ゴールデンカムイ 2期 無料動画

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ゴールデンカムイ 2期 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

ゴールデンカムイ 2期 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

金塊を巡るサバイバルは
発端となった張本人、
「のっぺら坊」の正体へと迫っていく。

土方歳三や尾形百之介など、
同じ目的から手を組んだ
濃厚な面子の絡みも面白い。

あらすじ

北海道を舞台にアイヌの
莫大な埋蔵金をめぐる戦いは
日々熾烈を極めていた。

アイヌの少女・アシリパと共に
金塊を探す元兵士の杉元佐一は、
埋蔵金の在りかを示した
“刺青人皮”を追ううちに、
その刺青を彫った「のっぺら坊」が
アシリパの父だという情報を知る。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(杉元佐一)
小林親弘
(アシ(リ)パ)
白石晴香
(白石由竹)
伊藤健太郎
(鶴見中尉)
大塚芳忠
(土方歳三)
中田譲治
(尾形百之助)
津田健次郎
(谷垣源次郎)
細谷佳正
(牛山辰馬)
乃村健次
(永倉新八)
菅生隆之
(家永カノ)
大原さやか

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

各話紹介

第十三話 江渡貝くん

杉元たちが夕張に向かっている頃、先に同地に来た鶴見中尉一派は、剥製工房を営む青年・江渡貝弥作に接触していた。目的は、江渡貝が墓地から盗み出したと思われる脱獄囚の刺青人皮を入手することにあった。


第十四話 まがいもの

江渡貝はようやく刺青人皮の偽物を6枚完成させたが、その時、土方の一味に加わった尾形が鶴見中尉の策略を暴くため工房を襲撃。江渡貝は刺青人皮とその偽物を持って逃げ出し、尾形を迎え撃った月島軍曹も彼を追う。


第十五話 昔の話をしよう

土方たちは夕張にとどまり、江渡貝の工房で刺青人皮の偽物を見分けるための手掛かりを探す。そこへ突然火炎瓶が投げ込まれ、建物内は火に包まれる。鶴見中尉に証拠隠滅を命じられた第七師団の兵士の仕業だった。


第十六話 旭川第七師団潜入大作戦!!

アシリパの目撃情報を頼りに谷垣たちが旭川を目指している頃、杉元とアシリパたちは芦別に到着し、白石が第七師団に連行されたことを知る。一方、白石の救出に向かっていた土方とキロランケは奪還作戦を決行する。


第十七話 腹の中

第七師団の本部に潜入した杉元と犬童典獄に変装した鈴川は、淀川中佐との面会を果たす。淀川中佐の前に出世につながる手柄をちらつかせ、鈴川は白石を渡すよう迫るが、そこに鶴見中尉の命を受けた鯉登少尉が現れた。


第十八話 阿仁根っ子

杉元たちが大雪山を下山している頃、谷垣の一行は電報を受け取る。フチが死装束を用意していると知り、改めてアシリパを連れ帰る役目を谷垣は心に刻むが、その時、役目を欲していた過去の自身の姿が脳裏をよぎる。


第十九話 カムイホプニレ

谷垣の一行と合流後、杉元たちは近くにあるアイヌコタンに立ち寄る。そこでアシリパは谷垣からフチのことを聞かされ、その身を案じる。彼女を気遣う杉元は、一度故郷に帰ってはどうかと提案する。


第二十話 青い眼

釧路の海岸で食料を調達していた杉元たちがバッタの大群に襲われる。避難した番屋の中でしばらく過ごすことにした男性陣は、ラッコ鍋を食べることになるが、ラッコの肉が煮えるにつれてなぜかムラムラしてきた。


第二十一話 奇襲の音

屈斜路湖の湖畔にあるコタンを訪れた杉元たちは、盲目の盗賊団がこの一帯で暴れているとの情報を得る。白石は、その親分は脱獄囚の都丹庵士だと言う。杉元たちは新たな刺青人皮を手に入れるべく動きだす。


第二十二話 新月の夜に

網走監獄が近づくにつれ、のっぺら坊が本当に父かもしれないことに不安を募らせるアシリパ。そんな彼女を勇気づけたのは杉元の存在だった。杉元たちは網走に着き、白石の発案でトンネルを掘って監獄への侵入を図る。


第二十三話 蹂躙

アシリパが連れ去られたのは、門倉から「独房にいるのっぺら坊は偽物だ」と知らされていた土方の画策だった。その狙いは本物ののっぺら坊とアシリパを引き合わせ、金塊の在りかを聞き出すことにあった。


第二十四話 呼応

杉元にアシリパのマキリを見せられたのっぺら坊は、これが娘のものだと気づいた。彼は金塊の在りかを教える条件として、アシリパを連れてくるよう求める。一方、監獄内の争いは最終局面を迎えていた。


ライターコメント

アニメ「ゴールデンカムイ」第2期の良かった点はますますアイヌの金塊を目指して、杉本やアシリパ一派と鶴見中尉率いる師団、新選組の土方率いるグループとの三つ巴の争いが加速していき、入れ墨人皮を巡って力技だけでなく、どうやって相手を出し抜くかという知略を加えた策謀が張り巡らされた展開は見ていて非常に面白かったです。ゴールデンカムイ伝統のアイヌ料理も出てくるのでグルメ漫画かと思う展開もありますが、北海道の歴史とアイヌ文化について学べるゴールデンカムイは単純に金塊を巡る展開を楽しむのも良し、アイヌ文化のグルメ料理を楽しむも良し、白石のギャグ要素を楽しむのも良しと三拍子そろった面白い作品です。シリーズは続くので今後の展開も楽しみです。
30代男性

他の作品ではあまり見ない、パーティーメンバーが頻繁にシャッフルされるのがゴールデンカムイの魅力の一つです。第2期では初登場で敵だと思っていたキャラクターと行動を共にしたり、逆にメンバーが離脱したりと、入り乱れる展開にワクワクしました。ギャグ要素も強く思わず声に出して笑ってしまうシーンもあります。シリアスとギャグが交互に訪れてジェットコースターのようなストーリー展開です。作品の魅力の一つであるグルメも様々なものが登場して、思わず真似して作りたくなります。キャラクター達と一緒にヒンナヒンナしながら食べてみたいです。私は第2期のアニメでスナイパーである尾形百之助が気になり、これから彼がどう活躍していくのか楽しみで仕方ありません。
20代女性

第1期のアニメからゴールデンカムイにハマったので、第2期も迷わず視聴しました。1期と比べるとストーリーも複雑になり、パーティー内で誰が誰と手を組んでいて誰が裏切るのかなど、毎話手に汗握りながらハラハラしていました。1期に引き続きグルメ要素も強く、美味しそうな料理が色々出てくるので思わずお腹が空きそうになります。2期の最後での網走監獄のシーンでは、杉元一派、土方一派、第七師団が入り乱れての銃撃戦でとても見応えがありました。ラストがかなり衝撃的な終わり方をしているので、視聴していた方は大変驚いたのではないでしょうか。私も余りの驚きに思わず声が出てしまった一人です。原作のストーリーはまだまだ続くので、3期のアニメをワクワクしながら待っていました。
20代女性

第二期の冒頭・鶴見中尉の人心掌握術にハマった江渡貝君を通して、鶴見中尉の危うさを感じることが出来てかなり面白いです。第一期ではただのサイコパスか、ちょっとヤバいおじさんくらいにしか見えない鶴見中尉がかなり優秀で格好良く見え始める第二期。他にも鯉登少尉や月島軍曹など後にかなり漫画に影響する人物たちの登場シーンも多めになってくるのがとても面白い部分です。インカラマッと谷垣が突然恋人になっていたりと、時間の経過がよく分からない感じにはなっているものの、そこが良い部分でもあります。ラストまでかなりスピード感もあり、白石を助けに向かうシーンなど笑いと感動が隣り合わせでかなり引き込まれる話が多いのも良いところでした。
30代女性

原作通りだとなかなかアニメにしにくい部分が多かった第二期。そんな中で抜粋して描かれる世界観は圧巻でした。しかし突然囚人の一人が登場したりと、少し世界観を歪めている部分もあるのはちょっと残念でした。本当なら釧路編でのアシリパさんの鶴の舞の辺りでは杉元の想い人について尾形が軽口を聞く部分があったのですが、それがないために原作とアニメでは少しアシリパさんの感じが違うのがちょっとだけ残念でした。ですがそれを思わせない程に、弟子屈辺りの硫黄山の話はかなり面白く、硫黄山での囚人たちの怒りや歴史を感じることの出来る部分が多く、楽しむことができるところが多かったです。かなりスピード感と、謎が深まる第二期。かなり面白かったです。
30代女性

メインに杉元、アシリパを置き、その脇に控える白石や鶴見中尉がかなりの個性を見せたと思います。2期は脇役キャラも相当活躍したと思います。主に軍人のキャラ登場するので、どうしても男臭い絵面になりますが、その中でしっかり可愛いアシリパが光って見えるのがよかったと思います。美声で喜怒哀楽の顔を見せるアシリパを演じた白石晴香さんの演技も素晴らしかったです。物語のキーパーソンだったアシリパの父親に迫る後半展開が2期最大の見所だったと思います。網走監獄での大騒動を描くシーンの迫力はすごかったです。騒ぎの中、杉元とアシリパの二人が別行動になることになり、そこでシリーズが終わったので、続きがとてもきになる構成になっていました。
30代男性

金塊の謎を追い求めるミステリー展開、その中で展開するバトルや会話による駆け引きのシーンなど、面白みは多々ありました。2期では、1期以上にコミカル描写が目立っていたと思います。骨太でロマンのある物語であるのですが、その骨休めとして挟まれるコミカルな小ネタに笑えました。一番おかしかったシーンが、男性キャラクターが集まってラッコ鍋を食べるというものです。ラッコ肉の持つ、欲情を促進させる効果により、男しかいない部屋で性が活性化する異質なシーンが展開したことが忘れられません。それまでのシリアス展開をぶち壊す程に面白い展開が見えてよかったです。普段は真面目な面持ちのキャラクターが、コミカルシーンでは変顔も見せる演出も面白くてよかったです。
30代男性

杉元、アシリパのメインキャラクター以外の他のキャラクターも掘り下げた展開が見れたのが2期の特徴となっていました。それまで一番謎に満ちていた緒方の過去に迫る物語が見れたのが印象的でした。同じく、谷垣の過去も明らかにする展開も見どころになっていました。谷垣に好感を持てるシリーズだったと思います。杉元同様、谷垣もまたアイヌ民族の暮らしに深く触れ、心を穏やかにしていくのが見られました。谷垣の視点を通して、一気異常にアイヌ民族の文化を掘り下げていく展開も興味深いものでした。アイヌ民族は、自分の子供に看取られてこそあの世に安心していける、だから子供を大事にし、子孫繁栄を重んじるという宗教的な考えが見えたのが印象的でした。多くのことが学べるよき構成で良かったです。
30代男性

第二期は前作よりもかなりスピード感とギャグパートが多いように思います。冒頭一話から江戸貝くんが登場し、早速ゴールデンカムイのちょっと危ない回が公開され、同時に月島軍曹の冷静さも知ることの出来る大事な回でもありました。そしてそれと同時に網走監獄へも近づき、かなり面白い場面が多かったです。大雪山のあたりでは鹿を2頭同時に撃ち殺すことのできる尾形の腕を見ることもでき、かなり格好良くて引き込まれました。他にも第二期からは鶴見中尉の大ファンである、薩摩隼人・鯉登少尉も登場し、かなりギャグ面とシリアス面の隣り合わせなことが伺えるシーンが多く笑えました。ラスト網走監獄での決戦での鶴見中尉もかなり楽しげでしたし、アシリパさんは父の姿を確認することができた代わりに、残念な結果も目撃してしまうシーンはかなり涙を誘いました。第三期が待ち遠しい感じで終わったため、かなり続編がきになる終わり方で、そこも良かったです。
30代女性

2期は1期に比べて杉元陣営以外にスポットが沢山当たったことがとても嬉しいです!特に第七師団が好きなので活躍してくれてとても楽しい!1期から見てる方は二階堂のキャラ変貌っぷりに驚かれるとは思いますが、どんどん欠損していくのにギャグ要員であり続ける浩平のいじらしさに涙が出ます…皆色々と失いながら生きている作品ではあると思いますが、その中でも一番多くの物を失っている気がする…そして、あまりにも主要キャラすぎて1期で出てなかったのが不思議なくらいの鯉登少尉が堂々登場!今の所、原作含めて後にも先にも戴帽している鯉登少尉を見れるのはこの2期の17話だけ!意外とものすごいレアシーンなんですね!おそらく尺の都合と倫理的な都合で原作で入っていた話が切れていたりしますが、あのあたりの繋ぎがとても自然でアニメ初見でも全く気になりませんでした!拍手!
30代女性

ゴールデンカムイ自体話の構成が大変面白く見ているのですが、どうやら作者が色んな作品に造詣が深いようで、何かのパロディを探し出すのも楽しみの一つになっています。私が2期で一番衝撃を受けたのは江渡貝弥作。登場の際には変な名前だな。くらいに考えていたがとんでもない。話が進むにつれ母との確執のパートで疑念が浮かび、人皮で手袋を作る。ここで確信に変わった。これは実在したかの有名な人皮職人、エド・ゲインじゃないか。映画をよく見るのでこういったところからのパロディが入ることに感動して鳥肌が立った。入墨人皮の入った囚人を回収するというテーマのこんなに狭いアニメでまさか実在の人物像がこんなにも綺麗に融合することがあるだろうか。これは作者の幅広い知識と融合させるセンスの高さによるものだ。素晴らしい感動をありがとうと製作陣には手を握ってお礼を言いたい。これ以外にも宗教画など含め色々なパロディがセンス良く、しかも伏線になる形で散りばめられているので、これからご視聴の方は是非そういった面での鑑賞もしてみていただきたいと切に願う。
30代男性

とにかく裏切りの連続!先が読めなくてハラハラして…好き!の一言に尽きます!最初モブだと思ってた尾形が2期に入るにつれてどんどんかっこよくなっていって…ともすると急に猫ちゃんみたいになったりしてかわいい…なのに…過去は重い…そのせいで愛が歪んでいる…感情を揺さぶられまくっててもうすっかりファンです。尾形ファン必見の2期は最後の大どんでん返しが最大の見せ場!(いや…「2期の見せ場はラッコ鍋だ!」と言う人も居るだろうが…そこも激しく同意させていただく…)顎の傷をつけた相手に今度は…もしかしてアレは仕返しだったんでしょうか…杉元も不死身でよかった…絶対にもうだめだと思った…頭撃ち抜かれて生きてるの本当すごい…不死身の肩書はダテじゃないですね…3期でちゃんとアシ(リ)パさんには会えるんでしょうか…会えますように…
30代女性

このシリーズ中「アシリパの父ウイリクがのっぺら坊であってほしくない」と思ってみていました。現実は残酷でウイリクが「のっぺら坊」でしたが、杉元が「アシリパさんをジャンヌ・ダルクにでもする気だったのか!」と怒りをあらわに叫んだとき、視ている私もなんだかすっきりしました。杉元はアシリパを普通の少女として幸せでいてほしいんですね。ずっと「ヒンナヒンナ」とおいしいものを食べて笑っていてほしいと思っているんでしょう。脳の外科手術で杉元の脳みそをつまみ食いした家永には笑いました。谷垣の過去のエピソードは悲しかったですが、あれで谷垣が好きになりました。あの物静かさがいいですね。最後のシーンでに別れ別れになったアシリパと杉元がおたがいの再開を信じ「あいつは/俺は不死身の杉元だ!」とセリフを吐くところは感動を覚えました。
50代女性

アニメ「ゴールデンカムイ」第2期は、最終回がすごくワクワクします。のっぺらぼうという最重要人物との出会いや別れはすごいものだ。金塊争奪メンバーからしたら、金塊のありかの知る最重要人物をめぐって、命を含めての奪い合いを命懸けですることになる。ヒロインからしたら、旅の目的である父親ののっぺらぼうに出会えると思ったら、出会えずに別れる悲哀さがある。主人公からしたら、ヒロインを父親に合わせる目的と金塊を手に入れる目的の両方に関係するのっぺらぼうと出会って人生の絶頂になるところから、のっぺらぼうとの今生の別れに急になって、自分も命を落としかけるという人生の転落が待っている。しかも、のっぺらぼう亡きものにしてと自分に大怪我を負わした人がヒロインを騙して同行しているのだ。今後の金塊争奪戦やヒロイン奪還が気になるところだ。
30代男性

アニメ第2期は、第1期で明治開拓期の歴史的な北海道の風景や、アイヌの独特かつ魅力的な文化にすっかり馴染んだ上で、物語の本筋であるアイヌの金塊を巡る主人公たちの冒険譚にようやく没入できたという印象でした。第1期から引き続いているのですが、主人公陣営に対する、鶴見中尉一派や土方歳三一味との攻防劇が大胆に展開されます。鶴見中尉は悪役としての魅力がたっぷりですし、土方歳三なんて歴史上の人物としてトップクラスに人気のキャラクターです。それ以外の面々だって、個性派ばかりですし、ストーリー展開以上に、キャラクターの魅力にハマってしまった第2期でしたね。監獄の闘いも迫力がありましたし、最後は早く続きが見たいという終わり方で、相変わらずの傑作と言ったところでしょうか。
30代男性



本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました