カルテット 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

カルテット 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

カルテット 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

脚本家・坂元裕二が手掛ける、
大人の人間ドラマ。

都内のカラオケボックスで偶然出会い、
弦楽四重奏団を結成した30代の
男女4人の複雑な人間模様を描く。

全く性格の違う真紀(松たか子)、
すずめ(満島ひかり)、司(松田龍平)、
諭高(高橋一生)の4人は、
司の祖父が所有する軽井沢の
別荘を拠点に週末、音楽活動を行う。

キャスト・スタッフ

<CAST>

松たか子
満島ひかり
高橋一生
松田龍平
吉岡里帆
富澤たけし
八木亜希子
Mummy−D
藤原季節
もたいまさこ
イッセー尾形
菊池亜希子


各話紹介

第1話 

カラオケボックスで出会い、弦楽四重奏団を結成した30代の男女4人の複雑な人間模様を、冬の軽井沢を舞台に描く。カルテットを結成した真紀(松たか子)ら4人は、仕事や家庭があるため週末をメインに軽井沢を拠点に活動していた。ある日、司(松田龍平)が演奏枠が空いているライブレストランを発見する。


第2話

司(松田龍平)は、結衣(菊池亜希子)から結婚式での演奏を頼まれる。結衣が本当に好きなのは司なのではと真紀(松たか子)らは指摘するが、司は聞く耳を持たない。ある日、司は真紀に募らせていた思いを告白。一方、司の気持ちを知ったすずめ(満島ひかり)は、鏡子(もたいまさこ)に報告するべきか迷う。


第3話

すずめ(満島ひかり)は、訪ねてきた少年・純(前田旺志郎)から、すずめの父・欧太郎(高橋源一郎)が危篤と聞かされる。すずめは純の話を受け流してライブに臨むが、演奏に集中できずにいた。そんな中、カルテットドーナツホールのサイトに欧太郎とのある過去を暴く動画が送り付けられ、すずめは別荘から姿を消す。


第4話

別府(松田龍平)は毎回ごみ捨てをすることに納得がいかず、すずめ(満島ひかり)に「朝起きてごみ出ししてください」と注文を付ける。そんな中、ある女性を捜す半田(Mummy-D)らが現れ、家森(高橋一生)のビオラを持ち去ってしまう。家森は警察を呼ぼうとする真紀(松たか子)らを制し、女性の素性を告白する。


第5話

別府(松田龍平)の弟・圭の紹介で、真紀(松たか子)らは音楽フェスティバルに参加することに。だが、不可思議な設定や衣装を与えられ、練習時間がないことに戸惑う。当日もリハーサルはできず、しかも音源を流して演奏するふりをするよう指示される。怒った家森(高橋一生)は出演をキャンセルしようとする。


第6話

すずめ(満島ひかり)は、偶然出会ったカルテットのフライヤーを持つ男性・幹生(宮藤官九郎)が真紀(松たか子)の夫だと確信し、連れて帰る。しかし、幹生からあることを打ち明けられ動揺する。そのころ、幹生が真紀に殺されたと疑う鏡子(もたいまさこ)と会っていた真紀は、幹生との生活の実態を語り始める。


第7話

真紀(松たか子)は、鏡子(もたいまさこ)に幹生(宮藤官九郎)との結婚生活について語る。家族になりたいと思っていた自分と恋人のようにいたい幹生の間に溝ができていたという。一方、別府(松田龍平)が会社の書庫に閉じ込められ、家森(高橋一生)は金になるアルバイトのため、ある猿を捜し回る。


第8話

別府(松田龍平)は圭(森岡龍)から別荘の売却を迫られる。さらに圭は、真紀(松たか子)らカルテットのメンバーの人間性を否定する。別府は激怒するが、それを見ていたすずめ(満島ひかり)は自立を決意。同時に、すずめは真紀と別府がうまくいくよう画策をする。しかし、その中で自分の気持ちに気付いてしまう。


第9話

鏡子(もたいまさこ)は富山県警の刑事・大菅(大倉孝二)に真紀(松たか子)に関するある秘密を告げ、幹生(宮藤官九郎)に伝える。一方、軽井沢では別府(松田龍平)が家族から別荘の売却を迫られていることを真紀らに知られてしまう。別府は、全員でカルテットを続けられるよう別荘の維持に向けて動きだす。


第10話

別荘を出ていった真紀(松たか子)は、住民票などの不正所得で訴えられるが、執行猶予処分となる。一方、すずめ(満島ひかり)、家森(高橋一生)、別府(松田龍平)も真紀の知人として好奇の目でさらされるが、気にせず生活を続けていた。しかし、なかなか帰ってこない真紀にいら立ちを覚え、3人は捜しに行くことに。


ライターコメント

個性の違う四人が音楽を通じて共同生活をし、その中でのできごとを淡々と綴っていくようなドラマです。なんてことないドラマに思えますが、これが飽きることなくずっと見ていられるから不思議です。それぞれ苦悩や過去にトラウマを持っていたり、何かしら秘密を抱えています。一見怪しい四人なのではと思えますが、実はそうではなかったり、物語が進んでいき問題が解決していくごとに絆が深まっていく様子は見ていてスッキリするしなんだか気持ちがほっこりしてきます。どんな人間にも悩みや言えない過去があったり、私たち自身にも当てはまることばかりで身近に感じられる内容なのでより引き込まれるドラマなのだと思います。何度でも見たくなるドラマです。
30代女性

 会話のテンポがよくて登場人物の謎も多くて(特に松たか子さん演じる真紀さん)毎回楽しみに見ていました。4人の演奏場面も好きでしたし、片思いのような微妙な恋愛要素も、真紀さんのまさかな過去も面白かったですけど、このドラマで一番記憶に残っているのは吉岡里帆さん扮するありすちゃんです。裏の顔がわかったとき、本当に怖かった。そんな子だなんて全く予想してなくて、サンドウィッチマンの富澤さんを誘惑してみるとか、もう小悪魔じゃなくて悪魔だなって思いながら見てました。しかも最後はいいパートナー(裕福そうな外人さん)をちゃっかり見つけて、「人生楽勝だったー」みたいなことを言いながらの高笑い、もうすがすがしいくらいでした。
40代女性

カルテットは単に音楽好きが集まるシェアハウスの話だけでもとても面白いのに、ミステリー仕立てで真実が明らかになっていく構成に目が離せません。5話に出てくる浅野和之さん演じる音楽プロデューサーが、さらっとキツイことをいうシーンがとても印象に残っています。「志のある三流は四流。」音楽に未練があり、売れないのに諦めがつかずカルテットドーナツホールを結成した4人です。この手の話は若者が持つ葛藤だと思います。しかし、すずめ以外は中年ってところが切ないです。あとは、松たか子さん演じる巻の夫が巻のことを「愛しているけど好きじゃない。」と話しているシーンは、矛盾していながら理解できます。軽快なジャズをバックに、オシャレな別荘で繰り広げられる会話劇がとても面白いカルテットです。
40代女性

心にじんわりくる良いドラマでした。登場人物がそれぞれ善人と悪人に分かれていないのが、リアルで好きでした。人間は、長く生きていると、一点の曇りもない人生を歩んでいる人っていないのではないでしょうか?若気の至りとか、考えが浅はかだった時もあると思うし、家庭環境とか、仕方のない状況に置かれることもあると思うし。そして、それぞれに心に悲しみや闇のようなものを抱えている者達が、音楽でつながって、共同生活をする。今までの自分を知らない人達の世界で生きる事で、心を癒されていく。その過程が、じんわりと心に染みました。最初は、何がなんだかわからなくて、サスペンスっぽかったですが、その謎解きのようなストーリー展開も面白かったです。奏でられる音楽が、このドラマに更に彩りを与えていました。特に松たか子さんの演技が良かったです。さりげなくて、でも、繊細な心の動きを見事表現していて、大好きな女優さんです。何年経っても、心に残るドラマになりました。
50代女性

このドラマは1つ1つのセリフが後からジワリ心に残り、響いてくるそんな名言とも言えるセリフの応酬で、独特のテンポ感と相まってとても印象に残っています。カルテットの文字通り、主要人物4人の会話は、毎回録画して聞き直しても面白いと思います。そんな中でも最も印象に残ったのは5話の吉岡里帆さん演じる有朱の発言。主要の4人からは外れた脇役でしたが、正義は大抵負ける、夢は大抵叶わない、努力は大抵報われない、愛は大抵消える、と堂々と言い放つシーン。これ、人間誰しも生きていると、1度はそんな事を感じる位落ち込む時ってあると思います。口に出してはなかなか言えませんけど。吉岡さんの出世作となるドラマの1つだと思いますが、彼女のまだ売れない下積み時代から知っていたので、そんななかなか思うように行かなかった過去の吉岡さん本人の思いとリンクして感情が爆発したのか、とも思いました。それがお茶の間にウケて今や誰しも知る女優さんにまでなったのかな、と懐かしく思います。
40代男性

あまりドラマは観ないのですがカルテットは毎週観ていました。大きな事件があるわけでもないのですがドキドキハラハラする展開で自分自身の心に突き刺さるような言葉や感情や人間模様が描かれていてリアルで作品に引き込まれていました。俳優さんたちの自然すぎる演技も物語における重要なポイントでした。唐揚げにレモンをかけるかかけないかという問題はネットニュースにもなったほどですが、そういう小さなことからすれ違いが起きていって元に戻らないくらいの亀裂が入っていくということをドラマを通じて再確認しましたし、ボタンの掛け違いみたいなことが大人ならではの気の使い方によって生まれてくるのだろうなと感じました。大人だからこその生きにくさとか言葉のやりとりとか言いたいこと言えないこと言わない方が良いことなど考えさせられるドラマでした。
30代女性

「カルテット」の題名通り、4人それぞれが個性的でそれぞれに過去があり、とても面白い作品でした。ストーリーも複雑に絡み合っていて、要所要所に伏線がはられていたりと毎回ドキドキさせられました。セリフが面白くよく考えられていて、独特の雰囲気でドラマが進んでいきます。個人的にすごく感動したのはすずめちゃんと真紀さんのお蕎麦屋さんでのシーン、最後は真紀さんの「帰ろう」に深いなぁと感動し涙がでました。いろいろと考えさせられるドラマでした。主題歌もすごくよくて作品にマッチしていました。4人の役者さんの演技が素晴らしく見応えがありました。4人の他にも吉岡里帆さんを初めて見た作品でしたが、頑張っていましたね!
40代女性

カルテットの一番の魅力は演技力に定評がある出演者たちの、素晴らしい演技だと思います。松たか子、高橋一生、満島ひかり、松田龍平、4人それぞれに影をもってそれを秘めていながら生活していくなんとなく謎めいた雰囲気がとても伝わってきて、本当に面白さを感じながら毎回見ることができました。また、脚本に関しても、1話1話で盛り上がりがあり、観ていて飽きないドラマだったと思います。最後の最後まで結末を予測することができない、今までにはなかった内容のドラマではないでしょうか。それ以外に私が注目していたのは、エンディングの曲です。主演の4人が歌っていたものなのですが、本当に皆さん歌唱力も抜群でびっくりしました。ドラマ終了後もしばらく聞いて余韻に浸っていました。
30代女性

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平さんの4人の演技がとても良かったです。一番印象に残ったシーンは、からあげにレモンをかけるという場面で、家森が「からあげにレモンはありえない」と言い出してから、すずめ、別府と口論になってしまうところがとても面白かったです。からあげで、レモンをかける、かけないという話題で、仲間と長く話ができることは良いことだと感じられました。「起きたことはもう戻らないということ」について、考える機会を与えてくれました。レモンかけちゃった唐揚げみたいになど独特の表現はとても印象に残りました。最後に4人が目標を持ってそれぞれの道に進む決心ができた点は、素晴らしく感じました。音楽で生きることってどういうことかを学べる点も良かったです。
30代男性

偶然出会った男女四人が、何故かカルテットを組み共同生活をする。始まりは松たか子さん演じる巻真紀が、なにやら夫の失踪に関係しているかのようなサスペンスムード満載でしたが、観てみると、これがなかなかユーモア要素も盛りだくさんで、くすっと笑ってしまう場面があり、それでいてサスペンス要素もある不思議なドラマで面白かったです。高橋一生さん演じる家森の、唐揚げにレモンを掛けるか掛けないかの論争場面、一枚しか無いパンツを洗われてノーパンになり、満島ひかりさん演じるすずめが引いてしまう場面など、毎回くすっと笑わせてくれる場面がありました。観ていて「?」と思う迷言的なものもありましたが、それもなんだかやみつきになってしまう面白さがありました。でも時々、ドキッとさせられる深〜いセリフもあるんですよね。音楽で食べて行きたいけど簡単ではない現実。夫婦という血が繋がらない家族。人を好きになる。自分に自信がない。個性的な登場人物を俳優の皆さんが魅力的に演じ、結婚式では定番になっている3つの坂、上り坂、下り坂、まさかが誰にでも起こる日常を、サスペンスとユーモアを織り交ぜながら淡々と話が進む感じが新鮮でした。 
40代女性

松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんが主演したドラマ『カルテット』。共同生活することになるのですが、主人公たちそれぞれに全員片想いなので恋の行方がどうなるかが楽しみでした。最初は松さん演じる真紀が夫を殺したのでは?という謎で興味をそそりましたが、併せて全員が他人に話せない秘密を持っているので少しずつ明らかになるのが見応えがありました。普通のラブストーリーとは一線を画しており、ミステリーっぽい要素があり最後まで楽しめました。挿入される音楽もクラッシクで味わい深かったです。 また後半では時間軸がズレるというSFチックな展開もあり、満島さん演じるすずめのキャラも急変して驚きました。第1話から真紀が意味深に語っていた言葉の意味が伏線になっていたので脚本にも秀逸さを感じました。
40代女性

ドラマなんてしばらく見ていなかったのに、久々にはまってしまいました。毎週楽しみにして、毎回次回が待ち遠しかったです。主演の松たか子をはじめ、主要人物から脇役に至るまで役者さんがそろっていて見ごたえがありました。小劇場の掛け合いのようなテンポのいいセリフのやり取りにクスクスし、主人公のマキさんの秘密にハラハラドキドキし、それぞれの片思いのせつなさにグッとなり、主題歌に聞きほれ(主要の役者さん4人で歌ってるのがまた上手い!!)、番組ツイッターもチェックし、お友達と「昨日、見た?」と話題にし、居酒屋で「レモン」や「パセリ」のシーンを真似し・・と、本当に好きなドラマでした。とくに、マキさんからダンナさんの心が離れていく様子が明らかになっていく回では、どちらも悪くないけど上手くいかなくなるってことがあるんだよな・・と切なくなりました。最後はどうなるのかと思いましたが、白黒つけない終わり方が、カルテットらしいなと思いました。 
50代女性

カルテットメンバー全員が秘密したいこと、公にしたくない事、後ろめたいことを抱えた人達の集まりでした。知られたくない過去を暴かれたり、過去との決別。別人なりすまし、逮捕されてしまったメンバー。それでも一緒に過ごした時間は、癒されたり、演奏会するという同じ目標に向かって頑張ってきたことで、うわべだけの関係なようで、繋がっている絆が生まれていたと思います。曖昧な関係の心地よさ、主題歌のように白黒はっきりさせなくもグレーでいい。それでも4人で演奏したいと新しい未来に向かってずっと続いていきんだろうなぁ。グレーでいいというのは、いろいろ抱えていたり、悩んでるいる人には生きやくなると思います。それでいいんだと楽になりました。
40代女性

まず出演者の女優さん、俳優さんが大好きな方たちばかりでした。特に松たか子さん、高橋一生さんはホントに素敵で、ドラマの中でも年齢を重ねたからこそ出る色気のようなものと、怪しさが溢れていたと思います。また、すずめちゃんの満島ひかりさんの笑い方がとても大好きでした。顔も小さくて細くて、少し寂しそうな感じがするのに彼女が笑うと少し温かくなる気がしていました。苦しい役や悲しい役の中でも少しの希望を与えてくれるような満島ひかりさんの笑顔が好きです。エンディングの曲も大好きで、ドラマにぴったりでした。4人とも歌が上手なのは分かっていましたが、雰囲気が素敵で、この歌を聞くために毎週観ていました。ドラマの世界観が最高!エンディングでどっぷりハマります!
30代女性

弦楽四重奏を意味するカルテットを作品タイトルに戴くこのドラマは、その意味に合わせて4人の主要人物が織りなす複雑な人間模様が多重的に展開されました。特徴として、まず目についたのは4人を演じるのがいずれも30代の役者さんで、人物設定も同じく30代とあまり若々しくないことでしょう。若くない分、みんな落ち着いていて、含みのある表情や発言、行動が印象的でした。役者さんたちもベテラン揃いですしね。ストーリーもあまりハラハラドキドキするような展開はなく、どちらかと言えばゆっくりと進行するストーリーです。しかし、30代の人物たちだからこそ、そのゆったりとした雰囲気に説得力がありました。これが20代の若い役者さんたちだと、物足りなさを感じたのでしょうが、もう若くもなく、かと言って老いてもいない絶妙な年頃の人物たちだからこそ、脚本に合致したと言えるのでしょう。
30代男性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました