ゴールデンカムイ 1期 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ゴールデンカムイ 1期 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

ゴールデンカムイ 1期 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

アイヌから奪われた金塊をめぐる
アクションとサスペンスを軸に、
歴史やアイヌ文化、狩猟、グルメ、
ギャグといった多彩な要素が
折り重なった作風が魅力的。

あらすじ

“不死身の杉元”の異名を持つ
日露戦争の英雄・杉元佐一は、
とある目的のために大金を
手に入れるべく北海道にいた。

ある男が隠した
アイヌの埋蔵金の話を耳にした杉元は、
埋蔵金探しを決意。

そんな折、ヒグマに襲われた杉元は
アイヌの少女に命を救われる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(杉元佐一)
小林親弘
(アシ(リ)パ)
白石晴香
(白石由竹)
伊藤健太郎
(鶴見中尉)
大塚芳忠
(尾形百之助)
津田健次郎
(谷垣源次郎)
細谷佳正
(土方歳三)
中田譲治
(牛山辰馬)
乃村健次
(永倉新八)
菅生隆之
(二階堂浩平/洋平)
杉田智和

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

各話紹介

第一話 ウェンカムイ

日露戦争の英雄・杉元佐一は除隊後、北海道で砂金採りに明け暮れていた。そんな折、彼は現地で出会った中年男から、アイヌから奪われた埋蔵金の話を聞く。埋蔵金を奪った人物は網走監獄に収監されていて…。


第二話 のっぺら坊

杉元とアシリパは埋蔵金の手掛かりを求めて、小樽の街へ出向く。そこではあまり有益な情報は得られなかったが、帰り道に後をつけてきた脱獄囚のひとりをわなによって捕らえることに成功。その男を尋問する。


第三話 カムイモシ(リ)

杉元とアシリパは、ヒグマが冬眠する横穴を発見。アシリパが語るヒグマの知識に驚く杉元だったが、その時アシリパが双眼鏡の光に気がつく。また、彼らに向かって陸軍第七師団の追っ手たちが移動を開始する。


第四話 死神

杉元はアシリパの生まれ育った村に招かれ、住民たちに快く迎え入れられる。アイヌ料理に舌鼓を打つなど和やかな時間を過ごす杉元。そんななか、彼はアシリパの叔父から、埋蔵金やアシリパの過去について話を聞く。


第五話 駆ける

杉元は二階堂兄弟に自ら食ってかかることで、危機を回避した。その頃、杉元を追って小樽の街を訪れたアシリパは、レタラの導きによって白石と再会し、彼の情報から鶴見たちの根城に行き着くのだが…。


第六話 猟師の魂

過日、小樽の山中でアシリパを追い詰め、狼のレタラに重傷を負わされた谷垣だが、生存していた。彼を助けたのは、足を踏み入れた山の熊を全滅させてしまうとまで言われている凄腕の猟師・二瓶鉄造だった。


第七話 錯綜

杉元と二瓶は雪山で死闘を繰り広げるが、谷垣によってアシリパを人質に取られた杉元は、白石と共に動きを封じられてしまう。白石の縄抜けで拘束状態から抜け出すことはできたが、2人はアシリパと離れ離れになる。


第八話 殺人鬼の目

牛山に追われる白石は、第七師団の兵士たちを巻き込み、ピンチを脱した。そんななか、町の建物が土方の一味に次々と爆破されていく。土方は騒動を尻目に銀行へと侵入して、貸金庫から愛刀・和泉守兼定を奪う。


第九話 煌めく

辺見の誘いで、ニシン番屋で馳走に預かる杉元とアシリパ。そんななか、隠した死体をアシリパに発見されそうになった辺見は、杉元を外へと連れ出す。するとそこに、第七師団の兵士が現れ、2人は身を隠す。


第十話 道連れ

アシリパの村を後にした谷垣は、二瓶の村田銃を手に尾形と二階堂との戦いを決意するが、残された弾は1発だけで、足のけがもまだ完治していなかった。そんななか、谷垣はヒグマが食いかけた鹿の死体を見つける。


第十一話 殺人ホテルだよ全員集合!!

札幌で武器を調達し終えた杉元たちは、宿に泊まることにした。一行は宿泊先に札幌世界ホテルを選ぶが、時を同じくして土方一味の牛山も同じホテルを訪れ、気に入った女将の家永を口説き始める。


第十二話 誑かす狐

杉元たちは札幌を発つと、長沼にあるアシリパの親戚の村を訪れる。村には占いが得意なインカラマッという女性が滞在しており、注目されていた。彼女は杉元たちに会うなり、アシリパが父親を探していると言う。


ライターコメント

杉元たちと同様に金塊を狙う謎の軍人の鶴見中佐が不気味であり、なおかつ魅力的なキャラクターだったのがよかったです。時には愛ある態度で部下に接し、また時には恐ろしく冷酷な指導者の一面を覗かせた鶴見中佐の二面性あるキャラ性が面白いもので良かったです。鶴見中佐を演じた大塚芳忠さんの緩急をつけた不気味な芝居も魅力的なもので引き込まれます。金塊の在り処を示す地図は、複数人の肌に彫っているので、まず探すのは肌に地図の情報を持つ人間という展開は異質なもので興味を惹かれました。陰謀めいた点もある金塊大争奪戦が楽しめてよかったです。銃撃戦、肉弾戦によるアクションシーンも迫力ある良き見どころとなっていてよかったです。
30代男性

顔に大きなキズがある点が印象にのこる軍人の杉元が格好良いです。どんな激戦区にいっても帰ってくることから取った異名が不死身の杉元となっていますが、その通りで、どんなに負傷しても復帰する丈夫さが目立った人物で記憶にのこります。義理堅く、アシリパを支えるよき相棒感もだしている杉元の人間性にはひかれるものがあります。それまでしらなかったアイヌ文化、アイヌの料理の味を知ることで、よりよい人間性を身につける杉元の成長も見れて良いです。作中に多く登場するアイヌ独特の料理がとにかくおいしそうであり、変わったものであることからも記憶にのこります。基本はシリアスな冒険ものですが、キャラクター達が時にふざけることで意外なコミカル展開も楽しめてよかったです。
30代男性

漫画を読んだ事がなかったのですが、友人に勧められてアニメを見た所大変面白く漫画を全巻揃えファンになった1人です。ストーリーのテンポも良く、キャラクターも個性的で覚えやすいので毎話楽しく視聴していました。アニメを見てアイヌ文化に初めて触れましたし、サバイバル感やグルメ、バトルもかなり迫力があります。キャラクターは皆クセがありビックリするような変態気質もいるのですが、いつの間にか登場人物全員好きになっていました。最近のアニメでは珍しく登場する男性キャラクターは皆屈強で男らしく格好いいし、女性も芯が通っていて格好いい。戦争が絡んでいたり、アイヌ文化が絡んでいたり、一見難解そうなストーリーですが、ギャグも豊富に散りばめられているのでお気に入りのシーンが必ずどこかで見つかると思います。
20代女性

テンポ良くストーリーが進んでいくところと、後から重要になってくるキャラクターが冒頭からどんどん出てくるところがのめりこみやすくて良かったです。また、人物やエピソードが主人公サイドとどうからんでいくのかが読めないのに、心情が原作よりわかりやすく描写されているので親切だと感じました。声優に詳しくない人でも、上手だな、魅力的だなと思えるほどベテランの声優が多く出演していることもあり、微妙な心情やニュアンスの表現が真に迫っているところもとても良かったです。ストーリーのメインになる金塊探しの暗号解読のことをときどき忘れてしまうほど、北海道の寒さやヒグマなど自然の厳しさ、明治という時代の雰囲気が画面から伝わってきて、歴史に興味がなくても楽しめるところもおすすめです。
30代女性

ゴールデンカムイを見てリスを見る目が変わりました。NHK等の動物番組でリスが登場すると思わず「チタタプ」と呟いてしまいます。杉本や白石やアシリパさんがあまりに美味しそうに食べるのでリスを食べてみたい。作品の影響で北海道に興味がわきすぎて、アイヌ民族博物館に行ってみたいです。姑が歌謡曲番組を見ている時にイヨマンテの夜が流れて、すごく反応してしまいました。本作と合わせて、熊嵐は北海道に住んでいる方の熊への恐怖を少しは理解できるのではないかと思います。作中の敵キャラがあまりに下ネタ的でアグレッシブな変態発言を連発するので、子供と視聴できないのがとても残念です。一人こっそり視聴し続けたいと思います。
30代女性

これまでにアイヌ文化を描いた作品はなかったので新鮮でした。さらに映像自体も美しく、中でもアイヌの民族衣装などが細部までこだわって美しかったので見ごたえがありました。また、好きなキャラクターは杉元です。亡くなった親友と約束を果たすために親友の嫁の目を治すために金塊を探すという義理堅さ歳が下にもかかわらずアシㇼパに対して敬う姿はかっこよかったです。一方で、アイヌの文化に最初は戸惑いながらも受け入れる姿が時にはコミカルに描かれて面白かったです。そして、ストーリー自体も金塊を巡る二転三転する展開が面白く、一つ謎が明らかになるとさらなる謎が発生していたので次の展開が気になってしまい、ハマってしまいました。
30代男性

凶悪な軍事、犯罪者も多く登場するバイオレンスシーンが多めの作風ですが、そのなかで強く生きるメインヒロインのアシリパを描く点は印象に残るものでした。アイヌ族の娘のアシリパと日本の軍人の杉元の二人が出会った共闘関係を結ぶ展開が意外でした。小さくて可愛いアシリパと無骨な軍人の杉元の個性も見た目も異なるミスマッチな二人がメインを張る設定に引かれます。北海道を舞台にして、一攫千金の物語が展開するという夢とロマンががある設定もわくわくするもので好きでした。金塊を狙って各勢力の思惑が工作し、そのなかで見どころのある人間ドラマが展開する点には、奥深い物語性を感じます。金塊を狙う人々が個性的で、キャラ性が面白い作品でもあると思えました。
30代男性

アニメ「ゴールデンカムイ」第1期は戦争から帰ってきた杉本がひょんなことからアイヌの金塊があることを知り、金塊争奪戦に身を投じていくハラハラドキドキの展開でとても面白かったです。この作品ではアイヌ文化のことについても触れており、私は北海道に旅行に行ったこともあるのですが、アイヌ文化をアニメで紹介していくのは本当に良いと思います。特にグルメ漫画のように変わった料理が紹介されたり、ヒグマとの闘い方についてもアイヌはどうやって戦うのか紹介されてアイヌ文化に興味を持つ人も増えると思います。ヒグマがよく登場するのですが、北海道のヒグマは狂暴で恐ろしい様子がよく描けていて恐ろしかったです。色々な要素が楽しめる作品です。
30代男性

オープニングから力の入っていた第一期。尾形や白石といった後に重要になるキャラクターの登場する場面が一番の見どころでした。そしてアシリパさんと杉元の旅が始まる最初の頃。にしんそばを食べていたと思ったら、突然二階堂兄弟が登場するシーンはかなり笑えます。後に二階堂兄弟はかなり重要な存在になるところも面白いです。そして谷垣の存在も大きく、後に自身の人生の指針となる存在・二瓶鉄蔵も登場するところはかなり格好よく、男くさいシーンで生き様を感じるシーンでした。同時に二瓶と杉元との戦いのシーンもかなり格好よく面白い場面でした。後にレタラの妻なども登場する大事な回であり、アシリパさんがレタラから距離を取ると決心するシーンはかなり素敵でした。引き込まれる導入の第一期でした。
30代女性

北海道の雪国を舞台にアイヌの文化や生活模様を紹介してくれる作品です。アイヌの埋蔵金のありかを脱走した元囚人の身体に刺青にして残すなど衝撃的なシーンもありますが、刺青を集める主人公の元兵士、不死身の杉元が魅力的です。強くて優しいですがケガも多くする姿に応援したくなります。一緒に行動するアイヌの少女、アシィパは自分を「新しい時代のアイヌの少女」と言うだけあって、行動的です。弓矢で獲物を狩ったりなど、男性の杉元と対等に行動する姿に新しいヒロイン像を感じました。青い瞳が印象的です。軍隊や元新撰組の土方歳三(残念ながら老人になっている)も刺青探しに参加するなど、早いもの勝ちのようなレース形式のようになっており、毎回続きが気になります。
40代女性

ゴールデンカムイのアニメは原作以上に描写が丁寧で分かりやすくなっています。第1期で好きなキャラクターは、主人公の杉元佐一やアシリパちゃんも好きですが、土方歳三がシブくて良いです。この時代の土方歳三は、もうおじいちゃんなのですが、眼光が鋭く、拳銃を持っていて強くてかっこいいです。永倉新八も登場するのですが、丸っこくて可愛いおじいちゃんです。アニメ版は原作ほどの下ネタ部分はカットされていてマイルドになっているのでそこは少し残念にも思います。ゴールデンカムイの魅力である食べ物がアニメの映像だと本当に美味しそうに感じました。あつあつの鍋をアシリパちゃんがヒンナヒンナと言いながら食べていて、北海道のアイヌ民族について興味を持ちました。
30代男性

日露戦争後の日本、しかも北海道が舞台なのは珍しいと思い、視聴を始めましたが大当たりでした。「不死身の杉本」は強く、アイヌの少女アシリパさんは賢い。それでいて料理上手! 「ヒンナヒンナ」と食べるところはかわいらしい。アイヌのおいしそうな料理が出てきます。野生動物を裁くところから描いていてリアリティがあります。アシリパさんが味噌を「オソマ(う〇ち)」と誤解し敬遠する姿には笑いました。なんで杉本は「豆という植物の種で作ったもの」と説明しないんでしょうか。金塊をめぐっての謎は単純なモノかと思っていたら、謎の鍵である「のっぺらぼう」が「アシリパさんの父」という話で複雑なものになりそうで、先の展開か楽しみになりました。人間同士、野生動物との死闘は迫力があります。シリアスなところとクスリと笑わせる場面がバランスよく配置されているのもいいですね。それと土方歳三がかっこいい! 確かに土方が生きていたらこんな年の取り方をしただろうなと納得してしまいました。
50代女性

書店に行った時によく目立つところに積まれていた漫画で、人気があることは知っていたので、試しにアニメ版を見てみることにしました。最近では美少女を全面に出した萌えアニメが多いのですが、この「ゴールデンカムイ」はそんな風潮とは真逆を行くとても硬派な泥臭い男の作品です。大正時代の北海道を舞台にアイヌが隠した金塊を巡って様々な勢力が対立するという、非常に壮大な設定を元としており、基礎的な部分だけでも冒険心をくすぐられる魅力があります。そして何より素晴らしいのが、その登場人物。でてくる人物はことごとく皆どこか狂っている者ばかりで、一筋縄では行かないキャラクターたちが織りなす思惑と駆け引きの連続は見ていて決して飽きることがありません。また、細部の小道具に至るまで当時の時代考証をかなり念入りにしていることも伺え、並々ならぬ力の注がれた大作だということがよくわかります。冒険ものに憧れる男性ならばぜひ見て見る勝ちがあると思います。
30代男性

ゴールデンカムイは原作からのファンだったのですが、アニメになると聞いて、「また微妙な声優をつけられて汚されてしまう」という感じがありましたが、思っていたよりも杉本、白石の声があっていて良かったです。好きなシーンとしてはやはりゴールデンカムイファンとしては外すことができないアシリパのアイヌグルメのシーンでした。流石にビジュアル的に問題があるリスの脳みそは食べたくはなりませんでしたが、チタタプやオハウのシーンがとてもよく描かれていて食べてみたいというふうに思いました。グルメも冒険も暴力も歴史も詰まった欲張りセットのアニメでしたが、北海道への興味を引き立てられてとても面白かったと思います。
30代女性

第1期はまさに物語の導入とも言える部分でしたね。主人公である「不死身の杉元」こと杉元佐一と、ヒロインであるアイヌの少女アシリパとの出会い。そしてアシリパを通じて、アイヌの文化風習に触れる回が続きました。私を含めて大多数の日本人は北海道の少数民族であるアイヌの文化風習に疎いと思うのですが、それだけにこのアニメを通じて紹介される独特の料理のシーンなどに新鮮な驚きを感じ、また好奇心を刺激されたことだと思います。また小樽など、戦前の開拓期の北海道の街の様子が描かれていることも興味深かったですね。アイヌの金塊を巡る物語自身が面白いのはもちろんですが、まずは不思議かつ魅力的なアイヌの文化や、明治期の歴史的な北海道の風景などについつい気を取られてしまう。そんなアニメ第1期でした。
30代男性



本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました