんな街を歩くと、花で飾った馬車でパレードするお葬式、香典集めに行われる伝統の賭け事、ボロボロの仕事場で数百年前の船の古材からピカピカの家具を作る工房など、意外性に満ちた出会いが。


「スペイン 光の都 アリカンテ」

白い岩肌の山が地中海の日の光を受けて輝き、かつて古代ローマ人が「光の都」と呼んだ。山頂に建つサンタ・バルバラ城は、もともとアラブ人によって築かれた要塞だが、レコンキスタによりキリスト教徒によって支配されたものだ。リゾート地として、多くのバカンス客でにぎわう街だが、山へと続く細い路地には、折り重なるように家々が建ち、人々が支えあいながら暮らしている。街が最も活気づく祭りに向けた、人々の暮らしを紹介。


「きらめく宝石箱 グアナファト~メキシコ~」

グアナファトは18世紀まで世界有数の銀の産地だった。当時造られた豪華けんらんな教会や劇場、迷路のように張り巡らされた地下トンネルは、かつての栄華を今に伝えている。石畳が広がる坂道で出会うのは、壁の落書きを消しながら町並みをカラフルに彩り続ける青年たち、「口づけの小道」で愛を確かめ合う恋人たち、放課後に路上で勉強をする子どもたち…。小さな努力を重ねながら、毎日を陽気に生きる人たちとふれあう。


「“天国”の住み心地 マドリード~スペイン~」

この街は天国に最も近く、天国に行っても気になる存在だ、とマドリードっ子はよく言う。18世紀に作られた街の美しさを誇る言葉だが、今、かつてのすばらしい住み心地を取り戻そうと大改革が進んでいる。車を制限、街の中心部では自転車をシェア、性的マイノリティーにも寛容な雰囲気を作り自分たちの努力で街をすみやすくしようとしている。“天国”を取り戻そうとする街のやさしい人々と出会う。寄り道は絶品ニンニク料理の里。


「ポルトガル最南端の都 ファロ~ポルトガル~」

ファロはポルトガル最南端にある人口6万の古都。ポルトガル独特の白と黒の石畳が広がる、おもむきあふれる街で出会うのは、あちこちの屋根に巣を作るコウノトリ、築百年以上のお屋敷で仲よく暮らす姉妹とそれぞれの家族、ご近所さんたちにおすそわけする野菜を畑で育てる夫婦、アヒルの赤ちゃんとお散歩する靴職人さん…。一度会ったら忘れられない、すてきな笑顔がいっぱい。「より道」は、高級珍味を味わいに“最果ての岬”へ!


「古代ローマの宮殿が街に スプリト~クロアチア~」

近年人気急上昇のクロアチア。スプリトはその中でも人気の高い世界遺産の街。1700年前の古代ローマ皇帝の宮殿が街に生まれ変わったのだ。かつての広い道路は石造りの家々に埋め尽くされ、まるで迷路のよう。神殿の屋根の端が民家の中に食い込む不思議な景色も。家の隣に古代の浴場の遺跡があり、かつての壮麗な姿を残す地下宮殿は1万本の花で飾られる。人が暮らすからこそ遺跡が生き残るのだとか。より道は海賊の街オミシュ。


「坂道を愛する人たち ジェノバ~イタリア~」

イタリア北西部、地中海に面する港湾都市、ジェノバ。中世に海洋貿易で繁栄し、当時の貴族たちは、絢爛(けんらん)豪華な宮殿を建てた。町並みは往時をしのぶことができる。発展とともに、街は、山の上へ上へと広がっていった。そのため、「坂の街」と呼ばれる。坂の上で農園作りを楽しむ人や坂の暮らしを楽しむ人。また住民とふれあいながら歩く郵便配達人など、坂道を愛する人と出会う。


ライターコメント

海外のいろんな街を実際に散歩している気分を味わえるこの番組。もともと旅行が大好きなので毎回とても楽しみにしています。街の雰囲気、並ぶお店、それらを一緒に眺めていると引き込まれ、この場所に訪れたいと毎回思います。途中で出会う人たちもみんな笑顔で、仕事の様子を見せてくれたり、生活の一部を見せてくれたりします。当たり前の事なんですが、世界は広く、そこにいろんな人が住んでいて、悩んだり笑ったりしている。「みんな自分と一緒だ。世界の人はみな同じなんだ」と感じたりしました。今はコロナによって旅行もできなくて世界中が我慢を強いられてる状況ですが、いつかまた私も番組のように世界の街歩きをしてその国の人たちの笑顔が見たいなと思いました。
40代女性

「世界ふれあい街歩き」を観て、「現地の人々との温かな交流」と「穏やかな日常」が良かったと思いました。まず、現地の人々との温かな交流についてです。この番組では、世界各地を歩きながら、現地の人々との出会いを楽しみます。それぞれの土地で出会う人々は、異なる価値観や文化を持っていますが、外から来る人々を快く受け入れてくれます。寛容な心を持つ人々との交流が描かれるところに、癒されながら観ていました。次に、穏やかな日常についてです。世界各地を歩く中で、観光名所も紹介されますが、その土地の人々の何気ない生活も映し出されます。普段あまり触れたり考えたりしたことがない、世界の人々の日常生活の様子に、新鮮さと驚きを感じながら観ていました。
20代女性

「世界ふれあい街歩き」、大好きです。以前シンガポール在住だったころ、唯一見られる日本語チャンネル、NHKプレミアムでは毎週欠かさず見ておりました。まず、街歩き中にながれているBGMがたまらなく好きです。どこか寂し気で、懐かしい感じがします。そして、散歩しているご本人の目線で番組が進んでいくので、あたかも自分がその町を散歩している気分になれます。よく覚えているのは、シンガポールに住んでいるときに、散歩人がシンガポールの街中を散歩していた回です。よく通っていたホーカーセンターに立ち寄ったり、プラナカンのお店やインド人街などをみて回っていました。インド人街では色とりどりの装飾を施された寺院を見たり、イスラム教のモスクを見たりしました。中国人、インド人、イスラム教徒からなる多民族・他宗教国家ならではの風景でした。インドの寺院もイスラム教のモスクも非常に色合いがきれいです。最後は、観光スポット「マーライオンパーク」でした。到着時にはすっかり日も暮れて、少し涼しくなった頃、観光客達がマーライオンをバックに写真撮影をしていました。そして、マーライオンパークからは、夜ライトアップされた「マリーベイサンズ」が一望できます。マーライオンパークから見るマリーナ地区の夜景は、近未来を見ているようでした。
40代女性

特にガイドなどが登場せずに旅人の目線で景色が動いているので、あたかも自分がその場にいて旅をしているかのような感覚になれる新しい感覚の旅番組です。登場する海外も有名な観光地からあまり観光客がいかないようなマイナーな場所まで行くので旅の参考にもなりました。さらに時には一般には入れないような酒蔵や工房、お店のバックヤードなど貴重な映像もあるのも興味深く、特に好きなのがヨーロッパの回です。歴史的な建築物が多く登場し、建築様式や歴史的な背景の解説があり、時にはガイドなど建築物にかかわるスタッフのインタビューなども行われるので、歴史好きにはたまりませんでした。そして、町行く人へのインタビューも新しい発見がいつもあって面白いです。
30代男性

正に旅先の街中をブラブラと散歩している、あののんびりとした空気感がとても好きです。この通りに進むとどんな景色が観られるのだろうとか、あの角を曲がるとどんなお店が見つかるのかしらとか、見知らぬ街をプチ冒険する時の素敵なワクワク感を見事に再現していて、世界の街や人々の生活を紹介する番組としては、最も実際の旅行に近い感覚が楽しめる番組だと思います。それにどこの国でも日本ほど安全安心ではないと聞きますから、外国の勝手が分からない街をウロウロするのは現実には怖いようにも思いますし、また言葉も通じないことも、引っ込み思案な自分としてはとても恐ろしく、その点テレビの前で完全に安全で、安心しきって楽しめるところがとても気に入っています。コロナ禍の昨今、旅行に行きたくても行けない旅行が大好きな人は、この番組を観れば少しは憂さが晴れるというものです。
60代男性

カメラが歩行者目線でゆっくり動くのでいろいろな町の情景を眺められる街の気になる情報、例えば店先で吊るしているものって何に使うのかというのは実際には疑問なまま通り過ぎることになるが、疑問を店に行って質問してあーこういう風に使うのかと納得しながら視聴できる。現地の人との会話も実際には現地語がわからないと内容が理解できないがこういった番組ではその問題もない。旅番組でも同じ場所でも時代によって町の情景がかわるのでこういったものを眺めながら旅気分に浸れるものはありがたい。大体海外では有名な建物ばかり見てしまうが町の人の格好やその季節の空気感みたいなものが感じられる。視聴の邪魔になるようなBGMも少ないし、ナレーターもあまりうるさくないのでゆったり見れるのもよい。
40代男性

旅人目線の視点で世界各地の街並みを散策しているのでまるで自分がそこにいるような臨場感が感じられて自宅にいながらちょっとした旅行感覚を味わえた。観光スポットのような人が賑わうような場所だけでなく辺境ののどかな地域とかも散策してくれるのでその国のあまり知られていない地域の様子も見ることができてよかった。散策する途中でいくつもの分岐点に差し掛かったりするけどそのまままっすぐ歩くのか右へ曲がるのかと楽しませてくれます。ナレーターの方の優しく語りかけるような感じが映像に溶け込んでいる感じがしましたしとても癒しを与えてくれて旅好きな自分としては何時間でも見れる感じです。寝る前の静かな時間に布団に入りながら見るとすごい幸せな気分になれます。
40代男性

この番組はカメラがその名の通り街歩きしてくれるので、その土地の息遣いを感じることができます。旅行で行かない、または行けないだろうなという場所でもこの番組を通じて行った気分になれます。とても印象に残っているのがイスタンブールです。いつか行ってみたい場所ですが、この街歩きでイスタンブールのエネルギッシュな雰囲気がとても気に入りました。ブルーモスクなど歴史的建造物と人々の日々の生活が同時にあるという感じです。またこの番組では食べ物の紹介もしてくれますが、やはりケバブが出てきました。大きかったです。ボスポラス海峡を船から見た景色は圧巻でした。イスタンブールの複雑な地形と海のコントラストがとてもキレイだと思いました。
40代女性

毎週楽しみに見ている番組です。旅人の目線でずっと映像が撮られていて、自分も海外旅行している気分になれます。ナレーションが、俳優さんたちなので語りも良くて堅苦しくないので、友人と一緒に海外の町を歩いているような気分に浸れます。その町ならではの食べ物や、催しもよく紹介されていて、旅行するときの参考になります。それが、メジャー過ぎるものではなく、実際にそこを歩いてみないと分からないような事も多くて、旅行好きには嬉しい番組です。その町で暮らす職人さんやアーティストも度々出てきて、マニアックな話も聞けます。その町の住人が、ランク付けした食べ物を紹介するコーナーがあり、それが楽しみです。朝から、日が落ちる夜までずっと歩いてカメラを回しているので、町の色々な顔を見ることができ楽しい番組です。
50代女性

なんといっても、この番組の魅力はイッセー尾形さんの語り。目線の高さを維持するカメラワークと相まって、イッセー尾形さんと一緒に旅をして、現地の人と話ができている気分になります。現地の人の語りが翻訳されず字幕なのも臨場感を助けてくれる大きなポイント。自動翻訳機を持って旅行しているつもりで字幕を読んでいます。私は歴史、特に世界史が好きなので、きちんと街の歴史的背景を説明してくれる冒頭からその回に引き込まれてしまいますが、この番組の味は、やはり現地の人に思い思いに話してもらっていること。自分の街や仕事、生活を愛する人たちが思い思いに口にする言葉の中に、観光ガイドには載っていないその土地の魅力が溢れていて、実際に彼らと知り合いになってその街に住んでみたくなります。好きな場所は「ブルターニュの都 ナント」の回の街の商店街の切手屋さん。毎日コレクションを細かいポストイットで入り口に貼るおじいちゃんに、F1の部品からシャンパンの蓋までなんでも収集してしまうちょび髭のおじさん、そして、その店の雰囲気に惹かれてそこに集う人々の姿がとても微笑ましくてよかったです。
40代女性

世界各地を旅している気分になれるため、海外旅行好きな人にはたまらない番組だと思います。映像には街の様子が映し出されるのですが、その街に暮らす人々の様子などを垣間見ることができるのが楽しいです。これまでの放送ではイギリスの都市リバプールを取り上げた回が印象的でした。昔イギリスに住んでいたことがあるのですが、当時リバプールを訪れた時のことを思い出しました。街の人の気さくな感じ、世界遺産の美しい街並みにはとてもわくわくしました。行ったことのある都市は懐かしく感じられ、行ったことのない都市は未知の世界でドキドキします。コロナの影響でなかなか海外旅行に行けませんが、映像で海外に触れられるのは良いなと思いました。
30代女性

一番最初にこの番組を見たのが、南米チリのバルパライソという港町の回でした。日本の建築ではおよそ考えられないピンクや黄色などのポップな色に塗られた家々。町から伸びるアセンソールという簡素なケーブルカー。カンカンとにぎやかに缶を叩きながら走るガス売りの人…。深夜に何気なくつけたNHKの番組ですが、鮮やかな色彩と静かな雰囲気に惹かれて最後まで見ました。普段旅行なんかしないのに、「ああ、海外行ってみたいなあ」と強く思いました(実際に行ってみると絶対に治安は悪いと思いますが)。その後も何度か違う回も見ましたが、どの回のどの街ものんびりゆったりした空気感があって、映像と穏やかなナレーションが、少し日常に疲れたときに見るのには最適な番組だと思います。
30代女性

多くの人が訪れる有名な街もあれば、あまり日本では知られていないような街もあり、それぞれの土地をふらっと訪れたような実感を味わえる番組です。この番組では、いわゆる名所旧跡を巡る、というより、街をふらふら散歩しているだけ、という感じが特徴で、あまり勉強になったりはしません。でも、土地の雰囲気とか、そこに住む人々の生の暮らしなどがじわじわと伝わってきます。また、もし外国に行って散歩したとしても自分ではなかなか現地の人に気軽に声をかける、といったことは難しいと思います。でも、この番組では街の人に自然な感じで「こんにちは」と声をかけ、「何してるの」「ちょっと見せてもらえませんか」などといった展開が見られます。実際にはちゃんと事前に取材の許可を得ているのかもしれませんが、自然な感じで現地の人と交流したような気分になります。旅の楽しさを十分に味わえるリラックスできる番組です。
50代女性

「世界ふれあい街歩き」は、旅人の目線で、実際に街歩きをしているような感覚で街を旅する番組です。カメラが街を移動する映像に後からナレーションを入れて実際に歩いているという風に見せる手法はこの番組が好評だったために、その後同じような番組が出てきたように思います。有名な街でも、観光地だけでなく路地にも入っていくので、他の旅番組とは違った魅力があります。時々街を歩いている人とあいさつをする場面が出てきたり、街の中の小さな何気ない風景に注目したりして臨場感があります。途中で現地の人がその街の人気のものを紹介するコーナーがありますが、素人の人がやっているような感じがして街の雰囲気を感じることができます。だいたいいつも朝に出発して、夕方に旅を終えるという構成です。どの街もきれいに撮影されていますが、特に夕方の素敵な風景で番組のエンディングになるとその余韻に浸ることができます。
40代男性

世界ふれあい街歩きは深夜に放送していたので毎週録画で見ていたのですが、およそ1時間旅行に言った気分になれる番組です。自分が知っている国、知らない国関係なく映像が鮮明で街並みや景色、伝統の祭り、マーケットなどが映っていてとてもワクワクします。話しかけるナレーションの声もすごく良くてお気に入りの番組です。インタビューに積極的な外国人を見ると優しい人たちに恵まれているなあと思うことが多かったです。街並みがきれいに見えるようにドローンみたいな最新技術も使って撮影しているところは好感が持てて臨場感いっぱいでとても良い番組構成だと思います。自分が知りたい外国を深堀してみられるので内容の濃い番組だなと思っています。
20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました