カンパニー〜逆転のスワン〜 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

カンパニー 逆転のスワン 視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

カンパニー 逆転のスワン 動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

妻子に捨てられたアラフォーサラリーマンに
突然下された出向命令。

そこで課されたのは大規模公演を
大入りにするという荒唐無稽な
ミッションだった。

これは、人を輝かせる人の物語。



ライターコメント

昔バレエをしていたためかストーリーがわかりやすく、親しみやすかったです。井ノ原快彦さん演じる主人公の青柳がバレエ団と向き合っていく様子におもしろみを感じました。初回で青柳はバレエダンサーの高野に余計なことを言ってしまって出禁になってしまいますが、この後の巻き返しには感動しました。高野は青柳のことを認めたようで、敷島バレエ団の公演に出演してくれることになります。さらにキャストには宮尾俊太郎さんや小林美奈さんと有名なバレエダンサーを起用していることもあり、本格的なダンスシーンになるのではとわくわくしました。宮尾さん、小林さんのファンは必見です。ストーリー展開にキャスティングにと初回から興奮しっぱなしの内容でした。
30代女性

さすがに初回だけあって怒涛の展開で見応えがありました。ただ主人公・青柳があの状況でもどこか他人事みたいな感じがして、サラリーマン気質が抜けないのかなと思っちゃいました。もっと自分で動いていたら家庭も仕事もこんなことにならなかったのかもと思っちゃいました。でも真面目なひとっぽいので何かきっかけや刺激を与えれば自分で考えてくれるとも思いました。今回の異動をチャンスだと思って頑張るしかないですよね。ラストは世界的バレエダンサーの高野に必死に交渉したりして真剣そうだったのでやれば出来る人だなぁと思いました。バレエの世界って繊細なひとが多そうなので気が変わりませんように。それにしてもリストラ候補が集められた部署って嫌すぎる~、精神的苦痛かも。坂井真紀さん演じる由衣と一緒にバレエ公演を成功させてほしいです。
40代女性

リストラ候補者たちが集められた部署に異動することになった主人公・青柳ですが、この異動で辞めてもいいように会社は設定していそう。妻子も家を出ていたし一度にこんな状況になったらなかなか凹みそうですが、青柳が世界的バレエダンサー・高野の踊りを見て感動していましたが、高野を演じる宮尾俊太郎さんは元バレエダンサーなのでほんと美しい踊りでうっとりしました。監修も同じくバレエの熊川哲也さんがされてるようなので完璧でしょうね。青柳は崖っぷちになったけど、本気を出して取り組むときっと高野みたいに最初はダメだったものでも了解をもらえると思うのでこれから頑張って欲しいです。倉科カナさん演じる由衣もちょっと癖がありそうだけど、トレーナーとしては優秀そうだったので何かの役には立って欲しいです。
40代女性

井ノ原さん演じる青柳がいわゆる”泣きっ面に蜂”状態で可哀そうと思いました。リストラ候補が集まる部署に異動になり、帰ったら妻子が家を出ていたって唖然とするでしょうね。言われたことをちゃんとやって来たのにどうして?と聞いていましたが「言われたことだけ」でとどまっているのがダメなのでしょうね。クリエイティブが大事だと思います、仕事も家庭も同じことが原因なのかも。会社が援助するバレエ団の興業を成功させるミッションを受けましたが、いきなり勝手の知らない分野の仕事って大変そう。バレエは熊川哲也さんが監修ということでバレエシーンが美しかったです。一緒に仕事をすることになった倉科カナさん演じる由衣もなかなか気の毒ないきさつだったけど、とりあえず青柳がバレエダンサーの高野に頑張って訴えて気持ちが動いてくれたみたいで良かったです。
40代女性

黒木瞳さん演じる瑞穂先生ってほんとこだわりが強そう。彼女がいなければもっと色々うまく行くのにと思っちゃいます。今回も高野に特別出演してもらえることになったのに「わたしが許しません」って迫力あり過ぎでした。それにしても坂井真紀さん演じる乃亜も事情を知っていそうなのに青柳に教えてくれないしまだまだみんなチームワークが育ってないかもと思いました。まぁ、先に教えてもらっても青柳は直談判しそうでしたが。おひとよしなのに熱い想いを持っている青柳の感じが井ノ原快彦さんにぴったりで毎回応援しています。口ではきついこと言っていたけど、瑞穂先生が実は高野の海外公演のパンフレットを持っていて誰よりも彼を応援し認めているのが分かって良かったです。
40代女性

高野と瑞穂先生を仲直りさせようと青柳たちみんながドタバタしているのが健気でした。井ノ原さんってほんとお人よしそうで青柳の役がぴったりで好きです。高野と瑞穂先生は師弟というより親と家出息子みたいな感じがしました。芸術の世界なのでまた価値観が独特なのでしょうね、さっさと仲直りしたらいいのにと思っちゃいました。高野は感じ悪くしてるのは繊細だから口下手なだけなのかもと思えて来て応援したくなりました。高野を演じる宮尾俊太郎さんはリアルで元バレエ団で活躍していた方なので演技でも踊りに注目しちゃいます。本物の美しさって口ではなかなか言い表せないけど所作に現れていますよね。ラストでなんとか落ち着きかけたのに高野が腰を痛めてしまい心配です。
40代女性

高野と瑞穂先生の関係ってとても繊細だなぁと思いました。個人的な範囲ならお互いの納得だろうけれど、会社の命運が掛かっているのだからゲスト出演してもらえばいいのにとは思いましたが。黒木瞳さん演じる瑞穂先生はほんとハマってます、元宝ジェンヌだから同じようなレッスンもしていたでしょうね。高野は瑞穂先生に実力を認められてないと思っている感じでしたが、その原動力があったからこそ今の地位なので何が幸いするかは分からないなぁと感じます。高野は1話から登場してますが感じの悪さはありつつも中身がとても繊細なので味方になってくれた時はとても心強いかもと思いました。みんながそんな二人を仲直りさせようとドタバタしていたのが健気でした。
40代女性

1話はサブタイトルの「人生最悪」そのままで、ここまできたらいっそ清々しくもなるぞと思ってしまいました。リストラ待合室なんて縁起の悪い、社会人からしたら身の毛がよだつような場所がこのドラマの世界には存在するのかとめちゃくちゃ驚いてしまいました。働いていない私ですら恐怖を感じました。そんな恐ろしい部署が今後も作られない平穏な世界であって欲しいとついつい願いました。左遷された上に家ではまさかの家族に逃げられるという、まさに不運の連鎖で笑ってしまいました。失礼な話だけれど、井ノ原快彦さんってこういうツイてない男性の役が似合ってるなと思いました。不思議と井ノ原快彦さんが演じているとただ可哀想と同情するだけでなく面白いなと思えるから凄い人だなと感心しました。
20代女性

いきなりリストラ部署に配属になった主人公たち2人は、現実世界であればかなりのショックだろう。さらに青柳に至っては妻子が家を出て行ってしまうという追い打ち。だが井ノ原さんのキャラクターが暗くなりそうな状況をほんわかした印象を与えてくれる。主人公に井ノ原さんを起用したのは正解かなと感じる。この回で心に残ったのは青柳の上司・脇坂、そして同僚・同士となる由衣の言葉「言われたことをやっただけ」というもの。言われたことを無難にこなしただけではダメなんだと主人公・青柳に気づかせてくれたのは私たちにとってもハッと感じるものがあったと思う。理不尽な人事にもめげずにリストラ部署に配属された2人がなんとかリストラされまいとバレエ団の再建に前向きになる姿は元気がもらえる。日曜の夜に放送になるので月曜からも頑張ろうという気持ちを与えてくれる。
50代男性

バレエを習っている娘と視聴しました。私自身は、バレエの知識は、ほぼゼロですが、ドラマ内で同じくバレエの知識が無い主人公青柳が、バレエ団のメンバーにバレエ用語について尋ねて、解説してもらうシーンなどがあり、バレエを知らない人でも、楽しめるドラマです。ドラマ内では、バレエを踊るシーンが複数回でてきましたが、大変見応えがあり、見とれてしまいました。初回の放送から、左遷されたり、妻に出て行かれたりと不運な出来事が続々と起こった主人公なので、今後の展開も波瀾万丈なのかなあと、最終話まで欠かすことなく、見たいと強く思ってしまいました。周囲の登場人物もキャラが強い人物ばかりなので、青柳が翻弄されそうだなあと感じました。バレエ公演成功までの山あり谷ありがありそうな道のりに、娘も私も目が離せません。
40代女性

第1話に引き続き、夢中になる内容でした。作中で敷島と高野の間には不穏な空気が流れていましたが、あることがきっかけで和解できたことに感動しました。和解のきっかけになったのは敷島が大切にしていた高野の資料で、高野が海外公演で重要な役を踊るのを毎回観に行っていたというエピソードには涙が出てきました。敷島はそれぞれの公演の良し悪しを語りますが、高野のことをとても大切に思っていることがよく伝わってきました。敷島はバレエ団の実力がハイレベルな高野とは合わないことを気にしていましたが、レベルを引き上げたら良いと言う高野に納得します。第2話では和解について描かれていましたが、感動な内容でつい見入ってしまいました。
30代女性

自分では面白くないと思っているバレエ団に異動させられ、嫌々仕事をしている青柳役の井ノ原快彦さんが年齢相応に疲れたサラリーマンを演じている様子が、これが彼の素なのかなあと身近に感じました。オレ様キャラの国際的に名声をえたダンサー・高野と、青柳た所属するバレエ団の代表で実は高野を見出し育て上げた瑞穂・黒木瞳が共演を頑なに反対する一方、高野と会社の上司には共演が可能になったと言ってしまったために板挟みになる様子は、まさに中間管理職そのものでした。その板挟みに悩む情けない様子が笑えます。一方でバレー団を存続させようと井ノ原さんとバディを組む由衣役の倉科カナさんの温度差が面白いです。国際的に活躍するバレーダンサー・高野を演じる宮尾俊太郎さんが踊る様子が短く流れましたが、プロのバレーダンサーは流石だなあと思わせる美しい動きで素晴らしかったです。
50代女性

ほぼリストラ待機室のような部署に異動になった青柳。言われたことしかやらないからダメなんだと言われますが、言われたことをちゃんとこなすのですからすごいと思います。公演を成功させるためスターダンサー高野悠の出演をちゃんと取り付けるのですから。瑞穂の意向を確認しなかったのは詰めが甘かったですが。しかしそのごたごたのおかげで過去の二人の遺恨が解消されることになったのですからそれはめでたしめでたしでしょう。瑞穂が生徒思いの先生だったのも分かりました。なかなかスムーズに進まないミッションですが、どんなに困っても青柳はくじけることがないのでこちらも励まされます。西村まさ彦演じる脇坂の変わり身の早さには笑いました。高野が体を痛めてしまったラストが心配です。青柳はどうやってこの困難を乗り越えるのか。ますます目が離せません。
60代女性

井ノ原快彦さんと倉科カナさんのコンビ感たまらないなと思いました。単体では色んなドラマを知っているけれど、この2人の共演のイメージがなくて最初は凄く新鮮だなと思っていました。それが2話ではすっかり目に馴染んでいました。役の性格だったり本人同士の性格とかは抜きにして、どことなく雰囲気が似通っているからこんなにもしっくり来たのかなと個人的な解釈をしました。それにしても、倉科カナさんの可愛さには観ているだけで思わず照れてしまいました。ストーリーの内容的には照れている場合じゃないのに、気がついたらにやにやしている自分がいました。井ノ原快彦さん演じる青柳さんの仕事に対する誠実さは同じ人間として見習いたいなと思いました。私だったら左遷された時点で不貞腐れてそのまま退職しかねないなと思いました。だから、次の部署でも頑張れる青柳さんは本当にかっこいいなと憧れました。
20代女性

主人公の青柳は苦労してやっとのことで高野の客演同意をとりつけましたが、瑞穂の猛反対にあってしまい窮地に追い込まれてしまいます。青柳は上司にあたる脇坂からものすごい剣幕で怒られてしまうのですが、なすすべもなく落ち込みながらも何とか挽回しようと前を向こうとするイノッチの演技がとてもジーンときました。サラリーマンとしてうまくいかないことがありながらも、何とか前を向いて進もうとする姿は、全国の働く大人に勇気と元気を与えてくれると感じました。また、青柳が敷島が大切にしまっていた高野の資料を見つけて高野、敷島が互いに本心を打ち明けあって和解するシーンも感動的でした。深い確執を乗り越えて「白鳥の湖」を踊る覚悟を決めた敷島の熱量に目頭が熱くなりました。
20代男性

青柳と由衣の努力が叶い、高野の客演の同意にこぎつけたものの、瑞穂と高野が対立するシーンなどがあり、ハラハラ、ドキドキさせられました。第2話では、それそれの登場人物が、少しずつ本音を出し合ってきているなあと感じました。今後どのように仲間(カンパニー)となり、バレエ団の公演が成功に向かっていくか、楽しみで仕方ありません。バレエのシーンも数回出てきて、特に高野が踊っているシーンは、バレエを習っている娘が「すごい!」と言って、釘づけになって見ていました。まだ素性の知れない登場人物のコンビニ店員かつホステスの高崎美波などもいて、彼女がどう物語にからんでくるかが見ものです。最後に、高野が腰を痛そうにしているシーンが出てきて、次の回も青柳と由衣は、一癖・二癖ある登場人物たちに翻弄されるんだろうなあと、次回の放送が待ち遠しくなりました。
40代女性



本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました