カイジ ファイナルゲーム 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

カイジ ファイナルゲーム 動画PV&公式YouTube動画

映画『カイジ ファイナルゲーム』予告

カイジ ファイナルゲーム 無料で動画視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
ポイント利用視聴
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

カイジ ファイナルゲーム 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

藤原竜也主演のギャンブルサスペンス。

福本伸行自身も脚本に加わり、
原作にはないゲームも登場する。

仲間たちと難攻不落のゲームに挑む
カイジに勇気をもらえそうだ。

あらすじ

甘えるな!!世間はお前らのお母さんではない!!だけど今回はファイナルゲームを楽しむために特別に教えてあげるスペシャル映像 3分で理解るカイジ

2020年、東京オリンピックが閉幕すると、
景気はすさまじい勢いで落ち込んだ。

自堕落な生活を送っていたカイジは、
1缶千円に高騰したビールを買うか
迷う日々だった。

そんななか、
帝愛グループ内で出世した大槻が現れ、
あるイベントのチラシを見せる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(伊藤カイジ)
藤原竜也
(高倉浩介)
福士蒼汰
(桐野加奈子)
関水渚
(廣瀬湊)
新田真剣佑
(黒崎義裕)
吉田鋼太郎
(大槻太郎)
松尾スズキ
(坂崎孝太郎)
生瀬勝久
(遠藤凛子)
天海祐希
(西野佳志)
山崎育三郎
(高瀬強士)
前田公輝

<STAFF>

監督
佐藤東弥
原作
福本伸行
音楽
菅野祐悟
脚本
福本伸行
徳永友一
製作
沢桂一
堀義貴
市川南
菊川雄士
角田真敏
山口雅俊

©福本伸行・講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

ライターコメント

坂崎さんが再登場するとは思っていなかったので、ここぞという場面でのサプライズ的な出番にテンションが上がりました。今回はカイジが自分を含む社会的に弱い人間達のために立ち上がったのに対し、大槻さんは相変わらずどこまでも自分本位でやり口がとことん卑怯だった分、負かされて底辺へ逆戻りしていく姿にスッキリしてしまいました。また前作までに搭乗したカードゲーム等は説明をなんとなく聞いているだけではルールを把握しきれなかったものもあったのですが、本作で行われるゲームはどれもわかりやすかったです。消費税率が異様に高くなっていたりと設定的にはリアリティに欠けているはずなのに、カイジ役の俳優さんの熱い演技にはそのパワフルさに押し切られるような説得力があって、気が付けば最後までのめり込むように観てしまいました。
30代女性

今までの作品も見させてもらって、クズなイメージだったカイジが今作では日本を守るカイジになっていたことに驚きました。日本を背負うほどになっているというストーリー性も意外でとても面白く見させて頂きました。舞台は東京オリンピック後の日本。税金の増額、福祉制度の低下、撤廃。リアリティがある設定がとてもよかったと思います。スケールの大きさに終始ドキドキしてました。カイジらしいとこも所々も残しつつ、また新しいカイジを発見できたとこも楽しい。カイジの黒崎への勝ち方に感動しました。ハラハラ、ドキドキしながら見ることができ、とても良かったです。恒例の『あ~うめ~、ビールがキンキンに冷えてやがる』の名言シーンを今回も聞くことができ、なぜか安心してしまう、どこかほっこりするシーンでした。出演者さんも豪華で一人一人の素敵な演技に注目です。
20代女性

これまでもカイジを演じていた藤原竜也の演技は安定感があり頼もしくすらあります。悪役の吉田鋼太郎もまたいつもの吉田鋼太郎でこの二人がいるだけで場が安定するのでこの映画にとって必要不可欠な二本柱という印象です。この二本柱を固める存在が何人かいますが突出した存在感を示していたのが新田真剣佑の演技です。静と動をうまく演じていて好感を持ちました。ストーリーは中盤の展開でやや強引な印象を受けましたがカイジならではの逆転の仕込み、機転の良さが描かれます。藤原実写ならではの人情味や熱さも建材です。伏線もちゃんと機能していますし、株のような要素もある人気投票ゲームもわかりやすく楽しめる人の割合は少なくないかと。天海祐希、生瀬勝久といった過去作でカイジとコンビを組んだ相棒も登場、まさにカイジシリーズの集大成という映画でした。
30代男性

毎度お馴染みのカイジの破天荒っぷりから始まるこの映画。頭をフル回転させながらゲームに立ち向かっていくカイジと、飄々とどこか楽しんでいるような加奈子との掛け合いが面白かったです。お荷物だと思っていた加奈子のいざという時の大活躍には目を見張りました。圧倒的不利な立場から形勢逆転を狙うカイジの頭脳戦は今回も見物でした。大金は手に入れたいけれど、けして自分本位ではないカイジの行動に様々な人が動かされていく様子は、カイジがこれまでのゲームをくぐり抜けて来られた理由が詰まっているようでした。カイジにはゲームを勝ち抜いてほしいと思う反面、やっぱりどうしてもお金のない「クズ」がお似合いだなと思ってしまうようなラストでした。
20代女性

衝撃的なラストがおもしろかったです。カイジがトランクを選ぶシーンでは大金が入ったトランクを選んだと思いました。カイジは大金が手に入ったと思い込んで居酒屋で一人派手に遊んでいましたが、やがてトランクの中身はペットボトルだったと気づきます。このシーンにはとても驚かされました。後にトランクの中身をすり替えたのは加奈子で、これは遠藤の指示によるものだったとわかります。最後カイジは悔しさのあまり、ヤケ酒に走るシーンには失笑してしまいました。カイジの最後の詰めの甘さは残念でしたが、終始観ていてわくわくさせられるストーリーでした。もし特別編などがあれば、ラストカイジが勝って笑うところを見てみたいなと思いました。
30代女性

「カイジ ファイナルゲーム」を観て、「スリリングなオリジナルゲームの数々」と「カイジの前に立ちはだかる人々」が良かったと思いました。まず、スリリングなオリジナルゲームの数々についてです。この映画では、多額の借金を背負ったカイジが、借金返済のために命懸けのゲームに挑む様子が描かれます。物語に藤樹男するゲームは、この映画のためだけに作られたオリジナルのものになっています。塔の上にあるカードの獲得など、従来とはひと味違った恐怖があるゲームの数々に、宣戦さを感じながら観ていました。次に、カイジの前に立ちはだかる人々についてです。ゲームに挑むカイジの前には、派遣会社の社長やゲーム主催者の秘書など、何かを抱えていそうな人々が立ちはだかります。カイジを追い詰めていく人々の姿に、ぞくぞくしながら観ていました。
20代女性

カイジ ファイナルゲームの映画以外にもカイジ シリーズの他の映画も見ましたが、どれも興味をひかれた内容でしたが、中でもファイナルゲームが一番良かったように思います。ファイナルゲームはカイジを演じる藤岡竜也の演技もよいのですが、社長である大槻役の吉田鋼太郎はまさに主役食いとも言える俳優で、すばらしい演技です。カイジと大槻の命を懸けてのゲーム対抗なのですが、その過程はずっとハラハラドキドキのさせられどおしです。カイジの映画では、キャストのセリフのところどころに現在の日本社会を批判した言葉が出てくるのですが、それがまさしく的を得ているので、さすがという感じを受けます。カイジ ファイナルゲームを通して、日本の社会悪のことを思わず考えてしまいました。
60代女性

前々作と前作に比べてややギャンブル要素が少ないので、はらはらドキドキした展開はあまりありませんでしたが、オリジナルストーリーなのにテンポの早さは変わらないので観やすかったです。また、本作は本作でスケールが大きいし、カイジらしい逆転劇もあったので面白かったです。命懸けや致死率の高いゲームがあるのはカイジぐらいだろうなと改めて感じました。福士蒼汰さんと新田真剣佑さんのシリアスな感じが役にハマっていたのがとても良かったです。本作では特に主要人たちがとにかく叫んでいるので圧倒されました。個人的には、カイジが美味しそうにビールを飲むシーンは観てる方まで飲みたくなるぐらいそそられました。ラストシーンは緊迫したシーンが続くので終始興奮です。
20代女性

カイジと言えば人気漫画の実写化として数々のシリーズ化された人気の映画ですが、ファイルゲームというだけあって、壮大な世界観でしたがなんと完全オリジナルストーリーという事で原作ファンも見たことない楽しめるストーリーだったのが良かった点です。数々の地獄の様なゲームをクリアーしてきたカイジですが、今回も命がけなゲームをクリアしていくのですが、今回の相手は政府との対決という事で、過去の規模間を超えています。見事に勝利するのですがその勝負のセンスは流石としかいいようがなく見ごたえ十分です。しかし、どこか間抜けで最後は騙されてしまうのもカイジの良い所かもしれません。冷えたビールをおいしそうに飲むシーンを見てしまうとついつい飲みたくなる作品でもあります。
30代男性

映画版のカイジシリーズが楽しめた人なら是非観ておくべき作品です。主演の藤原竜也は、カイジ役は9年振りとのことでしたが時間の経過を感じさせない見事なカイジっぷりでした。この人の演技の安定感はさすがです。クズな底辺なのにカッコいい、そんな役回りが本当によく似合ってます。とくにゲームでの大逆転の後、相手を煽るシーンは最高に熱くなれます。このシーンだけでも観て良かったと思えます。ファイナルということでファンサービスのつもりなのか、旧作品のキャラクターも活躍します。天海祐希は今作でもいい働きをします。生瀬勝久もいい味出しています。カイジ旧作が好きな人は彼らが出てくる度にニヤッとさせられることでしょう。カイジの最後の闘い、是非目に焼き付けておきましょう。
40代男性

9年ぶりの復活でしたが藤原竜也さんはじめ、変わらない演出ばかりで最高でした。1作目からの復活で天海祐希さんが出てきたのがうれしかったですね。最後においしいところだけ持っていく姉貴感はさすがでした。今作もギャンブル性の高いゲームばかりでとても面白かったです。ドリームジャンプとその攻略、時計の仕掛けからの大逆転、ゴールドジャンケンでの心理戦などどれをとってもカイジらしさあふれる見事な演出でした。一度負けさせたと思わせといてからの、一枚出し抜いたような逆転につぐ逆転劇は本当に爽快感があります。それと、今作はファイナルということもあってか、カイジの名シーンを詰め込んだような要素も多かったです。ビールを飲んでの「悪魔的だー」の絶叫や、襲われた少年たちに対する怒涛なの罵声の数々、あのスピード感や切れの鋭い口調は藤原竜也さんにしかできない表現で、非常に好きです。ファイナルにふさわしいとても面白い作品です。
30代男性

利根川さんの出番が無かったのはちょっと寂しかったですが、凛子さんの再登場と期待を裏切らない活躍ぶりがとても嬉しかったです。作中では底辺とかクズとか言われているカイジですが、自分のみならず他人のためにも熱くなれる姿は偽善的な綺麗事を並べ立てるよりも余程心を動かしてくれて、いつしか彼を必死に応援してしまうようなある種のカリスマ性を持っているのだと感じました。廣瀬役と高倉役の若手イケメン俳優の2人は、いつものキラキラオーラがなりを潜めてしっかりカイジワールドの一員となっており、これまでのイメージと全く違う新たな一面を見ることが出来て良かったと思います。政治が絡むスケールの大きな話でしたが、非常にカイジらしくて爽やかささえあるラストが好印象でした。
30代女性

カイジのあのハラハラする展開をもう一度観られるということで、劇場公開時から観るのを楽しみにしていました。前作から時が経ち、日本経済がさらに悪化し、金の価値が暴落しているという設定で、原作の漫画が実際にそういう舞台なのかは知らないのですが、冒頭でしっかり説明されているので、前作を観ていない人でも違和感なく観れる内容になっていると思います。私が個人的に好きな対決はやはり、今回の映画の目玉である最後の審判~人間秤~です。吉田鋼太郎が演じる黒崎という相手と、カイジ達が一致団結して多くの資金を集めていきます。黒崎という男は派遣会社の社長で、厳しい条件でカイジ達を働かせていたということもあり、この対決は、労働者が一致団結して社長に立ち向かうという意味も込められていて、なるほどと思いながら観ていました。ゲームの内容的に命を失うのではないか、地下送りにされるのではないかという前作のようなハラハラ感はないですが、どのように勝負が決まるのかを予想しながら楽しむことは十分にできるのでとてもお勧めです。
20代男性

原作と違うオリジナルストーリーが魅力でカイジを演じる藤原竜也さんの演技がとにかく凄く、緊張感を持って最後までドキドキワクワクする映画でした。そして相変わらずのテンポの速さで見やすく作られているのも魅力でラスト20分が1番面白かったですね。ありえない世界観と藤原竜也さんの演技が見事にマッチしていて個人的に好きな映画でした。この作品は賛否両論がありますが、決して私は悪い作品だとは面白いません。テンポのいいストーリー展開で話が頭に入ってきやすく物語をさらっと詰め込んで怒涛の伏線回収で盛り上がりますし、カイジが冷えたビールを飲むシーンなんかも良かったですね。ホントに美味しそうに飲んでいるので見ているこっちまで飲みたくなるシーンでした。サクッと映画を楽しみたい人には凄くおすすめな映画です。
20代男性

今までのカイジのハラハラヒリヒリした、なのにどこかコミカルな真剣勝負とは少し勝手が変わり、どちらかというと次々に飛び出すトンデモイカサマや、前にも増して破綻したクズ理論を楽しみながら観る映画に仕上がっています。顔は全然違うのにカイジをやるなら代わりなんて考えられないほど、役にハマりきっている藤原竜也さんは今回も見事。ありえないことしか起きない世界で、絶体絶命からの逆転を見せる姿は、めちゃくちゃクズなのにどことなくかっこよく見えてきます。多分この映画を作っているときにはまだ冗談半分だったはずの「オリンピック後に荒廃しきっていく日本」の荒れっぷりは、凄まじいのですが今となっては若干ありえそうで、なかなか味わい深い世界観です。 
20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました