オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

舞台は『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の
主人公・鈴木奈未(上白石萌音)が働く
ファッション雑誌編集部。

会社や撮影スタジオ、
ある時はアフター5で巻き起こる、
編集部メンバーたちの
胸キュンラブストーリー!

編集アシスタント・和泉遥(久保田紗友)は
念願のMIYAVI編集部に配属になるが、
そこで出会ったのは厳しくて
口を開けばキツイ言葉ばかりの
先輩編集者・中沢涼太(間宮祥太朗)。

しかし、時には優しい中沢に、
遥はドキドキし始め…?

さらに、イケイケ編集者
和田和美(秋山ゆずき)も加わり、三角関係に!?

切ない恋、ツンデレな恋、勘違いの恋、
さまざまな恋が動き出す!

キャスト・スタッフ

<CAST>

間宮祥太朗
久保田紗友
秋山ゆずき
太田夢莉
吉田沙世
星野梨華
なだぎ武
高橋メアリージュン


各話紹介

第1話 世界一の恋が始まる

ファッションモード誌「MIYAVI」の編集部発足の初日、意気込んで自己紹介に臨んだ編集アシスタントの和泉遥(久保田紗友)は、「必ず『MIYAVI』を世界一の雑誌に…」と言いかけたところでストップをかけられ、先輩編集者・中沢涼太(間宮祥太朗)から“世界一”というあだ名を付けられてしまう。それからも口を開けばきつい言葉ばかりの中沢にカチンとする遥。またイケイケ編集者・和田和美(秋山ゆずき)とは楽しそうに盛り上がっている中沢を見て、自分は仕事に生きようと決心。そんな中、遥は仕事でミスをしてしまい…。

ドラマ「オー!マイ・ツンデレ 恋は別冊で」1話を観て、「感情豊かな遥」と「中沢の優しさ」です。まず、感情豊かな遥についてです。このドラマでは、ファッション誌編集部でアシスタントとして働く遥の様子が描かれます。遥は、編集部での仕事ぶりを早く認められたいと思い、熱心医仕事に励みますが、周囲の人々に振り回されていきます。目まぐるしく変わる状況に思わず感情が溢れてしまう遥の姿が可愛らしく、好感を持ちながら観ていました。次に、中沢の優しさについてです。遥の上司である中沢は、遥を馬鹿にするような態度を取り、遥を苛立たせますが、ピンチの時にはそっと寄り添う優しさを見せます。意地悪な中沢が不意に見せる優しさにときめきながら観ていました。
20代女性

誰がツンデレなのかな、と思って見始めましたが本編とは別にこちらもとても楽しみになりそうです。遥の成長が見られそうなのと、中沢のツンデレぶりがたまりませんでした。自分が悔し泣きしたときにあんな風にされたら、それは好きになってしまうなぁと思います。バラの発注ミスは本編でも大きな話題だったところですが、その裏側が描かれており本編ともちゃんと連動していたので、今後も引き続き見られそうです。今後の遥と中沢がどうなっていくのか、本編で奈未と中沢がどうなっていくのかも含めてどんどん見進めていくのが楽しみになってきました。期待値よりとても面白そうなドラマに出会えて今後3月まで毎週楽しみにしていけます。今後の展開もとても期待しています。
40代女性

上白石萌音さん主演の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』のスピンオフドラマ『オー!マイ・ツンデレ 恋は別冊で』。間宮祥太郎さん演じる中沢がたっぷり出て来て楽しめました。ツンデレ先輩、本編の菜々緒演じる麗子とはまた違うドS具合が好きです。ヒロインとなる遥が自己紹介がきっかけで”世界一”とあだ名を付けられていてなかなか笑えました。それにしても遥にはキツイ言葉ばかりなのにイケイケ編集者・和美とは仲良くしていて不思議です。気になる子には冷たくしちゃうお子様なのかもと思っています。仕事に生きようと決めた矢先に失敗していてなかなか気の毒でした。でも中沢が少し優しくてほっとしました、やれば出来る子なのね。でも女子の扱いは慣れてそうなのでまだまだ振り回されそうとも思います。
40代女性

田舎から思い切って幼馴染を追いかけ上京する、鈴木奈未の姿がピュアで最初からキュンとする展開でした。鈴木奈未演じる上白石萌音さんの人柄や表情などがマッチしていて、物語りの最初からどんな展開になって行くのかなと惹きつけられながら観ていました。ドタバタ常にアクシデントに見回れる姿には笑ったり、乙女心にはもどかしさとドキドキな気持ちを感じたり、最近こんなにもストーリーに入り込んで観るようなドラマがなかったので久しぶりにキターって思いました。ハラハラドキドキスピード感ある展開でとても良かったです。宝来麗子を演じる菜々緒さんの演技もキレッキレでカッコよくてファッションにスタイルも素敵で、このドラマの見所だと思います。1話でスタートしたばかりなのに、今後のスピード感ある展開がとても楽しみです。
20代女性

本作のオー!マイ・ボス恋は別冊でも良いですがパラビオリジナルストーリーのオー!マイ・ツンデレ恋は別冊ではもっと最高でした。オー!マイ・ツンデレ恋は別冊でを見っちゃったら正直本作よりもこっちの作品にハマってしまいました。そのぐらい良きです。まずオー!マイ・ツンデレの方の間宮祥太朗さんがかっこよすぎました。イケメンすぎてあれは誰でも惚れます。最初本作を見たときは玉森裕太さん派でしたがオー!マイ・ツンデレを観たら一瞬で間宮祥太朗さん派に変わりました。こんなに一瞬で推しが変わってしまうのかと自分でも驚くぐらい間宮さんがかっこよすぎました。本作もキュンポイントがありますがオー!マイ・ツンデレの間宮、久保田コンビの方がよりキュンとしてキュン死しました。この2人のタッグでの別のドラマが見たいくらいこの2人にハマってしまいました。
20代男性

上白石萌音さんのドラマということで去年に引き続きまたドキドキするんだろうなと期待して観ました。友達と一緒に観ましたが1話からドキドキしっぱなしで毎週欠かさずみたいドラマ1位です。玉木さんの仕草や動作にキュンキュンが止まりません!そしてタートルネックとロングコートのコーディネートも女性が大好きな組み合わせで最高です!主人公のなみちゃんの仕事へのモチベーションややりがい、安定思考など今の働く女性にありがちなテーマだと思います。上司や職場に揉まれながらも懸命に働くなみちゃんを見て自分も明日からまた頑張ろう!と元気も貰えます!そしてドキドキが止まらないドラマなので今お家時間が長くなかなか恋愛が進まない婚活女性にも潤いを与えてくれる存在です!次週が待ち遠しい今期1番観たいドラマです!
20代女性

上白石萌音さん主演ドラマの「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のスピンオフドラマということで楽しみにしていましたが、スピンオフにしては勿体ないと思えるほとの内容で面白かったです。間宮祥太朗さん演じる先輩編集者の中沢と久保田紗友さん演じる編集アシスタントの遥と編集者の秋山ゆずきさん演じる和美の三角関係を中心に描かれていくのかなというストーリーだったので、これからの展開が楽しみですし本編でもその3人に注目して見てみようと思いました。仕事を一生懸命に頑張っている遥を応援したくなりましたし、中沢のツンデレな感じもちょうど良くて、コミカルなやり取りで笑えるシーンと恋愛要素のあるキュンキュンするシーンとのバランスが良かったです。
30代女性

仕事も恋愛も人並み、平凡を求める主人公 奈美とカメラマンの子犬系男子の潤之介との出会いは、就活で上京してきた奈美のピンチを救うものでした。ピンチを助けられて奈美が働くことになった出版社の美しいボス 宝来麗子は、ハイブランドの衣装が素敵で女子の憧れの存在です。化粧や髪型も衣装に合わせて異なるところも素敵です。しかし物語の中だと…鬼!?仕事も恋愛も人並み、平凡でよかったはずなのに、どちらにも奮闘していく奈美の姿に、自然と応援したくなります。また潤之介の狙っていないのに女子をきゅんきゅんさせる仕草に思わず、可愛い…と呟いてしまうことも。それぞれのキャラクターが今後明かされていくであろう秘密の関係を持っているところにも注目しています。
20代女性

まず主人公の鈴木なみの性格がとても元気で明るく面白いので好きでした。そしてストーリーが雑誌の会社で働くことになった鈴木が怖い女王みたいな編集長のもとで雑用係としてこき使われているお話でしたが、編集長はとてもすごい人で、鈴木は思っていた職場じゃなかったけれど頑張って働こうとする姿がとても良かったです。またストーリーの展開が早くて見てて全然飽きなかったです。恋愛のきゅんとする話もあったり、ギャグなど笑えるような話もあったり、見返してやろうって気持ちになったり、驚かされたりなどいろんな気持ちになり個人的に今やってるドラマの中で1番好きでした。このドラマを見ていると私も頑張ろうって思えるような話でした。
10代女性

遥をさらに好きになった作品でした。美人でまじめなイメージでしたが、本作を観て親しみが湧きました。遥は自己紹介で失敗してしまい、涼太から「世界一」というあだ名をつけられてしまいます。やがて二人の仲は邪険になりますが、仕事がひと段落した後に落ち着いて良かったです。遥は涼太に今回の自分のミスについて涙ながらに話し、プライドが高かったことを素直に反省します。素直な遥はとてもかわいいと思いました。最後に遥は涼太から「和泉」と名前で呼んでもらえて、とても後味のよいラストでした。名前で呼ばれたときに少し嬉しそうな遥を見てほっとしました。ミスをしたり反省したりする遥を見て、彼女に親近感を覚える人は少なくないはずです。
30代女性


第2話 好きなものは好き!

ある漫画家とのコラボ企画がボツになりそうで、別の漫画家を探すことになった編集部の面々。もともと、小中学生向けの少女漫画『魔法少女オシャンティ』の影響でファッションの道に進んだ遥(久保田紗友)だったが、そのことを中沢(間宮祥太朗)に笑われ悔しくなり、サブカル漫画を片っ端から調べ始める。一方、同僚の和美(秋山ゆずき)は、中沢にアタックしていくと宣言。遥も和美を応援すると約束するが…。

遥がファッション業界で働くことの原点が「魔法少女オシャンティ」だったのを見て、自分の子どもの頃を思い出しました。遥はやっぱり不器用だけどピュアな人なんだと今回を見てあらためて感じました。オシャンティのクリアファイル見た中沢がワクワクしていたとは、遥と同じで私も全然気づきませんでした。中沢がオシャンティ読んで涙するシーン最高でした!人に意見を求められると、その人が求めてる答えは何だろう?と先に考えてしまう私には、中沢の言葉が全部自分に言われてるみたいで、色々と心に刺さりました。中沢の「カルチャーは自分を着飾る道具じゃない」と言ったセリフが特によかったです。自分が感じたことをもっと大切にしよう、面白くないと思ったらそう言おうと思いました。
40代女性

1話では自己紹介で”世界一”とあだ名を付けられていた遥でしたが、2話でも中沢の小悪魔ぶりが随所に見られて楽しめました。イケイケ系の編集者・和美とは楽しく盛り上がってるけど、もはや男友達みたいな感じなのかもと思っちゃいます。ちゃんと女子として見られれているからからかわれてるのかも。でも仕事に関しての中沢はやっぱり凄いなぁと思います。言われた言葉にムキになってサブカルチャーの漫画を調べまくる遥も可愛かったです。きっとどこまでやる気があるのか試されてるのかも。中沢が遥の推していた”魔法少女オシャンティ”の漫画を隠れて読んでいたことが分かった時は驚きましたが。和美が中沢にアタックする宣言を遥にして、実際に告白?しているシーンもあったけど受け流された感じだったので気づいているのかが気になります。
40代女性

中沢さんへの愛が溢れて止まらなくなりました。現実世界にこんな素敵な人がいたらいいのになと思ってしまいました。控えめに言っても好きな要素しかなくて、中沢さんと同じ職場で同僚として働けるのであれば身を粉にする勢いで頑張れるのになと思いました。どの角度から映されても非の打ちどころないまさにパーフェクトさがたまらなかったです。顔も良ければスタイルも抜群で、この人に惚れるなと言う方が無理な話だろうと思いました。美しさの権化と言っても過言ではなかったです。中沢さんの一挙手一投足、全てが魅力の暴力でしかなくて、観ているだけで幸せの極みでした。中沢さんへの愛が深まると同時に演じている間宮祥太朗さんへの愛も深まっていくのが自分でもはっきりわかりました。こんなにもドキドキさせてくれるこのドラマがたまらなく好きだと思いました。
20代女性

なかなかマニアックな内容になっていた今回。久保田紗友さん演じる遥が「魔法少女オシャンティ」からの影響でファンションの道に詳しくなったというのも可愛かったです。きっかけは笑えますが、好きなものが早くから見つかっていたのは羨ましいなぁと思いました。ただツンデレ先輩?の間宮祥太郎さん演じる中沢に知られたのは気の毒です。笑わなくてもいいのに。それにしてもサブカルチャーマンガを仕事のためでもあるけど片っ端から調べまくっているところは真面目だなぁと思いました。からかい甲斐があると思われてる気がしています。同僚の和美が中沢にアタックすると宣言して来て、積極的な女子だなぁと思いました。宣言してくるのは手を出さないでね?ということかなとも思っちゃいますが、駆け引きも恋の醍醐味なので女子たち頑張ってください。
40代女性

第二話では漫画家役で鬼滅の刃の炭治郎の声優さんの花江さんが出ていたりして、かなりびっくりしました。毎回ゲストが出るのも面白いですよね。上白石萌音さんが頑張ってけん玉を練習する姿など、慣れないこともひたむきにやり続ける主人公のすてきな部分も気に入りました。編集長である菜々緒さんのファッションも毎回おしゃれだし、スタイルもよくていいです!玉森裕太くんの透き通るような白い肌ときれいな顔にも毎回ジーっと見惚れてしまいます。ドジでおちゃめな上白石萌音ちゃんが若い頃の自分と重なって、自分も頑張らなきゃなと思わせてくれるドラマです。ストーリーはほろ苦い恋愛あり、やりがいのある仕事ありで見どころがほんとに満載でした。
40代女性

お見合いを断る口実として潤之介の彼女役を引き受けた奈未。潤之介のお姉ちゃんと会うことになるのですが、実はお姉ちゃんが奈未の鬼上司麗子だったのです。その際に2人が話を合わせて難を逃れようとしている姿が可愛かったです。話を合わせている間に奈未が麗子にけん玉のチャンピオンだと嘘をつき、その嘘がきっかけで奈未はものすごくピンチになり、漫画家先生の前や大きなパーティで恥をかくのですが、全て麗子の策略で、奈未は恥をかかされたことに落ち込みますがそんなことよりも麗子がカッコいい!!となりました。麗子は常に一歩前を進んでいて毎話問題が起きた時、麗子はどうするのだろうと考えてしまいます。潤之介の犬のような愛らしい姿、奈未の不器用だけど一生懸命頑張る姿、麗子の女性が憧れる完璧な姿、今後も楽しみです。
20代女性

第2話は玉森裕太さん演じる潤之介と上白石萌音さん演じる奈未の2人の掛け合いが見所でした。お見合いを断る口実として奈未は潤之介の彼女を演じることになり、まずはお姉ちゃんに会うことになったのですが、その潤之介のお姉ちゃんがまさかの奈未が苦手とする菜々緒さん演じる鬼上司宝来麗子で、観ている私まで奈未と同じような驚きを隠せませんでした。でも驚きと同時に、プライベートでも鬼上司宝来麗子と奈未のやり合いが観られると思うと嬉しかったです。パニックになりながら潤之介の彼女を一生懸命演じる奈美、全てを見透かしているようなトークに表情で詰め寄る宝来麗子、ハラハラドキドキしながら楽しく観させて頂きました。今後もお姉ちゃんと潤之介の彼女としての立場でどう展開されて行くのか期待とワクワク感で胸いっぱいです。甘さとドキドキで胸いっぱいで忘れそうになっていましたが第2話でもう一つの見所を言うと、鬼滅の刃で炭治郎の声優さんも登場されていてかなりびっくりしました。まさかの展開でしたが感動しちゃいました。第2話も1話同様見所満載なので皆さんも是非観てみて下さい。
20代女性

ドラマ「オー!マイ・ツンデレ 恋は別冊で」2話を観て、「対抗心を燃やす遥」と「積極的な和美」が良かったと思いました。まず、対抗心を燃やす遥についてです。第2話では、編集部アシスタントの遥が、雑誌とある漫画家との合同企画に挑む様子が描かれます。遥は、漫画をきっかけにファッション誌の編集部に勤務する夢を持ったほどの漫画好きですが、上司の中沢に漫画好きを馬鹿にされてしまいます。中沢を見返すために、漫画への愛を胸に仕事に励む遥の姿に、愛おしさを感じながら観ていました。次に、積極的な和美についてです。和美と同世代で一緒に働いている和美は、中沢に好意を持ち、こまめに会話をするなどアプローチを仕掛けていきます。堂々と中沢への好意を見せていく和美に、好感を持ちながら観ていました。
20代女性

涼太のキャラクターがとてもおもしろかったです。和美の「好きで好きでたまらない」という告白への返しのシーンがたまりませんでした。涼太はミラノ風ドリアのことだと間違えたふりをするのですが、これには大爆笑でした。後に涼太は仕事に戻り、遥と居合わせる展開にはドキドキしました。遥が好きな漫画「魔法少女オシャンティ。」の話になるのですが、涼太は遥が持っていた漫画のファイルを欲しがります。これに対してダメだと言い張る遥はよほどその漫画への愛が強いのだと思いました。そんな遥に「好きだな、お前のそういうとこ。」と涼太が言うシーンにはにやけてしまいました。前回よりも二人の仲が進展しているようで、今後がますます楽しみになりました。
30代女性

上白石萌音ファンとしては今週も見どころたっぷりでした。奈未のファッションがだんだんオシャレになってきていますがタグがそのままだったりうっかりな一面も好きです。表情豊かでセリフも聞きやすく本当に素敵な女優さんだと思います。今回の放送でそれぞれのキャストの立ち位置と方向性が確立された気がします。奈未と潤之介の展開はもちろん気になりますが、編集長と副社長の今後も気になる所で編集長のお茶目な一面にも期待してしまいます。最後の雨の中のシーンですがちょっと降りすぎ・・と思った点と潤之介がその割には濡れていなかった点は少し突っ込みどころでした。今週も楽しく見ることができました。来週の恋のライバル登場編も楽しみです。
30代男性


第3話 恋のサイクリングは危険な三角関係!?

自転車が好きな中沢(間宮祥太朗)に話を合わせ、自分もオシャレな自転車に乗っていると嘘をついてしまった遥(久保田紗友)。お互い自転車好きなら今度の休日に一緒に走ろうと中沢に誘われてしまい、本当のことを言い出せない遥は仕方なく自転車を買いに行くことに。しかも、訪れた自転車店で和美(秋山ゆずき)と遭遇!本当は中沢のことが好きで自転車を買いにきたのではないかと和美に疑われてしまうのだが……。

無事にMIYAVIが創刊されて本当に嬉しかったです。人並みで平凡でいいと言っていた奈未が、あんなに嬉しそうにしているのを見ると、なんだかじーんときちゃいました。潤之介のおでこのキスにうろたえる奈未がまた可愛くて良かったです。石橋叩き壊す妄想は最高でした。今回は特に奈未の周りで恋がぐるぐる渦巻いてる感じがとてもよかったです。和泉は中沢が気になっていて、中沢は奈未が気になっていて、奈未と潤之介はキスしちゃって、潤之介が好きな人らしき人は現れちゃって、もう恋が大渋滞しちゃいそうでワクワクしちゃいます。麗子の恋の行方も気になります。ジンコも言ってましたが、仕事は出来るけど、恋愛は苦手な感じがあちこちに出てるから余計気になっちゃいます。
40代女性

好きな人に少しでも近づこうとするあまり嘘をついてしまったり見栄を張ってしまうのは恋愛経験のある人ならば必ず共感できるよなと思いました。私自身も似たような経験があるからか遥ちゃんを観ていてその過去を思い出してしまってつかの間恥ずかしさが込み上げました。中沢さんにお誘いを受けて結局嘘だと言い出せずにいるのもなんだか微笑ましくてたまらなかったです。恋する乙女の嘘は不思議と可愛らしく思えてなりませんでした。その上、超絶美少女の遥ちゃんの嘘だったら憎めるはずがないよなと思いました。個人的には中沢さんは奈未ちゃんとくっついて幸せになって欲しいなんて思っているのに、遥ちゃんの健気な恋心を目の当たりにしているとその思いが多少なりともぐらついてしまいました。
20代女性

遥と中沢の関係性が何となくくだけてきて、親密ではないにしてもいい空気感になってきたことがとても嬉しく感じました。世界一、からちゃんと和泉と呼んでもらえるようになり、今度は趣味の面でも少しずついいと思うものが同じだったりして、遥が中沢に魅かれてしまう過程が丁寧に描かれていて遥にどんどん思い入れが強くなってきています。ただ、和美さんの存在がどうしても気になります。遥にプレッシャーを上手にかけてくるところが絶妙です。とても私も好きですとは言いづらい空気感を出してくる先輩演技が最高です。ただ、最後になって「渡したくありません」と言った遥の気持ちの変化にびっくりしました。自転車の場面では遥の真後ろで耳元で「信じろ」と言われた場面にキュンキュンしました。もちろん漫画のセリフですが、中沢本人から言われた気がします。どんどん中沢のツンデレぶりにはまっています。
40代女性

第三話は編集長と部下達が決裂してしまい、どうなるのかヒヤヒヤしました。編集長の菜々緒さんも冷たいから誤解されやすいですよね。せっかく間宮祥太朗さんがあたためてきた柔道家のインタビュー記事も、急にボツにされてしまうなんてガッカリすると思います。きちんと理由を説明してあげればいいのに、あえて言わないところは編集長の美学なんでしょうか。結局は柔道に復帰できるような状態じゃないのに嘘をついていたことがわかって、編集長の突然のボツにも納得するのですが、なかなか良いタイミングで上白石萌音ちゃんが気づいてくれて良かったです。そんな上白石萌音ちゃんを間宮祥太朗さんが好きになっていくのもわかるので、今後どんな展開なのかも気になります。
40代女性

本編では完璧そうな?遥の意外な一面が見れるスピンオフは楽しいです。中沢もちょっとなついて来た感じがします。サイクリングに誘われるなんて最初のころから比べると考えられないです。でも話を合せて自転車好きにしたのはまずいかも。自転車買いにいくはめになっていてなかなか気の毒でした。こうなったらやりきるしかない~と思いました。最初の動機が何であれ好きになれば問題ないですしね。でもオシャレな自転車って高そう。それにしても和美に遭遇してて中沢とのこと勘ぐられてるので恋のバトル勃発か?!と思っちゃいました。先に和美に中沢のことを想っていると言われているので対応が難しそうですが、何よりも自分の気持ちが大事なのでそろそろ向き合ってもいいかもと思いました。
40代女性

菜々緒さん演じる鬼上司の宝来麗子の過去や恋愛下手な描写など、少しずつ彼女の可愛らしい部分が見えてきて今後のストーリーにどう影響していくのか楽しみです!美人で怖い鬼上司がどう形成されていったのかなども気になるところです!そして、なによりラストのキスシーン!!!雨の中見つめ合った奈未と潤之助。このベタな展開、奈未のおでこにキスをした前科のある潤之助から奈未にキスをするんだろうなと思っていたら、まさか!奈未の方から!?これはすごい展開だと思っていたら今度は潤之助が奈未にキス!これにはもうドキドキが止まりません!これは完全に両想いってことだと思うんですが、潤之助が思いを寄せ続けているという幼馴染が登場。来週の展開も目が離せません。
30代女性

ドラマ「オー!マイ・ツンデレ 恋は別冊で」3話を観て、「自分の嘘に振り回される遥」と「嘘を貫けるのか」が良かったと思いました。まず、自分の嘘に振り回される遥についてです。3話では、先輩の中沢とサイクリングに行くことになった、編集部でアシスタントとして勤務する遥の様子が描かれます。遥は、中沢と同じ話題を共有するためにサイクリングが趣味だと話しますが、本当は全く自転車に詳しくありません。小さな嘘によって、どんどん追い詰められていく遥を、ハラハラしながら観ていました。次に、嘘を貫けるのかについてです。嘘がばれないようにするために、自転車を買いに行くなど動き始める遥ですが、自転車の知識がないため混乱してしまいます。遥が嘘を貫けるのか、見守るようにして観ていました。
20代女性

衝撃的な展開にとても驚かされました。遥は涼太とサイクリングデートをすることになり、さらに遥は和美に宣戦布告します。作中ではデート当日、遥が本当のことを涼太に伝えるところに心を打たれました。自転車が趣味ではなかったこと、自転車には乗れないことを正直に話す遥はとてもかわいかったです。そんな遥が自転車に乗れるようにと励ましながら練習するシーンには涼太の優しさを感じました。後のデートの帰り、和美とばったり会う展開にはドキドキしました。遥は「中沢さんを誰にも渡したくありません」と自分の気持ちを和美に伝えます。今回は遥が涼太や和美に対して正直になれたが良かったなと思いました。観ていると遥の恋を応援したくなるはずです。
30代女性

なかなか自分の気持ちを素直に言えない遥の気持ちが、痛いほどよくわかって共感の嵐でした。自転車に乗れないのにわざわざお洒落な自転車買って、中沢との約束の場所に行く遥は、本当は誰よりも素直で真っ直ぐな人だと思います。私だったら自転車買わずに、何か口実を作って逃げ出そうとすると思います。タロット占いで突然現れたZEALの編集長の高橋麻美がめちゃめちゃ良かったです。麻美の生き様が詰まったあの言葉を聞いたからこそ、遥は逃げ出さずに自分の嘘と、中沢への気持ちに向き合おうと思えたのだと思います。麻美は高橋メアリージュンさんしか考えられないくらいのハマり役だと私は思ってます。いよいよ和美に恋の宣戦布告をした遥のこれからが楽しみです。
40代女性

同僚の和美が間宮祥太郎さん演じる中沢にアタックすると宣言した3話に引き続き、ますます三角関係がもつれて来て見応えがありました。それにしても、自転車好きな中沢と話を合せてオシャレな自転車を乗っていると言ってしまう久保田紗友さん演じる遥が背伸びしていて可愛いなぁと思いました。ただオシャレな自転車まで言わなくても良かったかも、自分でハードル上げるの後から無理が出るので気を付けた方がいいですよね。結局、休日に自転車に一緒に乗る約束をして自転車を買いに行くはめになって笑えました。早めに本当のことを言った方がいいかもとは思いますが、これを気に新しい趣味を始めたと思えばいいかも。買いにいった自転車店で和美に出会ってしまい、中沢とのことを疑われてたのでお互い探り合いが続きそう。
40代女性




本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました