あまちゃん 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

あまちゃん 視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

あまちゃん 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

人気脚本家・宮藤官九郎が
故郷の東北を舞台に描き、
一大ブームを巻き起こしたヒット作。

海女修業中の少女が、
都会でアイドルを目指し奮闘する。

多彩な脇役陣も話題に。

あらすじ

東京から母の故郷・北三陸にやってきた
少女・アキは、海女を生業とする
祖母・夏にあこがれ海女を目指す。

やがて友人・ユイの影響で
ユニットを組み、地元アイドルとして
活躍するようになったアキは、
東京に行ってアイドルになるという
新たな夢を見つける。



ライターコメント

あまちゃんは私が初めてちゃんと見た朝ドラです。当時1歳だった子供はオープニング曲を気に入りリズムを取りながら毎朝見てました。またオープニング映像もわかりやすく子供も真剣になっていました。飛び出すような所があったりでテンポも良くわかりやすく見たくなるようなオープニングで良かったと思います。登場人物もみんなそれぞれ個性がありその中の会話や掛け合いなど面白かったです。劇中歌があったのも魅力的だったと思います。あきがアイドルになるためにレッスンする所やゆいちゃんとの関係も中々で潮騒のメモリーを歌うときの衣装は本当に手作り感があり皆に見守られながら歌う所など良かったです。春子の存在や性格も好きでした。当時1歳だった子供でも夢中になり私、私の母と皆で見れた朝ドラだと思います。
30代女性

あまちゃんの良かったシーンは、アキの母親・春子は、実力がありながら結局歌手として日の目を見ることはありませんでしたが、音痴だった鈴鹿が、努力の上自ら歌いそれを見届けたリトル春子が消えるシーンです。誰もがみな心に叶わなかった夢を抱えて生きていると思います。あまちゃんは、アキの成長ストーリーでありますが、本当のテーマは春子の無念だと思います。アキのやっていることは、唐突で一貫性が無くいわゆるあまちゃんなのですが、一つの場所で一生懸命頑張らなくてはならないという呪いを払拭してくれたような自由さを教えてくれたドラマでした。ナレーションが親子3代でバトンタッチしていくところも奥深く感じました。サブタイトルのネタバレ感が半端ない点もツボでした。
40代女性

「あまちゃん」を観て、「夢に向かって一直線のあき」と「震災のリアル」が良かったと思いました。まず、夢に向かって一直線のあきについてです。このドラマでは、母親の故郷である岩手で暮らすことになった女子高生・あきの様子が描かれます。あきは、引っ込み思案で人間関係を築くことが苦手でしたが、新たな環境で友人や岩手の人々と交流を深めながらどんどん明るくなっていき、アイドルになりたいという夢を持つようになります。アイドルを目指して真っすぐに進むあきに、元気をもらいながら観ていました。次に、震災のリアルについてです。物語は、東日本大震災前から始まるため、途中には東日本大震災で岩手が被災する場面も出てきます。震災によって傷を負う人々など、震災に関するリアルな描写に、感心しながら観ていました。
20代女性

朝ドラはなかなか時間が合わないため見る機会が少なかったが、宮藤官九郎が脚本ということで録画して見ていた。コミカルなテンポの良さで進んでいくストーリーだが中にはしんみりきたり深く考えさせられるシーンが盛り込まれていた。初めは、突然海女になったと思ったらアイドルになるというストーリーになかなか気持ちが追いつくことが難しかったが衝撃の展開が多く飽きずに見ることができた。能年ちゃんの透明感溢れる演技に自然と感情移入していき、一緒になって種市先輩かっこいい!と感じていた。笑えて泣けてほっこりもできる作品で久しぶりに朝ドラを見て良かったと思えた。なかなか宮藤官九郎と朝ドラに結びつくことがなかったが、朝にぴったりなお話だった。
30代女性

まずストーリー面、アイドル歌手になる夢を追って東京へ状況するも、夢破れて挫折した天野春子と、娘の主人公、天野アキも同様にアイドルを目指して東京へ状況をする親子のやりとり。くしくも、同じプロデューサーのに出会って母親の無念を果たすべく日々特訓する親子の絆。台詞のテンポもよく、最高のやりとりでした。最も印象に残っているシーンとしては、夏ばっば(アキの祖母)が東京へ向かう電車に乗っている孫のアキに向かって大漁旗を振って見送っているシーンは涙モノです。また、このドラマは主人公の東京での出来事のみならず、ご当地アイドルやローカル鉄道という観点からの地方の再生復興を、いう点も強く触れられています。そこには、2011年の東日本大震災からの復興というテーマもあります。実在の都市では岩手県久慈市という都市が該当するのですが、それまで全く知らなかった日本の地方都市にもこんな素晴らしい場所、名産があるのだ、と気づきを与えてくれるドラマでした。他にも、懐かしの1980年代に流行ったモノを思い起こさせるシーンも存分に盛り込まれており、笑いあり涙ありの最高のドラマでした。
40代男性

大変テンポのいいドラマで、見ると明るく楽しい気分になれました。ドラマが終了する時には、終わらないで欲しい、もっと続けて欲しい、と思えるような愛着が湧くドラマでした。東日本大震災で打撃を受けた方々も、このドラマにはたくさん元気がもらえたんではないかと思います。このドラマの主人公の、のんさんや有村架純さん、福士蒼汰さん達はとても若い世代だったのですが、番組的には80年代の要素がふんだんに盛り込まれていて、そこがまた逆に新鮮で大変良かったと思いました。そして、東北弁がものすごく良かったです。特にのんさんが使う東北弁は本当に可愛くて、東北に住んでいない自分までつられて、普段の生活の中で東北弁を使ってしまいそうになっていました。
50代女性

内向的だった主人公の女子高生が、岩手県三陸地方での海女の仕事や東京でのアイドル・女優活動、さらには東日本大震災といったさまざまな経験を通して成長する姿を描いたドラマです。個人的に好きなシーンは、主人公が女優として主演映画を撮影するシーンで、遠い所から病気の母親を見舞いに駆け付けた際にアドリブで生まれたての小鹿のように足をブルブル震わせていてその様子に共演者役の薬師丸ひろ子さんがこらえきれずに笑ってしまう場面が、かなりハマってしまい、リアルタイムで見て数日は思い出し笑いをしていました。物語全体として、主人公だけでなく脇役となる登場人物それぞれにサイドストーリーがあり、それが伏線となって終盤になるにつれて回収されていきます。ですので、最初から最後まで通して見ないと恐らくこのドラマの本当の面白さは実感できないかと思います。
40代男性

これまでの朝ドラのイメージとはかなり異なった雰囲気で、特に前半は軽くポップな印象のドラマです。これまで様々な若者向けの脚本を書いてきた宮藤官九郎の作品らしく、NHKの雰囲気をいい意味で壊した感じがありました。挿入曲が宮藤官九郎が作ったほとんどギャグのようなパロディのような歌だったり、笑える部分が多かったです。岩手県の海女、東京のアイドルといった普段詳しく知ることのない立場の人々の生活を目にすることができ、興味深かったです。そして後半ではドラマの中でも東日本大震災が起こる…その衝撃とそこから立ち上がっていく人々の姿が丁寧に描かれていました。現地の人々の気持ちが少しですがわかるような気もしたし、三陸鉄道に乗ってみたいと思いました。東北を応援したいという気持ちが強く残るドラマでした。
50代女性

朝ドラでこれほどにまでコミカルで軽快な作品もなかなかないという印象です。そういう中身でしたので沢山笑わせても貰う事ができ朝から元気や笑顔になれましたしいい1日のスタートを切る事に大きく貢献をしてくれた朝ドラとも言えます。オープニングテーマも思わず踊りたくなるほど明るく軽快なテンポでしたのでこのドラマにはぴったりだと思いました。特に印象に残っているのが2人の女優さんです。ヒロインののんさんはこれほど透明感がある女優さんがいるのかと驚きました。まるで水晶がキラキラと輝く、もしくは南国の海のような本当に曇りのない綺麗なイメージの女優さんで見ているだけで心が洗われました。もう1人は有村架純さんです。これまで数多くの役を演じてきましたがアイドル役を見たのはこのドラマだけで80年代当時のアイドルの雰囲気そのものでしたので、まるで当時実在した本物のアイドルにさえ思えました。
50代男性

能年玲奈さんの「じぇじぇじぇ!」というセリフが大好きでした!この朝ドラで初めて能年玲奈さんの事を知ったのですが、凄く透明感があって可愛い子だな~とすぐファンになりました。ストーリーも凄く面白くて、アイドルになったり、海部さんになったり、想像つかない展開には流石宮藤官九郎作品だな~と感じました。中でも一番好きだったのが、能年玲奈さんと橋本愛さんおアイドルユニットです!2人共凄く可愛くて、見ているだけで凄く幸せな気持ちになれました。ストーリーは勿論の事、劇中に出てくる名曲がたくさんで、今でもたまに口ずさんでいます。面白いだけでなくて、東日本大震災について触れてもいるし、北陸の復興にも繋がった素晴らしいドラマだったと思います。
30代女性

とにかく面白かった。ドラマの中で歌われる曲がどれも印象的で番組CD購入しました。一番印象に残っているのは東日本大震災の描き方です。電車の中で慌てる大吉さんと乗客達。大丈夫と言いつつ、乗客の一人が持っているお菓子を手にして「食べる物もあるから」というやり取りでその場にいる人の動揺を描き、地域の模型にガラス片を撒く事で被害を表現する。私自身それまで楽しく見ていても、表現の仕方によっては当時を思い出し辛くなって見るのをやめていたのではないかと思います。あのような表現にしてもらった事でドラマとして見る事が出来、その後も楽しむ事が出来ました。そして、登場人物が皆本当に魅力的でした。ドラマ本編ではないですが、この年の紅白にあまちゃんメンバーが出演し本編では毎回トラブルが起こって上京が叶わなかったユイちゃんの姿をNHKホールで見られたのは嬉しかったです。
40代女性

物語の舞台が、岩手編、東京編、岩手編と移っていきましたが、どの場所でも楽しめました。東京育ちのヒロインが岩手の地域に馴染もうとする姿、いつの間にか馴染み溶け込んでいき、方言を当たり前のように話すようになった流れも自然でした。せっかく馴染んだのに上京してしまうストーリーになり、見ていて少々残念で淋しい気持ちにもなりましたが、東京でも健気にがんばる姿に、いつのまにか応援する気持ちになっていました。素朴で純粋なヒロインはもちろん、若いころアイドルを目指していたヒロインの母の物語も織り込まれ、飽きさせない内容盛りだくさんでしたが、消化不良になることもありませんでした。東日本大震災のエピソードもありましたが、だんだん復興していくところに勇気づけられた方も多いと思いました。
50代女性

作中に登場した「じぇじぇじぇ」という方言と主人公の頑張りに元気をもらえる作品でした。主人公のアキが祖母に憧れて海女さんになる夢を抱き、地元アイドルとしても活躍していく展開はおもしろかったです。作中には心を打たれる場面が多々ありました。アキが震災後の町を歩いて回るシーンがとても印象的でした。震災の被害を受けても潜り続けている海女さんたちのことを思って心を痛めるシーンには共感しました。網にヒントを得たアキは復興のミサンガを作ろうと考えますが、町と町の人のことを大切に思う気持ちがよく表れていたように思います。笑いあり、涙ありで観る人に感動を与えるストーリーでした。アキの奮闘ぶりには誰もが元気付けられるはずです。
30代女性

周りの人たちを振り回したり、ちょっとしたことで天地がひっくり返るほどの一喜一憂を繰り返す主人公のアキを演じた能年玲奈さんが本当に素晴らしかったです。ともすれば「主人公を見ているとイライラするからもういい!」と思われかねない役どころなのですが、あのキラキラと輝く目、訴えかけてくるメッセージの強さを見てしまうと、どんなに破天荒だろうがアキの行く末をひたすら応援したくなりました。アイドルの世界を実名バリバリで描いておきながら、そこに「小泉今日子」がいない世界線の描き方は見事という他ありませんでしたし、クドカン作品の真骨頂とも言える「楽しい地獄」パート(今回は震災)を朝ドラに耐えうるライトさに落とし込んだ演出と音楽の力にも脱帽。一番好きな朝ドラです。 
20代女性

今どきの高校生には珍しい海女さん、という職業と高校生ならではの恋や友情の葛藤等が上手く表現されていて、コメディの要素もありながらそのような人間的な部分が垣間見えてヒリヒリした感情にもなりました。また、舞台が東北ということで震災の描写もありましたが、その震災を外から映すだけでなく、震災の中にいた主人公たちがどのような思いを抱えて、どのように悲しみ、そしてどのように乗り越えていったのかが描かれており、私自身は当時被災者ではありませんでしたが、感情移入し幼いながらに学びを多く得たと思います。このように悲しみもありながら強く楽しく生きる人間が誰にでも親しみやすく描かれている朝ドラだったと思います。
10代女性

田舎暮らしの女の子がアイドルを目指して上京し、様々な苦難を1つ1つ乗り越えながら成長していく……現代社会において同じような境遇にある少女たちがたくさん存在していることは間違いありません。そんなどこにでもありそうな事、身近に存在するような女の子の青春時代を面白おかしく、切なく、そして時には残酷に映像化された作品です。日本人なら誰しもがかつてない衝撃と悲しみを受けた東日本大震災も作中で取り扱われています。田舎ならではの人と人の距離感の近さ、都会ではおせっかいと言われるかもしれないほどの面倒見の良さ、三陸の美しい自然や風景が見事に描かれ、見た者の心に田舎暮らしへの憧れを植え付けたのではないでしょうか。私は憧れを抱きました。
50代男性

東日本大震災のすぐ後に放送された東北が舞台の朝ドラで、すごく楽しい笑える部分はあるものの、あの震災のシーンをどんな風に描くのかすごく気になってみていましたが、とても無理なく表現されていて、とても良かったです。好きな登場人物はもう本当に皆さん魅力的過ぎて大好きです。一番はアイドルを目指して合宿所に住み込む女の子達です。主人公アキはもちろん、ほかの子たちもとても魅力的でした。みんな地方から出てきていたので方言も楽しかったです。仙台から出てきた美少女の方言がとても可愛かったです。橋本愛さんとの親友とのやりとりも本当に青春の一コマで真剣にぶつかり合う姿は感動しました。最終回の移動列車コンサートで締めくくったのがとても良かったです。
40代女性

能年玲奈ちゃんが本当に可愛くて、たくさんの元気を貰えた作品です。オープニングの音楽も凄くコミカルな感じで、朝眠くてもバチっと目が覚めたし、半年間飽きることなく見ることが出来ました。今までの朝ドラと違ったテイストだったのも魅力の一つだと思います。子役から始まって壮年期を迎えるというものではなく、数年間の出来事が描かれており、主人公がアイドルを目指して上京するというストーリーが分かりやすくて、終始面白楽しく見ることが出来ました。能年玲奈ちゃんのアイドル姿は可愛いし、このドラマでたくさんの名曲が生まれたのもすごく印象的でした。小泉今日子さんが歌うシーンもあるのですが、やはり歌が上手いし、何といっても歌詞が独特で凄く面白かったです。
30代女性

東京で引きこもり気味だったアキが岩手の田舎でどんどん元気になって行く姿を見てとても元気になりました。高校生のアキが母親の故郷に行きます。祖母と一緒に海女を経験することで生きる力をもらいます。決して仲が良いわけでもないのに親子3世代の3人のやりとりがとても素朴で見ていて和みました。海女から嫌な思い出の多い東京にもどりアイドルを目指します。絶対アイドルになりたいと思っていたユイは東京に行けませんでした。運命の巡り合わせなども感じながら母の思いも載せてアイドルの道を進んで行くアキにとても力をもらいます。アキは淡々としている反面、母親の過去が独特で興味を惹き、ところところに宮藤官九郎さん特有の笑いが散りばめてあり次が気になる作品でした。
50代女性

2人の少女の成長を通して、夢や希望を持つ事の大切さを改めて感じさせられる良い作品でした。のんさん演じるアキと橋本愛さん演じるユイの友情も、見どころの一つだと感じます。天真爛漫なアキが、周りの人々に助けられながら、海女として頑張っていくのが、面白かったです。東日本大震災という大変な災害から、立ち直っていく三陸の皆さんも印象的でした。キャストも個性的で、素敵な俳優さんが多く出演していて、見ていてワクワクしました。特に、アキのお母さん役である、小泉今日子さんの若かりし頃を演じた有村架純さんが、とてもキュートでした。聖子ちゃんカットが似合っていて、良い女優さんが出てきたなと、嬉しくなりました。松田龍平さんや福士蒼汰さんも、ドラマに良い味を出してくれていました。全て見終わった後に、とても良い気持ちになれるドラマで、終わるのが寂しかったです。
40代女性



本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました