監察医 朝顔 2019 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

監察医 朝顔 2019 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

監察医 朝顔 2019 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

上野樹里主演で同名コミックをドラマ化。

上野は「のだめカンタービレ」以来
13年ぶりの“月9”主演。

新米法医学者・朝顔(上野)と
その父である刑事・平(時任三郎)が
遺体の謎を解き明かし、
“生きた証”から人々の心を救う。

また、東日本大震災で母が行方不明になり、
その穴を埋めるように前へ進む姿も描かれる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

上野樹里
時任三郎
風間俊介
中尾明慶
森本慎太郎
坂ノ上茜
喜多乃愛
宮本茉由
戸次重幸
平岩紙
石田ひかり
板尾創路
三宅弘城
山口智子
柄本明
藤原季節
辻本耕志
粟野咲莉

各話紹介

第1話 監察医 朝顔「法医の娘と刑事の父の異色タッグ!母を亡くした少女を救う…この夏一番の感動作」

法医学者の朝顔(上野樹里)とその父で刑事の平(時任三郎)が遺体の謎を解き、“生きた証し”から人々の心を救う。東日本大震災で母・里子(石田ひかり)が行方不明になり、朝顔と平は二人暮らしに。ある日、朝顔の勤める法医学教室に解剖依頼が入る。すると、平と朝顔の恋人で刑事の桑原(風間俊介)が現れる。


第2話 監察医 朝顔「夏に凍死!?謎の身元不明遺体の最期は…新米バイト志田未来も登場!」

朝顔(上野樹里)の勤める法医学教室に、医学部生・光子(志田未来)がアルバイトで採用される。そんな中、遺留物のない遺体が繁華街の路地裏で発見される。暑さによる熱中症が原因とみられたが、解剖してみると、死因は凍死だった。亡くなった状況を知るべく、朝顔は桑原(風間俊介)に頼み、現場へ向かう。


第3話 監察医 朝顔「身元不明の遺体が4体…意外な真実!?」

雑居ビルで火災が発生し、4人の遺体が法医学教室に運ばれる。ビルの監視カメラには5人が入っていった様子が写っていた。平(時任三郎)は、朝顔(上野樹里)らに焼死体の解剖をし、誰が現場にいて、誰がいなかったのかを特定するよう依頼する。一方、桑原(風間俊介)は総務の応援に回るよう指示されてしまう。


第4話 監察医 朝顔「連続青酸カリ自殺…朝顔に命の危機!」

酔いつぶれて、朝顔(上野樹里)の家で目覚めた桑原(風間俊介)の元に、女性の変死体が発見されたと連絡が入る。桑原と現場に向かった朝顔は、遺体の口の粘膜がただれている様子から、綿棒と10円玉で検査し、「青酸化合物をのんで亡くなった」と見解を示す。警察は自殺を疑うも、薬物の入手ルートに疑問を抱く。


第5話 監察医 朝顔「今夜第一章完結!白骨死体の謎…朝顔の旅立ち」

ある心霊スポットから、死後2年ほど経過したとみられる人骨が発見される。骨だけでは死因の特定が難しく、“不詳の死”となってしまうことが多いため、歯から遺体の身元を特定することに。朝顔(上野樹里)は、現場にあった骨に小さな骨が交ざっていることに気付き「お一人分ではないですね」と見解を示す。


第6話 監察医 朝顔「新章開始!朝顔は母に…。夫婦殺人事件に挑む」

首をつった男性の遺体と、ベッドに横たわる妻の遺体が発見される。第一発見者は16歳の娘で、憔悴しきった様子だった。男性は自殺したように思われたが、首についたひもの痕から、死因が偽装された可能性が浮上。朝顔(上野樹里)が遺体の解剖を始めると、妻の肋骨が折れており、彼女も殺された可能性が出てくる。


第7話 監察医 朝顔「母の手がかり…朝顔は裁判で窮地に」

“十億の美魔女”と呼ばれる女性の裁判が始まる。その女性は、3年前に会社社長の夫が病死し、その後再婚した資産家の男性も結婚後3カ月で病死、その結果、巨額な遺産や生命保険金を手に入れた。朝顔(上野樹里)は、検察官から証人として請求があり、出廷する。朝顔は池内の死因は病気ではないと法廷で報告する。


第8話 監察医 朝顔「史上最も悲しい事件…不詳の死か?」

朝顔(上野樹里)と光子(志田未来)は、自宅で倒れていたという若い女性の遺体を解剖することに。女性の体に傷はなく内臓にも異常が見られない突然死のため、死因を特定できる手掛かりを見つけられずにいた。しかし朝顔らは、女性が亡くなる直前に入院していたという情報から、入院と死の因果関係を探る。


第9話 監察医 朝顔「今夜最終章スタート!法医失格?解剖できない」

結衣(松長ゆり子)の遺体を前に、朝顔(上野樹里)は手が震え、メスを落としてしまう。朝顔の様子を見た茶子(山口智子)は、解剖室から出るよう告げる。一見転落事故死に見えた遺体だったが、丸屋(杉本哲太)は事件の可能性を示唆する。一方、第一発見者の三郎(きづき)は野毛山署で取り調べを受ける。


第10話 監察医 朝顔「今夜最終回直前!朝顔先生が語る、命の講義…」

出頭した三郎(きづき)は虐待やDVを疑われていたことが判明する。また、結衣(松長ゆり子)の遺体の内臓の損傷が激しかったため、三郎による殺害が疑われていた。そんな中、朝顔(上野樹里)と茶子(山口智子)は三郎の家の調査に向かう。階段の突き当たりの壁に疑問を持った二人は、大学の階段で再現実験を行う。


第11話 監察医 朝顔「遂に、完結!娘と父の命の物語…大災害の前で法医が出来ることは!?涙の朝顔…」

山梨で起きた土砂崩れの現場に向かった朝顔(上野樹里)や茶子(山口智子)らは、運ばれてきた遺体を受け入れるための遺体安置所をセッティングし、検案を始める。一方、平(時任三郎)や森本(森本慎太郎)らは、建設会社が請け負っていた不法投棄が原因で土砂災害が起きた可能性を考え、捜査を行う。


第12話 監察医 朝顔 特別編

朝顔(上野樹里)が出勤すると、光子(志田未来)や高橋(中尾明慶)らがミーティングの準備をしていた。この日運ばれてきた高齢者の遺体は外傷がなく、身元につながる物も身につけておらず、歯が1本もない状態だった。現場にも遺留品がなく解剖に望みがかかる中、朝顔と藤堂(板尾創路)が解剖することに。


ライターコメント

シーズンから少し遅れて小学生と中学生の子供達と観ました。もともと医療系のドラマは好きで観ていたのですが、『アンナチュラル』を観てハマって以来、解剖医が主人公のドラマも面白いということがわかったからです。天才外科医などを主役にした他の派手な医療系ドラマに比べると、割と地味で緩やかに話が進行して行くのですが、ベースに東日本大震災に絡めた展開にしているため、よくある医者モノとは違ったより深い内容になっていると思います。本筋とは異なりますが、朝顔の夫と義父との掛け合いや関係に思わずクスッとさせられ、好きなシーンです。出演している俳優さんたちも味のあるベテランぞろいなのもまた見所。特に久々にドラマで拝見した山口智子さんはこのドラマに華やかさと良いスパイスを加えていて、さすがベテラン女優の風格、と毎回楽しみにしていました。ストーリーによっては思わず涙を流してしまうような感動シーンもあり、子供と観るのにもふさわしいバランスの取れたドラマだと思います。
40代女性

風間俊介さん演じる桑原真也さんが、上野樹里さん演じる万木朝顔さんに、もんじゃ焼き屋さんのさぶちゃんで周りを気にせずプロポーズして、一旦保留にされるシーンがとても面白かったです。また、時任三郎さん演じる朝顔の父親である万木平さんが、自分の事をどう思っているかと悩む桑原君が面白くて、朝顔に、父には普通と思われているようだよと言ったメッセージが送られて来たとき、焦ったような返信をしているシーンも面白かったです。特に印象に残っているのは、桑原君と平さんが2人で飲むシーンで、真面目な好青年を保とうとしながら結局酔いつぶれ、平さんにお姫様抱っこをされて、朝顔の自宅に運ばれたとパンツ姿で説明されていたのが最高でした。
10代男性

何気なく観始めましたが一作品の中にメッセージ性がたくさん詰まっていて、初回から毎回毎回感動してしまいました。法医、刑事、家族、そして震災とお母さんの話など内容が盛りだくさんなのに、ごちゃごちゃせず上手くまとまっているのでとても観やすかったです。朝顔先生が毎回ご遺体を解剖する前に手を添えて語りかける姿が、亡くなった方だとしても一人の人として尊重しているのが見えたのがとても良かったです。つぐみちゃんと桑原くんは本当の親子に見えるぐらい仲の良さが伝わってきて、桑原くんの人柄が素敵すぎて朝顔先生が羨ましくなりました。家族で食事を取るというのは何気ないですが、実はとても重要で大切なんだと改めて気づかされました。
20代女性

ゴリゴリの医療系ドラマであり刑事ドラマなのかなと思っていましたが、法医学や刑事もの、そして震災と家族のストーリーがバランスよく出てくるので毎回毎回いつの間にか観終わっていました。朝顔先生と桑原くん、つぐみちゃん、平さんのやり取りがごくごく普通なのにとてもほっこりしました。桑原くんの朝顔先生とつぐみちゃんを見つめる眼差しが優しくて、こんな男性と結婚したいと思ってしまいました。東日本大震と結び付くシーンが出てきたときは、胸がぐっとなるぐらい苦しくなりましたが、あの日経験したことを忘れてはいけないなと改めて思いました。この作品で監察医の仕事について知った今、改めて命の重みや何気ない日常の有り難みを感じます。
20代女性

朝顔先生の家族のやり取りが観ててとても自然なので、毎回毎回観てる方までほっこりとした優しい気持ちになりました。桑原くんの朝顔とつぐみ大好きな感じが滲み出ていて、良き旦那であり良き父だなと感じました。朝顔先生の講義のシーンはとても印象的で、ところどころ医療用語がでてきたり、監察医の仕事について詳しく知らなかったのでとても勉強になりました。ただご遺体を解剖するのではなく、人の死を無駄にしない、死の原因を調べて少しでもご遺族の方の心に寄り添う仕事はとても素敵だなと本作を観て感じました。東日本大震災、家族の話、法医の話、事件の話がそれぞれバランスが良いので、初回から最終まで飽きずに観ることが出来ました。
20代女性

不思議と雰囲気がある「監察医朝顔」。2019年のパート1の方が落ち着いていましたね。主題歌「朝顔」(折坂悠太)が心に沁みる感じがちゃんとあるんです。悲しいことにお母さんが東日本大震災で亡くなった岩手県仙ノ浦の冷厳な海のざわざわとした響きが聞こえてきます。そそっとそう、人間の胸騒ぎと何か関係がある?。単純な自然が教えてくれるはずがないのに、潮騒を聴くと、何かできる事はないかと、気になってしまいそう。ざわざわとは時に潮騒からも胸に響いてくるものなんですね。だから、朝顔さんのお父さんは、海岸を捜索し続けて、お母さんの手がかりを探し続けているんです。その風景を主題歌がよく現していて、ドラマの背景となり、矛盾ない朝顔さんたちの暮らしが色濃く見えてくるんですね。お母さんを捜して、監察医となり、ご遺体の声を拾い続けている。やや感傷的に、日本の歴史を感じる部分でも優しいですよね。ありがとうございます。
40代男性

朝顔と桑原、朝顔と家族、法医学研究室のメンバー、野毛山署、朝顔をとりまく人達との交流がとても温かくて気持ちが温かくなります。家族愛、人間愛、そんな愛に溢れた作品だと思いました。そして、東日本大震災も一つの大きなテーマとしたのは、民放連ドラでは初めてだと思います。まだまだ近い過去で、あの日を思い出してしまい見るのが辛いひとも大勢いるかもしれないですが、意義のある大きく勇気ある試みだと思いました。あの日のことは決して忘れてはいけません。震災や監察医の仕事での人の生や死を通して、何気ない普通の日常がかけがえのないものだということを教えてくれる作品です。上野樹里さん、時任三郎さん、風間俊介さん、など出演者みんなの演技も素晴らしいです。続編も楽しみに見ます。
30代女性

原作では朝顔先生のお母さんは阪神・淡路大震災で命を落とした設定だったけれど、今の時代に合わせて東日本大震災に変えているのがより身近に深刻さを感じられて個人的には良かったなと思いました。他にもいくつかの変更があったけれど、特に気になることもなくて違和感なく観ていられました。朝顔先生の真っ直ぐなところや優しいところ、全てが好きで好きでたまりませんでした。また、演じているのが上野樹里さんというのもあって私には刺さりまくりました。私だけでなく私の母親も上野樹里さんのファンなので一緒にドラマを観ながら「やっぱり上野樹里さんはいいねぇ」とのほほんと褒めてばかりいました。表情や仕草などの細かいところまでしっかり役になりきっているのが観ていて伝わってきて、朝顔先生が上野樹里さんで良かったと心から思えました。
20代女性

死因を調べる監察医として優秀な主人公朝顔を演じる上野樹里さんの演技が素晴らしいです。働く母として、ご遺体と向かい合う医師として本当に尊敬できる女性を演じていて、全く無理を感じません。朝顔の夫役風間俊介さん演じる桑原君との夫婦関係や父親や祖父との関係や、震災で亡くした母親への思いなど、監察医としてのシーンより、朝顔の家族のお話が私は好きです。全員がお互いを気遣い、それぞれの傷を抱えて顔を上げて前を見つめる静かで強い家族です。今回はそこに新しく大竹しのぶさん演じる奥寺美幸さんが朝顔の父親と親交を深めていく空気は、画面越しでも強い印象を残して、震災でつらい過去を生きてきた女性の女の匂いと悲しさが、毒気に感じるほどに迫ってきて怪演です。監察医のお話ではありますが、素晴らしいヒューマンドラマだと思います。
50代女性

朝顔の仕事に対するひたむきさ、親思いで優しい心をもったところがすごく好きです。お母さんを東日本大震災で失い、まだ心の傷を引きずっていますが、喪失という悲しみを経験したからこそ朝顔は、ご遺体やそのご遺族の気持ちによりそい、仕事ができるのだと思いました。結婚する前の朝顔の家では父の平さんと二人で寄り添うようにして暮らしていました。父と娘が何気ない会話をしながら一緒に夕食を食べるシーンにはとても癒されました。そして朝顔と桑原君が結婚し、3人での暮らしが始まり、その後にツグミちゃんが登場しました。家族が増えていくって当たり前のようで、とても幸せなことだなと朝顔の家族を見ていて感じました。ツグミちゃんが登場してからは毎回、ツグミちゃんと朝顔たちの親子のやりとりのシーンが楽しみでした。
40代女性

ストーリーが進むにつれて主人公の朝顔の家族が増えていくのが喜ばしかったです。最初は朝顔と父の平だけで暮らしていましたが、後に朝顔は桑原と結婚して家族が増えます。これには驚きでした。最初は桑原と付き合って周りからいじられるのが嫌だからと言っていた朝顔でしたが、だんだんと仲が深まって結婚に至ったのは感動しました。二章では娘のつぐみが生まれ、さらに家庭がにぎやかになります。観ていくにつれて楽しくなるドラマだと思います。作中には家族だんらんのシーンが度々登場しますが、ほっこりするような感じで観ていて心地良いです。法医学をテーマにした医療ドラマですが、家族のシーンもあって誰でも親しみやすい雰囲気になっていると思います。
30代女性

震災や様々な悲しい事件を通して、改めて日常の小さな幸せの大切さを教えてくれたドラマです。生きることはなんでもない日々の繰り返しで、そんな何気ない毎日の中にこそ幸せがあるということを思い知らされました。また、法医学者の仕事を知ることができ、あらゆる死因の可能性を追求しながら検証を重ねて真実を導き出すという大変さや、時に判断ひとつで無実の人間を犯人にしてしまう恐れもあるということを知り、改めてとても重要な仕事だと思いました。シリアスなシーンもたくさんありながら家族のシーンなどとても自然でコミカルなやり取りがありほっこりできるシーンも多かったので、全体的に重苦しくなり過ぎずに良いバランスで見ることができました。
30代女性

好きな女優である上野樹里さんが主演であることからこの作品を見ることにしました。法医学教室をテーマにしたものなので見る前からは医学的なシーンばかり出てくると思っていましたが、それだけではなく家族愛が中心的な作品でありました。上野樹里さんが演じる万木朝顔を中心として朝顔の父親である時任三郎さんが演じる万木平、そして朝顔の夫である風間俊介さんが演じる桑原真也さらにその夫婦である子供の加藤柚凪ちゃんが演じる桑原つぐみの心温まる家族愛のシーンが沢山あるので、見ている視聴側の自分も心が癒されました。日本ドラマもこの作品を見たことで、まだまだ捨てたものではないと思いました。この作品は、久しぶりハマった作品でした。
40代男性

母親が東日本大震災で行方不明になってから数年経って監察医となった朝顔と警察官の父親・平がそれぞれに心に傷を抱えながらも二人の間では穏やかな時間が流れている感じが好きでした。昔からあるような家の和室で過ごすシーンが多く心が癒されました。朝顔が結婚してつぐみちゃんが産まれてからも仕事を続ける朝顔に代わって平が面倒を見たりすることが多く二人の絡みのシーンが好きでした。朝顔や平が関わる事件も胸が切なくなるようなものが多く、胸を締め付けられるものがありました。特に監察医である朝顔は原因が分からずに亡くなった方の最後の行動を予測し、辛い気持ちでいる遺族の人に寄り添うような丁寧な仕事をこなしていたように思います。
40代女性



本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました