アンナチュラル 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アンナチュラル 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

アンナチュラル 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

野木亜紀子のオリジナル脚本を、
石原さとみ主演でドラマ化。

不自然死究明研究所(UDIラボ)で、
日々運ばれてくる“不自然な遺体”の
死因究明に奮闘する人々の姿を描く。

UDIラボの法医解剖医・ミコトを石原、
同・解剖医の中堂を井浦新、
記録員の久部を窪田正孝、
臨床検査技師を市川実日子、
所長を松重豊が演じる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

石原さとみ
井浦新
窪田正孝
市川実日子
池田鉄洋
竜星涼
小笠原海
飯尾和樹
北村有起哉
大倉孝二
薬師丸ひろ子
松重豊


ライターコメント

いじめの回に関する話が感動的で記憶に残っています。学校での描写もリアルで、子供の感情を細かく描いており、心に響きました。友達が自殺するのを結果的に助けてしまい、その少年の苦しみが見ていて、とても強く心に残って辛くなりました。子供の心の描写をここまでキチンとリアルに描けているドラマは初めてで珍しかったです。大人の目から見ると子供の気持ちを知ることはとても難しいことですが、この作品ではとてもよく描かれていて自分の子供の頃のピュアだった気持ちを思い出すことができる話でした。石原さとみの演技が自然で素晴らしく、特に感動したのは子供に向けていった最後の言葉、「君の人生は君だけのものだよ」を聞いたときは大号泣でした。
30代女性

久しぶりに涙を流したドラマでした。1話完結でありながらも犯人を捜していく、毎週続きが気になるストーリーです。またUDIラボの仲間が団結していくのも良いです。第4話の蜂蜜ケーキの回が感動された方が多いみたいですが、私は第7話のイジメの回で号泣しました。イジメられていた子が殺人と見せかけて自殺をしてしまう悲しい回なんですが、今の子達にも見て欲しい回です。イジメていた子の名前をネットで晒しても、転校して新しい人生を生きていく。法医学的には自殺だが、個人的にはイジメという名の殺人。本当にその通りだと思います。またその子を助けれなかった子の葛藤も演技がうまく涙なしでは見れなかったです。僕だけ生きていていいのか、の質問に対し、許されるように生きろと返答します。この1つ1つのセリフがなんとも胸に突き刺さります。老若男女問わず、楽しめる作品なのは間違いないですが、学生さんに何か伝わるものがあるドラマだと思います。
30代女性

アンナチュラルの一番好きなところは、必ずしも自分と全く関係がないとは言い切れないことをテーマに描かれているところです。例えば、いじめや労働問題についてです。自分の身にも起こり得るかもしれないと考えながら見るので、感情移入しやすくなっています。また、SNSの怖さを表現している場面が何回も出てくるので、現代に沿ったテーマで描かれているなと感じます。第一話の「名前のない毒」ではコロナウイルスについて取り上げられており、放送されていた当時はあまり考えずに見ていましたが、今もう一度見返してみると、現在の世界の状況と同じなのですごく衝撃的です。観戦が確認された人に対する誹謗中傷がネット上で広がっているシーンは決してドラマの中だけの話ではないなと思いました。テンポが良く楽しめますが、それだけではなく現代社会の問題にも着目してストーリーが繰り広げられているので、色々考えさせられるドラマです。
20代女性

法医解剖医の三澄ミコトを石原さとみさんが演じた作品でしたが、基本的には一話完結でそれぞれ完成度が高くとても楽しめました。ミコトの同僚の中堂(井浦新)のパワハラぶりがひどくて、何なんだこの人!と腹立たしい気持ちになったりしたけれど、恋人を殺害された過去などバックグラウンドが徐々に明らかになるにつれ、救われてほしい気持ちのほうが強くなりました。父親におちこぼれ扱いされ、やさぐれていた六郎(窪田正孝)がUDIラボで自分の居場所を見つけて意欲的になっていくのが良かったです。ミコトへ淡い恋心を抱くのもキュンとしました。不自然死を扱うドラマだったので、悲しい結末のお話が多かったですが、松重豊さんやずん飯尾さんのコミカルさがいいスパイスになっていたと思います。
40代女性

不自然死、解剖医の現場で働く人達の大変な状況や、最終話まで続いていく猟奇的な殺人事件の真相解明が、見応えあるストーリーです。このドラマの1番良かった、楽しく見れたのは石原さとみさんと、市川実日子さんのコメディトークが朝一番から天丼を食べる更衣室や、合コンではなく異性間交流会と言って余計に卑猥に聞こえる!などと、明るい会話が、石原さんの生い立ちから現在までの不幸な出来事や、解剖医として体験していく厳しさを和らげて見せてくれたことが、魅力的でした。毎話、テンポ良く交わされる会話の数々、本来なら国の機関になるはずだったのに中断してしまっている実情などや、ボーンズ博士を連れて来てよ!などの、メインストーリー以外の会話や設定も面白味を増していました。
50代男性

会話やストーリーのテンポが非常に良く、重々しくシリアスな作品テーマに反して軽快なトークシーンも多いため、とても見やすいと感じられるドラマでした。この作品を観ていて、一瞬も飽きたり、暇だと感じるときが無かったです。設定やストーリーはシリアスそのものでしたが、そのテンポの良さと、登場人物たちのどこか爽やかさがある人格設定のためか、作品がシリアス方面に引きずられすぎない印象があり、そこがこの作品の大きな魅力でもあると思います。誰かが鬱屈としているときは、他の誰かがその人の背中をぶっ叩く、そんなイメージを感じるような作品でした。この作品の人間関係は、良くはない時もあるのに、不思議と風通しがよく、それは彼ら一人一人の人間性がそうさせるのだろうと思います。私も彼らのようになりたい、と思わせられました。
20代女性

死体解剖や連続殺人といった重たいテーマを扱う作品でありながら、テンポ良く展開するので見やすいです。とにかくラボの人間関係というか、登場人物たちが魅力的なので、やり取りがコミカルでライトに見れます。連続殺人という一貫した主軸のストーリーがありながら、基本的には1話完結型なのも見やすいポイントだと思います。解剖を通して不審死の謎や見えなかった状況が解明されるとスッキリしますし、全ての結末がハッピーエンドでない所も妙にリアルで良かったです。過労死論争や学生のいじめなど、現代社会の闇的な部分も取り扱う結構切り込んだ話もありましたが、それほど炎上することが無かったのも、脚本が上手かったからなのかと思います。
30代女性

法医解剖師という今までのドラマではなかなか扱うことのなかった職業にスポットを当てたドラマだったのでとても感心しました。架空の研究所を舞台に石原さとみ演じる三澄ミコトがさまざまな死と向き合う姿はとてもかっこよかったです。毎回、死の原因に迫っていく中で、どうしてその人物がこのような死に至ってしまったのかという人間ドラマが心に突き刺さるエピソードばかりで考えさせられるシーンが非常に多かったのが印象的でした。また、私が特にお気に入りなのは、石原さとみと市川実日子の何気ない日常の会話のシーンです。遺体と向き合う姿はとても真剣ですが、普段はくだらないことで会話が盛り上がり、仲睦まじくしているところが観ていてとても面白かったです。
20代女性

石原さとみさんが演じる三澄ミコトがさっぱりした性格でかっこいいです。普段は明るくて、家族が無理心中している過去を微塵も感じさせないのに、ふと見せる表情がどこか悲しかったり、発する言葉がどこか切なく感じるのはやはり石原さんの演技力なのかなと思います。すごくはまり役だなぁと感じました。また対立関係にある井浦新さん演じる中堂系も過去に傷を持ち、そのためどこか人生をあきらめている節があり、今までの井浦さんの役とはちょっと違う雰囲気でとても引き込まれました。特に最後に恋人の事件が解決する時の犯人とのやりとりは迫力があり、圧倒されました。毎回、自分の倫理観や感情が揺さぶられるので、何が正しくて何が間違っているかとても考えさせされるドラマになっています。
40代女性

なんと言っても、主題歌のLemonがドラマとマッチしていて最高でした。主人公のミコトは、仕事に前向きに取り組む反面、自分の過去の生い立ちに心を痛めながら物語が進んでいくところは勇気をもらえました。ミコトと同僚の東海林とのチームワークも観ていて楽しく感じる場面でした。友達のような信頼できる同僚、、憧れます!石原さとみちゃんの演技力にも圧倒されました。いろんな表情を見せてくれ、ファッションも勉強になりました。一番印象に残っているシーンは、冷凍庫のトラックに閉じ込められてしまうシーンです。ハラハラしました。いろんな犯罪者がいる世の中、、実在しないのかもしれませんが実在してもおかしくないようにも感じるくらいストーリーに引き込まれました。
40代女性

大切な人を事件で亡くした家族や仲間や友人たちは、その事件後も生き続けなければなりません。深く負った心の傷を保ちながら。その人たちが、未来に少しでも明るく生きていけるように、石原さとみは事件の解明に挑み続けます。まさにこの世の不条理な死と、戦う法医学の精神に心打たれました。石原さとみは「雨宮総合病院」院長夫妻の娘という設定ですが、実に凄惨な事件で家族を亡くしていますが、その雰囲気を見事に石原は胸中に秘めて演技しているところが健気です。第一話からコロナウィルスに関するテーマが繰り広げられるため、現在のコロナに対する脚本家の予知能力があるような気がしてしまいます。いずれにしても、重いテーマと重層的な深みのある事件設定は、石原出演のドラマとしては最高傑作の一つだと思われます。
60代男性

石原さとみさんの演技力が上手で見入ってしまいました。解剖医の存在は知っていましたが、そういった方面は全くの無知でした。必要な人には神様にも見えるくらい重要な職業なのだと知れて良かったです。また、毎回リアルな日本の問題である、いじめや過労などの内容も取り扱っていて、考えさせられるストーリーでした。主人公であるミコトの辛い過去がありながら、芯が通っていて、自分にも相手にも全力で向き合う所にグッときました。また、重たい内容だけでなく、ラボのみんなの掛け合いが面白く、笑える場面も多くありました。個人的には、ずんさん演じるキャラクターがちょっとツボにはまりました。ムーミンが好きで、普段はあんなにビビりなのに契約書があるだけで強くなれる所が、気に入りました。ぜひ、続編を制作してほしいと思った作品でした。
20代女性

普段の可愛い石原さとみとは違い、サバサバとクールな美澄ミコトがカッコイイ。法医学ドラマで1番好きと言えるほど完成度が高く、1度見ると絶対ハマります。1話完結型の物語だが、最後までしっかり描かれていて、きちんと伏線が回収されるのも見応えあり、スッキリとした気持ちで見られました。何回も見直すことで事件性や物語の裏側が見えてさらにオススメ。物語の進み具合もスピードあり、爽快感が感じられますし、なにより人間の孤独や凶悪さ、心理面、様々なことを考えさせられるドラマです。主題歌のLemonが流れるタイミングも絶妙で、ドラマの重たい雰囲気を少し和らげてくれるように感じます。脇役のキャスト陣も良い味出していますし、ぜひ見るべき1作だと思います。
30代女性

解剖医という、なかなか取り扱われないテーマを扱っている点が興味深々で、1話から全話見ておりとても面白かったです。具体的には、警察や弁護士の調べ(裁判)ではなかなか分からず、死体解剖から初めて分かってくる被害者の「死」の真相が明らかになってくる点は鳥肌モノでした。最も印象に残っているシーンは4話。バイク事故で亡くなった方の事故原因を「仕事中の事故」として会社に損害賠償をするべく、事故現場を証明するために、事故を起こしたバイクの擦り傷に付いた塗料と同じ塗料が塗られたマンホールを皆でチェックしているシーンです。数が多く少人数では気の遠くなるような作業でしたが、助っ人で会社側の工場長が社長に反旗を翻してマンホールチェックに協力したシーンです。会社に変わって欲しい、との願いから敢えて不利になる事でも協力した訳ですが、会社で働く人にとってブラック企業とは、人は何の為に働くか、を考えさせてくれるシーンで、今でも印象に残っています。
40代男性

法医学という難しい内容を題材にしていながらも石原さとみさんの演じる美澄ミコトと井浦新さん演じる中堂とのやり取りがとても良く毎回、時間が解決しながらも最後まで継続した内容が面白く、謎を説きながら楽しんでいました。なんと言っても第1話はまさかのコロナウイルスの話。今まさかそれが流行しており、背景にこんなこともあると思うとすごいことを描いているなと改めて思いました。事件や病死、自ら命を経つなど様々な出来事を法医学の立場から知ることが出来る貴重な作品であり、何度見直しても色々な面から楽しむことができ、大好きです。また、キャストも良くて笑えるシーン泣けるシーン色々あって飽きません。見たことない方、このような作品が苦手な方でも1度は見た方がいい作品です。
30代女性

石原さとみ、井浦新、窪田正孝、薬師丸ひろ子、松重豊など個人的に大好きな俳優・女優さんが大勢揃っていた豪華なドラマになっていました。特に石原さとみの可愛さと演技力の高さには圧倒させられ、彼女のおかげでグッとすとに入り込んで視聴できたように思っています。リアルな法医ドラマとなっていて、それぞれのキャラクターの個性も強く、どの回も興味を引かれる内容になっていました。泣けるポイントもたびたび加えられているのも、クオリティの高い一つの理由だと思いました。また、米津玄師の歌う主題歌は、ドラマのストーリーや全体的な雰囲気に非常にマッチしていて、作品そのものをより良いものに仕上げていたように感じました。また何度も見返したい作品の1つです。
20代女性

法医学の専門知識を用いたシリアスなストーリーと謎解き、そして登場人物同士の軽快なギャグテイストなやり取りなど、緩急がはっきりしていてとても面白いです。重く辛いストーリーでも、笑える要素のお陰で気分が沈みすぎることなく観ることができます。特に臨床検査技師の坂本誠は面白く、癒し要素たっぷりの魅力的な登場人物です。中堂系とのやり取りも軽妙で、毎回笑ってしまいます。このように笑える面白さも魅力的なドラマですが、もちろんメインストーリーも秀逸です。毎回一筋縄では行かずどんでん返しがあり、伏線を丁寧に回収していくことで真相にたどり着くという、最後までワクワクしながら観ることが出来る構成でした。米津玄師のLemonと真相解明シーンの相性も抜群で、リアルな切なさとやるせなさを感じることができます。笑って、ハラハラして、スッキリして、最後には納得感と切なさと満足感を感じることができる、素晴らしい作品でした。
20代女性

法医解剖医である三澄ミコトを演じた石原さとみさんはじめ出演した俳優さんが魅力的な人が多かったドラマです。同僚である法医解剖医・中堂系に井浦新さん、アルバイトの医学生に窪田正孝さんなど豪華なメンバーが出演していました。米津元帥さんが歌う主題歌の「Lemon」は米津元帥さんの儚げで物悲しい歌声がドラマの世界観にピッタリでした。主人公の三澄ミコトは過去に母親による無理心中という暗い過去をもちますが、悲劇のヒロインぶることなく、無理心中を殺人と言い放つなど見ていて気持ちのいい女性で、それが石原さとみさんにピッタリでした。特に印象に残っているのはいじめを苦に自殺した友達の復讐をする高校生に向けたミコトの言葉でした。「いじめた側は名前が知れても転校して名前を変えて新しい人生を手に入れる。彼らに痛みは決して伝わらない」という言葉は胸が締め付けられる思いがしました。なんとも言いようのない無力感がありましたが、現実社会をよく映し出していてとても心に響いた回でした。
50代女性




本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました